TOP セミナー 書籍 社内研修 セミナーQ&A 書籍Q&A お問い合せ 会社概要


ご購入は、画面下の「書籍購入」ボタンから  
乳酸菌の利用技術と市場    
Technologies & Markets of Lactic Acid Bacteria
[コードNo.2010S766]

※ 本書籍はご試読頂けません ※

■編集/ (株)シーエムシー出版 編集部
■体裁/ B5判 220ページ
■発行/ 2010年 8月 (株)シーエムシー出版
■定価/ 81,000円(税込価格)
■ISBNコード/ 978-4-7813-0277-5

 
★多様化する消費者の訴求に応えるための最新研究開発情報を掲載!
★各種メーカーの動向と分野別市場動向を詳細にレポート!


刊行のねらい

 乳酸菌とその周辺素材は、プロバイオティクスやプレバイオティクス、あるいはその二つを合わせたシンバイオティクスとして国民に広く受け入れられている。その市場は独自のものを築いており、今後も堅調に推移していくと見られる。
 本書籍は技術編と市場編の2編で構成されており、技術編では乳酸菌の利用技術に関する最新の技術情報を各方面の技術者の方にご執筆いただいた。また市場編では、はじめに乳酸菌、オリゴ糖、食物繊維などそれぞれの注目の素材について開発動向や市場動向をまとめ、最後に分野別応用についてレポートした。
 最新技術と市場動向、いずれの情報も得られる貴重な資料として皆様の研究の一助となれば幸甚である。
(「はじめに」より抜粋)
2010年8月  シーエムシー出版 編集部

執筆者一覧

八村敏志東京大学 大学院農学生命科学研究科 食の安全研究センター 准教授
藤原茂カルピス(株) 発酵応用研究所 主席研究員
高橋恭子日本大学 生物資源科学部 食品科学工学科 食品機能化学研究室 講師
上野川修一日本大学 生物資源科学部 食品科学工学科 食品機能化学研究室 教授
諏訪桃子三菱化学フーズ(株) 企画管理部 LTグループ
松本光晴協同乳業(株)研究所 技術開発室 副主査;(独)理化学研究所 知的財産戦略センター 辧野特別研究室 客員研究員
門馬豪カゴメ(株) 総合研究所 技術開発研究部
早川喜郎カゴメ(株) 総合研究所 技術開発研究部 部長
小田耕平京都工芸繊維大学 名誉教授
平賀和三京都工芸繊維大学 大学院工芸科学研究科 助教
岩谷駿九州大学 大学院生物資源環境科学府 生物機能科学専攻 応用微生物学講座 博士後期課程
善藤威史九州大学 大学院農学研究院 生命機能科学部門 分子微生物学・バイオマス資源化学講座 助教
中山二郎九州大学 大学院農学研究院 生命機能科学部門 分子微生物学・バイオマス資源化学講座 准教授
園元謙二九州大学 大学院農学研究院 生命機能科学部門 分子微生物学・バイオマス資源化学講座 教授;同大学 バイオアーキテクチャーセンター 教授(複担)
菅辰彦(有)バイオ研 代表取締役社長
伊澤直樹(株)ヤクルト本社 中央研究所 医薬・化粧品研究部 副指導研究員
曽根俊郎(株)ヤクルト本社 中央研究所 医薬・化粧品研究部 副主席研究員
千葉勝由(株)ヤクルト本社 中央研究所 審議役
五十嵐俊教キッコーマン(株) 研究開発本部 基盤研究第2部
津田和久京都府農林水産技術センター 生物資源研究センター 応用研究部 主任研究員
梅村賢司明治製菓(株) 生物産業研究所 次席研究員
辻元人京都府立大学 大学院生命環境科学科 講師
北村豊筑波大学 大学院生命環境科学研究科 准教授
本多慎平小川香料(株) 舞浜研究所
長谷川秀夫NPO日本サプリメント臨床研究会 代表理事;(独)理化学研究所 客員研究員
遠藤泰志東京工科大学 応用生物学部 教授
星野貴行筑波大学 大学院生命環境科学研究科 生命共存科学専攻 教授

構成および内容

【技術編】

第1章乳酸菌によるアレルギー抑制のメカニズム(八村敏志)
1アレルギーとその発症機構
2腸内細菌とアレルギー
3乳酸菌のアレルギー抑制効果
4乳酸菌によるアレルギー抑制機序
5乳酸菌の作用点としての腸管免疫系
6おわりに
第2章乳酸菌による花粉症抑制作用(藤原茂)
1はじめに
2乳酸菌
3花粉症症状の緩和を期待しうる乳酸菌の選抜
4ヒトでの有効性の検証
4.1自然飛散条件下での花粉症試験
4.1.1試験方法
4.1.2試験結果
4.2スギ花粉曝露施設での花粉症発症試験
4.2.1試験方法
4.2.2試験結果
5作用メカニズムの推定
6おわりに
第3章腸内フローラとアレルギー(高橋恭子、上野川修一)
1腸管に生息する共生細菌
2腸管免疫系と腸内共生細菌
3衛生仮説(hygiene hypothesis)
4腸内フローラとアレルギー
4.1腸内フローラ仮説(microbiota hypothesis、microflora hypothesis)
4.2腸内フローラによる全身の免疫応答の制御
4.3疫学的研究におけるアレルギーと腸内フローラの関係
4.4腸内フローラによるアレルギーの制御機構
第4章有胞子性乳酸菌と花粉症(諏訪桃子)
1はじめに
2有胞子性乳酸菌とは
3有胞子性乳酸菌の特性
4有胞子性乳酸菌の効用
5有胞子性乳酸菌と花粉症
5.1被験者
5.2試験食
5.3試験スケジュールおよび摂取方法
5.4検査方法
5.4.1自覚症状
5.4.2鼻腔診断
5.5結果
5.5.1自覚症状
5.5.2鼻腔診断
6今後の有胞子性乳酸菌への期待
第5章ビフィズス菌LKM512による成人型アトピー性皮膚炎緩和効果(松本光晴)
1はじめに
2ポリアミン
3アトピー性皮膚炎患者の腸内菌叢と腸内ポリアミン濃度
4Bifidobacterium animalis subsp.lactis LKM512
5成人型アトピー性皮膚炎に対する効果
6おわりに
第6章乳酸菌を用いたGABA高含有素材の開発(門馬豪、早川喜郎)
1背景
2高血圧対策
3GABAについて
3.1GABAの発見とその性質
3.2GABAの代謝系
3.3GABAの機能性
3.4GABAの安全性
4トマト素材のGABA富化
4.1最適菌種の選抜
4.2最適素材の選抜(素材製造条件変化)
4.3発酵条件の検討
5おわりに
第7章乳酸発酵によるGABA含有漬物の製造(小田耕平、平賀和三)
1はじめに
2GABA生産菌の分離・同定
3L13株によるGABA生産性
3.1L.brevis IFO 12005との比較
3.2培地の初発pHの影響
3.3培地のpH調整とGABA生産
4千枚漬けの試作
5おわりに
第8章乳酸菌が生産する抗菌ペプチド―探索と応用研究―(岩谷駿、善藤威史、中山二郎、園元謙二)
1はじめに
2乳酸菌バクテリオシンの性質
3新奇な乳酸菌バクテリオシンの探索
4乳酸菌バクテリオシンの応用と産業的な利用方法
5おわりに
第9章インスタントヨーグルト(菅辰彦)
1はじめに
2乳酸菌と健康の関わり
3乳酸菌(死菌)と健康の関わり
4インスタントヨーグルト開発にあたり留意した項目
5製品完成後生じた問題点
6解決策
7おわりに
第10章乳酸菌・ビフィズス菌発酵を利用した化粧品素材の開発(伊澤直樹、曽根俊郎、千葉勝由)
1はじめに
2素材開発事例
2.1乳酸菌培養液
2.2乳酸桿菌/アロエベラ発酵液
2.3大豆ビフィズス菌発酵液
3今後の開発動向
4おわりに
第11章植物由来乳酸菌を利用した飲料・食品の開発(五十嵐俊教)
1はじめに
2乳酸菌発酵野菜飲料の開発
2.1野菜の摂取目標
2.2飲料用植物性乳酸菌の選抜
2.3植物原料の乳酸菌による発酵
2.4機能性の研究
3乳酸菌による豆乳発酵食品の開発
3.1大豆の栄養および機能性
3.2大豆タンパクの凝集・凝固
3.3凝集抑制の乳酸菌選抜
3.4乳酸発酵豆乳の加工特性
4今後の展開
第12章消費者が安心と感じ受け入れやすい「乳酸菌農薬」の開発(津田和久、梅村賢司、辻元人)
1はじめに
2ホウレンソウ萎凋(いちょう)病を防除する乳酸菌の探索
3ホウレンソウ体におけるP.pentosaceus KMC05株の定着性
4P.pentosaceus KMC05株による植物病害防除機構
5P.pentosaceus KMC05株の保健機能性
6おわりに
第13章乳酸菌プロバイオティクス食品の減圧噴霧乾燥(北村豊、本多慎平)
1はじめに
2乳酸菌群の粉末化
3試験用VSDの構築
4加糖乳酸菌飲料のVSD粉末化実験
5ヨーグルトスターターのVSD粉末化
6VSD実用化の課題
第14章漢方(配糖体)の効果を高めるプロバイオティクスの開発(長谷川秀夫)
1はじめに
2人参配糖体の加水分解
3配糖体を“有効”にする腸内細菌
4腸内細菌による配糖体加水分解には個人差がある
5配糖体加水分解能は誘導される…しかしプロバイオティクスは必要
6配糖体加水分解能を高めるプロバイオティクスの開発
6.1配糖体加水分解能をもつプロバイオティクスの発見
6.2A221による配糖体加水分解能の標準化
6.3A221のプロバイオティクス効果
6.4A221による人参の効果増強作用
7おわりに
第15章プレバイオティク脂肪酸:オクタデセン酸(遠藤泰志)
1はじめに
2オクタデセン酸の乳酸菌増殖促進作用
3オクタデセン酸の代謝
4コレステロール除去能に及ぼすオクタデセン酸の影響
5おわりに
第16章魚類のプロバイオティクス(星野貴行)
1はじめに
2水産業における「プロバイオティクス」
3魚類消化管内優占乳酸菌の季節変化
4プロバイオティクス候補株の選択と長期投与試験
5コイヘルペス症の予防効果の検討
6魚類用プロバイオティクス開発を目指した新たな展開
7おわりに

【市場編】

第1章乳酸菌市場
1乳酸菌市場の概要
1.1はじめに
1.2プロバイオティクスとプレバイオティクス
1.3乳酸菌の特性
1.4乳酸菌の種類
1.5乳酸菌の生理機能
1.5.1整腸作用
1.5.2ビタミンB群の合成作用
1.5.3発がんリスクの低減作用
1.5.4内因性感染の抑制作用
1.5.5血中コレステロールの低減作用
1.5.6免疫賦活作用
1.6研究開発動向
1.7市場動向
2ラクトバチルス(Lactobacillus)属乳酸菌素材の動向
2.1概要
2.2研究開発動向
2.2.1カルピス
2.2.2キリンホールディングス
2.2.3雪印メグミルク
2.2.4カゴメ
2.2.5キッコーマン
2.3ラクトバチルスアシドフィルス(Lactobacillus acidophilus)の動向
2.3.1概要
2.3.2業務用原料サプライヤーの動向
2.4ラクトバチルスヘルベティクス(Lactobacillus helveticus)の動向
2.4.1概要
2.4.2業務用原料サプライヤーの動向
2.4.3その他のラクトバチルスヘルベティクス乳酸菌メーカー
2.5ラクトバチルスラムノーサス(Lactobacillus rhamnosus)の動向
2.5.1概要
2.5.2業務用原料サプライヤーの動向
2.5.3その他のラクトバチルスラムノーサス乳酸菌メーカー
2.6ラクトバチルスプランタラム(Lactobacillus plantarum)の動向
2.6.1概要
2.6.2業務用原料サプライヤーの動向
2.7ラクトバチルスカゼイ(Lactobacillus casei)の動向
2.7.1概要
2.7.2業務用原料サプライヤーの動向
2.7.3その他のラクトバチルスカゼイ乳酸菌メーカー
2.8ラクトバチルスパラカゼイ(Lactobacillus paracasei)の動向
2.8.1概要
2.8.2業務用原料サプライヤーの動向
2.8.3その他のラクトバチルスパラカゼイ乳酸菌メーカー
2.9その他のラクトバチルス乳酸菌原料メーカーの動向
2.9.1ラクトバチルスガセリ(Lactobacillus gasseri)
2.9.2ラクトバチルスブレビス(Lactobacillus brevis)
2.9.3ラクトバチルスロイテリ(Lactobacillus reuteri)の動向
2.9.4ラクトバチルスブフネリ(Lactobacillus buchneri)の動向
3ラクトコッカス(Lactococcus)属乳酸菌素材の動向
3.1概要
3.2研究開発動向
3.3ラクトコッカス乳酸菌原料サプライヤーの動向
4エンテロコッカス(Enterococcus)属乳酸菌素材の動向
4.1概要
4.2研究開発動向
4.3エンテロコッカス乳酸菌原料サプライヤーの動向
5ストレプトコッカス(Streptococcus)属乳酸菌素材の動向
5.1概要
5.2研究開発動向
5.3ストレプトコッカス乳酸菌原料サプライヤーの動向
6ビフィドバクテリウム(bifidobacterium)属の動向
6.1概要
6.2効能
6.3研究開発動向
6.4ビフィドバクテリウムロンガム(Bfidobacterium longum)原料サプライヤーの動向
6.5その他のビフィドバクテリウム(Bifidobacterium)原料の主なサプライヤーの動向
7その他の乳酸菌(Leuconostoc、Pediococcus、有胞子性乳酸菌)原料の動向
7.1概要
7.2研究開発動向
7.3業務用原料サプライヤーの動向
第2章オリゴ糖
1オリゴ糖の概況
1.1概要
1.2研究開発動向
1.3市場動向
2フラクトオリゴ糖(Fructo oligosaccharide)
2.1特性
2.2製法
2.3生産
2.4市場動向
3ガラクトオリゴ糖(4'-Galacto oligosaccharide)
3.1特性
3.2製法
3.3生産
3.4市場動向
4キシロオリゴ糖(Xylo oligosaccharide)
4.1特性
4.2製法
4.3生産
4.4市場動向
5乳果オリゴ糖(Lactosucrose、ラクトスクロース)
5.1特性
5.2製法
5.3生産
5.4市場動向
6イソマルトオリゴ糖(Isomalto oligosaccharide)
6.1特性
6.2製法
6.3生産
6.4市場動向
7ラフィノース(Raffinose)
7.1特性
7.2製法
7.3生産
7.4市場動向
8コーヒー豆マンノオリゴ糖(Manno oligosaccharide from coffee mannan)
8.1特性
8.2製法
8.3生産
8.4市場動向
9キチンオリゴ糖、キトサンオリゴ糖(Chitin oligosaccharide、Chitosan oligosaccharide)
9.1特性
9.2製法
9.3生産
9.4市場動向
10セロオリゴ糖(Cello oligosaccharide)
10.1特性
10.2製法
10.3生産
10.4市場動向
11ラクチュロース(Lactulose、ミルクオリゴ糖)
11.1特性
11.2製法
11.3生産
11.4市場動向
第3章食物繊維
1食物繊維その他の素材の概況
1.1概要
1.2研究開発動向
1.3市場動向
2難消化性デキストリン(Indigestible dextrin)
2.1特性
2.2製法
2.3生産
2.4市場動向
3ポリデキストロース(Polydextrose)
3.1特性
3.2製法
3.3生産
3.4市場動向
4イヌリン(Inulin)
4.1特性
4.2製法
4.3生産
4.4市場動向
5グァーガム酵素分解物(Partially hydrolyzed guar gum)
5.1特性
5.2製法
5.3生産
5.4市場動向
6アカシア食物繊維(Acacia gum、Arabic gum)
6.1特性
6.2製法
6.3生産
6.4市場動向
7グルコン酸(Gluconic acid)
7.1特性
7.2製法
7.3生産
7.4市場動向
第4章応用市場
1関連主要メーカーの動向
1.1明治ホールディングス(明治製菓、明治乳業)
1.2ヤクルト本社
1.3味の素&カルピス
1.4その他メーカーの動向
2ヨーグルト
2.1概要
2.2市場動向
2.3製品、企業動向
2.3.1機能性ヨーグルト
2.3.2プレーンヨーグルトその他
3乳酸菌飲料
3.1概要
3.2市場動向
3.3製品・企業動向
4医薬品市場の動向
4.1概要
4.2市場動向
4.3製品、企業動向
5特定保健用食品
5.1概要
5.2市場動向
5.3製品、企業動向
5.3.1おなかの調子を整える食品
5.3.2コレステロールが高めの方の食品
5.3.3血圧が高めの方の食品
5.3.4ミネラルの吸収を助ける食品、骨の健康が気になる方の食品
5.3.5血糖値が気になりはじめた方の食品
5.3.6血中中性脂肪、体脂肪が気になる方の食品
5.3.7虫歯が気になる方の食品
6その他の健康志向食品
6.1概要
6.2市場動向
6.3製品、企業動向
6.3.1病者用食品およびその他の食品
6.3.2サプリメント市場
7機能性化粧品
7.1概要
7.2市場動向
7.3製品・企業動向
7.3.1主要企業の動向(化粧品メーカー以外)
7.3.2その他企業の動向
8配合飼料その他
8.1概要
8.2研究開発動向
8.3市場動向
8.4製品・企業動向



※ 本書籍はご試読頂けません ※

SSL グローバルサインのサイトシール
FAXでもお申し込みいただけます。FAXお申し込み用紙(PDF)を印刷いただき、必要事項をご記入のうえ
 弊社までご送信ください。(FAX番号は、お申込用紙に印刷されています)
※PDF形式のファイルをご覧頂くための Adobe Reader は、アドビ システムズ社から無償提供されています。
                Adobe Reader 最新版ダウンロードはこちらから
■ お問い合わせの前に『よくあるご質問(書籍)』をご一読下さいませ ■
■ セミナー・講習会のご案内はこちらでございます ■