TOP セミナー 書籍 社内研修 セミナーQ&A 書籍Q&A お問い合せ 会社概要

ご購入またはご試読は、画面下の「書籍購入」あるいは「書籍試読申込」ボタンから

ごみ焼却施設の解体技術と安全対策
〜ダイオキシン類曝露の実態、法整備、最新工法から住民対応まで〜
[コードNo.20030481]


■ サンプル画像(↑クリックして下さい) ■
■体裁/ B5判 全段組 464頁
■発刊/ 2003年 4月 10日
(株)エヌ・ティー・エス
■定価/ 49,896円(税込価格)

※本書は、(株)技術情報センター主催による『休・廃止ごみ焼却施設の解体処理とダイオキシン類の
 飛散防止策』セミナー(開催日:2002年5月31日)、『ごみ焼却施設の解体処理とダイオキシン類の飛
 散防止策』セミナー(開催日:2002年9月26日)および、(株)エヌ・ティー・エス主催による『焼却施設解
 体の安全対策技術』セミナー(開催日:2002年8月28,29日)を講演録として編集したものです。なお、
 第7章,第14章は新たに追加執筆したものです。

構成と内容
第1章 休・廃止ごみ焼却施設の安全解体と二次汚染の防止策
長田純夫  福岡大学 工学部 土木工学科 教授  1.はじめに  2.環境問題の考え方と対処法  3.研究の経移  4.休・廃止焼却施設の現状と問題点  5.焼却炉の安全解体と二次汚染防止策  6.環境問題に対する基本姿勢  7.今後の課題  8.おわりに
第2章 焼却施設における労働者のダイオキシン類曝露と労働衛生管理
熊谷信二  大阪府立公衆衛生研究所 主任研究員  1.はじめに  2.ダイオキシン類の毒性  3.焼却施設の運転点検時のダイオキシン類曝露  4.焼却施設の解体時のダイオキシン類曝露  5.労働衛生管理
第3章 ダイオキシン類分解装置による焼却施設安全解体工法
志村一美  三菱マテリアル(株) 資源・環境・リサイクル事業室 副技術主幹  1.はじめに  2.ダイオキシン類ばく露防止対策要綱の概要  3.DeDIOXダイオキシン類分解プロセス  4.DeDIOX解体工法  5.ダイオキシン類汚染水処理  6.ダイオキシン類汚染物オンサイト無害化処理  7.おわりに
第4章 ごみ焼却施設解体に伴うダイオキシン類の洗浄・除去     (湿式除染)およびそれに伴う排水処理技術
石塚馨  栗田工業(株) 環境事業部        環境再生プロジェクトグループ グループリーダー 林秀夫  栗田エンジニアリング(株) 事業本部 開発営業部 部長  1.産業廃棄物焼却炉の解体に伴うダイオキシン類の除去  2.一般的な洗浄(除去方法)について  3.原子力発電所における除染と安全管理  4.焼却設備解体における汚染物除去(除染)  5.洗浄排水水質と水質変動  6.処理対象排水と排水量  7.排水浄化処理システムの必要機能、要件  8.排水浄化処理システム  9.処理水水質と放流水水質測定結果 10.脱水ケーキの含有量および溶出試験結果 11.処理水質モリタリング手法
第5章 高効率・低コストで安全なごみ焼却施設解体技術
亀田茂  (株)奥村組 技術研究所 第2研究グループ 主任研究員 環境担当  1.はじめに  2.基本方針  3.必要技術と対応工法  4.工法の概要  5.まとめ
第6章 ダイオキシン類の気化しない冷却解体工法の開発
塩ア修  エア・ウォーター・プラントエンジニアリング(株)        環境事業部 環境ソリューション部 部長  1.はじめに  2.冷却解体工法の開発  3.液化窒素を使用した冷却解体  4.液化炭酸ガスによる飛散防止と付着物の除去  5.「冷却解体工法」のフローと特徴  6.おわりに
第7章 ドライアイスブラスト工法(付着物除去技術)
小島信男  (株)大林組 東京本社 エンジニアリング本部        エコロジーエンジニアリング部 副部長  1.はじめに  2.ドライアイスとは?  3.ドライアイスブラスト工法の概要  4.あとがき
第8章 薬剤乾式工法による焼却施設解体
松浦彰男  不動建設(株) 環境事業部 企画営業部長  1.はじめに  2.通常解体工法  3.薬剤乾式工法
第9章 完全無火気工法によるごみ焼却炉全面解体工事例
相原恒雄  川鉄マシナリー(株)【現社名 JFEメカニカル(株)】        環境エンジニアリング事業部 副事業部長  1.はじめに  2.解体工事概要  3.対象施設のダイオキシン類調査結果  4.工事実績  5.安全対策と結果  6.まとめ
第10章 焼却炉解体におけるダイオキシン類対策・集じん技術
小野博之  アマノ(株) 環境ソリューション事業部 部長  1.はじめに  2.換気・集じんの考え方  3.必要風量の求め方  4.実計画の立て方  5.ダイオキシン類について
第11章 煙突解体システムの開発とその適用
沼口栄助  飛島建設(株) 機電統轄部 解体プロジェクト室長  1.はじめに  2.煙突解体の現状と課題  3.開発の条件  4.開発システム概要  5.レンガ除去装置  6.開発システムの効果  7.施工実績
第12章 NKK式ごみ焼却施設解体システムの開発事例
澁谷榮一  日本鋼管(株) 環境エンジニアリング本部 部長  1.はじめに  2.ごみ焼却施設の解体ニーズ  3.解体工事の手順と従来方式との比較  4.安全対策と解体方法  5.汚染物・解体物のオンサイト処理・処分  6.工事工程  7.NKK解体工事の取り組みのまとめ
第13章 和歌山県橋本市における焼却炉解体および     ダイオキシン類汚染物の無害化処理の事例
橘敏明  (株)鴻池組 土木本部 技術部(環境Eng,グループ)  1.はじめに  2.背景  3.事業の経緯  4.住民とのコミュニケーション  5.ダイオキシン類汚染物の無害化処理  6.汚染土壌の処理  7.おわりに
第14章 焼却炉解体トータルエンジニアリング
宮本卓郎  鹿島建設(株) 環境本部 課長代理  1.はじめに  2.ゼロエミッション型の焼却炉解体  3.焼却炉解体技術およびエンジニアリング  4.解体資材の処理・処分およびリサイクル手法  5.作業者の安全・衛生対策  6.その他、今後の課題など  7.おわりに
第15章 ごみ焼却施設解体の法規制と安全解体の進め方・住民対策
石川禎昭  パシフィックコンサルタンツ(株)        プロジェクト本部 資源・環境部 技術顧問  1.はじめに  2.ごみ焼却施設解体ビジネスの市場動向  3.ごみ焼却施設解体に係わる法規制・ダイオキシン類曝露防止規制  4.ごみ焼却施設安全解体の進め方・住民対策  5.大型ごみ焼却施設解体の事例紹介  6.解体工事とコンサルタントの役割  7.おわりに

SSL グローバルサインのサイトシール
FAXでもお申し込みいただけます。FAXお申し込み用紙(PDF)を印刷いただき、必要事項をご記入のうえ
 弊社までご送信ください。(FAX番号は、お申込用紙に印刷されています)
※PDF形式のファイルをご覧頂くための Adobe Reader は、アドビ システムズ社から無償提供されています。
                Adobe Reader 最新版ダウンロードはこちらから

■ お問い合わせの前に『よくあるご質問(書籍)』をご一読下さいませ ■