TOP セミナー 書籍 社内研修 セミナーQ&A 書籍Q&A お問い合せ 会社概要

ご購入は、画面下の「書籍購入」ボタンから

薬用食品の開発
―薬用・有用植物の機能性食品素材への応用―
Development of Medicinal Foods
[コードNo.2007T547]

■監修/ 吉川雅之(京都薬科大学 教授)
■体裁/ B5判 325ページ
■発行/ 2007年 2月 (株)シーエムシー出版
■定価/ 70,200円(税込価格)

食経験のある天然薬物や薬効が伝承されている食品「薬用食品」。その開発や利用に重要な、薬用・有用植物の正確な研究情報を薬学の視点から解説!
食品の研究・開発者におすすめの一冊!

※ 本書籍はご試読頂けません ※

刊行にあたって
 わが国においては食生活の欧米化に伴う動物性食品の増加とともに過食や偏食なども手伝って、生活習慣病やメタボリックシンドローム、アレルギー性疾患などが深刻さを増してきています。国民の健康志向が高まるにつれて、食事療法の重要性が叫ばれ、さらには、高齢化社会になって、老化の防止や健やかな老いを求めて、健康維持の願望も次第に大きなものになっています。このような背景のもとに、食を通して健康の確保を目的とした様々な食品が開発され、OTC医薬品市場を遥かに超える規模の巨大産業に成長しています。しかし、これらの”いわゆる健康食品”の中には、科学的根拠に乏しく安全性の検討さえも不十分なものがあり、かつ、医師や薬剤師による管理や摂取(服食)指導が欠けており、規制する法律も十分ではありません。また、情報化社会の今日、食物と健康に関して氾濫する多種多様な情報はまさに玉石混淆で、なかには企業が自社商品のキャンペーンを兼ねた、科学的には不正確で有害とも言える情報も数多く認められます。
 私共は、食経験のある天然薬物や薬効が伝承されている食品を薬用食品と呼んで、薬食同源の視点から科学的研究を進めてきました。薬用食品を化合物レベルで有効性や安全性などの具体的な証しを示すことが天然薬物研究者のアカウンタビリティーと考えております。最近、薬学領域においても食品研究の重要性が認識され、その研究発表の場として、薬学会の主催により食品薬学シンポジウムが開催される運びとなっております。
 今回、食経験のある薬用および有用植物の生体機能を科学的に検証して薬用食品として開発するために、薬学の視点から正確な研究情報をまとめることを企画いたしました。この主旨にもとづいて、生薬学、天然物化学の分野で造詣深く、薬学領域における食品研究の重要性を認識されている方々に執筆を依頼し、ご自身の研究を中心に薬用食品について解説して頂いております。
 本書は、薬剤師などの医療従事者のみならず、特定保健用食品や健康食品などを研究開発、販売する企業関係者の方々のご参考になるようにと編纂しています。
(「はじめに」より一部抜粋)
2007年2月 吉川雅之(京都薬科大学 教授)

執筆者一覧(執筆順)
吉川雅之京都薬科大学 生薬学教室 教授
谿忠人大阪大谷大学 薬学部 漢方医療薬学講座 教授
北島満里子千葉大学 大学院薬学研究院 生体機能性分子研究室 助教授
高山廣光千葉大学 大学院薬学研究院 生体機能性分子研究室 教授
杜暁鳴九州大学 大学院薬学研究院 博士研究員
正山征洋九州大学 大学院薬学研究院 教授
古庄憲浩九州大学 大学院医学研究院 助教授
林純九州大学 大学院医学研究院 教授
村岡修近畿大学 薬学部・薬学総合研究所 教授
三島敏アピ(株) 長良川リサーチセンター 取締役所長
服部征雄富山大学 和漢医薬学総合研究所 薬物代謝工学分野
黒田明平東京薬科大学 薬学部 漢方資源応用学教室 講師
三巻祥浩東京薬科大学 薬学部 漢方資源応用学教室 教授
馬場きみ江大阪薬科大学 生薬科学教室 教授
堀一之秋田県農林水産技術センター 総合食品研究所 醸造試験場 酵素・微生物グループ 主任研究員
森川敏生近畿大学 薬学総合研究所 食品薬学研究室 講師
松田秀秋近畿大学 薬学部 創薬科学科 教授
橋本敏弘徳島文理大学 薬学部 教授
浅川義範徳島文理大学 薬学部 教授
北中進日本大学 薬学部 生薬学ユニット 教授
松田久司京都薬科大学 生薬学教室 助教授
播磨章一近畿大学 薬学総合研究所 客員教授
金城順英福岡大学 薬学部 教授
土橋良太福岡大学 薬学部 助手
野原稔弘熊本大学大学院 医学薬学研究部 総合医薬科学部門 創薬化学講座 天然薬物学分野 教授
藤原章雄熊本大学大学院 薬学教育部 分子機能薬学専攻 創薬化学講座 天然薬物学研究室 修士(薬学)
松下さやか熊本大学大学院 薬学教育部 分子機能薬学専攻 創薬化学講座 天然薬物学研究室 学士(薬学)
飯沼宗和岐阜薬科大学 生薬学教室 教授
竹田忠紘共立薬科大学 天然医薬資源学講座 教授
成川佑次共立薬科大学 天然医薬資源学講座 助手
浅野孝共立薬科大学 天然医薬資源学講座
山芳明名城大学 薬学部 医薬資源化学研究室 助教授
丹羽正武名城大学 薬学部 医薬資源化学研究室 教授
河野功長崎大学 医歯薬学総合研究科 薬学部 教授
田中隆長崎大学 医歯薬学総合研究科 薬学部 助教授
河原有三森下仁丹(株) 研究学術統括部 顧問

構成および内容
【第1編 薬食同源と薬用食品】

第1章漢方医療の経験知を薬用食品の開発に活かす(谿忠人)
1はじめに
2漢方医療薬学と食品薬学
2.1漢方薬の物性
2.2漢方薬の機能
2.3漢方医療の経験知の科学
3薬食同源
3.1薬食同源の原義
3.2狭義の薬食同源素材
3.3医療における天然薬物と食品の共用
3.4天然薬物と食品の主要成分の共通性
4治未病
5薬膳と弁証施膳
6考察とまとめ
【第2編 食経験のある天然薬物と有効成分】

第2章南米薬用植物キャッツクローの成分と生物活性(北島満里子、高山廣光)
1はじめに
2アルカロイド
3テルペノイド(トリテルペン・トリテルペン配糖体、ステロール、モノテルペン)
4フラボノイドなど
5キャッツクローの薬理活性研究
6おわりに
第3章金線蓮および代替生薬の活性成分と薬理作用(杜暁鳴、正山征洋、古庄憲浩、林純)
1はじめに
2金線蓮の培養
2.1種子の発芽
2.2初代培養
3培養金線蓮粗エキスの肝細胞とモデル動物による評価
3.1方法
3.2結果・考察
4培養金線蓮の臨床試験
4.1患者と投与方法
4.2臨床サンプルの作成
4.3検査項目
4.4結果
4.5考察
5金線蓮の成分探索
5.1シリカゲルカラムによる精製
5.2精製法の改良
6金線蓮の代替品、Goodyera schlechtendaliana Reichb. fil., G. matsumurana Schltr,G. discolor Ker-Gawの成分探索
7Kinsenoside, goodyeroside Aの肝障害改善作用
7.1方法
7.2結果・考察
8Goodyera属植物のフラボノイド成分とその特異な薬理活性
9おわりに
第4章アーユルヴェーダ生薬”サラシア”の活性成分と効能効果(村岡修)
1来歴・基原
2生物活性成分
3薬理
3.1a-グルコシダーゼ阻害作用
3.2アルドース還元酵素阻害成分
3.3抗肥満作用成分
3.4肝保護および抗酸化作用成分
4安全性と臨床試験
5おわりに
第5章蜂由来天然物とその作用(三島敏)
1はじめに
2ハチミツ
2.1ハチミツとは
2.2構成成分
2.3薬理作用
2.4利用
3ローヤルゼリー
3.1ローヤルゼリーとは
3.2薬理作用
3.2.1自律神経調節作用
3.2.2滋養強壮作用
3.2.3血圧調節作用
3.2.4副作用軽減作用
3.2.5その他
3.3安全性
4プロポリス
4.1プロポリスとは
4.2構成成分
4.3薬理作用
4.3.1抗菌・抗ウイルス活性
4.3.2抗炎症活性
4.3.3抗腫瘍活性
4.3.4抗酸化活性
4.3.5その他
4.4おわりに
5花粉
5.1はじめに
5.2構成成分
5.3薬理作用
第6章羅布麻茶の新しい薬効(服部征雄)
1はじめに
2羅布麻の成分
3羅布麻茶の高コレステロール血症改善作用
4動脈硬化の進展に対する羅布麻茶の効果
5羅布麻茶の抗酸化およびラジカル消去作用
6血圧におよぼす羅布麻茶の効果
7肝傷害に対する保護作用
8羅布麻茶の臨床報告
9おわりに
第7章和漢生薬のメタボリックシンドロームに対する予防・改善効果と活性成分(黒田明平、三巻祥浩)
1はじめに
2和漢生薬抽出エキスのPPARγリガンド活性
3甘草エキスのメタボリックシンドローム予防・改善作用糖質
3.1甘草エキスの糖尿病、内臓脂肪型肥満モデルマウスに対する作用
3.2甘草エキスのPPARγリガンド活性を指標とした成分検索
4丁子エキスのメタボリックシンドローム予防・改善作用
4.1丁子エキスの糖尿病、内臓脂肪型肥満モデルマウスに対する作用
4.2丁子エキスのPPARγリガンド活性を指標とした成分検索
5鬱金エキスのメタボリックシンドローム予防・改善作用
5.1鬱金エキスの糖尿病、内臓脂肪型肥満モデルマウスに対する作用
5.2鬱金エキス含有成分のPPARγリガンド活性
6まとめ
第8章茶花の生体機能性成分(吉川雅之)
1はじめに
2茶花の食経験―ぼてぼて茶―
3茶花の生体機能と成分
4Floratheasaponinの生体機能
5茶花の安全性
【第3編 薬効のある食品と活性成分】

第9章アシタバ含有カルコン類の構造と機能(馬場きみ江)
1はじめに
2成分の確認
3アシタバの概要
3.1外部形態
3.2成分比較
4アシタバの生理活性
4.1抗菌作用
4.2抗潰瘍、胃酸分泌抑制作用
4.3抗血液凝固作用(トロンボキサンA2(TXA2)生成阻害作用)
4.4抗アレルギー作用(ヒスタミン遊離抑制作用)
4.5末梢血管拡張作用(血管弛緩作用)
4.6食物繊維
5おわりに
第10章"すりおろす"のには理由(わけ)がある―ダイコン・ワサビ・ブロッコリー・・・アブラナ科食材の機能成分イソチオシアネート―(堀一之 )
1はじめに
2ミロシナーゼ−グルコシノレートシステム
3スルフォラファンとアリルイソチオシアネート
3.1ブロッコリースプラウト由来の注目成分スルフォラファン
3.2食材由来の安全な抗菌性物質 アリルイソチオシアネート
4地ダイコンから得られたイソチオシアネート成分と品種選抜への応用
4.1松館神話と研究なんていらない
4.2しぼりダイコンが辛くない
4.3辛くないのはイソチオシアネオートの化学構造が違うから
4.4あきたおにしぼりとして品種登録
5おわりに
第11章ウコンとガジュツの生物活性成分(森川敏生)
1ウコンとガジュツの来歴・基原
2ウコンとガジュツの性状・産地
2.1ウコン
2.2ガジュツ
3ウコンの生物活性成分
3.1含有成分
3.2薬理活性
4ガジュツの生物活性成分
4.1含有成分
4.2薬理活性
第12章青い柑橘類果実に新規機能性を求めて(松田秀秋)
1はじめに
2未熟柑橘類果実の抗アレルギー作用
2.1ウンシュウミカン果実の抗アレルギー作用
2.2各種柑橘類果実の抗アレルギー作用
3未熟柑橘類果実、とくに未熟ハッサクの美白作用
3.14種フラバノン配糖体のチロシナーゼ活性阻害作用および抗酸化作用
3.2ハッサクとは
3.3ハッサク果実エキスのチロシナーゼ活性阻害作用
3.4ハッサク果実エキスの抗酸化作用
3.5未熟ハッサク果実エキスのマウスB16メラノーマ細胞におけるメラニン産生抑制作用
4おわりに
第13章柑橘類およびハーブに含まれる芳香物質の生理活性および微生物変換による機能性物質の創製(橋本敏弘、浅川義範)
1柑橘類性芳香物質バレンセンおよびヌートカトンの微生物変換
2クロレラ(Chlorella sp.)によるvalencene(1)の変換反応
3土壌微生物および植物病原菌によるvalencene(1)の変換反応
4グレープフルーツ香気成分nootkatone(2)の微生物変換
5ハッカの香気成分Mentoholの微生物変換
第14章シジュウムの抗アレルギー効果と化学成分(北中進)
1シジュウムとの出会い
2グアヴァについて
3即時型(I型)アレルギー
4シジュウムの臨床的評価
5シジュウムの抗アレルギー効果及び抗炎症効果
5.1マスト細胞を用いたヒスタミン及びロイコトリエン(LT)の遊離抑制試験
5.2シジュウムエキスの受動皮膚アナフラキシー(PCA)反応に対する効果
5.3マウスカラゲニン足蹠浮腫に対する効果
5.4血管透過性に対する作用
5.5持続性浮腫に対する作用
5.6アジュバント関節炎に対する作用
5.7肉芽形成に対する作用
6シジュウム茶の免疫系に対する作用
6.1Th1、Th2及び調節性T(Tr)細胞誘導に対するシジュウムの効果
6.2シジュウムエキスの投与後のTr細胞活性の下方調節とTh1細胞の優位性
6.3シジュウムエキスの経口投与における接種したB16腫瘍細胞の増殖抑制作用
7活性成分の探索
7.1単離成分の構造研究
7.2タンニン類の受動皮膚アナフラキシー(PCA)試験
8マクロファージの一酸化窒素(NO)産生及びサイトカイン産生におよぼすPG-ext 及び単離化合物の効果
8.1NO産生に対する作用について
8.2NO合成酵素(iNOS)誘導に対する作用
8.3iNOS酵素活性に対する作用
8.4TNF-α産生及びIL-1β産生に対する作用
9おわりに
第15章生姜と大良姜(松田久司)
1ショウガ(生姜)
2大良姜(ガランガル)
2.1大良姜の胃粘膜保護作用
2.2大良姜の抗アレルギー・抗炎症作用
第16章食用大黄ルバーブの栽培と品質(播磨章一)
1はじめに
2食用大黄栽培の現状
3飛騨地域におけるルバーブの栽培
4R. undulatumの含有成分
5R. undulatumの薬理作用
5.1駆お血作用
5.2抗酸化作用
6結語
第17章食用豆および大豆加工食品中の活性成分(金城順英、土橋良太、野原稔弘)
1はじめに
2食用豆中のサポニンの定量、定性(HPLCプロファイル)分析
3大豆加工食品中のサポニンの定量、定性(HPLCプロファイル)分析
4大豆加工食品中のイソフラボンの定量、定性(HPLCプロファイル)分析
5おわりに
第18章トマトの新規ステロイド配糖体(野原稔弘、藤原章雄、松下さやか)
1序論
2トマト成熟果実の新規ステロイドアルカロイド配糖体
2.1チェリートマトの抽出・分離
2.2Esculeoside A (1) の化学構造
2.3Pink type(桃太郎)トマトの抽出・分離
2.4Red typeイタリアントマト (San Marzano) の抽出・分離
2.5Esculeoside B-2 (3) の化学構造
2.6Esculeoside A (1) とEsculeoside B-2 (3) のサポゲノール
3トマト加工品の成分検索
3.1ホールトマト(缶詰)の抽出・分離
3.2トマトジュースの抽出・分離
4Isoesculeogenin A (6) とEsculeogenin B (7) との化学的関連
5Esculeogenin A (5) からプレグナン誘導体への変換
6トマトステロイドアルカロイド配糖体の季節的変化
7ナス属植物からのプレグナン配糖体の分離
8トマト配糖体の代謝
9スピロスタンならびにスピロソランステロイド配糖体の奏功
9.1内服
9.2外用
10Esculeosidesの生理作用
10.1Esculeoside (1) の癌細胞増殖抑制活性
10.2抗HSV-1活性
11おわりに
第19章果物の女王、マンゴスチンの有効利用(飯沼宗和)
1はじめに
2化学的成分
3抗菌活性
4トポイソメラーゼII阻害活性
5ガン細胞のアポトーシス誘導活性
6おわりに
第20章フェノール硫酸転移酵素の阻害を引き起こす食品由来色素化合物の探索(竹田忠紘、成川佑次、浅野孝)
1はじめに
2アントシアニン
3食品由来色素化合物の抽出分離
3.1コンコードグレープ
3.2ムラサキイモ
4食品由来色素化合物の薬物抱合反応に対する影響
4.1食品由来色素化合物の構造
4.2マウス小腸由来フェノール硫酸転移酵素阻害活性の検討
4.3ヒト結腸がん由来細胞株Caco-2を用いた薬物抱合に対する影響
4.4考察
5まとめ
【第4編 食品の生体機能分子 】

第21章焼酎蒸留残渣の新機能―有効利用にむけた化学・薬理学的検討―(高谷芳明、丹羽正武)
1はじめに
2泡盛
3泡盛蒸留残渣の抽出・分離および抗酸化活性
4酢酸エチル可溶部の成分
5クロロホルム可溶部の成分
6環状ジペプチドの合成および抗酸化活性
7環状および鎖状ペプチドの抗酸化活性の比較
8虚血再灌流傷害に対する効果
9おわりに
第22章茶葉の成分変化(河野功、田中隆)
1はじめに
2茶葉の成分
3お茶の種類
3.1緑茶
3.2烏龍茶
3.3紅茶
3.4黒茶
4茶の成分
4.1茶葉の成分
4.2烏龍茶の成分
4.3紅茶の成分
第23章タラノキなどの薬用食品に含有される生体機能オレアナン型トリテルペンオリゴ配糖体(吉川雅之)
1はじめに
2糖負荷ラットにおける血糖値上昇抑制活性
3血糖値上昇抑制活性の作用機序
4アルコール吸収抑制活性
5胃保護作用
6抗アレルギー・抗炎症活性
【第5編 法規制と安全性 】

第24章健康食品の安全性と品質管理(河原有三)
1序論
2海外の動き
3日本の食品機能に関連する制度の経緯と概要
4安全性の担保と品質管理
5利用者への配慮
6厚生労働省から発信されている安全情報
7錠剤、カプセル状等の成分が濃縮された形状の食品の安全性の確保に関して
8食品又は関与成分の食経験と安全性についての確認
9安全性の確認手段としての試験方法
10健康食品の安全性と有効性に関しての情報
11厚生労働省の動きについて
12薬用・有用植物を食品として取り扱う場合の留意事項

SSL グローバルサインのサイトシール
FAXでもお申し込みいただけます。FAXお申し込み用紙(PDF)を印刷いただき、必要事項をご記入のうえ
 弊社までご送信ください。(FAX番号は、お申込用紙に印刷されています)
※PDF形式のファイルをご覧頂くための Adobe Reader は、アドビ システムズ社から無償提供されています。
                Adobe Reader 最新版ダウンロードはこちらから

■ お問い合わせの前に『よくあるご質問(書籍)』をご一読下さいませ ■
■ セミナー・講習会のご案内はこちらでございます ■