TOP セミナー 書籍 社内研修 セミナーQ&A 書籍Q&A お問い合せ 会社概要

ご購入またはご試読は、画面下の「書籍購入」あるいは「書籍試読申込」ボタンから

エレクトロニクス材料としての機能性高分子
[コードNo.03NTS077]

■体裁/ B5判 上製 168頁
■発行/ 2003年 4月 15日
(株)エヌ・ティー・エス
■定価/ 23,328円(税込価格)

(社)高分子学会主催「ポリマーフロンティア21 高分子が活躍するエレクトロニクス」セミナー(2002年11月)を編集。
半導体や液晶などのエレクトロニクス分野に使用される機能性高分子材料を解説。

執筆者一覧(執筆順)
(社)高分子学会編

城田 靖彦
大場 薫
塚田 裕
肥塚 裕至
藤村 保夫


大阪大学大学院工学研究科物質化学専攻教授
ダウ・ケミカル日本(株)電子材料事業本部研究開発主幹
日本アイ・ビー・エム(株)IBMフェロー/理事
三菱電機(株)開発本部開発業務部 部長
日東電工(株)オプティカル研究センターセンター長

詳細目次
第1講 π共役系ポリマー・オリゴマーの    エレクトロニクス・フォトニクスへの応用
1. はじめに 2. π電子系分子・物質群  2.1 π電子系の特徴  2.2 π電子系分子の分類  2.3 直鎖状π共役系高分子  2.4 構造を制御したπ共役系オリゴマー 3. π電子系物質のエレクトロニクス・オプトエレクトロニクス・フォトニクスへの応用  3.1 二次電池、電解コンデンサ  3.2 有機電界効果トランジスタ  3.3 有機光電変換素子  3.4 有機エレクトロルミネッセンス(EL)素子  3.5 フォトリフラクティブ素子 4. 関連する国際会議
第2講 低誘電率高分子材料ベンゾシクロブテン樹脂
1. はじめに 2. 低誘電率材料のニーズ  2.1 エレクトロニクス技術の動向  2.2 低誘電率、低誘電正接の必要性 3. ベンゾシクロブテン(BCB)環の反応性 4. DVS-bis BCBポリマー(CYCLOTENE樹脂)の特性 5. 成膜プロセス  5.1 CYCLOTENE樹脂の硬化  5.2 CYCLOTENE樹脂のパターニング 6. 強靭化BCB樹脂 7. CYCLOTENE樹脂の用途 8. まとめ
第3講 半導体パッケージの動向、高密度・高性能かつ低コストへ
1. はじめに 2. フリップチップパッケージとは 3. 半導体チップからの要求 4. フリップチップ実装の特徴 5. 基板の配線設計 6. 基板の技術 7. 材料特性 8. 電気特性 9. 今後の動向 10. まとめ
第4講 有機トランジスタ
1. はじめに 2. 有機薄膜トランジスタ(有機TFT)の発展  2.1 有機トランジスタの歴史  2.2 トランジスタ研究の動機  2.3 トランジスタ作製 3. π共役系高分子  3.1 π共役系高分子のバンド構造  3.2 有機半導体の電気特性による分類 4. 有機TFT  4.1 有機TFTの構造  4.2 有機TFTの作製  4.3 チオフェン2量体のトランジスタ  4.4 キャリア移動度  4.5 チオフェン6量体(6T)のトランジスタ  4.6 チオフェン6量体(6T)の吸収スペクトル  4.7 有機TFTのキャリア生成メカニズム  4.8 ポリチオフェン電解重合膜  4.9 可溶性前駆体を経由するポリマー半導体  4.10 TFT基板と構造 5. 有機TFTの応用  5.1 キャリア移動度とPTVへの交換率の関係  5.2 有機TFTによるインバータ  5.3 リング発振器  5.4 有機TFTのディスプレイへの応用  5.5 有機トランジスタのディスプレイ駆動素子応用  5.6 有機静電誘導トランジスタ 6. トランジスタの特性向上  6.1 キャリア移動度の向上  6.2 キャリア移動度の向上の推移 7. 有機TFTの応用イメージ 8. 今後の課題  8.1 有機トランジスタの実用化  8.2 トランジスタ特性の向上   8.2.1 高次構造の制御   8.2.2 材料の探索  8.3 有機トランジスタの動作メカニズム
第5講 液晶ディスプレイ用光学フィルム
1. 液晶ディスプレイ(LCD)における光学フィルムの利用 2. 偏光板の特性 3. 偏光板の機能向上 4. 位相差フィルムの設計 5. まとめ

SSL グローバルサインのサイトシール
FAXでもお申し込みいただけます。FAXお申し込み用紙(PDF)を印刷いただき、必要事項をご記入のうえ
 弊社までご送信ください。(FAX番号は、お申込用紙に印刷されています)
※PDF形式のファイルをご覧頂くための Adobe Reader は、アドビ システムズ社から無償提供されています。
                Adobe Reader 最新版ダウンロードはこちらから

■ お問い合わせの前に『よくあるご質問(書籍)』をご一読下さいませ ■