TOP セミナー 書籍 社内研修 セミナーQ&A 書籍Q&A お問い合せ 会社概要

ご購入は、画面下の「書籍購入」ボタンから


中国ファインケミカル製造企業の実態
−ファインケミカル中間体有力メーカーの保有技術と設備の全容−
[コードNo.2002S745]

■体裁/ A4判・約300頁
■発行/ 2002年 6月 (株)シーエムシー出版
■定価/ 129,600円(税込価格)

☆日本企業との提携を希望する中国有力メーカー約100社を掲載
☆得意技術、希望提携内容、設備、環境対策など詳細な情報を網羅
☆得意・可能技術によるINDEXも掲載

※ 本書籍はご試読頂けません ※

刊行のねらい
 近年世界的な傾向として、ファイン・スペシャルティケミカルを中心とした受託ビジネスが
活発化している。その中心となっている医薬品業界では、これまでの製剤に加えて、医薬品原
薬・中間体もアウトソーシングする事により、新たな設備投資のカット、製品開発期間の大幅
な短縮などにより新薬開発のスピードアップとコストダウンを図ろうとしている。その他でも、
農薬原体・中間体、電子材料、写真薬、化粧品分野など幅広い分野でこの動きは急速に進んで
いる。
 また、これらのアウトソーシングは自国内にとどまらず、全世界に目が向けられているのが
現状で、日本の製薬メーカー、化学メーカーでも、より低コストを求めて中国等への生産移管
を進める動きが強まっている。
 弊社ではすでに日本のファインケミカル企業の実態をまとめた出版物として1999年に「’99
日本ファインケミカル受託企業」(掲載数211社)、2002年に「'02日本ファインケミカル受託
企業」(掲載数222社)を刊行し幸いにもご好評をいただいたが、このような傾向を踏まえ、本
書の発行を計画した。
 本書では、中国の主要ファインケミカル企業約100社について、主要生産品目・得意技術・
所有設備等をまとめ、委託生産、製品輸入、合弁等を検討する日本企業に役立つ情報を提供す
る。

構成と内容
1) 会社プロフィール
    1.本社所在地     2.資本金     3.従業員数     4.技術部門人数     5.年間売り上げ規模     6.企業形態(国営など)     7.ホームページ
2) コンタクト先
    1.部署名     2.役職     3.担当者(中国語名、英語名)     4.電話     5.FAX     6.メールアドレス
3)主要生産品目
4)特徴的な技術・得意とする技術
5)所有設備
6)環境対策(ISO14000シリーズ取得、廃水・廃ガス対策等)
7)品質管理体制(ISO9000シリーズ取得、GMP、FDA対応等)
8) 海外メーカーとの提携関係
    1.提携先メーカー名     2.国名     3.提携開始年     4.提携内容
9)輸出のライセンス(有・無と実績)
10)日本側メーカーへの希望提携内容
    1.合弁     2.技術提携     3.受託生産     4.製品の輸出     5.製品の輸入     6.その他
<技術分類表>
  ニトロ化/スルホン化/ハロゲン化/脱ハロゲン反応/アミノ化/   ヒドロキシ化/カルボニル化/ジアゾ化/シアノ化・シアンヒドリン化/   アルキル化/エステル化/エーテル化/脱アルキル化/カップリング・   縮合反応/酸化反応/フリーデルクラフツ反応・ルイス酸触媒/還元反応/   電解反応/光反応/反応重合/ポリペプチド・オリゴメリゼーション/   高分子反応/高圧反応/毒性物質を使った反応/悪臭物質を使った反応/   爆発性危険物の取り扱い/刺激性化合物の取り扱い/   有機金属を用いる反応/低温反応/光学活性化合物(酵素反応・発酵法/   不斉合成/光学分割/クロマト分離)/発酵・酵素反応/官能基保護/   蒸留/抽出/造粒/濾過/高純度精製技術/   イオン交換樹脂・イオン交換膜の利用/高真空/膜技術の利用/MO−CVD
<掲載会社一覧>
その他

SSL グローバルサインのサイトシール
FAXでもお申し込みいただけます。FAXお申し込み用紙(PDF)を印刷いただき、必要事項をご記入のうえ
 弊社までご送信ください。(FAX番号は、お申込用紙に印刷されています)
※PDF形式のファイルをご覧頂くための Adobe Reader は、アドビ システムズ社から無償提供されています。
                Adobe Reader 最新版ダウンロードはこちらから

■ お問い合わせの前に『よくあるご質問(書籍)』をご一読下さいませ ■