TOP セミナー 書籍 社内研修 セミナーQ&A 書籍Q&A お問い合せ 会社概要


ご購入またはご試読は、画面下の「書籍購入」あるいは「書籍試読申込」ボタンから  
グローバル治験で必要となるモニター英語    
Monitor’s English necessary for Global Studies  
〜英語でのメール・電話連絡・プレゼン・モニタリング報告書の記載事例集〜  
[コードNo.11STP061]

■体裁/ B5判並製本 80ページ
■発行/ 2011年 8月 24日 サイエンス&テクノロジー(株)
■定価/ 10,800円(税込価格)
■ISBNコード/ 978-4-86428-023-5
 
★あれほど難しかった現地とのコミュニケーションがこれでスムーズになる!手元に1冊置きたい専門書!!
★辞書ではわからない英語が苦手な人でも使いこなせる微妙なニュアンス

<書籍のポイント>

・モニターのための総数200以上の実際に使える例文を記載した書籍はこの本だけ!
・間違っている英語と合っている英語はどこがどう違うのかがわかる!
・練習問題もついて、いっそう理解が深まります!
・長文の英語も解説しているので、文章の流れがつかみやすい!

<執筆者からのお言葉>

 これまでの日本の治験環境は、・・・海外データを受け入れることをためらってきましが、1998年にはICH E5のガイドラインが出され、海外データ受け入れのためのブリッジング試験の概念が提唱されました。
 その後、2007年には厚生労働省から、国際共同治験参画のためのガイダンスが通知され、まさしくグローバル開発へ日本の開国がなされたのです。
 グローバル開発では経験も環境も進んだ海外のインフラや手順、手続きを取り入れ、海外のCROとの交渉、折衝を行うとなれば、まずは語学力がないとどうにもなりません。グローバル開発に参加するには、海外の文化や制度の知識のほかに、どうしても基本的な英語の力というものが必要になってきます。グローバル治験でのEDCやIVRSシステムの運用は基本的に英語でなされます。モニタリング記録も、グローバル共通の監査や海外当局の査察を前提に考えると、英語にシフトしてゆくのが自然の流れになります。海外では、英語が母国語でないモニターでも、英語が話せ、書けるのが当たり前の環境です。むしろ英語ができないモニターは採用されないと言った方が正しいかもしれません。本書は、英語が全くできないモニターの方にでも、海外で基本的な開発業務が英語でこなせるようになることを目標に書きました。
 私自身、もともと英語ができるわけではありませんでした。しかしながら、今ではまかりなりにも英語で開発業務をこなしています。私は理系の頭しかもっていませんでしたので、理屈もわからないままがむしゃらに英単語を覚えるということは苦痛以外のなにものでもありませんでした。ところが、学生時代のあるきっかけで、英文の構造というものが化学式を組み立てるような、簡単な規則で作られていることを発見しました。骨格があり、それにいろいろな側鎖をつけ飾ってゆくだけなのです。この発想で英文を見たり、作ったりしてゆくと、英文の構造や文法がどんどんわかるようになり、英単語を覚えるのも苦痛でなくなります。グローバルの世界が身近になってゆくのです。
 本書ではいたるところにそのコツを繰り返し書きました。是非、本書を読んで苦手な英語を得意な英語に変えてください。そして、得られた英語力でグローバルの世界で活躍していってください。

<執筆者>

H&Sインターナショナル 代表
グローバル開発コンサルタント 国際ビジネスコミュニケーター  高橋 勇人 氏

<経歴>
1984年 大阪薬科大学 薬学部 卒業
これまで、日本ベーリンガーインゲルハイム(株)にて薬事、臨床開発、PM業務を担当後、グラクソ・スミスクライン(株)開発トレーナー、臨床開発課長、ベンチャー企業事業開発部長、ルンドベック・ジャパン(株)臨床開発部長などを歴任、海外との開発実務、臨床開発マネージメント、新薬申請、薬事ビジネスなどに長年幅広く従事してきた。
国際共同治験、医薬品評価、用量検討試験、医薬品市場、薬価など多数の書籍、雑誌の執筆と、国内外での講演、スピーチ活動の実績を持つ。
2011年H&Sインターナショナル代表として、グローバル開発戦略のアドバイザー、モニター英語教育で社会貢献を行う。
英検準1級、日商国際ビジネスコミュニケーター、薬剤師、裏千家茶道師範など多数の資格を有する。

目次

第1章化学式の感覚で英文の構造を理解しよう
1英文を自由に組み立てるためのブロック発想
1.1S, V, O, C は骨格、名詞は肉、前置詞は接着剤の発想とは
2受動態はシンプルな次元へ文型を変換する方法
3よく使われる倒置
4句も節もブロック感覚で
5可算名詞と不可算名詞、冠詞のa(an)とthe の使い分け
6動詞の語法
76 つの動詞を使ってモニタリング報告書を自由に書こう
第2章グローバルでよく使われる英文構造
第3章グローバル・コミュニケーションでよく使われる動詞が持つ意味合いと使い分け
1Take
2Have
3Get
4Give
5Make
第4章海外のCRO と英文メールでコミュニケーションを取ろう
1英文メールの定型表現を覚えよう
1.1書き出しの定型
1.2依頼、回答など、お願いごとをする表現
1.3こちらからアクションを起こす表現
1.4書き終わりの表現
1.5その他の表現
2関係詞、副詞節を使って英文にふくらみを出そう
2.1形容詞と関係代名詞
2.2副詞節を使って文章にふくらみを出す
3よく間違う文法、語法上のミス
3.1現在分詞と過去分詞
3.2自動詞と他動詞
3.3可算名詞C と不可算名詞U
3.4第4 文型(S + Vt + O + O)や第5 文型(S + Vt + O + C)を取れない動詞
4海外のCRO へメールを書いてみよう
第5章海外のCRO に国際電話を掛けてみよう
1国際電話の掛け方(要件を伝える)
2確認の仕方(What, Who, Which, When, Where, How を使って)
3問題、クレームの伝え方、処理の仕方
4ネゴシエーション、ディスカッションの仕方
第6章海外でのプレゼンテーションのコツ
1文章だけで構成されたスライドのプレゼンテーション技法
2図、表だけのスライドのプレゼンテーション技法
3スライド以外の部分でプレゼンテーションを引き立てるコツ
4外国人が使っている流行のフレーズを覚えておく
第7章英文モニタリング報告書の記載方法



SSL グローバルサインのサイトシール
FAXでもお申し込みいただけます。FAXお申し込み用紙(PDF)を印刷いただき、必要事項をご記入のうえ
 弊社までご送信ください。(FAX番号は、お申込用紙に印刷されています)
※PDF形式のファイルをご覧頂くための Adobe Reader は、アドビ システムズ社から無償提供されています。
                Adobe Reader 最新版ダウンロードはこちらから
■ お問い合わせの前に『よくあるご質問(書籍)』をご一読下さいませ ■
■ セミナー・講習会のご案内はこちらでございます ■