TOP セミナー 書籍 社内研修 セミナーQ&A 書籍Q&A お問い合せ 会社概要


ご購入は、画面下の「書籍購入」ボタンから  
金属と分子集合    
―最新技術と応用―
Metals and Molecular Organizations
―Advanced Technologies and Applications―
[コードNo.2010R501]

※ 本書籍はご試読頂けません ※

■監修/ 松尾豊
■体裁/ B5判 146ページ
■発行/ 2010年11月 (株)シーエムシー出版
■定価/ 32,400円(税込価格)
■ISBNコード/ 978-4-7813-0292-8

 
★新進気鋭の若手研究者らによる、新領域「金属と分子集合」の創成への挑戦!
★分子や金属の集合を鍵とした組織構造の構築の最新技術から応用まで紹介!
★蛋白質中やペプチド上への金属集積、金属クラスターの精密合成、分子集合による多環芳香族化合物、
  新しい合成高分子、電子ペーパー、有機薄膜太陽電池への応用など!


刊行にあたって

 有機分子や金属錯体を集合させて望みの分子配列を作り、理想的な分子集合体の形状をつくることは、材料科学、生体科学、触媒科学等の分野において、重要性を増している。挑戦的な課題であると同時に、それを達成できれば、新しい機能の発現や大幅な特性の向上が期待されるため、基礎科学および応用科学の両方においてその研究が活発化している。
 本書では、9人の若手科学者が、それぞれの視点から、分子や金属の集合を鍵とした組織構造の構築ための最新技術、および、その応用について述べている。
 本書は、大学院生、博士研究員、大学の若手教員、企業の若手研究者らを主とした読者として想定しているが、学部学生でも最新の研究の香りがわかるように背景から平易に書かれており、また、シニアな専門家にとっても役立つ最新情報が記載されている。
(「刊行のねらい」より抜粋)
2010年11月  松尾 豊

キーワード

エレクトロクロミック物質/機能性有機配位子/共役系高分子/金クラスター、銀クラスター/金属錯体集積/三次元箱型錯体/自己組織化/蛋白質集合体/超分子構造体/電子ペーパー/動的分子認識/ナノ空間/配位化学/表面科学/フラーレン/有機/金属ハイブリッドポリマー/有機薄膜太陽電池

執筆者一覧

松尾豊東京大学 大学院理学系研究科 特任教授(総論、第7章)
上野隆史京都大学 物質-細胞統合システム拠点 准教授(第1章)
高谷光京都大学 化学研究所 元素科学国際研究センター 准教授;(独)科学技術振興機構 さきがけ「構造制御と機能」(第2章)
根岸雄一東京理科大学 理学部 応用化学科 講師(第3章)
吉沢道人東京工業大学 資源化学研究所 准教授(第4章)
竹内正之(独)物質・材料研究機構 ナノ有機センター 高分子グループ グループリーダー(第5章)
植村卓史京都大学 大学院工学研究科 合成・生物化学専攻 准教授(第6章)
樋口昌芳(独)物質・材料研究機構 国際ナノアーキテクトニクス研究拠点 独立研究者/グループリーダー(第8章)
吉本惣一郎熊本大学 大学院先導機構 特任助教(第9章)

構成および内容

刊行のねらい(松尾豊)
総論(松尾豊)
第1章配位化学による蛋白質集合体の機能設計(上野隆史)
1.1はじめに
1.2蛋白質集合体の機能化
1.3蛋白質集合体内部空間での金属微粒子合成
1.4蛋白質集合体内部空間への金属錯体集積
1.5新しい巨大蛋白質の使い方―“部品蛋白質”の概念
1.5.1金微粒子形成によるチューブ蛋白質のテトラポッド構造体への集積制御
1.5.2カップ状空間への鉄ポルフィリン錯体集積による触媒反応場の構築
1.5.3部品蛋白質からの超好熱性蛋白質の作成
1.6固体材料としての蛋白質結晶
1.6.1X線結晶構造解析による金属イオン集積過程解明
1.6.2様々な形状や組成を持つ無機材料の合成
1.6.3機能集積―ミオグロビン結晶への分子集積
1.7まとめと展望
第2章メタル化ペプチドを用いる金属の精密集積制御―組成・配列・空間配置制御と機能開拓―(高谷光)
2.1はじめに
2.2錯体化学的手法による金属集積化
2.3メタル化アミノ酸およびメタル化ペプチドの開発
2.4メタル化ペプチドの超音波ゲル化と金属集積制御
2.5異種金属集積型ペプチドの開発と機能開拓
2.6おわりに
第3章金クラスターの精密合成・構造・物性およびその高機能化(根岸雄一)
3.1はじめに
3.2精密合成法
3.3安定性・構造・物性
3.4高機能化への取り組み
3.4.1機能性有機配位子との複合化
3.4.2異原子ドープ
3.5その他の金属クラスター―銀クラスターの研究例―
3.6まとめと今後
第4章自己組織化を利用した有限分子集積(吉沢道人)
4.1はじめに
4.2箱型錯体の設計と構築
4.3極性芳香族分子の段階的集積化
4.4混合原子価状態の安定化
4.5ヌクレオチドのペア選択的集積化
4.6平面状金属錯体の集積化
4.7包接によるスピンクロスオーバー
4.8インターロック高次集積化
4.9おわりに
第5章動的分子認識素子を利用した分子集合体構築(竹内正之)
5.1はじめに
5.2共役系高分子配列における動的分子認識の利用
5.2.1高分子の二次元配列
5.2.2共役系高分子の交互配列
5.2.3共役系高分子の高次元配列
5.3おわりに
第6章金属錯体ナノ空間における高分子化学(植村卓史)
6.1はじめに
6.2多孔性金属錯体とは
6.3ビニルモノマーのラジカル重合制御
6.4触媒細孔を用いた機能性π共役高分子の制御合成
6.5錯体ナノ細孔内に拘束された高分子の特異物性
6.6無機高分子の制御合成
6.7おわりに
第7章フラーレン誘導体の分子集合と有機薄膜太陽電池(松尾豊)
7.1はじめに
7.2フラーレン誘導体集合体の精密構築のための戦略
7.3フラーレン誘導体の分子集合
7.3.1フラーレン誘導体の結晶中・液晶中におけるカラム状配列
7.3.2フラーレン金属錯体液晶の分子集合
7.3.3フラーレン誘導体の結晶中・液晶中における層状配列
7.3.4フラーレン誘導体の3次元結晶
7.3.5フラーレン誘導体の基板上での2次元分子集合
7.3.6フラーレン誘導体の熱結晶化による分子配列
7.4フラーレン誘導体の分子配列を組み込んだ有機薄膜太陽電池
7.4.1有機薄膜太陽電池向けフラーレン誘導体開発の歴史
7.4.2新規フラーレン誘導体SIMEFを用いた有機薄膜太陽電池
7.5おわりに
第8章有機/金属ハイブリッドポリマーの機能と表示デバイス応用(樋口昌芳)
8.1電子ペーパーの駆動方式
8.2電子ペーパーの課題
8.3最新のエレクトロクロミック材料
8.4有機/金属ハイブリッドポリマー
8.5有機/金属ハイブリッドポリマーの特性とデバイス化
8.6まとめと将来展望
第9章表面における金属錯体の分子集合とその展開(吉本惣一郎)
9.1はじめに
9.2ポルフィリン・フタロシアニン単分子膜
9.3ポルフィリン誘導体による超分子構造体の形成
9.4ポルフィリン・フタロシアニン混合膜の表面構造制御
9.5フラーレン・ポルフィリン超分子界面
9.6おわりに



※ 本書籍はご試読頂けません ※

SSL グローバルサインのサイトシール
FAXでもお申し込みいただけます。FAXお申し込み用紙(PDF)を印刷いただき、必要事項をご記入のうえ
 弊社までご送信ください。(FAX番号は、お申込用紙に印刷されています)
※PDF形式のファイルをご覧頂くための Adobe Reader は、アドビ システムズ社から無償提供されています。
                Adobe Reader 最新版ダウンロードはこちらから
■ お問い合わせの前に『よくあるご質問(書籍)』をご一読下さいませ ■
■ セミナー・講習会のご案内はこちらでございます ■