TOP セミナー 書籍 社内研修 セミナーQ&A 書籍Q&A お問い合せ 会社概要

ご購入またはご試読は、画面下の「書籍購入」あるいは「書籍試読申込」ボタンから

高分子の精密合成と高次構造制御
[コードNo.04NTS099]

■体裁/ B5判 上製函入 212頁
■発行/ 2004年 3月 19日
(株)エヌ・ティー・エス
■定価/ 25,704円(税込価格)

高分子合成において、モノマー、触媒あるいは反応場などを巧みに設計することによって
高分子の高次構造、機能を制御する方法論について解説し、未来の高分子材料創製の
可能性を示す。
※高分子学会主催「ポリマーフロンティア21 高分子の精密合成と高次構造―機能制御
 ポリマー創製のフロンティア―」(2003年11月)を編集。

執筆者
亀山 敦 
加藤隆史
木村勝彦
横澤 勉

望月 周
竹澤由高

合田秀樹

神奈川大学工学部化学教室助教授
東京大学大学院工学系研究科化学生命工学専攻教授
鐘淵化学工業株式会社研究開発本部高機能性樹脂研究室
神奈川大学工学部応用化学科 教授/
独立行政法人科学技術振興機構さきがけ研究21研究員
日東電工株式会社基幹技術センター第1グループグループ長
株式会社日立製作所日立研究所エネルギー材料研究部
誘電絶縁技術ユニットリーダ/主任研究員
荒川化学工業株式会社研究所新事業企画開発部ハイブリッドグループ/
テクニカルチームリーダ

構成と内容
序文
1 高分子の高次構造制御の最前線
  東京大学 加藤 隆史  1. はじめに  2. 概要   2.1. 分子の形   2.2. 分子間の相互作用   2.3. 相分離構造  3. 相分離構造制御   3.1. “ナノ相分離”構造制御:異方的イオン伝導体   3.2. 高次構造制御と機能化   3.3. “ミクロ相分離”構造制御:液晶ゲル  4. 有機/無機ハイブリッド構造制御と機能化
2 リビングカチオン重合による熱可塑性エラストマーの合成と物性制御
  鐘淵化学工業株式会社 木村 勝彦  1. はじめに  2. ゴム事業の展開   2.1. 開発の経緯   2.2. リビング重合からの新規事業  3. リビング重合、ブロック共重合体、熱可塑性エラストマーの関係   3.1. リビング重合の特徴   3.2. ブロック共重合体   3.3. 熱可塑性エラストマー  4. リビングカチオン重合によるブロック共重合体   4.1. リビングカチオン重合の考え方   4.2. SIBSTAR®の合成   4.3. SIBSTAR®開発の経緯    4.3.1. SBS構造   4.3.2. SEBS構造   4.3.3. SIBS(SIBSTAR®)構造   4.4. SIBSTAR®の特徴   4.5. モルフォロジー  5. SIBSTAR®の特性   5.1. 基本特性   5.2. ガスバリア性   5.3. 制振性   5.4. 耐熱老化性  6. SIBSTAR®の応用例   6.1. 軟質コンパウンド   6.2. サンドイ ッチ成形   6.3. 粘弾性ダンパー  7. まとめ
3 連鎖重縮合を基盤とした縮合系ブロック共重合体の合成と高次構造制御
  神奈川大学 横澤 勉  1. はじめに  2. 連鎖重縮合の基本概念  3. 連鎖重縮合   3.1. ポリアミド   3.2. ポリエステル   3.3. ポリエーテル   3.4. ポリ(エーテルスルホン)   3.5. ポリチオフェン  4. 縮合系高分子−縮合系高分子ブロック共重合体  5. 縮合系高分子−汎用高分子ブロック共重合体   5.1. 高分子カ ップリング法   5.2. マクロ開始剤法  6. トリブロック共重合体  7. スターブロック共重合体  8. グラフト共重合体
4 高次構造制御によるポリイミドの誘電率制御
  日東電工株式会社 望月 周  1. はじめに  2. 一次構造制御による低誘電率化  3. 高次構造制御と感光性の両立   3.1. 加熱蒸散系感光性ナノポーラスポリイミド   3.2. 超臨界流体抽出による感光性ナノポーラスポリイミド    3.2.1. ベース材料と形成プロセス    3.2.2. ポーラスポリイミドパターン作製    3.2.3. ナノポーラスポリイミドの諸特性  4. まとめ
5 エポキシ樹脂の高次構造制御と熱伝導
  株式会社日立製作所 竹澤 由高  1. はじめに  2. 高熱伝導性付与の考え方  3. モノメソゲン(ビフェニル基)型樹脂の諸特性   3.1. 偏光顕微鏡観察   3.2. 熱伝導特性   3.3. 熱・機械的特性  4. ツインメソゲン型樹脂の諸特性  5. まとめ
6 分子ハイブリッドによるポリマーの機能制御
  荒川化学工業株式会社 合田 秀樹  1. はじめに  2. ハイブリッド   2.1. 材料   2.2. ナノテクノロジー    2.2.1. 超微粒子分散法   2.2.2. 層間挿入法   2.3. ハイブリッドの進展    2.3.1. ゾル−ゲル法    2.3.2. アルコキシシランの多様性    2.3.3. ゾル−ゲルコート    2.3.4. ハイブリッド体の観察    2.3.5. ゾル−ゲルハイブリッドの課題    2.3.6. 位置選択的分子ハイブリッド    2.3.7. 位置選択的分子ハイブリッドの作製  3. エポキシ系樹脂   3.1. コンポセランE®   3.2. 作製   3.3. 性質   3.4. 用途   3.5. 銅張り積層板  4. ポリウレタン   4.1. 構造   4.2. 性質  5. イミド   5.1. 作製   5.2. 用途  6. ポリアミドイミド   6.1. 価格   6.2. 作製方法   6.3. 構造

SSL グローバルサインのサイトシール
FAXでもお申し込みいただけます。FAXお申し込み用紙(PDF)を印刷いただき、必要事項をご記入のうえ
 弊社までご送信ください。(FAX番号は、お申込用紙に印刷されています)
※PDF形式のファイルをご覧頂くための Adobe Reader は、アドビ システムズ社から無償提供されています。
                Adobe Reader 最新版ダウンロードはこちらから

■ お問い合わせの前に『よくあるご質問(書籍)』をご一読下さいませ ■