TOP セミナー 書籍 社内研修 セミナーQ&A 書籍Q&A お問い合せ 会社概要


ご購入は、画面下の「書籍購入」ボタンから  
ナノ材料の安全性    
―世界最前線―
The Latest Environment,Health&Safety of Nanomaterials in the World
[コードNo.2010T761]

※ 本書籍はご試読頂けません ※

■編集/ ナノファイバー学会―「ナノ材料の安全性」編集委員会
■体裁/ B5判 319ページ
■発行/ 2010年11月 (株)シーエムシー出版
■定価/ 70,200円(税込価格)
■ISBNコード/ 978-4-7813-0275-1

 
★最新の研究成果、客観的データを揃え、「ナノ材料の安全性」に関する書籍が遂に登場!
★国際ナノファイバーシンポジウム2009での講演及びブレーンストーミング内容、また数百にも及ぶ論文リストを収録!
★国内外の研究者が、ナノ材料、カーボンナノチューブの安全性について徹底解説!!


刊行にあたって

 カーボンナノチューブの実用化と大量生産が検討されると同時に、安全性の問題が大きく取り上げられるようになってきた。これはカーボンナノチューブの形状がアスベストに比較的類似しており、研究開発の進捗に伴い大きな話題となってきたからである。日本を始めとして米国、EU等は夫々独自の立場から安全性の試験や研究に取り組んでおりいくつかの研究成果が公表され始めている。
 本書では、東京工業大学主催、ナノファイバー学会共催で開催された国際ナノファイバーシンポジウム2009でのナノ材料の安全性に関する講演及びブレーンストーミングでの内容を中心に、日本での研究成果を交えて最近の状況をお伝えしたい。
 カーボンナノチューブの安全性の問題は科学的な判断とは別に政治的かつ非常に情緒的に走る傾向がある。このような状況下で、本国際シンポジウムにおけるブレーンストーミングは「東京ミーティング」として非常に高く評価されている。特にナノ材料の安全性に関する国内外の研究者、材料の研究者、マスコミ関係者、学生が参加して行なわれた議論は、漠然とした材料に対する安全性に対する不安感をどのように考え、対処すべきかに対する国際的な指針をあたえることになった。今後このような討論会が各所で持たれることになるであろう。
 最後になるが米ロチェスター大学のオーバードースター教授や米労働安全衛生研究所(NIOSH)のキャストラノーバ博士の論文リストは非常に貴重であり、今後この方面の研究を行う上で極めて参考になる。二人は長期間にわたって材料の安全性の研究を行っており、その客観的な成果は得がたいものである。ブレーンストーミングの最後にキャストラノーバ博士が「カーボンナノチューブは第二のアスベストではない」名言されたことは非常に印象的である。
(「はじめに」より抜粋)
2010年11月  ナノファイバー学会―「ナノ材料の安全性」編集委員会

ナノファイバー学会―「ナノ材料の安全性」編集委員会

福島昭治中央労働災害防止協会 日本バイオアッセイ研究センター 所長
能勢健吉(元)帝人(株) 経営企画部門 技術戦略室 担当部長
吉川正人東レ(株) 研究・開発企画部 CR企画室長
鶴岡秀志信州大学 カーボン科学研究所 客員教授
谷岡明彦東京工業大学 理工学研究科 有機・高分子物質専攻 教授
本宮達也テクノ戦略研究所 代表

執筆者一覧

鶴岡秀志信州大学 カーボン科学研究所 客員教授
伊藤潤平三井化学(株) 生産・技術本部 環境・安全センター センター長
市原学名古屋大学 大学院医学系研究科 環境労働衛生学分野 准教授
福島昭治中央労働災害防止協会 日本バイオアッセイ研究センター 所長
浅倉眞澄中央労働災害防止協会 日本バイオアッセイ研究センター 病理検査部 培養細胞試験室 室長
相磯成敏中央労働災害防止協会 日本バイオアッセイ研究センター 病理検査部 病理検査室 室長
長野嘉介中央労働災害防止協会 日本バイオアッセイ研究センター 副所長

構成および内容

第1章国際ナノファイバーシンポジウム2009ブレーンストーミング及び講演内容の要約(鶴岡秀志)
1背景
2セッション内容
第2章ナノ材料の安全性評価に関する米国調査訪問記録
―米国国立労働安全衛生研究所および環境保護庁におけるカーボンナノチューブの安全性評価に関する研究―(鶴岡秀志)
1はじめに
2ナノテクノロジー安全性評価におけるNIOSHおよびEPAの役割
2.1アメリカ合衆国(米国)におけるナノテクノロジー安全性評価の体制
2.2NIOSHの役割
2.3EPAの役割
3訪問における調査見学内容
3.1安全性評価報告プレゼンと討論
3.2EPA、NIOSHの研究設備見学
4ワークショップ内容
4.1EPA
4.2NIOSH
5総合的なまとめ
第3章カーボンナノチューブの安全性研究の現状(伊藤潤平)
1はじめに
2CNTsの安全性研究の現状
3In vitroの安全性研究
3.1CNTsは細胞に取り込まれるのか?
3.2CNTsの細胞毒性
3.3細胞に対するその他の影響
4In vivoでの安全性研究
4.1SWCNTのin vivoでの肺毒性
4.2曝露方法と呼吸器毒性
4.3MWCNTのin vivoでの肺毒性
4.4MWCNTは中皮腫を誘発するか?
5CNTsに遺伝毒性、変異原性、発がん性はあるか?
6おわりに
第4章工業ナノマテリアルの安全性―労働衛生学の立場から―(市原学)
1工業ナノマテリアル安全性研究は、科学としての労働衛生学を求めている
2労働現場調査
3工業ナノマテリアルの安全性評価
3.1酸化チタンの安全性評価
3.2フラーレンの安全性評価
3.3カーボンナノチューブの安全性評価
第5章多層カーボンナノチューブの有害性情報(福島昭治、浅倉眞澄、相磯成敏、長野嘉介)
1はじめに
2ナノマテリアルのベネフィットとリスクに寄与する要因
3アスベストに基因する病変
4CNTの特に懸念される有害性
4.1繊維状物質による発がん性
4.2CNTの発がん性:MWCNTのげっ歯類での発がん性
5CNTの呼吸器毒性(in vivo)検出のための投与方法
6MWCNTの呼吸器毒性:文献情報
6.1吸入ばく露による肺毒性
6.2気管内投与または咽頭吸引投与による肺毒性
6.3日本バイオアッセイ研究センターにおけるラット気管内投与肺毒性に関する研究成果
6.4研究のまとめ
7MWCNTの発がん性
8MWCNTの遺伝毒性
8.1in vitro遺伝毒性
8.2in vivo遺伝毒性
8.3日本バイオアッセイ研究センターにおけるin vitro遺伝毒性に関する研究成果
8.4研究のまとめ
8.5MWCNT遺伝毒性のまとめ
9発がん物質のリスク
10おわりに
第6章国際ナノファイバーシンポジウム2009講演要旨集掲載の論文リスト―ナノ材料の安全性とナノファイバー―
1オーバードースター博士の経歴と論文リスト
2キャストラノーバ博士の経歴と論文リスト
3ヤコブセン博士の経歴と論文リスト及び論文
3.1経歴と論文リスト
3.2Toxicity of carbon nanotubes;Research at the National Research Centre for the Working Environment
4シンズ博士の経歴と論文リスト及び論文
4.1経歴と論文リスト
4.2Strategies to Investigate Cellular and Molecular Mechanisms of Nanoparticle Cell Interactions
5遠藤守信教授の経歴と論文
5.1経歴
5.2多層カーボンナノチューブの皮下埋め込み



※ 本書籍はご試読頂けません ※

SSL グローバルサインのサイトシール
FAXでもお申し込みいただけます。FAXお申し込み用紙(PDF)を印刷いただき、必要事項をご記入のうえ
 弊社までご送信ください。(FAX番号は、お申込用紙に印刷されています)
※PDF形式のファイルをご覧頂くための Adobe Reader は、アドビ システムズ社から無償提供されています。
                Adobe Reader 最新版ダウンロードはこちらから
■ お問い合わせの前に『よくあるご質問(書籍)』をご一読下さいませ ■
■ セミナー・講習会のご案内はこちらでございます ■