TOP セミナー 書籍 社内研修 セミナーQ&A 書籍Q&A お問い合せ 会社概要

ご購入は、画面下の「書籍購入」ボタンから

2007年 液晶ディスプレイ構成材料の市場
Market on LCD,Components & Chemicals 2007
[コードNo.2007Z181]

■体裁/ B5判 336ページ
■発行/ 2007年 7月 (株)シーエムシー出版
■定価/ 70,200円(税込価格)

2ケタ成長が続く7兆円産業、液晶ディスプレイ!液晶テレビの急成長、部材・ケミカルス市場は相次ぐ能力増強!!
LCDは光学フィルムの多用など、有機材料をふんだんに用いる化学系デジタル素材の固まり!!素材・部材メーカー期待の3兆5,000億円(本書調査)マーケット!!
「液晶ディスプレイ周辺材料の市場」(1990年刊)以来、好評をいただいてきた液晶ディスプレイ構成材料市場シリーズ第7弾、シーエムシー出版独自の調査レポート!!
PDP、有機EL、無機EL、FED、DMD、LED、電子ペーパー市場も詳説!!

※ 本書籍はご試読頂けません ※

刊行のねらい
 ユビキタス時代、インターネットキーデバイスとして、フラットパネルディスプレイ(FPD)への期待は大きい。FPDは、最終目標の1つに「壁掛けテレビ」や「壁貼りテレビ」を掲げ、これを実現すべく液晶ディスプレイ(LCD)、プラズマディスプレイ(PDP)、有機EL(エレクトロルミネッセンス)、無機EL、FED(フィールドエミッションディスプレイ)、DMD(デジタルマイクロミラーデバイス)、電子ペーパーの各種の薄型パネルが技術開発を競ってきた。
 なかでも、液晶ディスプレイは、最も完成度の高いフラットパネルとして液晶テレビ、液晶モニター、ノート型パソコン、携帯電話を柱に市場を急拡大させている。
 本書では、LCDの構成部材料38品目に焦点をあてて、その市場をまとめた。あわせて、次世代のFPDにもスポットを当て、PDPや有機EL、FEDやDMD、LED(発光ダイオード)や無機ELから電子ペーパーの市場まで最新動向をも調査したものである。
 本書は、「液晶ディスプレイ周辺材料の市場」(1990年)の刊行以来、好評をいただいてきた"液晶ディスプレイ構成材料市場シリーズ"第7弾の調査レポートである。
素材メーカー、部材メーカー、高分子メーカー、エレクトロニクスメーカーをはじめ、フラットパネルディスプレイ関連業界の方々に『わかりやすいと定評の液晶ディスプレイ構成材料市場ブック』として本書のご一読をお勧めする。
2007年7月 シーエムシー出版 編集部

液晶ディスプレイ(LCD)構成部材料・ケミカルス38品目の市場
1基板ガラス・電極基板ガラス
2フィルムLCD用電極基板フィルム
3アルカリ封止剤
4透明導電膜(ITOターゲット材)
5電極保護コート剤
6カラーフィルター
7カラーフィルター用顔料レジスト
8カラーフィルター用顔料
9ブラックマトリクス材料(Crターゲット)
10樹脂ブラックマトリクス材料(BM)
11カラーフィルター用オーバーコート剤(保護膜)
12液晶用フォトレジスト
13配向膜材料(配向処理剤)
14スペーサー
15ラビング布
16シール剤
17液晶封止剤(注入口封止・封口剤)
18液晶材料(ミクスチャー)
19LCD用光学フィルム
20偏光フィルム
21位相差フィルム
22偏光子フィルム(PVA)
23偏光子膜保護フィルム(TAC)
24位相差フィルム基材フィルム(PC、環状オレフィンポリマー)
25視野角拡大フィルム
26バックライトユニット(蛍光管光源)
27バックライトユニット(無機EL光源)
28バックライトユニット(LED光源)
29プラスチック導光板
30拡散シート・フィルム
31プリズムシート
32コネクター(エラスチック、ヒートシール)
33異方性導電フィルム(回路接続材料)
34フレキシブルプリント配線板(FPC)
35TABフィルムキャリア
36FPC・COF・TAB基材ポリイミドフィルム
37TCP用液状封止材
38液晶ドライバーIC

【内容見本】(PDF)
第II編 液晶ディスプレイの構成材料・関連ケミカルス市場
P160〜P165 6章 電極保護コート剤〜7章 カラーフィルター
PDF形式のファイルをご覧いただくには、お使いのブラウザに Adobe Reader
インストールされている必要があります。

構成および内容
【第I編 ディスプレイパネル市場動向】

1章 液晶ディスプレイ(LCD)とフラットパネルディスプレイ(FPD)
1 FPD市場マップとLCDのポジション
2 液晶ディスプレイの市場
(1) LCDパネルの生産・市場動向
(2) LCDパネルの用途別市場
 <1> ノート型パソコンの市場
 <2> 液晶モニターの市場
 <3> 携帯電話
 <4> 液晶テレビの市場
 <5> 液晶プロジェクターの市場
 <6> LCDの価格推移(1994年〜)
(3) 新しいLCD市場
 <1> LCDの種類と基本構造
 <2> 反射型カラーLCDの市場
 <3> 低温ポリシリコンTFT-LCDパネル
 <4> 広視野角・高速LCDの市場
 <5> 高精細LCDの市場
3 LCD以外のフラットパネルディスプレイの市場
(1) PDP(プラズマディスプレイパネル)の市場
 <1> 概要
 <2> 市場動向
 <3> 企業動向
 <4> 開発動向
(2) 有機ELディスプレイの市場
 <1> 概要
 <2> 材料動向
 <3> 企業動向
 <4> 有機ELディスプレイと材料の市場動向
(3) 無機ELディスプレイの市場
 <1> 分散型(厚膜型)無機EL
 <2> 薄膜型無機EL
(4) FED(フィールドエミッションディスプレイ)の市場
 <1> 概要
 <2> 市場動向
 <3> 企業動向
 <4> 開発動向
(5) DMD(デジタルマイクロミラーデバイス)の市場
 <1> 概要
 <2> 市場動向
 <3> 企業動向
 <4> 開発動向
(6) LED(発光ダイオード)の市場
 <1> 白色LEDの市場
  1) 概要
  2) 市場動向
  3) 企業動向
 <2> 単色LED
  1) 概要
  2) 青色LED
  3) 屋外大型LEDディスプレイ
  4) 市場動向
  5) 企業動向
  6) 開発動向
 <3> 化合物半導体材料
(7) 電子ペーパーの市場
 <1> 概要
 <2> 開発動向
 <3> 市場動向
2章 LCD構成材料・ケミカルスの市場の総括
(1) LCD構成材料・ケミカルスの市場規模構成比一覧
(2) LCD構成材料・ケミカルスの市場と参入企業の総括表
(3) LCD用高分子材料の要求物性一覧
【第II編 液晶ディスプレイの構成材料・関連ケミカルス市場】

<各構成材料・ケミカルスの共通調査項目>
<1> 概要(種類・分類、製造技術、素材、用途、課題etc.)
<2> 市場動向(市場規模1999年〜2006年、用途需要、各パネルタイプ向け需要・構成、
    輸出etc.)
<3> 価格動向(価格の推移、価格、コストダウン動向etc.)
<4> 企業・製品開発動向(メーカー名、生産・販売量、シェア、開発動向、製品動向etc.)
1章 LCD構成材料・関連ケミカルス
(1) LCD製造プロセスと構成材料・関連ケミカルス
(2) TFT-LCDの構成部材図と構成部材コスト構成比
2章 基板ガラス・電極基板ガラス
3章 フィルムLCD用電極基板フィルム
4章 アルカリ封止剤
5章 透明導電膜(ITOターゲット材)
6章 電極保護コート剤
7章 カラーフィルター
8章 カラーフィルター用顔料レジスト
9章 カラーフィルター用顔料
10章 ブラックマトリクス材料(Crターゲット)
11章 樹脂ブラックマトリクス(BM)
12章 カラーフィルター用オーバーコート剤(保護膜)
13章 液晶用フォトレジスト
14章 配向膜材料(配向処理剤)
15章 スペーサー
16章 ラビング布
17章 シール剤
18章 液晶封止剤(注入口封止・封口剤)
19章 液晶材料(ミクスチャー)
20章 LCD用光学フィルム
(1) 反射防止フィルム・反射フィルム
(2) 偏光子・偏光関連フィルム
(3) 位相差関連フィルム
(4) プラスチックフィルム基板・導光板
21章 偏光フィルム
22章 位相差フィルム
23章 偏光子フィルム(PVA)
24章 偏光子膜保護フィルム(TAC)
25章 位相差フィルム基材フィルム(PC、環状オレフィンポリマー)
(1) ポリカーボネート(PC)
(2) 環状オレフィンポリマー
26章 視野角拡大フィルム
27章 バックライトユニット(蛍光管光源)
28章 バックライトユニット(無機EL光源)
29章 バックライトユニット(LED光源)
30章 プラスチック導光板
31章 拡散シート・フィルム
32章 プリズムシート
33章 コネクター(エラスチック、ヒートシール)
34章 異方性導電フィルム(回路接続材料)
35章 フレキシブルプリント配線板(FPC)
36章 TABフィルムキャリア
37章 FPC・COF・TAB基材ポリイミドフィルム
38章 TCP用液状封止材
39章 液晶ドライバーIC
【第III編 液晶ディスプレイの構成材料メーカーダイレクトリー】

SSL グローバルサインのサイトシール
FAXでもお申し込みいただけます。FAXお申し込み用紙(PDF)を印刷いただき、必要事項をご記入のうえ
 弊社までご送信ください。(FAX番号は、お申込用紙に印刷されています)
※PDF形式のファイルをご覧頂くための Adobe Reader は、アドビ システムズ社から無償提供されています。
                Adobe Reader 最新版ダウンロードはこちらから

■ お問い合わせの前に『よくあるご質問(書籍)』をご一読下さいませ ■
■ セミナー・講習会のご案内はこちらでございます ■