TOP セミナー 書籍 社内研修 セミナーQ&A 書籍Q&A お問い合せ 会社概要


ご購入またはご試読は、画面下の「書籍購入」あるいは「書籍試読申込」ボタンから  
<一発必中シリーズ書籍 第2弾>
正しい分散剤の選定・使用方法と、分散体の塗布性を上げる添加剤技術    
〜粒子分散の安定化・コントロールと評価、事例もあり!〜
[コードNo.13STM011]

■体裁/ B5判並製本 167ページ
■発行/ 2013年7月25日 サイエンス&テクノロジー(株)
■定価/ 54,000円(税込価格)
■ISBNコード/ 978-4-86428-070-9
 
★一発必中シリーズでは、かゆいところに手が届く書籍を目指し、技術課題やノウハウに具体的に焦点を充てています。

        ◎現象の理解と分散不具合の解決にむけて、分散剤を中心に糸口を提示した書籍です。

著 者

若原 章博 ビックケミー・ジャパン(株) 添加剤技術部 部長

名古屋大学 大学院工学研究科 修士課程 修了後、大手塗料メーカーにて、自動車塗料の分野で顔料評価、上塗り・中塗りの設計およびライン展開に従事。その後、大手学習塾にて総務・営業スタッフを経て、1994年ビックケミー・ジャパン株式会社(BYK Japan KK)に入社。

BYK入社後は約20年間、塗料・インキ・カラーフィルター用添加剤の技術営業、ならびに製品開発をすすめる。粒子の分散安定化や、表面調整・消泡・レオロジーなどが専門である。

趣 旨

-----< 本書のポイント >-----

■固体粒子の分散安定化の要望は、分野を問わず多い。非常に多い。
 裾野の広いテーマでもあり、技術者・研究者の共通の悩みどころでもありましょう。


 どのような粒子を用いるか? どのような材料を他に加えるか? どのようなプロセスで加工するか? どのような環境下で用いるか?

 ⇒ 本書は、材料やプロセスの因子など“実際の場面に即した形”で、現象理解と問題解決への糸口が満載。
 ⇒ 図表も多く用い、また分散剤や表面調整剤などの化学構造を示し、その設計思想と特徴をも明らかに!



■本書は、分散安定化のみならず。

 添加した配合物にどんな物性面・作業性面で影響を与えるか? 使用にあたってどのように添加剤を選ぶか?
 その基準あるいは物差しとなるものはあるのか?

 ⇒ それには分散剤構造の理解が欠かせない。どう問題解決をはかるか?事例を挙げてアプローチも解説!
 ⇒ また、ほとんどオリジナルデータであり、他の引用はない。



■さらに、分散剤以外の添加剤技術、評価方法、新しい分散剤も記述。

 なぜなら、スラリーやペースト・インキなど“塗布する段階での問題”も多いゆえ。
 せっかく分散体を作っても、きちんと塗布できないと評価もできない。
 その本来の性質も引き出すことができない。素材に十分濡れずはじいたり、泡が残ったりして不均一な塗布膜では、評価が定まらない。

 ⇒ きちんと塗れてはじめて評価に値し、工業的に意味がある。
 ⇒ 濡れ剤・消泡剤やレオロジーコントロール剤など、スラリー等の設計には不可欠の添加剤をも解説。



 本書では、分散実験をする研究者・配合設計者、あるいは分散剤そのもの構造と役割の理解、選定の方法を模索されている方々を対象として記述している。したがって分散に関する理論を説明するのが趣旨ではない。現象の理解と分散不具合の解決にむけて、分散剤を中心に糸口を提示したい。また分散体本来の特性を引き出すために、塗布性を向上させる添加剤技術に関しても述べる。いくつかの事例を通じて、分散配合の考え方を深めることを狙いとする。

2013年 若原 章博

目次

第1章粒子分散安定化の必要なのはどんな分野か?
1アプリケーションの変遷を眺めてみる
2分散がかかわっている現象は?
2.1粒子の沈降とパターン形成にも影響
2.2ツヤ・光沢・ヘイズへの影響は大きい
2.3粘度、貯蔵増粘もよくみられる不具合
2.4色浮き・色分かれとして現れる
2.5ベナードセルは表面張力と粒子の易動度の問題
第2章分散の基礎について整理しよう!
1まず分散の過程をおさらい
1.1粒子を安定化するメカニズムをふたつ
2どんな分散機を選ぶ?
3分散体は最終の使用環境まで見て完結する
4分散される粒子表面はどんな特性を持つ?
5溶媒とは無関係ではない
6分散剤を選ぶうえでの考え方は?
第3章湿潤分散剤の構造について整理しよう!
1分散剤のほとんどはポリマー
2湿潤剤と分散剤という区分
3分散剤の構造要素は吸着基と相溶性鎖である
4低分子量タイプにはどんなものがある?
5高分子量タイプの特徴は?
6極性で相溶性をコントロール
7分子量も分散安定に影響する
8脱凝集タイプとコントロール凝集タイプに分けられる
9微分散安定化には分子構造が制御された分散剤が最良
9.1ABブロックとその変性タイプはすでに主流
9.2ハイパーブランチタイプが次の可能性をひらく
9.2.1ポリアミノ構造のハイパーブランチ
9.2.2ポリウレタン構造のハイパーブランチ
9.2.3ポリエステル構造のハイパーブランチ
10水系で分散したい!
10.1水の特性を理解しよう!
10.2水系分散剤の構造を整理してみよう!
10.3表面張力の低下と泡への注意
10.4水系での膜形成への注意
10.5乾燥・皮張りへの注意
11分散剤の膜物性への影響
11.1耐食性への影響
11.2付着性・密着性への影響
11.3耐水性への影響
第4章粒子特性に応じて分散剤を選ぶ;事例
1無機顔料及びフィラーの分散は表面の酸性・塩基性が重要
2カーボン系粒子の分散にはアミンとπ電子
3チタン白とカーボンブラックの混合系
4古くて新しいシリカ粒子の分散
5セラミック粒子の分散と充填率及び電池・電極での分散
6フレーク顔料を分散安定化しよう
7有機顔料の分散
8顔料誘導体(シナジスト)とはなにか?
第5章製造仕様に着目して分散剤を選ぶ
1スラリー分散と分散樹脂配合、何に配慮する?
2共通ペーストで生産性向上
3ユニバーサルカララントで汎用性を高める
4顔料濃度が高くてペーストが乾いてしまうとき
5後添加で色分かれを改良できないか?
6配合決定の手順を考える
6.1着目点と懸念事項を推定する
6.2分散剤選定ではまず相溶性・吸着基に注意
6.3どのように分散性の一次評価を行うか?
6.4性能評価を忘れない
6.5分散時ではなくレットダウン時に添加することも
第6章事例検討・分散配合
1フレーク顔料を分散し、沈降を防止するには?;メタリック塗装
2ろ過性もよくなる;インクジェットでの分散例
3粉状でも分散に効果がある;粉体塗料での顔料分散
第7章関連技術で分散を確かなものに!
1粘性コントロール剤・粘性付与剤
1.1粘性コントロールを概観する
1.2添加が容易な液状レオロジーコントロール剤
1.3ワックス系レオロジーコントロール剤も有効
2泡・わきの防止
2.1消泡のメカニズムを理解しよう!
2.2シリコン系消泡剤は自由度が多い
2.3アクリル系及びその他のポリマー系消泡剤
2.4どのように消泡剤を添加するか?
2.5水系スラリーでの消泡剤;実際はどのように選ぶ?
2.6水系分散体には全部でどんな種類の添加剤が必要?
3付着性・密着性もコーティングの重要課題
3.1固体の表面張力をまず理解して!
3.2液と固体の相互作用にはどんなものがあるか?
3.3顔料分散技術を基にして付着性をあげる!
4下地への濡れ性をあげる
4.1バリエーション豊富なポリシロキサン系
4.2耐熱性は有機変性で異なる
4.3接触角を下げよう!
5スリップ性とバランスを取る
6添加剤により表面張力を上げる
7保護テープのはがしやすさ
8付着防止や液をはじかせる
第8章ナノ粒子でどんなことができているか?の例
1ナノ粒子で耐スリキズ性を塗膜に付与できる!
1.1ナノ粒子の均一分散がカギ
1.2樹脂系による違い・硬化方式による効果の違いは?
2ではなぜナノ粒子で耐スリキズ性があがるのか?
3ナノ粒子の種類・表面修飾を変えれば適性が調整できる
4ナノ粒子により架橋点を増やしてスリキズ防止
5使い勝手のよいカーボンナノチューブの分散液
6ナノ粒子で紫外線をカット
7フィルムに混ぜるナノ粒子でUVカット
第9章用語の説明
1レオロジー・粘性のことばを理解しよう!
2TI値はチキソトロピックの指標かしら?
第10章どんな評価方法があるか?
1塗膜の表面張力を測定するときには接触角の変化に注意が必要
2動的表面張力を測定しよう
3静的表面張力で得られる情報
4静的表面張力測定には撹拌に注意!
5光沢値・ヘイズ・DOIの測定
5.1DOI
6簡単な測定で現象の理解を!
6.1色の動き
6.2静電気的反発の測定
7分散剤の大きさは?分散体の保護層の厚さはどのくらい?



SSL グローバルサインのサイトシール
FAXでもお申し込みいただけます。FAXお申し込み用紙(PDF)を印刷いただき、必要事項をご記入のうえ
 弊社までご送信ください。(FAX番号は、お申込用紙に印刷されています)
※PDF形式のファイルをご覧頂くための Adobe Reader は、アドビ システムズ社から無償提供されています。
                Adobe Reader 最新版ダウンロードはこちらから
■ お問い合わせの前に『よくあるご質問(書籍)』をご一読下さいませ ■
■ セミナー・講習会のご案内はこちらでございます ■