TOP セミナー 書籍 社内研修 セミナーQ&A 書籍Q&A お問い合せ 会社概要


ご購入またはご試読は、画面下の「書籍購入」あるいは「書籍試読申込」ボタンから    
カーボンフットプリントの最新現状・国際動向と事例集    
「Carbon Footprint of Products」への対応/CO2の見える化  
[コードNo.10STA065]

■監修/ 市川 芳明((株)日立製作所)
■体裁/ B5判上製本 225ページ
■発行/ 2010年 12月 15日 サイエンス&テクノロジー(株)
■定価/ 29,700円(税込価格)
■ISBNコード/ 978-4-86428-014-3
 
★関係ない業界はなし。ますます広がるカーボンフットプリントの動きに、自社はどう対応すべきか?
★最新の国内・外の動向、法制化動向、実際に取り組んでいる企業はどのようにしているのか!

書籍趣旨

 2010年になってから、急速に「カーボンフットプリント」に着目が集まりつつある。しかし、これほど重要であり、かつ立場の違いによって受け取り方が違う環境課題も珍しいと言えるだろう。世界各国の行政は気候変動他対策の切り札として期待し、法規制への導入も視野に入れて積極的に調査研究やパイロット事業を開始している。NGOや環境団体は概ね好意的に捉えるが、企業は警戒感がぬぐえない。一方で積極的に先導者となることで国際競争力を高めようという企業、あるいは企業群によるグローバルなイニシアチブがある。技術的な観点からは、カーボンフットプリントをエコラベルあるいは環境宣言の一種として捉える方もいる一方で、経営判断のための分析手法であると捉える方もいる。いずれにせよ、カーボンフットプリントは行政施策あるいは企業経営にとって大きな影響を与えるテーマである。一方で、この点を認識しているISOなどの国際標準化団体はカーボンフットプリント国際標準規格の策定、すなわち国際ルールを確立するための主導権争いを繰り広げている。

 カーボンフットプリントへの姿勢と課題の認識については産業分野による違いも著しいことが特徴である。当初から盛んであったのは食品業界であるが、化学、建築材料、日用品、流通業、そして川下産業と言われる電気機械、自動車などにその対象範囲が徐々に広がってきている。現在の段階では、無関係な業種がないと言えるほどの状況になっている。

 本来、カーボンフットプリントは1つの製品に着目して、そのライフサイクル全体における温室効果ガス(GHG)排出量の合計値を意味する。GHGはむろんCO2が大半を占めるが、メタン(CH4)やパーフルオロカーボン類(PFCs)などの6種類のガスについても、各々の温室効果係数を用いて等価のCO2に換算し、その排出量の合計値をカーボンフットプリントとして表す。

 一方で個々の製品は、その製品固有のライフサイクルを持っている。まず原材料の製造、次に工場での生産、完成品の配送、ユーザーによる使用、さらに“End-of-life”(使用後の回収・リサイクル・廃棄)などがこのライフサイクルに含まれる代表的なライフサイクル段階である。この各々のライフサイクル段階から、まず直接的な排出があり、さらに、製造に使用する電気や水に関しても当然のように電力を消費して作られるので、それらを使うことは間接的にCO2を排出していることに他ならない。カーボンフットプリントを計算する際には、このような間接的な排出も算入することが原則である。そして、この間接排出を評価するためには、当該製品の当事者とは異なるサプライチェーン上の多数の企業から排出量情報を入手しなければならないという難しさがある。さらにこれが炭素税や排出権取引などの社会システムと関連する可能性も少なくはない。こうなると単なる環境課題というよりも、財務、調達および顧客要求という多面的課題として企業経営に巨大な影響を及ぼし得る。

 このような背景において登場した本書は、まず、カーボンフットプリントを正しく理解する上で必要な基礎的な知識をやさしく解説する。つぎに国際標準規格の場で議論されている最新情報と将来の動向に関する分析、および日本企業としての留意点と対策を分かりやすくまとめた。さらに各国の取り組みに関する国際動向、そして先進的に取り組まれている各社の方々のケーススタディを盛り込んだ。本書一冊で、カーボンフットプリントに関して必要な事柄が網羅的に理解できるはずである。行政や教育者の方々はもとより、グローバル化の荒波にさらされている企業の方々にとって適切な経営判断の一助になるものと確信する。
(市川芳明 「はじめに」より)

著者

市川芳明(株)日立製作所 地球環境戦略室 主管技師長(IEC/TC111 Chair)
中庭知重(社)産業環境管理協会 製品環境情報事業センター 製品環境国際室長
伊藤一夫シヤチハタ(株) 品質保証部 品質保証課 担当課長
田畠久義(社)日本WPA 会長、(株)久栄社 代表取締役社長
海老原誠治三信化工(株) 新規事業部
藤平慶太(株)リサイクルワン 環境コンサルティング事業部 マネージャー
堀原幹夫日本パワーファスニング(株) 品質保証部 次長
小瘰M明ユニ・チャーム(株) コーポレート・ソシアル・レスポンシビリティ部 環境推進室
近藤良子日本ユニシス(株) ICTサービス本部 マネージャー
内山昌彦日本ユニシス(株) ICTサービス基盤開発部 マネージャー
田子大作日本ユニシス(株) ビジネス創出センター 主任
久保直紀中央化学(株) 広報・CSR推進室 環境政策部長
後藤基成(株)栄光舎 営業企画部
並河治(株)日立製作所 情報・通信グループ 環境 推進本部 主任技師
田部宏幸島根県飯南町 飯南町役場 頓原庁舎 産業振興課
川口耕一(株)プラネットシンクジャパン 代表取締役
椛島裕美枝イオン(株) グループ商品責任者付

目次

第1章 カーボンフットプリントの現状と概説 −方法論、国際規格、企業経営への影響−

1カーボンフットプリントの概要
1.1カーボンフットプリントとは
1.2日本のカーボンフットプリントへの取り組み
2基本となるLCA(ライフサイクルアセスメント)の要点
2.1ISO 14044に定めるLCAの基本
2.1.1基本概念の整理
2.1.2LCAの要件
2.2ISO 14025に定めるPCR(製品カテゴリールール)の基本
2.2.1基本概念の整理
2.2.2PCRを開発する際の要件
3カーボンフットプリントをめぐる規格化の状況
3.1カーボンフットプリントの国際標準規格化
3.2ISOでの規格化状況
3.3WBSCDでの製品カーボンフットプリント規格化状況
4ISO 14067、GHGプロトコル規格の要点
4.1カーボンフットプリント要求事項の共通枠組み
4.2基本事項
4.3対象物質
4.4特別な配慮が必要な排出と吸収
4.5システム境界
4.6アロケーション
4.7データ収集
4.8データ品質
4.9検証(保証)
4.10報告
5スコープ3の要点
5.1サプライチェーンマネジメントがキーワード
5.2スコープ1と2
5.3スコープ3とは
5.4カーボンリーケッジとスコープ3の重要性
6今後の動向
6.1法制化の動向
6.2企業経営に及ぼす影響
6.3今後の規格化の動向とIECにおける取り組み

第2章 カーボンフットプリントの国際動向

1カーボンフットプリントをめぐる社会的動向
1.1カーボンフットプリントの背景となる政策(EU)
1.1.1EU の持続可能な消費と生産に関する政策(European Sustainable Consumption and Production Policies)
1.1.2ヨーロッパの気候とエネルギーに関する政策パッケージ(The EU climate and energy package)
1.1.3EU のエネルギー政策のバックグランド
1.1.4欧州共通の制度の検討について
1.2カーボンフットプリント〜経済的視点からの分析
1.3カーボンフットプリント〜気候変動対策の技術的視点からの分析
1.4社会的見地からみたカーボンフットプリント
2カーボンフットプリントの算定と表示、検証の方法
2.1イギリス
2.1.1イギリスの評価方法
2.1.2イギリスの表示方法
2.1.3イギリスの検証方法
2.1.4その他近況について
2.2フランス
2.2.1フランスの評価手法
2.2.2フランスの表示方法
2.2.3フランスの検証方法
2.2.4民間の取り組み〜カジノ社の取組み
2.3スウェーデン
2.3.1スウェーデンの評価手法
2.3.2スウェーデンの表示方法
2.3.3スウェーデンの検証方法
2.3.4その他の動き
2.4スイス
2.4.1スイスの評価方法
2.4.2スイスの表示方法
2.4.3スイスの検証方法
2.4.4その他近況
2.5ドイツ
2.5.1ドイツの評価方法
2.5.2ドイツの表示方法
2.5.3ドイツの検証方法
2.5.4その他の動き
2.6韓国
2.6.1評価手法について
2.6.2表示について
2.6.3検証
3カーボンフットプリントに関するISO 規格等の動向
3.1ISO 規格の動向
3.2WI(World Resource Institute:世界資源研究所) WBCSD(World Business Council for Sustainable Development:持続可能な開発のための世界経済人会議)
3.3業界別動向
3.3.1製紙業界
3.3.2アルミ業界
3.3.3ワイン業界
3.3.4飲料業界
3.3.5消費財
4消費者動向〜消費者の認知および購入への影響
5海外における今後の展開
5.1今後の展開
5.2今後の課題
おわりに カーボンマネジメントとしてのカーボンフットプリント

第3章 カーボンフットプリントの商品・製品へ導入、考え方、取り組み状況、算出方法と
     その効果

第1節シヤチハタにおける地球温暖化とカーボンフットプリント
1商品・製品におけるCO2 算出方法
1.1商品種別の分類
1.2試行事業期間に算定する品目
1.3ライフサイクルフロー図の検討
1.4新商品などのCFP 算定
1.5二次データの扱い
1.6シナリオの設定
1.6.1国内輸送のシナリオ
1.6.2販売プロセスのシナリオ
1.7使用・維持管理プロセスの考え方
1.8消費者単位での包装資材の廃棄
2製品導入事例
3今後の取り組み
第2節水なし印刷におけるカーボンフットプリントの取り組みと展開
1水なし印刷および日本WPA の概要
2CFP への取り組みの動機
3エコプロでの発表と水有り印刷との比較
4CO2排出量の算出と削減方法の推移
5CO2排出量の算出方法の確立
6出版・商業印刷物のPCR(商品種別算定基準)の策定
7CO2排出量算出ソフト「PGG」の完成
8カーボンオフセットによる削減
9カーボンオフセットのスキーム作り
10事業の問題点と今後の展開
第3節製造・開発の立場から見たカーボンフットプリントと食器での事例
1なぜカーボンフットプリントに取り組んだのか?
2カーボンフットプリントとカーボンオフセット・温暖化ガス排出量削減に対する考え
3食器について
3.1食器の定義
3.2洗浄と乾燥
3.3素材
4食器のプロダクトカテゴリールールの要点
4.1製造関連プロセスのユニット化
4.2生産段階における配分
4.3洗浄等プロセスのユニット化とシナリオ化
4.4洗浄等におけるシナリオと2次データの扱い
4.5食器の洗浄性
4.6食器の製品寿命
4.7表示単位
4.8表示内容
5カーボンフットプリントによる強化磁器の検証
5.1陶磁器における環境対策の例
5.2カーボンフットプリントで評価した強化磁器での事例
6カーボンフットプリントの応用
6.1資源の簡易マネージメント
6.2リサイクル効率の簡易マネージメント
第4節ビジネスチャンスへ結びつけるカーボンフットプリントの可能性
1リサイクルワンのこれまでの取り組み
2リサイクルワンの支援した事例
2.1マーケティングのためのカーボンフットプリント表示
2.2ライフサイクルにおける工程の見直しのためのCO2排出量の比較
2.3カーボンオフセット実施に際しての算定
3算定支援の方法
4カーボンフットプリント算定の効果
5カーボンフットプリントをビジネスチャンスに結びつける
6カーボンフットプリントの今後の方向性
第5節カーボンフットプリントにおけるねじ製品の独自算出での展開
1ねじ業界の環境に対する意識について
2当社の環境への取り組みとカーボンフットプリントへの展開
3独自算出への展開
4ドリルねじの製造工程
5算出にあたって
6算出例
7表示方法
8算出における問題点及び対応策
9考察
10今後の課題
第6節ユニ・チャームにおけるカーボンフットプリント制度への取り組み事例
1企業紹介/事業内容の紹介
2カーボンフットプリント制度への対応
2.1カーボンフットプリント制度の実用化・普及推進研究会参加の背景
2.2カーボンフットプリント制度の課題とその対応について
2.2.1他社と比較できる公正な計算ルール/業界団体との取り組み
2.2.2正しいデータの確実な入手/サプライヤー対応
2.2.3お客様の誤解を招かない表示方法
2.3当社のCFP活動事例紹介
2.3.1サプライヤーとの連携/LCA計算ガイドラインの制定
2.3.2エコチャーミングマーク(タイプVエコラベル)導入
2.3.3環境配慮型商品の開発
2.3.4PEDSシステムの導入
2.3.5カーボンオフセットの活動
第7節クラウドコンピューティングにおけるカーボンフットプリント算定の取り組み事例
1考え方
2PCR 策定のポイント
3CFP 算定のポイント
第8節プラスチック容器包装のカーボンフットプリント
1容器包装のPCR 策定の共通基準
22010 年度は基本ルールを改定
3プラスチック容器包装のPCR
3.1プラ工連のPCR策定WGで作成
3.2プラスチック製容器包装のPCRの概要
3.3プラスチック製容器包装の共通原単位
4プラスチック製容器包装業界の取り組み
第9節栄光舎におけるカーボンフットプリントへの取り組み事例
1取り組みのきっかけ
2LCAを学ぶ
3「M社社内報1冊あたりの排出量」のシミュレート
4正しさの立証
5製品グリーンパフォーマンス高度化推進事業
6コンサルティングの内容
7算出、表記後の問題点
82009年の活動〜現在
第10節日立グループにおけるカーボンフットプリントへの取り組み事例
1日立における環境配慮設計への取り組み
1.1GeoAction100
1.2カーボンフットプリントへの取り組み
2ソフトウェアの設計・製造に伴う環境負荷の評価方法
2.1ICT の環境効率評価ガイドラインの概要
2.2ソフトウェアの設計・製造に伴う環境負荷の評価方法の概要
2.2.1ICT システムに使用されるソフトウェア
2.2.2ソフトウェアの設計・製造に関連する環境負荷
2.2.3環境負荷の評価方法
2.3具体的評価法
2.3.1ICT システムに使用されるソフトウェアの分類
2.3.2ICT システムに使用されるソフトウェアの構成
2.3.3ソフトウェアの環境負荷
2.3.4ソフトウェアの環境負荷評価方法
2.3.4.1自ら設計・製造するソフトウェアの環境負荷評価方法
2.3.4.2調達するソフトウェアの環境負荷評価方法
第11節生命地域 島根県飯南町におけるカーボンフットプリントの取り組み事例
1飯南町の現状
1.1町の概要
1.2産業の低迷
2環境をキーワードに地域再生に取り組む飯南町のねらい
2.1環境政策に対する期待
2.2商品のブランド化
3飯南町におけるカーボンフットプリントの取り組み
3.1カーボンフットプリントを実施する目的
3.2カーボンフットプリントの評価範囲と計算に考慮したデータ
3.3生産工程及びCO2排出量算出範囲について
3.3.1まいたけの生産工程及びCO2排出量算出範囲
3.3.2ヤマトイモの生産工程及びCO2排出量算出範囲
3.4算出方法
3.4.1数字の分析とデータの取り扱いの検討
3.4.2取り扱いが難しいデータの対応方法
3.4.3計算結果
3.5カーボンフットプリントを飯南町で行う上での課題の整理
おわりに 新たなコミュニティ、プロジェクトの産出
第12節イオンにおけるカーボンフットプリントの取り組み事例
1サステナビリティをめざして
1.1サステナビリティというキーワード
1.2CO2削減の取り組みから
1.3カーボンフットプリントの意義
2カーボンフットプリントの取り組み経緯
2.1LCAの学習から学んだこと
2.2イオンがカーボンフットプリントに取り組む目的
3カーボンフットプリントの取り組み
3.1カーボンフットプリントとPCRについて
3.2国のカーボンフットプリント制度の活用
3.2.1PCR原案の作成について
3.2.2PCR原案の審査・レビュー
3.2.3認定PCRの公表
3.2.4カーボンフットプリントの算定及び検証
4カーボンフットプリント商品の表示・販売
4.1表示のあり方について
4.2展示会の活用
4.3店頭を活用したイベントの実施
4.4店頭でのプロモーション活動の実施
4.5店頭での消費者受容調査の実施
5サステナブルな経営の実践をめざして
5.1イオンの環境への取り組みについて



SSL グローバルサインのサイトシール
FAXでもお申し込みいただけます。FAXお申し込み用紙(PDF)を印刷いただき、必要事項をご記入のうえ
 弊社までご送信ください。(FAX番号は、お申込用紙に印刷されています)
※PDF形式のファイルをご覧頂くための Adobe Reader は、アドビ システムズ社から無償提供されています。
                Adobe Reader 最新版ダウンロードはこちらから
■ お問い合わせの前に『よくあるご質問(書籍)』をご一読下さいませ ■
■ セミナー・講習会のご案内はこちらでございます ■