TOP セミナー 書籍 社内研修 セミナーQ&A 書籍Q&A お問い合せ 会社概要

ご購入は、画面下の「書籍購入」ボタンから

脳内老化制御とバイオマーカー:基盤研究と食品素材
Aging Control in Brain and Biomarker:Basic Research and Food Materials
[コードNo.2009T663]

■監修/ 大澤俊彦(名古屋大学)、丸山和佳子(国立長寿医療センター)
■体裁/ B5判 321ページ
■発行/ 2009年 5月 (株)シーエムシー出版
■定価/ 70,200円(税込価格)

「老化」に関るバイオマーカーの研究と、エビデンスに基づいた機能性食品素材を詳述
注目のメンタル、フィジカル分野の研究までも紹介
医学から食品開発まで、あらゆる分野の「老化制御」研究者必携の書

※ 本書籍はご試読頂けません ※

刊行にあたって
 最近の脳内老化に関する研究は急速な進歩を遂げ、基礎研究のために、さまざまな段階の動物モデルが開発されてきている。
 最も重要だと考えられているのが、一次予防としての認知症発症の予防である。これまでに多くの疫学研究が行われており、食事が重要な因子の一つであることは明らかである。実際に、高血糖に基づく生体内メイラード反応やコレステロール代謝などがアルツハイマー症をはじめとする認知症発症に大きな役割を果たしていると報告されている。さらに、認知症予防が期待できる様々な機能性食品因子の開発にも多くの報告がなされており、DHAやポリフェノールなどの機能性食品因子に関しては、基礎研究だけでなく、介入試験も実施されている。
 しかしながら、老化制御に関する研究が、十分な科学的根拠に基づいているとは言い難い。
 老化制御の基礎研究だけでなく、科学的な根拠に基づいた予防法や機能性食品の開発のために、認知症の進行や予兆などが評価できるような生体指標(バイオマーカー)の開発が重要な課題とされてきている。
 このような老化制御に関連したバイオマーカーを評価系として用いた多種多様な食品や素材の開発が進められ、本書では、それらの研究の最新の研究動向を紹介している。さらに、最近、特に大きな注目を集めているのが、ライフスタイルの関与である。運動や音楽療法、さらには、「笑い」の効果など、日常生活で生じるストレスの軽減化と共に、漢方療法のような代替医療などの伝統療法にも注目が集められている。
 バイオマーカーをキーワードに、「老化制御」に関る基礎研究から疫学・介入試験の現状と動向、また、機能性食品・素材開発研究の最新の話題を中心に紹介すべく、この分野で活躍中の多くの研究者の方々に執筆をお願いした。
 「老化制御」の重要性が世界的にも認知されつつあり、本書の刊行は、きわめてタイムリーであり、食品機能の研究者のみならず、予防医学や臨床医学、生化学、薬理学、栄養学、食品科学など、産官学の一線の研究者にとって必読の書であると確信する。
(「緒言」より抜粋)
2009年4月  名古屋大学 大学院生命農学研究科 大澤俊彦

執筆者一覧(執筆順)
大澤俊彦名古屋大学 大学院生命農学研究科 応用分子生命科学専攻 食品機能化学研究室 教授
丸山和佳子国立長寿医療センター研究所 老年病研究部 部長
加藤陽二兵庫県立大学 環境人間学部 准教授
松浦彰千葉大学 大学院融合科学研究科 ナノサイエンス専攻 教授
津田玲生国立長寿医療センター研究所 老化機構研究部 生体機能研究室 室長
本山昇国立長寿医療センター研究所 老年病研究部 早期老化症研究室 室長
永井雅代国立長寿医療センター研究所 老年病研究部
日本学術振興会特別研究員RPD
西垣裕東京都健康長寿医療センター研究所(東京都老人総合研究所) 健康長寿ゲノム探索 専門副部長
田中雅嗣東京都健康長寿医療センター研究所(東京都老人総合研究所) 健康長寿ゲノム探索 研究部長
直井真(財)岐阜県国際バイオ研究所 客員研究部門 脳神経研究分野
伊藤雅史(財)岐阜県国際バイオ研究所 長寿・老化研究部 部長
野澤義則(財)岐阜県国際バイオ研究所 所長;東海学院大学 特任教授
安藤富士子愛知淑徳大学 医療福祉学部 医療貢献学科 教授;国立長寿医療センター研究所 疫学研究部
下方浩史国立長寿医療センター研究所 疫学研究部 部長
片桐幹之順天堂大学 大学院医学研究科 加齢制御医学講座
白澤卓二順天堂大学 大学院医学研究科 加齢制御医学講座 教授
大塚美恵子自治医科大学附属さいたま医療センター 神経内科 講師
道川誠国立長寿医療センター研究所 アルツハイマー病研究部 部長
阿部皓一エーザイ(株) ビタミンE情報室 担当部長;日本大学 薬学部 非常勤講師
矢澤一良東京海洋大学 大学院海洋科学技術研究科 ヘルスフード科学(中島董一郎記念)寄附講座 客員教授
内藤裕ニ京都府立医科大学 大学院医学研究科 消化器内科学 准教授
吉川敏一京都府立医科大学 大学院医学研究科 消化器内科学 教授
西村敏英日本獣医生命科学大学 応用生命科学部 教授
横越英彦静岡県立大学 食品栄養科学部;大学院食品栄養科学専攻 栄養化学研究室 教授
山本順寛東京工科大学 応用生物学部 教授
平山諭倉敷市立短期大学 保育学科 教授
高下崇ビーエイチエヌ(株) 素材開発 マネージャー
米井嘉一同志社大学 生命医科学部 アンチエイジングリサーチセンター 教授
柚木恵太帯広畜産大学 食品科学研究部門 産学官連携研究員
木下幹朗帯広畜産大学 食品科学研究部門 准教授
大西正男帯広畜産大学 食品科学研究部門 教授
増尾好則(独)産業技術総合研究所 健康工学研究センター 研究チーム長(精神ストレス研究チーム)
二木鋭雄(独)産業技術総合研究所 健康工学研究センター 研究顧問
築地謙治慶應義塾大学 医学部 漢方医学センター
渡辺賢治慶應義塾大学 医学部 漢方医学センター センター長;准教授
佐藤祐造(※)愛知学院大学 心身科学部 健康科学科 学部長;教授
佐治順子宮城大学名誉教授;鈴鹿短期大学 客員教授
岩瀬真生大阪大学 大学院医学系研究科 精神医学教室 助教
  
※佐藤祐造先生の「祐」は、正しい表記は「示」に「右」となります。

構成および内容
【序編 総論】

第1章脳内酸化制御におけるバイオマーカーの開発―酸化ストレスを中心に―(加藤陽二、大澤俊彦)
1はじめに
2脂質酸化物によるタンパク質リジンへの付加修飾
3脂質酸化物によるドパミン修飾
4炎症性ストレスと脳内老化
5まとめ
第2章神経細胞の老化と食品―バイオマーカーを中心に―(丸山和佳子)
1はじめに
2老化と加齢
3老化のバイオマーカー
4神経細胞の特性と老化
5神経老化のマーカー
6神経老化マーカーにより何が可能か
【第1編 脳内老化のメカニズムと老化制御の基盤的研究】

第1章酵母を用いた老化研究(松浦彰)
1出芽酵母の二種類の老化
2老化に伴う細胞の生理的変化
2.1分裂老化
2.2経時老化
3酵母の寿命を変化させる外的要因
4酵母の分裂老化の遺伝学
5老化の中心的制御因子Sir2
6カロリー制限の遺伝的モデル
7遺伝学から化学遺伝学へ
8酵母の老化は普遍的な老化モデルとなりうるか?
第2章ショウジョウバエをもちいた老化研究(津田玲生)
1序論
2ショウジョウバエの基本的な実験操作
3酸化ストレス応答と寿命制御機構
3.1酸化ストレス応答因子と寿命制御
3.1.1Superoxide dismutase
3.1.2Glutamate-cysteine ligase
3.1.3Apolipoprotein D
3.1.4SdhB
3.1.5Jun-N-terminal Kinase
3.2寿命制御因子から見た酸化ストレス応答
3.2.1寿命制御因子methuselahと酸化ストレス応答
3.2.2SIRTファミリー分子の機能と酸化ストレス応答
3.2.3インシュリンシグナル伝達と酸化ストレス応答
4酸化ストレス応答と老化の分子レベルでの共通性
5加齢性神経疾患と酸化ストレス応答
6ケミカルジェネティックスを用いた老化・酸化ストレス研究の実際
6.14-phenylbutyrateによる寿命制御
6.2レスベラトロールによる寿命制御
6.3Tetrahydrocurcuminによる寿命制御
6.4標的蛋白質の同定
6.5ケミカルジェネティックスの今後の展望
第3章マウスを用いた老化研究(本山昇)
1はじめに
2インスリン/インスリン様成長因子シグナル経路と老化
2.1マウスにおけるIIS経路と寿命・老化
2.2FOXO転写因子と寿命・老化
2.3酸化ストレス抵抗性と寿命・老化
3Sirtuinと寿命・老化
4ゲノム安定性の破綻と老化
4.1DNA損傷と老化
4.2DNA損傷応答は老化の原因?
5おわりに
第4章酸化ストレスの神経老化における役割(永井雅代)
1はじめに
2酸化ストレスと神経変性疾患
3パーキンソン病(Parkinson disease;PD)
4PDとミトコンドリア機能不全
5PDとUPS機能障害
6神経変性疾患での酸化修飾タンパク質
7まとめ
第5章神経の変性・老化とミトコンドリア(西垣裕、田中雅嗣)
1はじめに
2生命と死の番人としてのミトコンドリア
3中枢神経におけるミトコンドリア
4神経疾患とミトコンドリア機能障害
4.1神経変性疾患
4.1.1Alzheimer病
4.1.2Parkinson病
4.2神経疾患
4.3老人性難聴
5中枢神経はミトコンドリア病の標的臓器である
6mtDNAにおける変異蓄積と神経老化
7常染色体遺伝性ミトコンドリア病におけるmtDNA変異蓄積
8長寿に関連するmtDNA多型とハプログループ
9おわりに
第6章細胞内酸化還元状態と神経細胞死制御(直井信、丸山和佳子)
1はじめに
2細胞における酸化還元状態
3グルタチオン濃度の調節に関与する酵素
4酸化還元状態により調節されるタンパクCysのSH基
5酸化還元状態により調節される細胞機能
6神経変性疾患での酸化還元状態と細胞死
7食品成分による神経細胞の保護
第7章ホルミシスを介した脳の老化制御(伊藤雅史、野澤義則)
1はじめに
2ホルミシス仮説
3ホルミシスとファイトケミカル
4神経ホルミシスを誘導するファイトケミカルによる脳老化制御
5ファイトケミカルによるNrf2/AREシステム活性化を介した脳老化制御
6ゼノホルミシス仮説
7おわりに
【第2編 疫学研究と介入試験】

第1章DHA、イソフラボン摂取と脳の高次機能(安藤富士子、下方浩史)
1高齢社会と脳の加齢変化
2DHAと脳高次機能
3イソフラボンと脳高次機能
4DHAとイソフラボンの脳機能に対する相加作用、相乗作用
5まとめ
第2章カロテノイド摂取によるヒト脳の老化抑制(片桐幹之、白澤卓二)
1はじめに
2脳機能の測定方法
2.1CogHealth
2.2脳波事象関連電位P300
3アスタキサンチンの脳機能改善効果確認試験
3.1対象者
3.2試験食品
3.3試験デザイン・試験方法
3.4結果
4考察
第3章糖分摂取とアルツハイマー病(大塚美恵子)
1はじめに
2インスリンとアルツハイマー病に関する知見
3アルツハイマー病患者の栄養学的問題点
4アルツハイマー病患者に対する栄養学的介入
5砂糖と脳機能
6アルツハイマー病患者の高インスリン血症と甘い菓子類摂取
7砂糖摂取のアルツハイマー病モデルマウスへの影響
8AD患者とメタボリック症候群
9まとめ
第4章コレステロール代謝とアルツハイマー病(道川誠)
1はじめに
2コレステロール代謝はアルツハイマー病発症機構のどこに関与するのか
3高コレステロール血症はアルツハイマー病の危険因子か
4動脈硬化はアルツハイマー病の危険因子である
5スタチンとアルツハイマー病
6脳内コレステロール代謝とアルツハイマー病
7タウオパシーとアルツハイマー病
【第3編 食品素材】

第1章トコフェロール、トコトリエノール(阿部皓一)
1ビタミンEの発見と種類と作用
2脳神経系におけるα-トコフェロール
3脳神経系におけるγ-トコフェロール、トコトリエノール
第2章DHA・EPA(矢澤一良)
1はじめに―ブレインフードとは何か―
2EPAの薬理作用
3DHAの薬理活性としての中枢神経系作用
4おわりに
第3章イチョウ葉エキス(内藤裕ニ、吉川敏一)
1はじめに
2EGb761の薬理作用
2.1EGb761の抗酸化能
2.1.1EGb761の活性酸素・フリーラジカル消去活性
2.1.2EGb761の脂質過酸化抑制作用
2.1.3活性酸素産生抑制作用
2.1.4動物実験モデルでの抗酸化作用
2.2血小板活性化因子拮抗作用
2.3血流や循環に対する影響
2.4その他の作用
3臨床薬理動態
4EGb761の臨床応用
5今後の臨床応用
第4章アンセリンとカルノシン(西村敏英)
1はじめに
2アンセリンとカルノシンの構造と特徴
3アンセリンとカルノシンの分布
3.1動物種や組織による分布の違い
3.2筋肉における変動とその因子
3.3血中における変動
4アンセリンとカルノシンの吸収と代謝
4.1アンセリンとカルノシンの吸収と動態
4.2アンセリンとカルノシンの合成
4.3アンセリンとカルノシンの分解
5アンセリンとカルノシンの生理作用
5.1抗酸化作用
5.1.1抗酸化作用の特徴
5.1.2細胞や動物に対する抗酸化作用
5.2β-アミロイドによる細胞毒性低下作用
5.3脳の活動亢進作用
5.4グルコシル化阻害作用
第5章アスタキサンチン(矢澤一良)
1はじめに―眼精疲労のメカニズム―
2スーパーカロテノイド―アスタキサンチン―
3眼精疲労・筋肉疲労の軽減効果を有する抗酸化成分
3.1眼精疲労の軽減効果を有するアスタキサンチン
3.2筋肉疲労軽減効果を有するアスタキサンチン
4おわりに
第6章γ-アミノ酪酸(GABA)(横越英彦)
1GABAとは
2GABAの体内動態
3GABAの生理機能
3.1血中コレステロール低下作用
3.2成長ホルモン分泌促進作用
3.3脂肪燃焼作用
3.4抗肥満効果
3.5その他の作用
4GABAと脳のかかわり
4.1血圧上昇抑制作用
4.2精神安定作用
4.2.1脳波実験
4.2.2気分調査
5脳代謝促進剤としての医薬効果
5.1ストレスと脳内物質の変化
5.2自律神経活動調査(瞳孔、血圧等)
5.3疲労軽減および効率アップ
6GABAの将来性や今後の展望
第7章コエンザイムQ10(山本順寛)
1はじめに
2CoQ10の機能
2.1コエンザイムQの発見とエネルギー(ATP)産生での役割
2.2抗酸化作用
2.3加齢に伴うCoQ10細胞内濃度の減少
3CoQ10の応用
3.1サプリメントの利用と体感
3.2所要量と安全性
3.3サプリメントで摂取したCoQ10は組織まで届くか?
3.4パーキンソン病
4おわりに
第8章ホスファチジルセリン(PS)(平山諭、高下崇)
1概要
2製造方法
3アルツハイマー症での臨床試験
3.11986年、P.J.Delwaide等
3.21988年、L.Amaducci等
3.31993年、T.Cenacchi等
4認知症での臨床試験
4.11987年、G.Palmieri等
4.21987年、D.Nerozzi等
4.31987年、J.C.Villardita等
5高齢者の記憶力低下(Age Related Cognitive Decline、以下ARCDと略す)に関する臨床試験
6その他の機能性
6.1精神的ストレスに対する臨床試験
6.2抑うつ症に対する臨床試験
6.3てんかん患者に対する臨床試験
6.4スポーツ栄養への効果について
6.5AD/HD症状に対する効果について
7安全性
8作用機序
9おわりに
第9章クルクミン(大澤俊彦)
1「クルクミノイド」の持つ機能性
2「クルクミノイド」の老化制御機能
3認知症予防と「クルクミノイド」
4「クルクミノイド」のハロゲン化抑制効果
第10章その他のハーブ類(ビンカマイナー、バコパなど)(矢澤一良)
1はじめに
2精神的疲労とストレス・マネジメント
3インドハーブのバコパ・モンニエリ(Bacopa monnnieri)
3.1記憶と学習
3.2抗不安作用・睡眠改善作用
4ビンカマイナーとは
4.1認知症に対するビンカマイナーの効果(Fischoofらの臨床試験)
4.2脳血液循環不全による諸症状の緩和(Novisの臨床試験)
4.3記憶力、注意力の改善
4.4憂うつ症、視覚障害の改善
5「良質の睡眠」と食用ハーブ類
5.1バレリアン(セイヨウカノコソウ)
5.2ホップ
5.3ギャバ(GABA:ガンマ-アミノ酪酸)
5.4セントジョンズワート(和名:西洋オトギリソウ)
6おわりに
第11章αリポ酸(米井嘉一)
1はじめに
2機能性成分としてのαリポ酸
3抗酸化ネットワークにおけるαリポ酸の役割
4αリポ酸の抗酸化作用
5血圧に対する影響
6糖尿病との関連
7神経系への作用
8抗糖化作用について
9自験例でのαリポ酸の評価
10抗酸化物質の摂取が望ましい場合
11まとめ
第12章リン脂質(柚木恵太、木下幹朗、大西正男)
1はじめに
2リン脂質の構造的特徴
3リン脂質素材
4老化に対するリン脂質の生理作用
4.1酸化ストレスとリン脂質
4.2脳老化に対するリン脂質の作用
【第4編 ストレスと老化―メンタルとフィジカル―】

第1章ストレスと脳内老化(増尾好則、二木鋭雄)
1はじめに
2ストレス
2.1ストレスの定義
2.2ストレス反応
2.3ストレス反応に関わる神経
3ストレスと脳内老化
3.1老化
3.2脳の萎縮
3.3ストレスホルモン
3.4酸化ストレス
3.5酸化ストレスと神経細胞死
4脳内老化の抑制
4.1脳の可塑性
4.2ストレス抑制
5おわりに
第2章漢方薬生薬による脳内老化制御(築地謙治、渡辺賢治)
1はじめに
2老化に伴う脱髄に対する人参養栄湯の効果
3人参養栄湯の作用機序
4カプリゾン誘発性脱髄に対する人参養栄湯の遺伝子発現への影響
5行動学的検討
6結語
第3章脳内老化予防と運動(佐藤祐造)
1はじめに
2生理的老化と病的老化
3加齢による脳神経系の変化
3.1形態的変化
3.2神経細胞、神経線維(樹状突起)
3.3色素、代謝産物の沈着
4脳神経系の構造と運動中枢
4.1神経細胞(ニューロン)
4.2随意運動の行われ方
4.3運動中枢
4.4錐体路・錐体外路の走行
5運動が脳神経系に与える効果
5.1運動不足の弊害
5.2脳神経系に及ぼす運動の影響
5.2.1運動学習(上達)における脳のメカニズム
5.2.2運動と脳血流量
5.2.3運動時の脳グルコース代謝
5.3身体トレーニングと脳血管障害
6運動処方の実際
6.1運動療法の適応とメディカルチェック
6.2運動の種類と方法
6.3運動療法実施上の注意点
7おわりに
第4章音楽療法の効果(佐治順子)
1音楽療法とは何か
2音楽療法の対象と実践方法
2.1音楽療法の対象
2.2音楽療法の実践
3認知症高齢者の音楽療法実践―「固有テンポ」の行動学的考察―
3.1音楽療法の対象者
3.2対象者の「固有テンポ」計測方法
3.3「固有テンポ」計測の結果
3.4「固有テンポ」計測の考察
4認知症高齢者の「固有テンポ」時の脳波実験―脳生理学的考察―
4.1脳波実験の対象と方法
4.2脳波実験の結果
4.3脳波実験の考察
4.4結び
5音楽療法効果の評価
第5章笑いの効果(岩瀬真生)
1はじめに
2健常者に対する笑いの効果
2.1免疫的効果
2.2内分泌学的効果
3各種疾患に対する笑いの効果
3.1強直性脊椎炎
3.2慢性関節リウマチ
3.3アトピー性皮膚炎
3.4スギ花粉症
3.5気管支喘息
3.6糖尿病
4おわりに

※ 本書籍はご試読頂けません ※

SSL グローバルサインのサイトシール
FAXでもお申し込みいただけます。FAXお申し込み用紙(PDF)を印刷いただき、必要事項をご記入のうえ
 弊社までご送信ください。(FAX番号は、お申込用紙に印刷されています)
※PDF形式のファイルをご覧頂くための Adobe Reader は、アドビ システムズ社から無償提供されています。
                Adobe Reader 最新版ダウンロードはこちらから

■ お問い合わせの前に『よくあるご質問(書籍)』をご一読下さいませ ■
■ セミナー・講習会のご案内はこちらでございます ■