TOP セミナー 書籍 社内研修 セミナーQ&A 書籍Q&A お問い合せ 会社概要

ご購入またはご試読は、画面下の「書籍購入」あるいは「書籍試読申込」ボタンから

帯電防止材料の設計と使用法
[コードNo.09STA032]

■体裁/ B5判上製本 267ページ
■発刊/ 2008年 12月 24日 S&T出版(株)
■定価/ 59,400円(税込価格)

イオン伝導型、電子伝導型 帯電防止機構と設計事例!
添加、複合、コーティング、積層方法と応用展開!

著  者
榎本正樹リケンテクノス(株)
西畑直光(株)クレファイン
畠慎也(株)クレファイン
川崎達也(株)クレファイン
村上義信豊橋技術科学大学
薮田尚士三洋化成工業(株)
牧伸行三井・デュポン ポリケミカル(株)
松田政東レ(株)
吉武正義福田金属箔粉工業(株)
桝武志ベカルトジャパン(株)
長澤義信ケッチェン・ブラック・インターナショナル(株)
酒井雅生(株)クレファイン
鷺坂功一油化電子(株)
佐々木喜達(株)PBIアドバンストマテリアルズ
橋本創メイキ樹脂工業(株)
望月敦史アキレス(株)
倉本憲幸山形大学
千種康男ナガセケムテックス(株)
大久保隆昭和電工(株)
平井俊晴日揮触媒化成(株)
山田昌文ユニチカ(株)
古内哲哉三菱伸銅(株)
越部茂(有)アイパック
加納義久古河電気工業(株)
倉地育夫コニカミノルタビジネステクノロジーズ(株)
轟大地信越化学工業(株)
三浦勇雄戸田建設(株)
宮沢和之(株)資生堂

目  次
第1章 帯電防止材料の機能発現機構と分類
1節帯電防止機構と種類
1最近の帯電防止技術の動向
2帯電防止機構〜界面活性剤類による帯電防止
3帯電防止機構〜イオン伝導機構による帯電防止
4帯電防止機構〜電子伝導機構による帯電防止
5帯電防止機能の設計〜配合技術、コーティング技術、表面処理技術
6帯電防止機能の制御
2節導電性フィラー複合材料の帯電防止機構とフィラー種類による特徴
1導電性フィラー複合材料の帯電防止機構
2フィラー種類による特徴
2.1炭素フィラー
2.2金属系フィラー
第2章 帯電防止材の解析・評価技術
1節帯電防止材料の性能測定法 −電荷減衰の測定、静電気半減期測定−
1電荷減衰測定の必要性
2帯電防止材料の性能測定方法 −電荷減衰の測定、静電気半減期測定―
2.1電荷減衰測定の原理
2.2JIS規格における電荷減衰測定方法
2.3米国連邦政府試験規格における電荷減衰測定方法
2.4IEC規格における電荷減衰測定方法
2節多層フィルム中帯電防止剤の拡散評価
1重量法
2化学分析機器を用いる方法
3電気的検出方法
3.1表面抵抗測定
3.2空間電荷測定
第3章 帯電防止材料の機能発現機構と使用法
     −製法、性能・機能、環境による性能の違い、性能の持続性−
<添加・配合による帯電防止>
1節界面活性剤による高分子材料の帯電防止技術ならびに高性能化
1帯電防止機構〜界面活性剤による帯電防止
2帯電防止機構〜高分子界面活性剤による帯電防止
3高分子帯電防止剤 技術のニーズ
4高分子界面活性剤による帯電防止機能の高性能化
5高分子帯電防止剤の高性能化 その1
6高分子帯電防止剤の高性能化 その2
7帯電防止機能の制御
8『スタティクマススター』の開発背景
9『スタティクマススター』の性能
2節ポリエーテル系高分子による帯電防止
1ポリエーテル系高分子型帯電防止剤の性能発現機構
1.1帯電防止の考え方
1.2導電性を有する材料について〜高分子固体電解質〜
2ポリエーテル系高分子型帯電防止剤の設計手法
2.1高分子型帯電防止剤と対象樹脂とのアロイ化
2.2混練時及び成型時の溶融粘度制御
2.3高分子型帯電防止剤と対象樹脂との親和性
3ポリエーテル系高分子型帯電防止剤の開発動向
3.1「ペレスタット」シリーズ
3.2オレフィン系樹脂用ペレスタット300の特性について(PPとのアロイ例)
3.3ペレスタットの使用法について
3.4対象樹脂種の拡大
3.5帯電防止性能の評価について
3節カリウムアイオノマーによる帯電防止
1アイオノマーの構造
1.1アイオノマーの高次構造
1.2イオン凝集部
2アイオノマーの合成
3アイオノマーの電気的性質
3.1アイオノマーの表面抵抗
3.2カリウムアイオノマーの表面抵抗
4アイオノマーの誘電挙動
4.1誘電スペクトル測定
4.2E-15MAA-0.8Kの誘電スペクトル
4.3誘電スペクトルのカリウムイオン濃度依存性
4.4制電性発現メカニズム
5帯電防止剤としてのカリウムアイオノマー
5.1工業用途への応用
5.2エンプラ帯電防止剤としての可能性
6制電性のシュミレーション
4節ポリマーアロイ型制電性樹脂の特性向上と実用化
1ポリマーアロイ型制電性樹脂の基本設計と発展の経緯
1.1基本設計
1.2発展の経緯
2ポリマーアロイ型制電性樹脂の実用化設計
2.1概要
2.2ABS樹脂における制電性ポリマーの実用化設計
3ポリマーアロイ型制電性樹脂の制電性能
3.1特徴
3.2制電性能の向上
4ポリマーアロイ型制電性樹脂(“トヨラックパレル”)の制電性能向上の実現化
5節金属粒子による帯電防止
1導電性フィラー用金属粒子
1.1銀粉
1.2銅粉
1.3ニッケル粉
1.4金属ナノ粒子
6節金属繊維フィラーによるESD/EMI対策
1金属繊維の各種製造方法と特徴
2樹脂フィラーとしての金属繊維
3ステンレス繊維フィラーの特徴
4ステンレス繊維フィラーの製品用途例
5ステンレス繊維を使った導電性樹脂例
6ベカルト社のステンレスマスターバッチ
7ベカルト社で取り扱っているその他の静電気対策用製品
7節カーボンフィラーによる帯電防止
1導電性カーボンブラックの構造と帯電防止機構
2導電性カーボンブラックの選択
3帯電防止の評価方法と使用方法
8節炭素繊維による帯電防止
1炭素繊維
1.1炭素繊維の種類
1.2炭素繊維の製造
2炭素繊維強化樹脂
2.1炭素繊維強化樹脂の特徴
2.2帯電防止材料としての炭素繊維強化樹脂
3炭素繊維強化樹脂の導電性
3.1炭素繊維強化樹脂の導電機構
3.2導電性の影響因子
4その他の帯電防止材料との比較
4.1カーボンブラックを用いた導電性樹脂との比較
4.2帯電防止剤を用いた導電性樹脂との比較
4.3金属フィラーを用いた導電性樹脂との比較
5炭素繊維強化樹脂の材料設計
5.1炭素繊維の含有率
5.2炭素繊維の長さ
5.3導電性以外の観点からの設計
9節カーボンナノチューブ複合樹脂による高性能帯電防止部品
1電子デバイス分野の要求性能と、帯電防止材料
2ハイパーサイトWシリーズの基本特性
2.1カーボンナノチューブ複合樹脂
2.2静電気帯電放電(ESD)特性
2.3クリーン特性
3ハイパーサイトWシリーズの射出成形
4ハイパーサイトWシリーズ 各種グレード
5カーボンナノチューブ複合樹脂の高機能化
5.1表面抵抗値均一化
5.2耐摩耗性の付与
5.3真空成形トレイへの展開
6リサイクル
10節切削加工用帯電防止母材
1押し出し成形法と圧縮成形法の違い
2ナノコンポジットでの帯電防止
<コーティング、積層による帯電防止>
11節界面活性剤水溶液ミストコーティングによる帯電防止
1処理液
2現状のコーティング法
2.1ディッピング
2.2スプレーコート
2.3ロールコート
2.4手拭き(刷毛塗り、布拭き)
3ミスト法によるコーティング
4除電の原理と帯電防止性能の発現
5ミスト法で得られる薄膜の特性
5.1表面抵抗率
5.2放置時の耐久性、耐熱性
5.3摩擦耐久性
5.4表面硬さ、すべり性
5.5防曇性
5.6外観
5.7基材物性の変化
5.8加飾膜の密着性
6処理装置
6.1汎用コンベヤ型(MEC−C)
6.2汎用卓上型(MEC−CSU)
6.3高能率卓上型(MEC−CSH)
6.4加飾部品用特注機
6.5遠隔個所の処理装置(MEC−CSV)
6.6その他の装置、機具類
7適用例
7.1二次加工部品の帯電防止処理
7.2インモールドへの適用
7.3部品箱、梱包部材業への適用
7.4作業着の処理
7.5静電塗装のアンダーコート
12節ポリピロールによる帯電防止
1導電性ポリマー「STポリ」
2ポリピロールナノ分散液
3ポリピロールナノ分散液塗工フィルム『STNフィルム』
3.1STNフィルムの構造
3.2STNフィルムの特性
4STNフィルムの製品開発事例
4.1STNクリアファイル
4.2TABスペーサー用STNフィルム
5新規応用用途
5.1STN粘着フィルム
5.2STNリリースフィルム
13節ポリアニリンの帯電防止材料としての使用法
1導電性高分子ポリアニリンの開発と実用化
2ポリアニリンの基礎
3種々の静電気障害と対策
4両親媒性ポリアニリンの合成と帯電防止トレイ
14節PEDOT/PSS分散液による帯電防止コーティング材
1表面抵抗率と性能・用途との関係
2各種透明帯電防止材の得失
3PEDOT/PSSの特徴
4帯電防止「デナトロン」の特徴
5「デナトロン」のラインナップ
6用途
15節ポリイソチアナフテンによる帯電防止
1自己ドープ型ポリチオフェン系導電性高分子の物性
2自己ドープ型ポリチオフェン系ポリマーの評価法
3自己ドープ型ポリイソチアナフテンの実用例
16節金属、金属酸化物分散透明帯電防止コーティング剤
1透明導電性コーティング材の設計
2透明導電性ナノコンポジット膜材料について
2.1ナノ導電性材料
2.2バインダー成分
2.3導電性塗料
3透明導電性コーティング膜の応用例
17節酸化スズナノ粒子分散透明水性帯電防止コーティング
1酸化スズ透明水性帯電防止コーティング剤の特性
2酸化スズ透明水性帯電防止コーティング剤構成物について
3酸化スズ透明水性帯電防止コーティング剤のコーティング条件
4異種機能材料との複合化
5用途例
18節高分子フィルムへの金属薄膜形成による帯電防止
1金属薄膜による帯電防止
2金属薄膜の特性
2.1金属薄膜の電気特性
2.2金属薄膜の光学特性
3金属薄膜の形成方法
3.1物理的気相成長法(PVD)
3.2化学的気相成長法(CVD)
4帯電防止金属薄膜の活用事例
第4章 注目用途での帯電防止技術
1節封止材料における帯電防止技術
1原材料における帯電防止
1.1シリカ
1.2カーボンブラック
1.3固形樹脂
2封止材料における帯電防止
2.1粉砕工程
2.2原料混合工程
2.3整粒工程
2.4打錠工程
2.5その他
3次期封止材料における帯電防止
3.1シート材料
3.2薄膜材料
2節粘着テープにおける帯電防止技術
1粘着のメカニズムと粘着剤の種類
2粘着テープの帯電防止化の実例
2.1粘着剤の帯電防止化
2.2基材フィルムの帯電防止化
3節感光材料における帯電防止技術
1SnO2ゾルに含まれる粒子の結晶性と導電性
2帯電防止性能評価技術
3PET用帯電防止処理下引きのバインダー検討
4節シリコーンゴムへの帯電防止性付与
1シリコーンゴムについて
1.1シリコーンゴムの分類
2帯電防止性付与シリコーンゴム
2.1帯電防止効果の評価方法
2.2従来の帯電防止技術
2.3新しく開発した帯電防止技術
5節床材における帯電防止技術
1帯電防止床材の種類
2使用される帯電防止材料
3要求性能
4帯電防止床が求められる床用途
5帯電防止床の施工技術
5.1塗り床
5.2張り床
5.3置き床・組み床
6高機能・高耐久性帯電防止床工法の開発
6.1開発のコンセプト
6.2本工法の概要
6.3基礎物性
6.4促進試験
6.5試験施工
6節帯電防止効果を利用した花粉付着抑制技術
1ホスホリルコリン基を有するポリマーの特徴
1.1電気的中和による花粉付着防止作用
1.2動摩擦係数低下作用
2ホスホリルコリン基を有するポリマーを用いたスギ花粉吸着阻害効果
2.1コットンへの付着抑制効果測定
2.2花粉症用マスク用不織布における付着抑制効果測定
2.3ヒト皮膚および毛髪に対する効果

SSL グローバルサインのサイトシール
FAXでもお申し込みいただけます。FAXお申し込み用紙(PDF)を印刷いただき、必要事項をご記入のうえ
 弊社までご送信ください。(FAX番号は、お申込用紙に印刷されています)
※PDF形式のファイルをご覧頂くための Adobe Reader は、アドビ システムズ社から無償提供されています。
                Adobe Reader 最新版ダウンロードはこちらから

■ お問い合わせの前に『よくあるご質問(書籍)』をご一読下さいませ ■
■ セミナー・講習会のご案内はこちらでございます ■