TOP セミナー 書籍 社内研修 セミナーQ&A 書籍Q&A お問い合せ 会社概要

ご購入またはご試読は、画面下の「書籍購入」あるいは「書籍試読申込」ボタンから

高分子材料の劣化解析と信頼設計
[コードNo.08NTS194]

■体裁/ B5判・228頁
■発行/ 2008年 1月 13日
(株)エヌ・ティー・エス
■定価/ 29,808円(税込価格)

■豊富なデータ(図表、写真)に基づいた納得の解説!
■至る所に武田先生の一味違う信頼性設計へのヒントが!

本書は、高分子材料としての本質を意識して執筆構成。
現在、あるいは近未来に特に注目される高分子の性能に焦点が置かれている。
現場で日夜新しい性能を有する高分子材料の研究開発や製品の信頼設計に取り組む技術者を対象としているため、学問的に確定した内容のほかに研究途上の情報も多く盛り込んでいる。

執筆者
武田邦彦中部大学総合工学研究所 教授 兼 副所長

序 文
 高度に発達した学問領域でも、基礎的なことは意外なほど判っていない。10 年ほど前だったと記憶しているが、高名な金属材料の先生から「プラスチックのヤング率は架橋度で決まっているのですね」と聞かれて絶句した。プラスチックのヤング率が架橋の程度によって決まることは稀で、多くは高分子鎖自身の剛直性が支配する。
 なぜ、高分子材料は柔らかいのか、半透明なのか、結晶化していなくても固体なのか等の質問に直ちに答えることが出来る人はそれほど多くない。それでも研究開発を担当している技術者が日常的に相対するテーマはいずれも本質を聞いてくる。それは「現在の性能とは違うものを作る」という任務自体が研究対象の本質と密接に関係しているからである。
 1907 年にBaekeland によって発見された合成高分子はまだ100 年の歴史しか持っていない。青銅器時代、ヒッタイトの鉄器の発明からすでに3000 年以上を経る金属材料とはその歴史の長さが違うが、それだけ高分子材料は新鮮で未知の材料とも言える。そしてこれまで「使い捨て」が普通であったこの材料もようやく基幹的な材料として使われるように、材料としての信頼性が期待されるようになってきた。まずは、力学的疲労と燃焼性が焦点になる。例えば、プラスチックでエレベーターの箱を作っても、何時壊れるか判らず、さらに火災になる可能性がある間はとても使えないからだ。
 この本では、高分子の材料としての本質を意識して執筆し、現在、あるいは近未来に特に注目される高分子の性能に焦点を合わせた。もちろん研究途上の情報が多く、学問的に確定した内容ばかりではない。それはこの書籍が主として現場で日夜、新しい性能を有する高分子材料の研究開発や製品の信頼設計に悩んでいる技術者を対象としているからである。本著の中に少しでも現在の研究の行き詰まりを解決する糸口を見いだすことができれば望外の喜びである。
平成19年11月11日 著者記す

詳細目次
第1部各種材料の劣化について
1自然に学ぶ劣化と信頼性
1.1はじめに
1.2金属材料の劣化
1.3有機材料の劣化
2プラスチックの劣化の基礎
2.1プラスチックの構造変化
2.2金属材料の劣化との関係
2.3プラスチックの劣化の種類と劣化による変化
3劣化解析の問題点
3.1劣化の概念の整理
3.2モデル化合物による分析
4ポリオレフィン、ポリエステルの熱分解と解析
4.1はじめに
4.2ポリオレフィンの熱分解
4.2.1熱分解生成物
4.2.2ポリオレフィンの熱分解挙動
4.2.36 員環形成と立体規則性
4.3ポリエステルの熱分解
4.4オレフィン、ポリエステルの分解と6員環形成のまとめ
5複雑な解析をどうするか-Molic mouse 法
5.1はじめに
5.2従来のシミュレーションとの違い
5.3PBT の熱分解解析
5.4ポリフェニレンエーテルの熱分解
6高分子の光分解
6.1はじめに
6.2光劣化と熱劣化
6.3ポリカーボネートの光劣化、熱劣化
7エポキシ樹脂の熱分解
7.1架橋構造が劣化に及ぼす影響
7.2架橋による分解生成物の変化
7.3ポリカーボネートとの劣化比較
第2部高分子の分解と燃焼
1はじめに
2高分子の燃焼
2.1ハロゲン系難燃剤は使えない
2.2難燃材料研究の歴史
2.3炭素は燃えない
2.4可燃性のものに難燃性のものを入れるとどうなるか
3燃えない材料 高分子の不燃化
4高分子の燃焼 その実際
5アロイの熱分解と燃焼
5.1ポリマーアロイの構造と熱分解
5.2アロイの分解性生成物と燃焼
5.3ポリマーアロイの分解と燃焼の整理
5.4コーンカロリメーターによる評価
5.5UL 燃焼試験
5.6マルチカロリメーターを使った燃焼バランスの評価
6着火と延焼
7実装材料の信頼性
8劣化の予測は難しい
第3部機械的劣化と解析
1序論
2高分子の力学的破壊モデル
2.1力学的破壊の基礎
2.2実際に使われる高分子材料の力学的破壊
2.3力学的破壊のプロセス
2.4時間の影響
3疲労
3.1金属材料の疲労
3.2高分子材料の疲労
3.3高分子の疲労と形態変化
3.4超音波負荷
3.5高分子疲労破壊のまとめ
4フィラーと劣化、信頼性
第4部信頼性設計へのヒント〜劣化についてどこから学ぶか〜
1自然に学ぶ劣化と信頼性
1.1天然材料の寿命と人工物
1.2防御と修復
1.3生物の防御機構-能動防御と受動防御
1.4能動防御の機構
1.5人工物の紫外線防御
1.6生物における馴化
1.7自然に学ぶ防御系の難しさ
2伝統に学ぶ
2.1伝統に学ぶ必要性
2.2油団に学ぶ
使っているうちに価値が上がる油団とは
油団の涼しさ
2.3伝統材料から学ぶ 人間的な評価法
アイヌに学ぶ
3人工的自己修復材料
3.1PPE の自己修復反応
3.2PC の自己修復反応
3.3劣化と自己修復
3.4有機材料と自己修復
4材料・信頼性設計の基本概念
4.1物理的安全とその技術
4.1.1自動車
4.1.2火災
4.1.3地震などと都市設計
4.2心理的安心と技術
4.3ハザードと技術
4.4社会的に創造される危険性と技術
4.5信頼性設計と社会の受忍性
5プラスチックの信頼性設計指針
5.1従来型の大災害を防ぐ信頼性設計
5.2高度に発達した工業製品の信頼性設計
5.3製品寿命と社会科学的因子
5.4生物と人工物の信頼性
用語解説
索引

SSL グローバルサインのサイトシール
FAXでもお申し込みいただけます。FAXお申し込み用紙(PDF)を印刷いただき、必要事項をご記入のうえ
 弊社までご送信ください。(FAX番号は、お申込用紙に印刷されています)
※PDF形式のファイルをご覧頂くための Adobe Reader は、アドビ システムズ社から無償提供されています。
                Adobe Reader 最新版ダウンロードはこちらから

■ お問い合わせの前に『よくあるご質問(書籍)』をご一読下さいませ ■
■ セミナー・講習会のご案内はこちらでございます ■