TOP セミナー 書籍 社内研修 セミナーQ&A 書籍Q&A お問い合せ 会社概要

ご購入またはご試読は、画面下の「書籍購入」あるいは「書籍試読申込」ボタンから

帯電の測定方法と静電気障害対策
[コードNo.08STA030]

■体裁/ B5判上製本 424ページ
■発刊/ 2008年 11月 27日 S&T出版(株)
■定価/ 64,800円(税込価格)

静電気測定 → トラブル発生の状況把握に! 静電気対策の効果測定に! 定期的な管理に!
静電気障害の対策法 → 事例と現実的な解決策・注意点を詳説!

<著 者>
村田雄司東京理科大学
海老沼康光湘南工科大学
池崎和男慶應義塾大学
鈴木輝夫春日電機(株)
殿谷保雄東京都立産業技術研究センター
木村裕和大阪府立産業技術総合研究所
荷福正治(独)産業技術総合研究所
児玉勉シシド静電気(株)
園田信夫三菱電機(株)
加藤裕紀(株)ワイズ
小長谷重次名古屋大学
和泉健吉シシド静電気(株)
高柳眞(株)TRINC
河島崇池袋琺瑯工業(株)
清家善之旭サナック(株)
佐々木徹(株)クリーンテック

目  次
第1章 静電気・帯電の基礎
第1節接触帯電
1接触帯電の現象
2接触帯電の機構
3接触帯電の特徴
4接触帯電量の多寡
5最大帯電量
6帯電防止の考えかた
7帯電特性の評価法
第2節摩擦帯電
1摩擦帯電と接触帯電
2摩擦特有な現象
3粉体の帯電
4帯電特性の評価法
第3節剥離帯電
1剥離帯電の現象
2剥離帯電の測定
第4節静電誘導・荷電粒子による帯電
1静電誘導による帯電
2荷電粒子による帯電
第5節放電現象
1放電過程と形式
2暗流
3火花放電
第6節ほこりの付着と帯電の影響
1粒子に作用する電気力と重力
2粒子と壁の間に作用する電気力
3電界中の粒子の移動速度
第2章 帯電の測定方法と環境および方法による誤差要因
第1節電位の測定
1電位の意味
2静電容量と電位・電荷量の関係
3帯電導体の電位測定
3.1接触法による電位測定
3.2非接触法による電位測定(直流方式)
3.3測定信号の交流化(回転セクター式及び振動電極式表面電位計)
3.4距離補償式
4絶縁体の電位測定
第2節電荷量の測定
1帯電導体の電荷量直接測定
2ファラデーケージ
3実際の測定法とファラデーケージの変形
4静電容量の測定
第3節表面電荷分布の測定
1電荷分布と電位分布
2帯電微粒子を散布する方法
3微小誘導電極を有する表面電位計を用いる方法
4原子間力顕微鏡
5走査型電子顕微鏡(SEM)
6電気光学効果
第4節空間電荷分布の測定
1空間電荷
2空間電荷分布の測定法
3PEA法
4空間電荷測定例
第5節電界の測定
第6節固体の表面抵抗率と固体・液体の体積抵抗率測定
1導電率と抵抗率
2表面抵抗率
3抵抗の測定
4体積抵抗率および表面抵抗率の測定
5接触抵抗の影響を受けない抵抗測定法 −4端子法と4探針法−
第7節粒子と粉体の帯電測定
1単一粒子の帯電量測定
2粉体の帯電量測定
3粒子及び粉体の帯電特性評価
第8節電荷漏洩・減衰の測定
1帯電電荷の漏洩ルート
2電荷漏洩の評価のための試料帯電
2.1固体電極からの電荷注入
2.2摩擦帯電
2.3コロナ帯電
2.4液体電極からの電荷注入
3電荷減衰の測定
3.1帯電減衰モデルと半減期法
3.2帯電体の電荷測定
3.3帯電物体の電荷漏洩抵抗の測定
第9節静電気放電の測定
1静電気放電のエネルギーとその測定
2放電による電荷分布の変化
3発光状態
4放電電流と電荷量
5放電に伴う電磁波の発生
第10節微小電流の測定
1微小電流計の種類と測定原理
1.1電流・電圧変換方式
1.2シャント抵抗および負担電圧が測定精度に及ぼす影響
1.3振動容量電位計
1.4微小電流計の応答速度
1.5微小電流計の測定限界
2微小電流測定上の問題点
2.1絶縁材料
2.2配線、ケーブル、コネクター
2.3ガード電極、遮蔽(シールド)、接地(グランド)
第11節熱刺激電流の測定
1熱刺激電流とはどのようなものか
1.1定義と分類
1.2熱刺激電流の特徴
2TSCの測定法
2.1試料の分極
2.2TSC測定の電極配置
3TSCの利用
3.1初期立上り法(initial rise method)
第12節除電機構と除電装置の性能評価
1除電装置(イオナイザ)の原理
2除電装置の性能評価
第13節測定のための試験基準
1試験基準の概要
2帯電性の測定に関する試験基準
2.1電荷量の測定
2.2静電界の測定
2.3電位の測定
3帯電防止性の測定に関する試験基準
3.1電気抵抗の測定
3.2電荷減衰の測定
第3章 生産現場における静電気測定とその管理
1静電気測定器の基礎
1.1静電気測定器の種類
1.2表面電位計の測定原理
1.3表面電位計の較正方法
2生産現場における静電気測定方法および注意点
2.1静電気用電圧計を用いた帯電電位測定
2.2表面電位計を用いた帯電電位測定
2.3表面電位計の使用上の注意点
2.4電荷量測定
2.5電界測定
2.6抵抗測定上の注意点
2.7現場で測定データを記録する上での注意事項
3生産現場での静電気管理
3.1静電気対策評価基準
第4章 製造工程・物別の帯電現象と正しい測定方法および静電気対策
第1節人体の帯電現象と正しい測定方法および静電気対策
1人体帯電のメカニズム
2人体帯電の発生原因
3人体帯電電位の測定方法及び測定例
4人体帯電に起因する障害・災害
4.1電撃
4.2可燃性ガスへの着火
5人体帯電防止方法
5.1静電気の漏洩
5.2漏洩抵抗の管理指標
5.3等価回路による人体帯電電位減衰の解析
5.4静電気帯電防止靴
5.5帯電防止作業床
5.6静電気帯電防止作業服
5.7作業者の教育および帯電防止用品の管理
第2節繊維製品の帯電現象と正しい測定方法および静電気対策
1繊維の種類と電気的性質
2繊維・繊維製品の静電気トラブルと帯電防止方法
3繊維及び繊維製品の製造に対する静電気の活用技術
4繊維製品の静電気測定方法と留意事項
第3節粉体の取扱における帯電現象と正しい測定方法および静電気対策
1粉体の取扱における帯電機構
2粉体の取扱における帯電現象
2.1粉じん濃度が帯電に及ぼす影響
2.2粉体の流動速度(輸送速度)が帯電に及ぼす影響
2.3粉体の帯電極性
2.4粉体の輸送距離が帯電に及ぼす影響
2.5相対湿度が帯電に及ぼす影響
3測定方法
4静電気対策
第4節可燃性液体の帯電現象と正しい測定方法および静電気対策
1静電気の現象
1.1静電気の発生
1.2電荷緩和
1.3誘導帯電
1.4静電気放電と着火
1.5液体の帯電現象
2静電気の安全対策
2.1危険性雰囲気の防止
2.2最小着火エネルギー
2.3着火源の防止
2.4一般的静電気対策
2.5液体取扱時の静電気対策
3可燃性液体に関する静電気の測定
3.1導電率の測定
3.2帯電電位の測定
3.3帯電電荷の測定
3.4測定上の安全配慮
第5節電子デバイス・半導体製造における帯電現象と正しい測定方法および静電気対策
1半導体製造における静電気
1.1静電気対策の考え方
1.2半導体クリーンルームとESA
1.3誘導帯電の考え方
1.4静電気測定の基本的考え方
2静電気対策の実施例
3イオナーザーによる効果
第6節プラスチック業界の静電気除去対策技術
1静電気はなぜ起きるか
2静電気が及ぼす力
3プラスチック成型における静電対策
4従来の静電気対策
5新しい除電方式について
6静電気対策の新しい考え方
第7節フィルム製造加工における帯電現象と正しい測定法および静電気対策
1フィルム製造加工における帯電現象
2フィルムの帯電測定法
2.1静電気の測定
2.2表面電位測定の注意点
3静電気対策
3.1静電気発生抑制法
3.2一般的な帯電防止法
3.3帯電防止剤を用いる方法
4フィルム製造・加工における帯電例とその対策
4.1ロールで搬送時のフィルムの静電気放電
4.2フィルム巻き取り時の帯電現象
4.3フィルムハンドリング時の操作トラブル
第8節フィルムへのコーティングにおける帯電現象と正しい測定方法および静電気対策
1フィルム上の帯電模様について
2帯電模様の除去原理
3帯電模様除去システムの構成
第9節帯電防止フィルムの取り扱い、選定の注意点
1帯電防止フィルム
2帯電防止剤からみた帯電防止フィルムの取り扱い及び選定の注意点
2.1イオン伝導型帯電防止剤系
2.2電子伝導型帯電防止剤
3帯電防止フィルム選定の注意点
3.1ブリードアウトとそのコントロール
3.2粒子脱落とそのコントロール
第10節製紙・紙加工・印刷・コピー機における帯電現象と正しい測定方法および静電気対策
1静電気障災害と帯電防止対策
1.1静電気現象と障災害
1.2帯電防止対策と除電装置の適用
2紙の静電気の測定
2.1電荷量の測定
2.2表面電位の測定
2.3電気抵抗の測定
2.4電荷減衰の測定
2.5紙の含水率と電荷漏洩特性
3イオン生成方式の種類と原理
3.1各種のイオン生成方式とその適用
3.2コロナ放電式によるイオンの生成
4コロナ放電式除電装置の概要
4.1電圧印加式と自己放電式
4.2電圧印加式除電装置の分類
5除電装置の特性評価に関する規格
5.1帯電プレートモニタ
5.2ウェブ走行試験装置
6除電装置の取扱方法と保守
6.1除電装置の設置
6.2除電装置の保守管理
7紙を扱うプロセスにおける除電装置の適用
7.1印刷機への除電装置の適用
7.2コピー機への除電ブラシの適用
7.3紙粉除去
第11節塗装工程における帯電現象と正しい測定方法および静電気対策
1塗装工程における帯電現象
1.1絶縁体の帯電現象
1.2導体の帯電現象
2静電気の測定方法
2.1電荷量の測定
2.2表面の静電位の測定
3静電気帯電によるトラブル
3.1静電塗装は静電気を応用
3.2その他の静電気応用
3.3一般の塗装では静電気は邪魔。そのトラブルとは?
4静電気対策
4.1水吹き
4.2アース
4.3加湿
4.4界面活性剤を塗布
4.5導電剤の混入
4.6ダチョウの羽で擦る
4.7除電器でイオンを掛ける
5イオナイザーを用いた現状の静電気・ホコリ対策の問題点
第12節グラスライニング機器における帯電現象と静電気対策および測定方法
1絶縁性GL機器での帯電現象とその対策
2ガラス材質の導電化
2.1帯電防止GLの概要
2.2テストピースによる帯電防止性能評価
3GL機器における帯電量測定方法
第13節電子デバイスの高圧スプレイ洗浄工程における帯電現象と静電気対策
1静電気の発生原因
2ファラデーケージを用いた静電気測定
2.1実験方法
2.2実験結果と考察
3静電気発生防止策の提案と確認実験
3.1実験方法
3.2実験結果と考察
第14節潤滑油の帯電現象と測定方法及び静電気対策
1トライボロジーにおける帯電現象
2静電気の測定方法とその問題点
3実験で発見した知見
4静電気発生のメカニズム

SSL グローバルサインのサイトシール
FAXでもお申し込みいただけます。FAXお申し込み用紙(PDF)を印刷いただき、必要事項をご記入のうえ
 弊社までご送信ください。(FAX番号は、お申込用紙に印刷されています)
※PDF形式のファイルをご覧頂くための Adobe Reader は、アドビ システムズ社から無償提供されています。
                Adobe Reader 最新版ダウンロードはこちらから

■ お問い合わせの前に『よくあるご質問(書籍)』をご一読下さいませ ■
■ セミナー・講習会のご案内はこちらでございます ■