TOP セミナー 書籍 社内研修 セミナーQ&A 書籍Q&A お問い合せ 会社概要

ご購入またはご試読は、画面下の「書籍購入」あるいは「書籍試読申込」ボタンから

FPD・DSSC・光メモリーと
機能性色素の最新技術と材料開発
[コードNo.08NTS195]

■体裁/ B5判・530頁
■発行/ 2008年 1月 28日
技術教育出版社
■定価/ 58,536円(税込価格)

 本書は、機能性色素や機能材料がキー材料となって実用化された新しい情報記録材料や薄型ディスプレイ部材、近い将来、実用化や製品化が期待される有機太陽電池、大容量の光メモリー用機能材料や未来ディスプレイの概要と機能部材について、それぞれの専門分野の技術者・研究者が最新技術情報や材料開発の現状について詳解する。

著者紹介
中澄博行大阪府立大学大学院工学研究科
早瀬修二九州工業大学大学院生命体工学研究科
杉原秀樹(独)産業技術研究所エネルギー技術研究部門
松居正樹岐阜大学工学部
小柳郁雄触媒化成工業(株)新規事業研究所
錦谷禎範新日本石油(株)研究開発本部・中央技術研究所
久保貴哉新日本石油(株)研究開発本部・中央技術研究所 東京大学先端科学技術研究センター
宮坂力桐蔭横浜大学大学院工学研究科
昆野昭則静岡大学創造科学技術大学院
G.R.アソカ
・クマラ
靜岡大学創造科学技術大学院
韓礼元シャープ(株)先端エネルギー技術研究所
北村隆之(株)フジクラ材料技術研究所
齋藤陽介東京大学先端科学技術研究センター
中澤弘実岩手大学大学院工学研究科
馬場守岩手大学大学院工学研究科
佐野公宏ジオマテック(株)R&Dセンター
内田聡東京大学先端科学技術研究センター
瀬川浩司東京大学先端科学技術研究センター
太田正文(株)リコー画像エンジン開発本部
石田美織(株)三菱化学技術研究センター機能商品研究所
飯沼芳春山田化学工業(株)研究開発部
井上光輝豊橋技術科学大学電気・電子工学系
池田順一共栄社化学(株)奈良研究所
山口雅浩東京工業大学大学院理工学研究科
植田健治大日本印刷(株)研究開発センター
小林駿介山口東京理科大学基礎工学部
荒川公平日本ゼオン(株)精密光学研究所
渡辺伊津夫日立化成工業(株)電子材料事業部
渡辺二郎凸版印刷(株)総合研究所
長谷川哲也東京大学大学院理学系研究科 神奈川科学技術アカデミー(KAST)
一杉太郎東京大学大学院理学系研究科 神奈川科学技術アカデミー(KAST)
北川雅俊松下電器産業(株)パナソニックAVCネットワーク社
高木利哉東京応化工業(株)開発本部
野口昌太郎日油(株)機能フイルム事業部
詫摩啓輔山本化成(株)研究開発部
熊谷洋二郎山本化成(株)研究開発部
遠藤礼隆九州大学未来化学創造センター
安達千波矢九州大学未来化学創造センター
秋山誠治(株)三菱化学科学技術研究センター機能商品研究所
明渡邦夫(株)豊田中央研究所光デバイス・システム研究室
飯田隆文ナガセケムテックス(株)電子・構造材料事業部
小野昇愛媛大学大学院理工学研究科
梶原和夫三重大学大学院工学研究科
齋藤弥八名古屋大学大学院工学研究科
中西洋一郎静岡大学電子工学研究所
天野浩名城大学理工学部
三浦登明治大学理工学部
鹿間信介三菱電機(株)先端技術総合研究所
面谷信東海大学工学部
田沼逸夫(株)ブリヂストン化工品研究開発本部
増田善友(株)ブリヂストン化工品研究開発本部
櫻井良(株)ブリヂストン化工品研究開発本部
筒井恭治(株)リコー研究開発本部先端技術研究所
小林範久千葉大学大学院融合科学研究科

詳細目次
第1編 機能性色素研究開発の歴史・現状・展望

1機能性色素研究開発の歴史
2国際会議における機能性色素の動向
3情報記録用機能性色素の動向
3-1光ディスク用機能性色素
3-2プリンター用機能性色素
4ディスプレイ用機能性色素の動向
5分子レベルでの制御を可能とする機能性色素と今後の展望
第2編 DSSC編

第1章色素増感太陽電池の研究開発動向
1はじめに
2研究開発動向の概要
(1) 透明導電膜基板
(2) ポーラスナノチタニア
(3) 色素
(4) 電解液
(5) 対極
(6) 封止材料
(7) プラスチック太陽電池と低温焼成技術の開発
(8) セルの大型化と耐久性
(9) 高効率化に向けたセル構成
(10) その他
3まとめ
第2章色素増感型太陽電池の研究開発動向と金属錯体系色素の開発
1はじめに
2色素増感太陽電池
3作動原理
4ルテニウム錯体色素
5ルテニウム錯体以外の色素
6おわりに
第3章色素増感型太陽電池用有機増感色素
1増感剤の分子設計
1-1半導体と電解質に適合するHOMO、LUMOのエネルギーレベルを有すること
1-2高いモル吸光係数と幅広い吸収
1-3半導体と親和性を有するアンカー基の導入
1-4push-pull発色
1-5会合体
1-6剛直さ
1-7耐久性に優れること
2構造別有機増感色素の評価
2-1ペリレン誘導体
2-2メロシアニン色素
2-3スチリル色素
2-4クマリン類
2-5ポリエン色素
2-6インドリン色素
2-7スクアリリウム色素
2-8フタロシアニン
3おわりに
第4章色素増感太陽電池の電解質とその擬固体化
1はじめに
2溶剤型電解液の組成
3イオン液体型電解液
4固体、擬固体化
4-1界面修飾ポーラスアルミナとイオン液体からなる無機有機複合体電解質
4-2界面修飾ポーラスアルミナ、イオン液体、および導電性高分子からなる電子/イオンハイブリッド電解質
5まとめ
第5章ナノチタニアを用いた色素増感型太陽電池への応用
1はじめに
2色素増感太陽電池の発電原理について
3電荷分離機構の発現の詳細
3-1半導体のバンド構造
3-2半導体表面電子エネルギーの電解質接触による電荷分離層の形成
3-3色素増感されたチタニア電極の電子移動メカニズムの概要
3-4メソスコピック酸化物半導体膜の詳細
3-4-1単分子色素層による光変換
3-4-2固体/電解質の界面での光誘起電荷分離の詳細
4二層構造チタニア半導体膜の特長
4-1チタニア膜の二層構造とDSCの特長
4-1-1イオン性液体を電解質に用いた場合
4-1-2凝固体化電解質を用いた場合
4-1-3有機色素で世界一の変換効率セルに二層チタニア膜を使用
4-2二層構造チタニア膜の製造法
4-3チタニア二層膜の光学的及び電気特性の詳細解析[実験内容]
5単分散性チタニア
5-1単分散性チタニアについて
5-2当社のチタニアコロイドラインアップ
6その他のナノチタニアについて
6-1コア-シェルチタニア粒子を使用したチタニア電極の特性
6-2チタニアナノチューブ(TNT)を用いたDSC特性
第6章ゲル状イオン伝導性ポリマー
1はじめに
2イオン伝動性ポリマーの概要
3PVDF-HFP系イオン伝導性ポリマーを用いた色素増感太陽電池の開発
3-1物理架橋型PVDF-HFP系イオン伝導性ポリマーの基礎特性
3-210cm角セルの作製検討
3-3化学架橋型PVDF-HFP系ICPを用いた固体化検討
4おわりに
第7章色素増感太陽電池のプラスチック化、フレキシブル固体化
1プラスチック化が拓く色素増感太陽電池の可能性
2高効率化の研究動向
3プラスチック色素増感太陽電池と集積モジュールの開発
4プラスチックDSSCの耐久性
5ポリマーとカーボン材料を用いるDSSCの固体化
6おわりに
第8章CuIによる全固体化
1はじめに
2ヨウ化銅をp-型半導体層とする固体型色素増感太陽電池
3TiO2電極の作製法
4ヨウ化銅の多孔質TiO2電極への充填とコンタクトの向上
5色素吸着多孔質TiO2層の表面被覆による電荷再結合の抑制と開回路電圧の向上
6有機色素を用いる固体型色素増感太陽電池の高効率化
6-1インドリン誘導体色素
6-2クマリン誘導体色素
7おわりに
第9章色素増感太陽電池の高効率化
1はじめに
2色素増感太陽電池の等価回路
3高効率化のための要素技術
3-1Jsc改善技術
3-2Voc改善技術
3-3FF改善技術
4変換効率の現状と展望
5おわりに
第10章色素増感太陽電池の大面積化・モジュール化
1はじめに
2太陽電池の大面積化
3大面積モジュールの構造
4大面積モジュールの実際
5大面積モジュールの耐久性
6さいごに
第11章二次電池と太陽電池の複合化デバイス
1はじめに
2エネルギー貯蔵型色素増感太陽電池(ES-DSSC)
3全固体型薄膜二次電池の構成と動作原理
4全固体型薄膜二次電池と色素増感型太陽電池の複合化
5おわりに
第3編 情報記録編

第1章OPC─有機光導電体─用色素
1はじめに
2電子写真プロセスの概要
3OPCの概要
4OPC用主機能材料
4-1スペクトル増感染料
4-2電荷移動錯体材料
4-3電荷発生材料-アゾ顔料
4-4電荷発生材料-フタロシアニン顔料
4-5電荷発生材料-その他の顔料
4-6電荷輸送材料
5今後の展開
第2章昇華型熱転写記録用色素
1はじめに
2記録原理
3色素への要求性能
4材料構成
4-1インクリボン
4-2受像紙
5色素の開発動向
5-1熱転写特性
5-2画像の保存安定性
5-3その他の特性
5-4色素構造
6記録媒体の材料設計
7まとめ
第3章感熱記録用色素〜可逆発色材料の応用〜
1カラーフォーマーの概要
2フルオラン・フタリド系カラーフォーマーの特性
2-1発色機構
2-2スペクトル
2-3物理特性
3カラーフォーマーの新しい応用
3-1可逆発色特性の応用
3-1-1示温インキ
3-1-2消去可能インク
3-2感熱記録のフルカラー化
3-2-1多色感熱記録
3-2-2フルカラー化への挑戦
第4章ホログラムメモリ
1はじめに
2ホログラフィ
3ホログラムメモリ
4コリニア・ホログラフィ
5コリニア・ホログラフィ:HVD
6HVDシステムとその周辺
第5章ホログラムメモリ用記録材料の開発
1コリニアホログラムメモリの開発経緯
2ホログラム記録
3コリニアホログラムメモリ用記録材料
3-1マトリックス
3-2モノマ
3-3非反応性成分
3-4光重合開始剤
4記録材料に求められる性能
4-1低収縮
4-2高感度
4-3高ダイナミックレンジ
4-4低ベースノイズ
5記録材料の評価法
5-1ホログラム材料評価
5-2メモリ評価
5-3材料評価システム
6今後の課題
第6章ホログラフィック・プリンター
13次元画像のプリンター
2ホログラフィック・プリンターによる立体像表示の原理
3開発例
4ホログラフィック・プリンターの記録材料と今後の課題
第7章ホログラム光学素子の技術と応用
1はじめに
2ホログラム種類と記録材料
3ホログラム光学素子の事例
3-1ホログラム機能の分類
3-2ホログラム反射板
3-3ホログラムスクリーン
3-4ホログラムコンバイナー
3-5ホログラムカラーフィルター
3-6フーリエレンズ
4まとめ
第4編 LCD編

第1章液晶ディスプレイの最新技術と材料開発
1現状と将来展望
1-1LCD技術の特徴
1-2LCDのモードおよび技術目標
1-3LCDの用途の拡大
2中型/大型LCDにおける技術的課題
2-1中小型LCD
2-2大型LCD
2-2-1コンピュータモニタ
2-2-2直視型LCD-TV
2-2-3プロジェクションLCD
3高性能LCDの最新動向と材料開発
3-1従来のFPDの評価項目
3-2現在対応が必要とされている項目
3-2-1LCD-TV
3-2-2PCモニタ
3-2-3中小型LCD
3-3立体ディスプレイ
3-3-1立体ディスプレイの目的・用途
3-3-2立体ディスプレイの方式
3-4フィールドシーケンシャルフルカラーLCD
3-4-1方式
3-4-2狭ギャップTN-LCDを用いたFS-FC-LCD
3-4-3PSV-FLCDを用いたFS-FC-LCD
3-4-4無欠陥FLCD
3-5フレキシブルLCD
3-6機能集積型LCD
3-7ナノ粒子添加による低消費電力LCD、高速応答LCD
3-8将来展望
第2章LCD用位相差フィルム
1はじめに
2位相差フィルムの光学特性
3延伸位相差フィルム
4視野角補償原理
4-1正面から見た場合
4-2斜めから見た場合
5代表的な位相差フィルムの紹介
5-1TN方式、OCB方式
5-2VA方式
5-3IPS方式
5-4中小型液晶ディスプレイ
6位相差フィルムの開発動向
第3章異方導電フィルムの開発と実装技術
1はじめに
2ACFの開発背景
3ACFの構造と原理
4ACFの構成材料
4-1導電粒子
4-1-1金属めっき樹脂粒子による接続分解能の向上
4-1-2ニッケル粒子
4-2接着剤
5ACFによる実装技術
5-1ACFによるドライバーIC実装技術
5-2有機基板へのフリップチップ実装
5-3ACFによるコネクタ代替用実装技術
5-4ACFによるフレキシブルディスプレイの実装技術
6おわりに
第4章カラーフィルターの最近の動向─凸版印刷での取組みを中心に─
1はじめに
2市場及び技術動向
3高画質化への取り組み
3-1顔料分散法のカラーレジスト
3-2大型液晶TV用カラーフィルタの高画質化への取組み
3-3中小型モバイル液晶用カラーフィルタの高品質化への取組み
4低コスト化への取組み
4-1印刷法(反転印刷法)
4-2インクジェット法
4-3フォトリソ法の新露光方式
5おわりに
第5章カラーフィルタ用機能性色素
1カラーフィルタの役割
2液晶用カラーフィルタの基本構造と着色層の製造法
3カラーフィルタ用顔料
4今後の展望
第6章透明導電膜
1透明導電膜とは
2透明導電性の発現メカニズム
3In2O3系透明導電体の新展開
3-1新ドーパントの探索
3-2新しい薄膜作製プロセス
4ITO代替技術
4-1In枯渇に対する懸念
4-2ZnO系透明導電膜
4-3TiO2系透明導電膜
5まとめ
第5編 PDP編

第1章PDPの最新技術と材料開発
1緒言
2PDPの基本構成と製造プロセス
2-1放電セルの構成
2-2PDPの製造プロセス
2-3基本動作
2-4明るさと階調表現
2-5PDPのサイズ
3現状と課題
3-1低コスト化
3-2セル設計と無機材料プロセス
3-2-1電極
3-2-2保護膜MgO
3-2-3蛍光体と誘電体ガラス
3-3高輝度化と高効率化
3-4画質と信頼性
4PDP開発の今後
4-1高精細と高効率化の取り組み
4-2低コスト化プロセスや新方式の提案
5結言
第2章PDP用ネオン光カット用機能性色素
1はじめに
2ネオン光カットによる高画質化
3ネオン光カット調光用色素
3-1シアニン系色素
3-2テトラアザポルフィリン系色素
第3章PDP用フォトレジスト材料
1はじめに
2フォトレジスト
2-1フォトレジストの種類
2-1-1ポジ型フォトレジスト
2-1-2ネガ型フォトレジスト
2-2フォトレジストの実用工程
2-2-1塗布工程
2-2-2露光工程
2-2-3現像工程
2-2-4エッチング工程
3PDP用フォトレジスト材料
3-1電極形成用フォトレジスト材料
3-1-1エッチング用フォトレジスト
3-1-2フォト電極形成材料
3-2バリアリブ形成用フォトレジスト材料
3-2-1サンドブラスト用フォトレジスト
3-2-2ウェットエッチング用フォトレジスト
3-2-3フォトリブ形成材料
4その他フォトレジスト材料
4-1フォト誘電体形成材料
4-2フォト蛍光体材料
5おわりに
第4章PDP用反射防止フィルム
1はじめに
2反射防止フィルム(ARフィルム)の構造・材料と要求特性
2-1反射防止(AR)機能とその原理
2-2反射防止(AR)フィルムの構造と材料
3反射防止(AR)フィルムの製造方法
3-1ドライコート法
3-2ウェットコート法
4反射防止(AR)フィルムの要求特性とその発現、評価
4-1光学特性
4-2機械的強度
4-3防汚機能
4-4帯電防止機能
4-5耐久性
4-6その他の機能
4-7ReaLook®(リアルック®)シリーズ
5おわりに
第5章PDPフィルタ用近赤外線吸収色素
1はじめに
2近赤外線吸収色素の具体例
2-1ジイモニウム色素
2-2フタロシアニン色素
2-3シアニン色素
2-4ジチオールニッケル錯体
第6編 有機EL編

第1章有機EL用Ir錯体の発光特性
第2章リン光材料の最新動向
1はじめに
2発光材料
3イリジウム錯体の特徴
4配位子設計
5イリジウム錯体の合成法
5-1Ir(C^N)3の一般的合成法
5-2混合配位子型イリジウム錯体の合成法
5-3カルベン配位子型イリジウム錯体の合成法
6イリジウム錯体の発光特性
6-1配位子を構成する骨格と発光波長との相関関係
6-2青色発光を目指した分子設計
6-2-1フェニル部位への置換基導入
6-2-2補助配位子効果
6-2-3ピリジル部位の置換基効果
7イリジウム錯体以外の可能性
8青色りん光用ホスト材料
9おわりに
第3章フレキシブル有機EL
1フレキシブル有機ELの概要
2フレキシブル有機EL用防湿膜
2-1概要
2-2防湿膜形成
(1) プラズマ重合膜
(2) 積層防湿膜
(3) 試料作製及び評価
2-3防湿膜の特性
(1) 構造評価
(2) 駆動試験
3フレキシブル有機EL用プラスチック基板
3-1概要
3-2基板表面処理
3-3フレキシブル有機ELの作製
4フレキシブル有機EL用透明電極
5まとめ
第4章有機ELディスプレイ用封止材料
1はじめに
2有機ELディスプレイの構造
3現在の封止材料の状況
3-1封止材料の概要
3-2封止材料に求められる重要特性
4現行の封止構造の問題点
5新規封止構造とその工法の基本概念
6おわりに
6-1封止材料の検討課題
6-2封止材料の周辺技術の検討課題
第5章ポルフィリン系低分子化合物を用いた塗布型有機半導体の開発
1有機半導体の現状
2塗布による有機FETの作成
3フタロシアニン及びテトラベンゾポルフィリン材料
4応用
第7編 FED編

第1章FEDの最新技術と材料開発
1はじめに
2電界放出型カソード技術
2-1スピント型カソード
2-2CNT型カソード
2-2-1CNTの物性および製法
2-2-2電界放出特性
2-2-3プロセス技術
2-3表面伝導型エミッター(SCE)
3ディスプレイパネル技術
3-1FED用蛍光面
3-2真空封止・スペーサー技術
4ディスプレイパネル特性
4-1スピント型FEDの特性
4-2CNT型FEDの特性
4-3表面伝導型SEDの特性
5おわりに
第2章電子線励起用蛍光体
1はじめに
2電子線励起による発光機構
2-1励起過程の概要
2-2電子の侵入深さ
3FED用蛍光体に必要な性質
3-1導電性
3-2高密度電子線励起下での発光効率の維持
3-3高密度電子線照射による劣化の防止
3-4粒径
3-5薄膜
4電子線励起用蛍光体
4-1高電圧タイプ用蛍光体
4-2低電圧タイプ用蛍光体
4-3蛍光体への導電性の付与
(1) 導電性極薄膜被覆蛍光体
(2) 導電性蛍光体
(3) 薄膜蛍光体
5電子線照射に対する蛍光体の安定化
6おわりに
第8編 LED・無機EL・プロジェクタ編

第1章LEDの最新技術と材料開発
1LEDの概要
2LEDの発光・発色原理と構成する材料
3LEDの製造方法
4LEDの効率
5GaInNを用いた青色・緑色・白色LEDの高効率化
6現在のLEDの問題点と今後の展望
第2章無機ELディスプレイの最新技術と材料開発
1無機ELの種類と構成
1-1分散型(粉末)EL
1-2薄膜型EL(Thin-Film EL:TFEL)
1-3薄膜・厚膜混成型EL(Thick Dielectric Film EL:TDEL)
2無機ELの歴史
2-1第1世代-1970年頃まで
2-2第2世代-1960年代後半から1990年頃
2-3第3世代-1990年頃から2000年頃
2-4第4世代-2000年頃から現在
3無機EL用蛍光体
3-1分散型EL素子用蛍光体
3-2薄膜型EL素子用蛍光体
3-3色変換材料(Color Changing Medium:CCM)
4無機ELディスプレイ
第3章プロジェクタ光学技術の最新動向
1はじめに
2プロジェクタ技術の概要
2-1プロジェクタ技術小史
2-2プロジェクタ技術の構成
3投写型ディスプレイデバイス
4照明・投写光学系
5主要動向
5-1光源
5-2スクリーン
5-3MEMS-LV素子
5-4リアプロジェクタの薄型化・コンパクト化
6むすび
第9編 電子ペーパー編

第1章電子ペーパーの狙いと開発動向
1はじめに
2電子ペーパーの位置づけと期待
3電子ペーパーの課題
4技術開発・製品開発の動向
5電子ペーパーの用途
6あとがき
第2章電子粉流体を用いた電子ペーパー 田沼逸夫、増田善友、櫻井良
1はじめに
2電子粉流体
3パネル構造と表示のしくみ
4特徴となる基本特性
4-1広視野角
4-2高速応答性
4-3バイステイブル性
5カラー化
6フレキシブル化
6-1リブ設計
6-2背面基板
6-3樹脂ディスプレイ試作品
6-4樹脂ディスプレイ評価
6-5フレキシブルパネルの製法
7今後の展望
第3章リライタブルペーパー
1はじめに
2リライタブルペーパーへのアプローチ
3長鎖型顕色剤を用いるリライタブルペーパーの開発
3-1発色・消色の原理
3-2実用的な材料の設計
3-3リライタブルペーパーの性能とプリントシステム
4おわりに
第4章フルカラー化を目指すエレクトロクロミック材料
1はじめに
2エレクトロクロミックセルの構造
3無機酸化物系エレクトロクロミック材料
4有機系エレクトロクロミック材料
5その他
6おわりに

SSL グローバルサインのサイトシール
FAXでもお申し込みいただけます。FAXお申し込み用紙(PDF)を印刷いただき、必要事項をご記入のうえ
 弊社までご送信ください。(FAX番号は、お申込用紙に印刷されています)
※PDF形式のファイルをご覧頂くための Adobe Reader は、アドビ システムズ社から無償提供されています。
                Adobe Reader 最新版ダウンロードはこちらから

■ お問い合わせの前に『よくあるご質問(書籍)』をご一読下さいませ ■
■ セミナー・講習会のご案内はこちらでございます ■