TOP セミナー 書籍 社内研修 セミナーQ&A 書籍Q&A お問い合せ 会社概要

ご購入またはご試読は、画面下の「書籍購入」あるいは「書籍試読申込」ボタンから

ナノ素材の毒性・健康・環境問題
[コードNo.07NTS192]

■体裁/ B5判・320頁
■発行/ 2007年 12月 10日
(株)エヌ・ティー・エス
■定価/ 34,128円(税込価格)

■Wiley VCH社の「ライフサイエンスとナノテクノロジー」シリーズのなかでも名著といわれるこの1冊!ここに翻訳化なる!
■ナノリスクの克服なくして、ナノテクノロジーの繁栄はないと言っても過言ではない。

本書では、加工ナノ物質、健康、カーボンナノチューブ、環境など具体的な切り口からナノ材料を検証する。

原書『Nanomaterials-Toxicity, Health and Environmental Issues』A Project of WILEY-VCH Verlag GmbH & Co. KGaA, 2006

著者紹介
遠山千春(東京大学)
Challa
Kumar
(Center for Advanced Microstructures and Devices)
Amanda
M.Fond
(Johns Hopkins University)
Gerald J.
Meyer
(Johns Hopkins University)
Eva
Oberdorster
(Southern Methodist University)
Patricia
McClellan-
Green
(North Carolina State University)
Mary Haasch(The University of Mississippi School of Pharmacy)
Peter
H.M.Hoet
(Katholieke University Leuven Pneumologie)
Irene
Bruske-
Hohlfeld
(GSF-Forschungszentrum fur Umwelt und Gesundheit GmbH)
Oleg V.
Salata
(Sir William Dunn School of Pathology University Oxford)
Wolfgang G.
Kreyling
(GSF-National Research Center for Environment and Health)
Manuela
Semmler-
Behnke
(GSF-National Research Center for Environment and Health)
Winfried
Moller
(GSF-National Research Center for Environment and Health)
Kristen
Peters
(Johannes Gutenberg University Institute of Pathology)
Ronald E.
Unger
(Johannes Gutenberg University Institute of Pathology)
Antonietta
M.Gatti
(University of Modern)
Enrico
Sabbioni
[European Commission Institute for Health and Consumer Protection(IHCP)]
Andrea
Gambarelli
(University of Modern)
C. James
Kirkpatrik
(Johannes Gutenberg University Institute of Pathology)
Chiu-wing
Lam
(NASA Johnson Space Center)
John T.
James
(NASA Johnson Space Center)
Richard
McCluskey
(NASA Johnson Space Center)
Andrij
Holian
(University of Montana)
Robert L.
Hunter
(University of Texas)
Harold F.
Krug
(Forchungszentrum Karlsruhe Institute of Toxicology and Genetics)
Katrin
Kern
(Forchungszentrum Karlsruhe Institute of Toxicology and Genetics)
Jorg M.
Worle-
Knirsch
(Forchungszentrum Karlsruhe Institute of Toxicology and Genetics)
Silvia
Diabatie
(Forchungszentrum Karlsruhe Institute of Toxicology and Genetics)
Glen
E.Fryxell
(Pacific Northwest National Laboratory)
Shas V.
Mattigod
(Pacific Northwest National Laboratory)
Peter
Majewski
(University of South Australia)
Heather M.
Coleman
(The University of New South Wales)
Wan Y.Shih(Drexel University)
Wei-Heng
Shih
(Drexel University)
Ken
Donaldson
(University of Edinburgh)
Nicholas
Mills
(University of Edinburgh)
David
E.Newby
(University of Edinburgh)
William
MacNee
(University of Edinburgh)
Vicki Stone(Napier University)

詳細目次
序文
PARTT 毒性

第1章酸化金属ナノ粒子類の生物学的毒性
1.1Introduction
1.2環境中のナノ粒子類
1.3ナノ粒子類はどのように哺乳類システムに進入するか
1.4健康への脅威
1.5ナノ素材類と生物学的毒性
1.6結論
第2章加工ナノ物質の生態毒性
2.1Introduction
2.2
2.3大気
2.4土壌
2.5劣化(Weathering)
2.6バイオマーカー
2.7結論
PARTII 健康

第3章ナノ材料の健康インパクト
3.1Introduction
3.2ナノ粒子類の発生源
3.3疫学的証拠
3.4ヒトの身体への侵入経路
3.5ナノ粒子類の何が危険なのか?
3.6サマリーおよび考察
3.7何ができたのか?
第4章ナノ粒子類の作用量計測、疫学、毒性学
4.1Introduction
4.2吸入ナノ粒子の作用量計測
4.3ナノ粒子類による健康影響の毒性学的可能性
4.4ナノ粒子類のリスクアセスメントの統合コンセプト
第5章セラミックおよび金属のナノスケール粒子類のin vitro (試験管内)における内皮細胞に対するインパクト96
5.1Introduction
5.2試料および方法
5.3結果
5.4考察
第6章カーボンナノチューブの毒性と職業および環境保全への影響
6.1Introduction
6.2カーボンナノチューブ類およびナノテクノロジー
6.3カーボンナノチューブ製品:合成・特性・応用の可能性
6.4環境中のカーボンナノチューブ類の存在
6.5製品CNTsの毒性学的研究および毒性
6.6健康リスクの影響
第7章ナノ材料の毒性−炭素の新しい形態および金属酸化物
7.1Introduction
7.2「新しい炭素改良処理」の作成と利用および金属酸化物
7.3リスクの特性解明−結論
PARTIII 環境

第8章環境改善のためのナノ材料
8.1Introduction
8.2ナノ粒子ベースの改善用材料
8.3ハイブリッド・ナノ構造改善材料
8.4結論
第9章水処理用ナノ材料類
9.1Introduction
9.2鉄ナノ粒子類
9.3無機光触媒類
9.4機能化自己集積単層
9.5その他の材料
9.6磁性鉄交換レジン(MIEX)
第10章光触媒による水中内分泌攪乱物質の除去用ナノ材料類
10.1Introduction
10.2環境中エストロゲン類のバックグラウンド
10.3水処理用ナノ粒子類
10.4固定化TiO2による水中17β‐エストラジオールの光触媒分解
10.5イースト・スクリーン・バイオアッセイによりモニタリングされた光触媒作用による水中の天然および合成エストロゲンのエストロゲン活性の急速な喪失 222
10.6蛍光分光分析法を用いてモニタリングされた石英コイル反応器内における17β-エストラジオール、エストリオール、17α-エチニルエストラジオールの光触媒分解 228
10.7水中の天然および合成エストロゲン類の分解についての紫外線Aおよび紫外線C放射と組み合わせた光触媒作用の比較 236
10.8全般的結論および研究ニーズの確認
第11章環境に利用するナノセンサー
11.1Introduction
11.2圧電振動子センサー(PECS)の原理
11.3検出例
11.4圧電振動子の縮小化
11.5結論
第12章環境大気汚染におけるナノ粒子の毒性
12.1Introduction
12.2大気汚染の歴史
12.3大気汚染粒子類へのintroduction
12.4疫学研究における粒子状物質の有害影響
12.5ナノ粒子類は粒子状物質の重要成分
12.6粒子状物質の呼吸器への有害影響を媒介するナノ粒子類の役割
12.7心臓血管系へのナノ粒子類の影響
12.8炎症、アテローム性動脈硬化症、プラークの破裂
12.9ナノ粒子類の移動と血管への直接的影響
12.10内皮機能障害および内因性線維素溶解
12.11凝血および血栓症
12.12心臓の自律神経性機能障害
12.13ナノ粒子類の肝臓および胃腸管への影響
12.14ナノ粒子類の神経系への影響
12.15サマリー

SSL グローバルサインのサイトシール
FAXでもお申し込みいただけます。FAXお申し込み用紙(PDF)を印刷いただき、必要事項をご記入のうえ
 弊社までご送信ください。(FAX番号は、お申込用紙に印刷されています)
※PDF形式のファイルをご覧頂くための Adobe Reader は、アドビ システムズ社から無償提供されています。
                Adobe Reader 最新版ダウンロードはこちらから

■ お問い合わせの前に『よくあるご質問(書籍)』をご一読下さいませ ■
■ セミナー・講習会のご案内はこちらでございます ■