TOP セミナー 書籍 社内研修 セミナーQ&A 書籍Q&A お問い合せ 会社概要

ご購入は、画面下の「書籍購入」ボタンから

<技術開発の動向を予測して未来を眺望するためのコンパス>
特許情報分析(パテントマップ)から見た
半導体製造用炭化ケイ素
技術開発実態分析調査報告書
[CD付/対象公開特許情報データ]
[コードNo.08PTT013]

■体裁/ A4判 183ページ
■発刊/ 2008年 9月 1日 (株)パテントテック社
■定価/ 61,560円(税込価格)

※ 本書籍はご試読頂けません ※

調査目的
 半導体製造用炭化ケイ素を取り巻く市場や技術環境は目まぐるしく変化しており、競争に打ち勝つには、どの部分に焦点を絞り込むべきか、どの分野が着目されているのかなど、一歩先を行く開発戦略が必要となる。調査報告書はこうした要求に応えるために技術戦略上の基礎データを提供することが目的である。

特許情報の収集と処理
 平成10年(1998年)から平成19年(2007年)までの10年間に公開された公開特許について、「特許検索ASPサービスSRPARTNER」((株)日立情報システムズ製)を使用し、検索、収集した。報告書作成にはパテントマップ作成支援ソフト「パテントマップEXZ」(インパテック(株)製)を使用した。特許情報公報の総数は2,477件である。

報告書の構成
1 書誌データによる分析(過去10年)

ランキング分析(リスト)
出願人別公開件数ランキング(上位200)
FI サブクラス分類別公開件数ランキング(上位100)
FI メイングループ分類別公開件数ランキング(上位100)
FI サブグループ分類別公開件数ランキング(上位100)
Fターム テーマコード分類別公開件数ランキング(上位100)
Fターム分類別公開件数ランキング(上位300)
時系列分析
B-1上位50出願人別公開件数の推移(最近10年)
B-2上位40 FI サブクラス筆頭分類別公開件数の推移(最近10年)
B-3上位40 FI メイングループ筆頭分類別公開件数の推移(最近10年)
B-4上位40 FI サブグループ筆頭分類別公開件数の推移(最近10年)
B-5上位40 Fターム テーマコード筆頭分類別公開件数の推移(最近10年)
B-6上位100 Fターム筆頭分類別公開件数の推移(最近10年)
ニューエントリ・リタイアリ分析
C-1-1出願人別参入・撤退状況(最初40)
C-1-2出願人別参入・撤退状況(最近40)
C-2-1FI サブクラス分類別出現・消失状況(最初40)
C-2-2FI サブクラス分類別出現・消失状況(最近40)
C-3-1FI メイングループ分類別出現・消失状況(最初80)
C-3-2FI メイングループ分類別出現・消失状況(最近80)
C-4-1FI サブグループ分類別出現・消失状況(最初120)
C-4-2FI サブグループ分類別出現・消失状況(最近120)
C-5-1Fターム テーマコード分類別出現・消失状況(最初80)
C-5-2Fターム テーマコード分類別出現・消失状況(最近80)
C-6-1Fターム分類別出現・消失状況(最初200)
C-6-2Fターム分類別出現・消失状況(最近200)
上位出願人と分類の関係分析
D-1上位40出願人と上位20 FI サブクラス筆頭分類の公開件数相関
D-2上位40出願人と上位20 FI メイングループ筆頭分類の公開件数相関
D-3上位40出願人と上位20 FI サブグループ筆頭分類の公開件数相関
D-4上位40出願人と上位20 Fターム テーマコード筆頭分類の公開件数相関
D-5上位40出願人と上位60 Fターム筆頭分類の公開件数相関
上位出願人のユニークな技術分析
E-1-*独自FI サブクラス分類別公開件数ランキング
E-2-*独自FI メイングループ分類別公開件数ランキング
E-3-*独自FI サブグループ分類別公開件数ランキング
E-4-*独自Fターム テーマコード分類別公開件数ランキング
E-5-*独自Fターム分類別公開件数ランキング(上位100)
E-6-*独自キーワード別公開件数ランキング(上位200)
(「*」は、上位5出願人(住友電気工業、松下電器産業、ソニー、東芝セラミックス、東京エレクトロンソフトウェア・テクノロジーズ)が該当)
2 技術開発の概説

2-1出願人の概況
2-2公開技術の概況
3 技術データの分類体系

4 技術データによる分析(最近公開の431件)

技術分類分析
F-1技術分類別公開件数ランキング
F-1-1〜F-1-4  [A〜D]技術分類別公開件数ランキング
F-2技術分類相互の公開件数相関
F-2-1〜F-2-6  [A〜D技術分類相互の公開件数相関
F-3上位40出願人と技術分類の公開件数相関
F-3-1〜F-3-4  上位40出願人と[A〜D]技術分類の公開件数相関
5 今後の技術開発の動向の予測

5-1書誌データによる分析予測
5-2技術データによる分析予測
参考資料
1  FI サブクラス分類リスト
2  FI メイングループ分類リスト
3  FI サブグループ分類リスト
4  Fターム テーマコード分類リスト
5  Fターム分類リスト
6  出願人統合リスト
7  パテントマップの種別と見方
☆パテントマップ実例、および本文中の実際の頁例←クリック!

※ 本書籍はご試読頂けません ※

SSL グローバルサインのサイトシール
FAXでもお申し込みいただけます。FAXお申し込み用紙(PDF)を印刷いただき、必要事項をご記入のうえ
 弊社までご送信ください。(FAX番号は、お申込用紙に印刷されています)
※PDF形式のファイルをご覧頂くための Adobe Reader は、アドビ システムズ社から無償提供されています。
                Adobe Reader 最新版ダウンロードはこちらから

■ お問い合わせの前に『よくあるご質問(書籍)』をご一読下さいませ ■
■ セミナー・講習会のご案内はこちらでございます ■