TOP セミナー 書籍 社内研修 セミナーQ&A 書籍Q&A お問い合せ 会社概要

ご購入またはご試読は、画面下の「書籍購入」あるいは「書籍試読申込」ボタンから  
有機EL照明用材料の開発と評価技術    
[コードNo.10STA058]

■体裁/ B5判上製本 164ページ
■発行/ 2010年 7月 29日 S&T出版(株)
■定価/ 54,000円(税込価格)
■ISBNコード/ 978-4-903413-92-1
 
★LED照明に続く次世代照明 早期に市場要求を満たすための課題と対策
★特性向上及び高効率化へむけた材料開発と分析技術

著者

赤星治元 東北デバイス(株)
今野英雄(独)産業技術総合研究所
長谷部浩一新日鐵化学(株)
遠藤礼隆九州大学
八尋正幸九州大学
安達千波矢九州大学
大森裕大阪大学
辻勇人東京大学
田中剛東ソー(株)
柳博山梨大学
細野秀雄東京工業大学
森竜雄名古屋大学
高橋善和(株)TI
坪井泰住京都産業大学
岡田博正(株)アイテス
任陽陽(株)アイテス
高野和美(株)アイテス
鳥居康子岩谷化学工業(株)
島田敏宏北海道大学
河本康太郎(株)テクノローグ

目次

1章 有機EL照明実用化に向けた技術動向と材料への要求特性

1生産プロセスと材料の相関
2特性改善と材料ファクター
3特性改善と封止プロセス
4応用とアプリケーションの拡大

2章 材料による有機EL照明の高性能化

1節青色燐光材料
1フェニルピリジン系イリジウム錯体
1.1フェニルピリジン配位子のピリジン環への電子供与性置換基の導入
1.2フェニルピリジン配位子のフェニル基への電子吸引性置換基の導入
1.3補助配位子の導入
2フェニルピラゾール系イリジウム錯体
3フェニルトリアゾール系イリジウム錯体
4カルベン系イリジウム錯体
5ピリジルピラゾール系イリジウム錯体
6ピリジルトリアゾール系イリジウム錯体
7フェニルイミダゾール系イリジウム錯体
2節赤・緑リン光材料
1燐光発光と蛍光発光
2燐光ホスト材料
3新日鐵化学の燐光ホスト材料開発
3.1燐光赤色ホスト材料
3.2燐光緑色ホスト材料
3.3燐光緑色ホスト材料の応用
3節純青色発光を目指したカルベン型Ir錯体の光物性
1研究背景
2カルベン型Ir錯体の溶液中におけるPL特性
3ホスト-ゲスト共蒸着薄膜におけるPL特性
4ワイドエネルギーギャップを有するホスト材料を用いたホスト-ゲスト共蒸着膜のPL特性
5ワイドエネルギーギャップを有するホスト材料を発光層に用いたOLEDのEL特性
4節高分子発光材料
1有機EL用高分子発光材料
2印刷技術による有機ELの作製と高輝度化
3ポリフルオレン高分子用いた白色有機ELの作製
5節ホモ接合有機EL素子材料
1有機EL構造の変遷
2CZBDFを用いたホモ接合素子
3材料特性の考察:他の両極性材料との比較
4合成モジュール
6節電子輸送材料
1電子輸送材料の開発経緯
2電子輸送材料に求められる物性
3有機EL素子特性
3.1発光特性
3.2寿命特性
3.3燐光素子特性
7節電子注入電極としてのC12A7エレクトライド
1C12A7エレクトライドとは
2薄膜作製
3電子注入障壁と注入特性

3章 有機EL白色化のための層構造技術

1白色化とは?
2白色有機ELの素子構造
3発光層でのキャリア・励起子挙動
4報告例に見る発光層の構造
5照明デバイスへの課題

4章 フレキシブル有機EL照明製造の最適条件

1有機材料の高速成膜の検討
2有機EL用高速成膜装置の設計製作
3膜厚分布
4有機多層膜の作製
5蒸着材料の蒸発特性
6EL素子の作製
7バリア膜の作製

5章 有機EL照明開発に必要な分析技術

1節有機EL素子の青色発光用ホスト材料の評価
1CBPとmCPカルバゾル誘導体
1.1発光スペクトル
1.2三重項T1準位とエネルギー移動
1.3逆エネルギー移動
1.4mCPの弱点
2改良型CBP
3カルボゾルシリル系ホスト
3.1CzSi
3.2SimCP
3.3SimCP2
4SimCP2優位性の理由
4.1ガラス転移温度とキャリア移動度
4.2項間交差
2節有機EL素子の欠陥検出法と修復法
1有機EL素子の欠陥箇所検出方法
1.1EMMS法
2有機EL素子検査装置EX03
3故障解析に必要なマーキング
4有機EL素子の欠陥箇所修復方法
5リーク発光の分光解析
3節有機金属錯体の合成と評価:発光性電子輸送材料Alq3
1Alq3の合成
2粉末の発光スペクトル
3溶液での吸収発光スペクトル
4NMR スペクトル
5アニール効果と昇華効果
6有機EL素子への応用とデバイス評価
4節有機EL封止材の水蒸気透過率の精密計測
110-6g/m2dayとはどのような量か
2これまでの測定法
2.1差圧法
2.2重量測定法(カップ法)
2.3クロマトグラフィ
2.4カルシウム法
2.5電気化学的検出法
2.6赤外分光法
2.7大気圧気体の質量分析法
3冷却トラップを用いた新しい方法
3.1考え方
3.2冷却トラップの温度とキャリヤガスの検討
3.3測定手順
3.4装置内壁処理の重要性
3.5実験結果
4コンピュータ・シミュレーションへの期待
5節有機EL照明の光特性と寿命・安定性評価
1固体光源の発達と照明用への展開
2光源の光特性を評価するための光の量と質
3有機EL光源の評価に重要な光特性の測定・評価
3.1光度
3.1.1光度測定方法とLEDおよび有機ELに適用する上での要検討点
3.1.2CIEによるLED光度測定方法
3.1.3光度標準用LED光源
3.2全光束
3.2.1一般照明用光源における全光束測定の重要性
3.2.2球形光束計によるLED全光束測定上の要検討点
3.2.3有機EL全光束測定上の要検討点
3.2.4全光束測定用標準
3.3輝度
3.3.1輝度測定の重要性
3.3.2LED光源の輝度測定上の要検討点
3.4光の質− 分光分布、色度、相関色温度、ピーク波長、演色評価数 など
3.4.1有機EL、LED光源の質の測定評価の重要性
3.4.2有機EL、LED の分光分布の測定
4光源の寿命とその評価
4.1光源の寿命とその定義
4.1.1光源の寿命
4.1.2照明用光源の寿命の概念と定義
4.2光源の寿命の要因
4.2.1真空システム光源の寿命の要因
4.2.2固体素子光源の寿命の要因
4.3光源の寿命の実際と国際規格



SSL グローバルサインのサイトシール
FAXでもお申し込みいただけます。FAXお申し込み用紙(PDF)を印刷いただき、必要事項をご記入のうえ
 弊社までご送信ください。(FAX番号は、お申込用紙に印刷されています)
※PDF形式のファイルをご覧頂くための Adobe Reader は、アドビ システムズ社から無償提供されています。
                Adobe Reader 最新版ダウンロードはこちらから
■ お問い合わせの前に『よくあるご質問(書籍)』をご一読下さいませ ■
■ セミナー・講習会のご案内はこちらでございます ■