TOP セミナー 書籍 社内研修 セミナーQ&A 書籍Q&A お問い合せ 会社概要

ご購入またはご試読は、画面下の「書籍購入」あるいは「書籍試読申込」ボタンから

新エネルギー・省エネルギー市場
〜その現状・展望とビジネス参入の具体策〜
[コードNo.20050681]


■ サンプル画像(↑クリックして下さい) ■
■体裁/ B5判 272頁
■発行/ 2005年 6月 28日
(株)技術情報センター
■編集/ エコビジネスネットワーク
■定価/ 50,760円(税込価格)

環境・エネルギービジネスの市場調査・マーケット分析に定評のあるシンクタンク:エコビジネスネットワークが、バイオマス・太陽光・燃料電池・排出権取引等、新エネルギー・省エネルギービジネスにターゲットを絞り、様々な最新データを分析し、市場の全容を解明・予測!!
ねらっている市場は、本当に有望なのか?
自社保有技術は、どこに活かすことができるのか?
どのような事業スキームを作ればよいのか?
本書は、上記のようなビジネス参入の具体的な課題に答えるため、各項目末に「市場の推移と見通し」、「事業参入のポイント」を挙げ、独自の見解を詳述した。又、最後に新事業開発のナビゲートとして、シーズサイドからみた各分野のニーズを整理・一覧表にし、逆引き検索により、本文中の該当個所を示した。

執筆及び編者紹介
エコビジネスネットワーク (代表:安藤 眞)
国内唯一の環境ビジネスのシンクタンク。主な業務として、環境ビジネス市場調査・分析。各地域、大手企業・中堅中小企業の環境ビジネス創出支援コンサルティング、環境機器・商品開発、環境経営の推進サポート。欧米及び東南アジアには独自のパイプを持つ。環境情報分野でも国内有数のネットワーカーとして活動。

構成と内容
第1章 概論
1.1エネルギーを巡る課題
1.1.1近づくエネルギー需給構造の転換と再生可能エネルギー・省エネルギーの必要性
 (1)構造転換を迫る2つの課題
 (2)地球温暖化問題
  @温暖化の影響
  A京都議定書 〜地球規模での具体的対応策〜
 (3)エネルギー・セキュリティ
 (4)求められるエネルギー像
1.1.2エネルギーのベストミックス
1.1.3再生可能エネルギーの導入効果
1.2再生可能エネルギー・新エネルギーの種類
 (1)新エネルギーの定義
 (2)再生可能エネルギーの定義
 (3)供給サイドの新エネルギーの種類
  ●太陽光発電
  ●太陽熱利用
  ●風力発電
  ●バイオマスエネルギー
  ●廃棄物発電
  ●廃棄物熱利用
  ●未利用エネルギー
 (4)新エネルギー以外の再生可能エネルギー
  ●水力
  ●地熱発電
  ●波力発電
  ●海洋温度差発電
 (5)需要サイドの新エネルギーの種類
  ●燃料電池
  ●コージェネレーション
  ●クリーンエネルギー自動車
1.3再生可能エネルギーを巡る動向
1.3.1政策
 (1)地球温暖化対策の推進に関する法律
  ●98年制定時
  @国の責務
  A地方公共団体の責務
  B事業者の責務
  C国民の責務
  ●02年改正
  ●05年改正
 (2)エネルギー供給
  ●経済産業省によるエネルギー基本計画
  ●長期エネルギー需給見通し
  ●電気事業法
 (3)再生可能エネルギー推進
  ●新エネルギー法
  ●電気事業者による新エネルギー等の利用に関する特別措置法(新エネルギー等電気利用法あるいはRPS法)
 (4)省エネルギー
  ●省エネルギー法
1.3.2民間動向
 (1)産業部門
  @産業部門のエネルギー消費
  A製造業のエネルギー消費
  B非製造業のエネルギー消費
  C産業部門の地球温暖化対策
  D助成・支援
  E技術開発の推進
 (2)民生部門
  @家庭部門
  A業務部門
 (3)運輸部門…共同配送、モーダルシフトなどの対策が求められる
  @旅客部門
  A貨物部門
1.4再生可能エネルギー市場とビジネスチャンス
1.4.1導入目標
1.4.2市場構造
1.4.3市場規模と成長予測
1.4.4ビジネスチャンス
 @平成17年度政府予算にみるビジネスチャンス(新エネルギー・再生可能エネルギー)
  ●事業スキームづくり
  ●新エネルギー共通項目
  ●太陽光発電
  ●風力発電
  ●バイオマス利活用
  ●燃料電池
 A平成17年度政府予算にみるビジネスチャンス(省エネルギー)
  ●産業部門
  ●産業・業務の両部門共通
  ●運輸部門
  ●業務部門
  ●一般家庭部門
 B事業スキームにみるビジネスチャンス
 C技術的課題からみるビジネスチャンス
 Dキーワード
 
第2章 枯渇性エネルギー供給ビジネス
2.1石炭
 (1)特徴
 (2)種類・利用原理
 (3)資源賦存量・供給量
 (4)法規
 (5)関係機関
 (6)動向及び課題
2.2石油
 (1)特徴
 (2)分類
 (3)賦存量・供給量
 (4)歴史及び法規
 (5)関係団体
 (6)動向
 (7)課題
2.3天然ガス
 (1)特徴
 (2)分類
 (3)資源賦存量・供給量
 (4)法規
 (5)関連団体及び補助制度
 (6)市場規模
 (7)メタンハイドレート
 (8)動向
 (9)課題
2.4原子力
 (1)特徴
 (2)原理・種類
 (3)原子力発電の現況
 (4)相次ぐ事故・不祥事
 (5)廃棄物・廃炉処理問題
 (6)コスト問題
 (7)法規・施策
 (8)関係機関
 (9)動向
 (10)課題
 
第3章 新エネルギー・再生可能エネルギー供給ビジネス
3.1太陽光
 (1)特徴
 (2)原理・種類と基本構成
 (3)資源賦存量
 (4)経緯・法規・施策
 (5)業界構造・事業スキーム・関係団体等
 (6)導入実績及び市場規模
 (7)動向・市場予測
 (8)課題
 (9)まとめ
3.2風力
 (1)特徴
 (2)原理・種類
 (3)資源賦存量及び導入量
 (4)コスト
 (5)経緯・助成事業
 (6)業界構造・事業スキーム
 (7)市場規模
 (8)動向
 (9)課題
 (10)まとめ
3.3小水力
 (1)特徴
 (2)原理・種類
 (3)資源賦存量と導入実績
 (4)経緯・法規・助成措置
 (5)業界状況
 (6)市場規模
 (7)動向
 (8)課題
 (9)まとめ
3.4地熱
 (1)特徴
 (2)原理・種類
 (3)資源賦存量と導入実績
 (4)経緯
 (5)業界構造・事業スキーム
 (6)市場規模
 (7)動向
 (8)課題
 (9)まとめ
3.5雪氷
 (1)特徴
 (2)原理・種類
 (3)利雪
 (4)資源賦存量
 (5)事例・参入企業等
 (6)市場規模
 (7)課題と動向
 (8)まとめ
3.6波力発電
 (1)特徴
 (2)波力発電の種類
 (3)開発の歴史
 (4)海外の現状
 (5)日本の現状
 (6)波力発電に取組む企業
 (7)まとめ
3.7その他の海洋エネルギー
 (1)概要
 (2)海洋温度差発電(OTEC:Ocean Thermal Energy Conversion)の概要と分類
 (3)海洋温度差発電の利用可能量
 (4)これまでの導入事例と参入企業
 (5)潮流発電
 (6)潮汐発電(Tidal Energy Conversion)
 (7)まとめ
3.8廃棄物・廃棄物燃料発電
 (1)特徴
 (2)種類
 (3)導入状況
 (4)発電コスト・設置コスト・売電コスト
 (5)助成措置
 (6)事業構造・事業スキーム
 (7)市場規模
 (8)課題
 (9)まとめ
3.9水素(燃料電池)
 (1)特徴
 (2)水素エネルギーの歴史
 (3)燃料電池の原理と種類
 (4)導入状況
 (5)業界構造・事業スキーム・開発動向
 (6)課題
 (7)関連する主な団体
 (8)まとめ
 
第4章 バイオマスエネルギー供給ビジネス
4.1バイオマスエネルギーの特徴
 (1)エネルギーセキュリティの向上
 (2)環境負荷が小さく、温暖化対策として機能する
 (3)廃棄物対策・循環型社会形成
 (4)産業振興や雇用創出による地域活性化
 (5)その他の効果
4.2バイオマスエネルギーの種類と原理
4.2.1資源から見た分類
 (1)木質系資源
 (2)農業・畜産系資源
 (3)廃棄物系資源
4.2.2変換方法から見た分類
4.2.3フェーズ(phase:発展段階)から見た分類(バイオマス・ニッポン総合戦略)
4.3資源賦存量
 (1)木質系資源賦存量(発生量)
 (2)農業・畜産系資源
 (3)廃棄物系資源
4.4導入経緯と関連法規
4.4.1日本における導入経緯
4.4.2海外動向
4.4.3国内法規
4.5業界構造と事業スキーム
 (1)事業者
 (2)公的機関・公益法人等
 (3)市民参加型の取組み
4.6市場規模
4.7バイオマスエネルギーの利活用事例
 (1)木質系資源:岩手県葛巻町における木質ペレット製造(葛巻林業株式会社)
 (2)資源作物:菜の花プロジェクト
 (3)廃棄物系(畜産ふん尿):八木バイオエコロジーセンター(京都府)
 (4)市民参加型の取組み:NPOふうど
4.8動向と展望
4.9課題
 (1)資源に関する課題
 (2)変換に関する課題
 (3)運用に関する課題
4.10まとめ
 
第5章 省エネルギー関連ビジネス
5.1電力貯蔵システム
 (1)特徴
 (2)電力貯蔵システムの種類
 (3)参入企業・開発動向
 (4)導入実績
 (5)市場規模
 (6)課題
 (7)まとめ
5.2ハード系ビジネス
5.2.1運輸部門の省エネ
 (1)背景
 (2)低公害車
 (3)エコドライブ支援システム
 (4)求貨・求車システム
 (5)まとめ
5.2.2コージェネレーション・システム
 (1)特長
 (2)CGSの種類
 (3)導入実績
 (4)助成制度
 (5)業界構造・事業スキーム
 (6)市場規模
 (7)課題と動向
 (8)まとめ
5.2.3未利用エネルギー
 (1)特長
 (2)未利用エネルギーの資源賦存量と導入実績
 (3)助成制度
 (4)利用技術のキーデバイス
 (5)まとめ
5.3ソフト系ビジネス
5.3.1ESCO
 (1)特徴
 (2)海外のESCO市場…アメリカ
 (3)日本のESCO市場
 (4)支援制度
 (5)ESCOへの参入と導入
 (6)まとめ
5.3.2グリーン電力証書システム
 (1)特徴
 (2)グリーン電力証書システムへの参入及び導入事例
 (3)まとめ
5.3.3排出権取引制度
 (1)特徴
 (2)各国の導入経緯
 (3)日本における現状
 (4)まとめ
 
第6章 ビジネス展開のヒント
6.1逆引き検索
6.2事業スキームの構築例
 
巻末資料 大手企業、中堅・中小企業のエネルギー・環境ビジネス参入事例
索引
 

SSL グローバルサインのサイトシール
FAXでもお申し込みいただけます。FAXお申し込み用紙(PDF)を印刷いただき、必要事項をご記入のうえ
 弊社までご送信ください。(FAX番号は、お申込用紙に印刷されています)
※PDF形式のファイルをご覧頂くための Adobe Reader は、アドビ システムズ社から無償提供されています。
                Adobe Reader 最新版ダウンロードはこちらから

■ お問い合わせの前に『よくあるご質問(書籍)』をご一読下さいませ ■