TOP セミナー 書籍 社内研修 セミナーQ&A 書籍Q&A お問い合せ 会社概要


ご購入またはご試読は、画面下の「書籍購入」あるいは「書籍試読申込」ボタンから  
世界の潤滑油/潤滑油添加剤技術と市場・規格動向    
[コードNo.14STA108]

■体裁/ B5判上製本 328ページ
■発行/ 2014年9月29日 S&T出版(株)
■定価/ 59,400円(税込価格)
■ISBNコード/ 978-4-907002-40-4
 
潤滑油・潤滑油添加剤の歴史から、使用用途、要求性能・・・
アジア・欧米・日本の市場の規格動向を網羅。

著 者

浜口 仁

(元)エボニック・オイル・アディティブス・アジア・パシフィック 技術顧問 工学博士

【略歴】
 ・1972年〜1996年: 日本鉱業(現JX日鉱日石エネルギー)に勤務
 ・1975年〜1976年にインペリアルカレッジ留学
 ・1979年に世界初のMoDTC配合油を市販化
 ・1993年に東京大学より博士号(工学)取得
 ・1994年にJASO 2サイクル油のオンファイルシステム構築
 ・1996年〜2012年: エボニック・ジャパンに勤務
 ・1997年〜2011年 SAE Asiaのメンバーとして市場 調査実施
 ・1997年〜2012年 自動車技術会の各種委員会に参画
 ・2012年〜2014年: エボニック・オイル・アディティブス・アジア・パシフィック 技術顧問
 ・2014年〜:GS Caltex Corp. 技術顧問

書籍趣旨

 潤滑油は「機械の血液」とも呼ばれ、機械が長期間正常に稼働するために必要不可欠な要素である。
 18世紀半ばにイギリスで産業革命が起こってから約250年経過するが、その間機械文明は長足の発展を続け、それに伴って潤滑油も著しく多様化・高性能化を遂げてきた。一方、その専門性ゆえに、潤滑油の中味や作られ方、市場動向などは限られた関係者にしか知られていない。
 本書は、潤滑油の研究・開発、製造、販売などに従事する人々に潤滑油の内容につき理解を深めていただくとともに、潤滑油を使用する立場の方々にも潤滑油の性能の見分け方、市場動向などを知っていただくことを願って執筆したものである。
 本書では、はじめに、機械と潤滑油、潤滑油添加剤の歴史を振り返り、潤滑油がどのような背景で発展を遂げてきたかを解説する。続いて、潤滑油の用途と種類による分類法を紹介し、潤滑油の種類ごとの要求性能について解説する。また、潤滑油の基剤としての基油と添加剤につき、化学構造、製造方法、性能などについて述べる。
 次に、潤滑油の規格や試験法、性能評価法及び分析方法につき解説するとともに、潤滑油の開発プロセス、配合設計、製造方法についても解説する。さらに、潤滑油及び潤滑油添加剤の市場動向と、参入メーカー、サプライチェーンにつき解説する。最後に、潤滑油の新しい用途や新技術の動向、規制の動きにつき解説し、将来を展望する。
 著者は、1972年に社会人として潤滑油の研究開発に携わって以来、今日に至るまで42年間にわたり、潤滑油の研究開発、製造、品質管理、製品企画、販売、試験法の開発、性能評価、市場調査、教育研修、規格制定、規格運用システムの構築、添加剤のマーケティングと技術サービス、機械メーカーとの折衝などを担当してきた。本書は、これらの多面的な経験をまとめるつもりで執筆したものである。
 本書が、潤滑油に関わる皆様に、多少なりとも参考になれば幸いである。

「まえがき」より

目次

第1章潤滑油・潤滑油添加剤の歴史
はじめに
1.1機械と潤滑油の歴史
1.2潤滑油添加剤の歴史
第2章潤滑油の用途、種類と要求性能
はじめに
2.1潤滑油の用途と種類
2.2潤滑油の種類と要求性能
2.2.1エンジン油
@4サイクルガソリンエンジン油
A2サイクルガソリンエンジン油
B4サイクルディーゼルエンジン油
C2サイクルディーゼルエンジン油
Dガスエンジン油
2.2.2駆動系油
@手動変速機油
A自動変速機油(ATF)
B自動変速機油(CVTF)
C自動変速機油(DCTF)
Dデファレンシャルギヤ油
2.2.3その他の自動車用潤滑油
@パワーステアリング油
Aショックアブソーバ油
2.2.4工業用潤滑油
@油圧作動油
Aタービン油
B工作機械油
C工業用ギヤ油
D圧縮機油
E冷凍機油
F金属加工油
G電気絶縁油
第3章潤滑油基油の種類、化学構造と製造方法
はじめに
3.1潤滑油基油の種類
3.2潤滑油基油の化学構造と製造方法
3.2.1鉱油系潤滑油基油
3.2.2合成系潤滑油基油
@ポリアルファオレフィン(PAO)
Aポリブテン(PIB)
Bアルキルベンゼン(AB)
Cシクロアルカン類
Dジエステル
Eポリオールエステル
Fリン酸エステル
Gポリアルキルメタクリレート(PAMA)
Hポリアルキレングリコール(PAG)
Iポリフェニルエーテル
Jポリシロキサン
Kシリケートエステル
Lハロカーボン
3.3潤滑油基油のまとめ
第4章潤滑油添加剤の種類、用途、化学構造と働き
はじめに
4.1機械の保護を目的とする潤滑油添加剤
4.1.1清浄剤
4.1.2分散剤
4.1.3防錆剤
4.1.4腐食防止剤
4.1.5ゴム膨潤剤
4.2潤滑油の保護を目的とする添加剤
4.2.1酸化防止剤
4.2.2金属不活性化剤
4.2.3消泡剤
4.2.4乳化剤
4.2.5抗乳化剤
4.2.6防黴剤
4.3トライボロジー特性を改良する添加剤
4.3.1油性剤
4.3.2摩耗防止剤
4.3.3極圧剤
4.3.4摩擦調整剤
4.4粘度特性を改良する添加剤
4.4.1粘度指数向上剤
4.4.2流動点降下剤
4.4.3増粘剤
4.4.4粘着性付与剤
4.5その他の添加剤
4.5.1着色剤
4.5.2着香剤
4.6潤滑油添加剤のまとめ
第5章潤滑油規格とその運用体系
はじめに
5.1エンジン油規格
5.1.1米国
5.1.2欧州
5.1.3日本
5.1.4エンジン油の国際規格
5.1.5エンジン油の粘度分類
5.1.6エンジン油のOEM規格
5.2駆動系油規格
5.2.1手動変速機油の規格
5.2.2自動変速機油の規格
5.3油圧作動油規格
5.4その他の工業用潤滑油規格
5.5潤滑油規格の運用体制
第6章潤滑油の試験方法、性能評価と分析方法
はじめに
6.1潤滑油の性状試験とその意義
@密度
A色相
B引火点
C燃焼点
D発火点
E流動点/曇り点
F動粘度
G粘度指数
H高温高せん断粘度
ICCS粘度
JMRV粘度
Kブルックフィールド粘度
Lスキャニングブルックフィールド粘度
M蒸発性
N泡立ち
6.2潤滑油の化学組成試験
@アニリン点
A全酸価
B全塩基価
C硫酸灰分
D残留炭素分
E水分
F夾雑物
G元素分析
H硫黄分
I窒素分
J塩素分
6.3潤滑油の性能評価方法
6.3.1机上性能評価
@酸化安定性試験
A熱安定性
B耐水性/水分離性
C防錆性
D腐食防止性
Eせん断安定性
Fゴムシール適合性
G耐荷重能
H摩耗防止性
I摩擦係数
6.3.2台上性能評価
6.3.3実機性能評価
6.4潤滑油・潤滑油添加剤の分析方法
6.5潤滑油の試験方法のまとめ
第7章潤滑油の配合設計と製造方法
はじめに
7.1潤滑油の開発プロセス
@性状計算
A粘度計算
Bポリマー添加油の粘度予測
Cマルチグレードエンジン油の高温高せん断粘度の予測
D試作油調合と性能評価
7.2潤滑油の配合設計
7.2.1エンジン油
7.2.2駆動系油
7.2.3油圧作動油
7.2.4機械油
7.2.5その他の潤滑油
7.3潤滑油の製造方法
@配合率単位について
A小規模な試作調合
B中規模な試作調合
C潤滑油製品の製造
7.4まとめ
第8章潤滑油・潤滑油添加剤の市場動向と参入メーカー
はじめに
8.1潤滑油の市場動向
@日本の潤滑油市場
A世界の潤滑油市場
Bアジアのエンジン油市場
8.2(参考)自動車の市場動向
@自動車の生産台数
A自動車の登録台数
B自動車の保有台数
C二輪車の生産台数
D二輪車の販売台数
E二輪車の保有台数
Fアジアの自動車保有率
8.3潤滑油基油の市場動向
8.4潤滑油添加剤の市場動向
8.5参入メーカー
@潤滑油製造メーカー
A基油製造メーカー
B添加剤メーカー
8.6まとめ
第9章潤滑油・潤滑油添加剤の採用構造とサプライチェーン
はじめに
9.1潤滑油のサプライチェーンと採用構造
@エンジン油
A駆動系油
B舶用潤滑油
C油圧作動油
D設備用潤滑油
E冷凍機油
F金属加工油
G電気絶縁油
9.2添加剤のサプライチェーンと採用構造
9.3まとめ
第10章潤滑油・潤滑油添加剤の今後の展望
はじめに
10.1潤滑油・潤滑油添加剤の新しい用途
10.2潤滑油・潤滑油添加剤の新しい技術
10.3潤滑油・潤滑油添加剤の規制の動向
10.4潤滑油・潤滑油添加剤の将来展望
おわりに
略語集
サイドストーリー1:万能潤滑油?
サイドストーリー2:地域別エンジン構成
サイドストーリー3:ハイブリッド車のエンジン油は?
サイドストーリー4:地域別トランスミッション構成
サイドストーリー5:キャビテーション
サイドストーリー6:石油と潤滑油
サイドストーリー7:エマルション
サイドストーリー8:MoDTCの想い出
サイドストーリー9:規格名の意味
サイドストーリー10:排気ガス規制の落とし穴



SSL グローバルサインのサイトシール
FAXでもお申し込みいただけます。FAXお申し込み用紙(PDF)を印刷いただき、必要事項をご記入のうえ
 弊社までご送信ください。(FAX番号は、お申込用紙に印刷されています)
※PDF形式のファイルをご覧頂くための Adobe Reader は、アドビ システムズ社から無償提供されています。
                Adobe Reader 最新版ダウンロードはこちらから
■ お問い合わせの前に『よくあるご質問(書籍)』をご一読下さいませ ■
■ セミナー・講習会のご案内はこちらでございます ■