TOP セミナー 書籍 社内研修 セミナーQ&A 書籍Q&A お問い合せ 会社概要

ご購入は、画面下の「書籍購入」ボタンから

2003年度版 廃棄物処理における破砕機・粉砕機市場実態調査
[コードNo.2004TV02]

■体裁/ A4版 68頁
■発行/ 2003年 11月 27日 (株)グリーンビジネス研究所
■頒価/ 97,715円(税込価格)

※本資料の著作・販売権が、株式会社トータルビジョン研究所から
  株式会社グリーンビジネス研究所に移行致しました。

廃棄物処理/リサイクルにおける破砕機・粉砕機メーカ「142社の商品概要」
「メーカ事例研究調査」「市場構造」「潜在需要関連データ」に関する最新調査資料

※ 本資料は試読頂けません ※

※本資料を直接ご覧になりたい場合は、弊社出版部(TEL:06-6358-0141)まで
 ご連絡下さるか、下記にございます「お問い合わせ」ボタンをクリックして
 頂き、別ウィンドウに開きます入力フォームの記入欄に「内容を詳しく知り
 たい」と、ご入力頂きました上、ご送信頂けましたら、当方より、ご連絡さ
 せて頂きます。

はじめに
★廃棄物処理・リサイクル分野において、破砕機/粉砕機の役割は大きく今後RPFプラント、
 廃自動車プラント等の各種リサイクルプラントを中心に市場拡大の方向にある。
★破砕機/粉砕機は、高度成長期には土木・建築分野の砕石用途の需要が堅調であったが、
 現在は公共事業費の削減もあり、各社共廃棄物処理分野への注力度合いが高くなってきた。
★今回の調査では、廃棄物処理・リサイクル分野における破砕機/粉砕機メーカ(輸入商社も含む)
 142社の商品概要、メーカ事例研究調査、市場構造、潜在需要関連データを徹底調査した。

 当調査が関係各位の事業戦略、商品戦略のための有益なデータとなることを確信しております。

 最後に、当資料作成にあたって快く取材に応じて下さった、各企業の皆様に末筆ながら御礼申し
 上げます。

目次
A 市場動向編 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−( 1)
 [まとめ/分析] −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ( 2)  1.市場構造 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ( 3)  2.潜在需要関連データ −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ( 5)
B 参入メーカ一覧/商品概要調査編 −−−−−−−−−−( 7)
 1.参入企業一覧 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ( 8)  2.商品概要一覧(参入メーカ別) −−−−−−−−−−−−−−−− (13)   1)破砕・粉砕方式、破砕・粉砕対象物 −−−−−−−−−−−−− (13)   2)チップサイズ、装置サイズ、装置重量、定格出力、処理能力、     本体標準価格 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− (32)
C 破砕機メーカ事例研究調査編 −−−−−−−−−−−−(56)
 1.(株)アーステクニカ −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− (57)  2.新キャタピラー三菱(株) −−−−−−−−−−−−−−−−−−− (58)  3.(株)クボタ −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− (59)  4.コマツ(株) −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− (60)  5.日立建機(株) −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− (61)  6.(株)御池鐵工所 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− (62)  7.(株)中山鉄工所 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− (63)  8.(株)栗本鐵工所 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− (64)  9.極東開発工業(株) −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− (65)  10.(株)モリタ −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− (66)

SSL グローバルサインのサイトシール
FAXでもお申し込みいただけます。FAXお申し込み用紙(PDF)を印刷いただき、必要事項をご記入のうえ
 弊社までご送信ください。(FAX番号は、お申込用紙に印刷されています)
※PDF形式のファイルをご覧頂くための Adobe Reader は、アドビ システムズ社から無償提供されています。
                Adobe Reader 最新版ダウンロードはこちらから

■ お問い合わせの前に『よくあるご質問(書籍)』をご一読下さいませ ■
■ セミナー・講習会のご案内はこちらでございます ■