TOP セミナー 書籍 社内研修 セミナーQ&A 書籍Q&A お問い合せ 会社概要


ご購入は、画面下の「書籍購入」ボタンから  
全固体電池開発の最前線    
Frontiers of Research on All-Solid-State Batteries
[コードNo.2011T821]

※ 本書籍はご試読頂けません ※

■監修/ 辰巳砂昌弘
■体裁/ B5判 238ページ
■発行/ 2011年12月 (株)シーエムシー出版
■定価/ 69,120円(税込価格)
■ISBNコード/ 978‐4‐7813‐0478‐6

 
★「全固体電池」開発の基礎から応用まで、最新情報を網羅!
★「トヨタ自動車」をはじめとする企業6社の研究開発動向を網羅!

キーワード

全固体電池/固体電解質/無機固体電解質/ガラス系固体電解質/高分子固体電解質/全固体リチウム電池/オールナシコン型全固体電池/全固体リチウムポリマー電池/フレキシブルラジカルポリマー電池

刊行にあたって

 経済産業省や文部科学省のロードマップには、2030年頃までには、現在のリチウムイオン電池の性能を7倍程度向上させた革新的蓄電池の普及が謳われている。その具体的な候補の一つとして、固体電解質を用いた全固体電池が挙げられている。現在のリチウムイオン電池に用いられている有機電解液を無機固体電解質に置き換える、つまり電池の全固体化によって、安全性・信頼性を飛躍的に向上することができ、画期的な高エネルギー密度化を図ることが期待できるからである。
 本書は、固体電解質の開発動向、全固体リチウム電池の開発と展望、企業における蓄電池の全固体化に向けた研究開発動向と展望という3編から構成されており、それぞれの材料研究の第一線で活躍されている産学官の方々にご執筆いただいた。全固体電池に関心を持たれている方、これから研究を始めようとされている方々の一助となればこの上ない喜びである。
「はじめに」より抜粋

著者一覧

菅野了次東京工業大学 大学院総合理工学研究科 物質電子化学専攻 教授
佐藤峰夫新潟大学 自然科学系 教授
辰巳砂昌弘大阪府立大学 大学院工学研究科 物質・化学系専攻 応用化学分野 教授
林晃敏大阪府立大学 大学院工学研究科 物質・化学系専攻 応用化学分野 助教
前川英己東北大学 大学院工学研究科 准教授
山本仁大阪大学 安全衛生管理部 教授
松本一(独)産業技術総合研究所 ユビキタスエネルギー研究部門 主任研究員
明渡純(独)産業技術総合研究所 先進製造プロセス研究部門 上席研究員、グループ長
小和田善之兵庫教育大学 認識形成系教育コース・自然系分野 准教授
高田和典(独)物質・材料研究機構 電池材料ユニット ユニット長
町田信也甲南大学 理工学部 機能分子化学科 教授
岡田重人九州大学 先導物質化学研究所 准教授
小林栄次九州大学 先導物質化学研究所 教務職員
金村聖志首都大学東京 大学院都市環境科学研究科 都市環境科学環 分子応用化学域 教授
竹内友成(独)産業技術総合研究所 ユビキタスエネルギー研究部門 主任研究員
蔭山博之(独)産業技術総合研究所 ユビキタスエネルギー研究部門 主任研究員
中西康次立命館大学 総合理工学研究機構 SRセンター リサーチアシスタント
田渕光春(独)産業技術総合研究所 ユビキタスエネルギー研究部門 主任研究員
栄部比夏里(独)産業技術総合研究所 ユビキタスエネルギー研究部門 主任研究員
太田俊明立命館大学 総合理工学研究機構 SRセンター SRセンター長、教授
妹尾博(独)産業技術総合研究所 ユビキタスエネルギー研究部門 主任研究員
境哲男(独)産業技術総合研究所 ユビキタスエネルギー研究部門 研究グループ長
辰巳国昭(独)産業技術総合研究所 ユビキタスエネルギー研究部門 主幹研究員
小林弘典(独)産業技術総合研究所 ユビキタスエネルギー研究部門 研究グループ長
今西誠之三重大学 工学部 分子素材工学科 准教授
須賀健雄早稲田大学 理工学術院 総合研究所 研究院講師
西出宏之早稲田大学 理工学術院 応用化学専攻 教授
桑田直明東北大学 多元物質科学研究所 固体イオン物理研究分野 助教
入山恭寿静岡大学 工学部 准教授
嵯峨根史洋静岡大学 工学部 テニュアトラック助教
内本喜晴京都大学 大学院人間・環境学研究科 教授
折笠有基京都大学 大学院人間・環境学研究科 助教
奥村豊旗(独)産業技術総合研究所 ユビキタスエネルギー研究部門 蓄電デバイス研究グループ 研究員
山本和生(財)ファインセラミックスセンター ナノ構造研究所 電子線ホログラフィーグループ ユニットリーダー 主任研究員
濱重規トヨタ自動車(株) 電池研究部 主任
川本浩二トヨタ自動車(株) 電池研究部 グループマネージャー
清野美勝出光興産(株) 先進技術研究所 リチウム電池開発センター 電解質開発グループ
上村卓住友電気工業(株) エレクトロニクス・材料研究所 主席
小林直哉(株)サムスン横浜研究所 AR-3 Team 主席研究員
印田靖(株)オハラ インキュベーションセンター LB事業化推進室 室長補佐
坂本明彦日本電気硝子(株) 研究・開発企画担当部長

構成および内容

【固体電解質の開発動向編】

第1章無機固体電解質の開発動向と展望 菅野了次
1はじめに
2固体電解質探索の歴史と現状、様々な物質
3イオン導電体の物質例―Li10GeP2S12
4イオン導電体を用いたデバイス―アプリケーションから見たイオン導電体
5全固体電池の実現に向けて
6新しいイオン導電体発見への期待
第2章酸化物系リチウムイオン伝導体 佐藤峰夫
1はじめに
2Aサイト欠損ペロブスカイト型リチウムイオン伝導体
3NASICON型リチウムイオン伝導体
4β-Fe2(SO4)型リチウムイオン伝導体
5ガーネット型リチウムイオン伝導体
6薄膜型リチウムイオン伝導体
7まとめ
第3章無機ガラス系固体電解質 辰巳砂昌弘、林 晃敏
1はじめに
2ガラス電解質の作製方法
3ガラス電解質の導電率
4ガラスセラミック電解質の導電率
5おわりに
第4章錯体水素化物リチウムイオン伝導体群と全固体電池への応用 前川英己
1はじめに
2既知の水素含有リチウムイオン伝導体
2.1水素化α-Li3N
2.2リチウムイミド(Li2NH)
3リチウムボロハイドライド(LiBH4)
3.1リチウムボロハイドライドのリチウムイオン伝導特性
3.2リチウムボロハイドライドのリチウムイオン伝導相の室温安定化
4その他の水素化物への展開
5固体電池への応用展開
6おわりに
第5章低障壁高分子固体電解質の研究開発 山本 仁
1緒言
2低障壁高分子固体電解質の分子設計
3低障壁高分子固体電解質の合成
4低障壁高分子固体電解質のイオン伝導度評価
5モデル錯体の構造解析によるリチウムイオン配位様式の推定
6結言
第6章プラスチッククリスタル電解質 松本 一
1はじめに
2プラスチッククリスタルとは
3プラスチッククリスタルの固体電解質への応用
3.1分子系
3.2オニウム塩
3.3その他の塩
4おわりに
第7章エアロゾルデポジション(AD)法による常温セラミックスコーティングと全固体薄膜型リチウムイオン電池への応用 明渡 純
1はじめに
2エアロゾルデポジション法による常温衝撃固化現象
3成膜条件の特徴
3.1原料粉末の影響
4常温衝撃固化と成膜メカニズムに関する検討
4.1粒子衝突速度の測定
4.2緻密膜形成の基本メカニズム
5高硬度、高絶縁AD膜と実用化への試み
6全固体・薄膜型リチウムイオン電池への応用
7大面積コーティングへの挑戦
8今後の技術展望
第8章硫化物ガラス系固体電解質のイオン伝導性と計算科学 小和田善之
1はじめに
2Li2S-SiS2-MxSy系ガラス中のLi+イオンの化学結合
3Li+イオン伝導性に対する添加物効果
4超イオン伝導性Li7P3S11結晶
4.1結晶構造とLiサイト
5硫化物系固体電解質中のLi+イオンの伝導メカニズム

【全固体リチウム電池の開発と展望編】

第9章硫化物固体電解質を用いたバルク型電池の開発と展望 高田和典
1はじめに
2硫化物固体電解質のバルク型電池用電解質としての特質
3硫化物固体電解質の開発とバルク型電池
4硫化物固体電解質電池の展望
5おわりに
第10章バルク型全固体二次電池の高容量化 林 晃敏、辰巳砂昌弘
1はじめに
2硫化物固体電解質を用いたバルク型全固体電池の作製
3高容量電極活物質の適用による電池の高容量化
3.1硫黄正極活物質
3.2リン負極活物質
4電極-電解質固体界面制御による電池の高容量化
4.1電極活物質の微粒子化
4.2ガラス性液体の利用
4.3電極活物質上への固体電解質薄膜コーティング
5おわりに
第11章全固体型リチウム電池用Li-Si合金の開発と応用 町田信也
1はじめに
2メカニカルミリング(MM)法によるLi-Si合金の作製
3メカニカルミリング(MM)法により合成されたLi-Si合金の全固体電池用負極材料特性
4メカニカルミリング(MM)法により合成したLi-Si-Ge合金の特性
5まとめ
第12章オールナシコン型全固体電池 岡田重人、小林栄次
1はじめに
2リン酸ナシコン型全固体対称電池
2.1全固体Li電池:Li3V2(PO4)3/Li1.5Al0.5Ge1.5(PO4)3/Li3V2(PO4)3
2.2全固体Na電池:Na3V2(PO4)3/Na3Zr2(SiO4)2PO4/Na3V2(PO4)3
3おわりに
第13章3次元電池 金村聖志
1はじめに
23次元電池の構造
33次元電池用固体電解質
43次元規則配列多孔構造とホールアレイ構造の複合化
5まとめ
第14章通電焼結を用いた全固体電池の構築 竹内友成、蔭山博之、中西康次、田渕光春、栄部比夏里、太田俊明、妹尾 博、境 哲男、辰巳国昭、小林弘典
1はじめに
2通電焼結法を用いた金属酸化物正極活物質―炭素複合体の作製
3通電焼結法を用いた硫黄系正極活物質―炭素複合体の作製
4通電焼結法を用いた正極/電解質/負極積層体の作製
第15章全固体リチウムポリマー電池 今西誠之
1はじめに
2ポリマー電解質
3ポリマー電解質用負極材料
4ポリマー電解質用正極材料
5まとめ
第16章フレキシブルラジカルポリマー電池 須賀健雄、西出宏之
1はじめに
2ラジカルポリマー電池の作動原理と特長
3ラジカルポリマー電池の位置づけと将来展望
4新しい有機系電極活物質(多電子系、導電性高分子など)での展開
第17章全固体薄膜電池と界面構築 桑田直明
1はじめに
2全固体薄膜電池
2.1薄膜電池の特徴
2.2薄膜電池の構造
3薄膜電池の作製方法
3.1材料
3.2薄膜作製方法
4PLD法による薄膜電池の作製法
4.1正極材料の薄膜化
4.2固体電解質の薄膜化
4.3負極の薄膜化
5PLD法による薄膜電池の作製と界面特性
6まとめ
第18章リチウム二次電池の全固体化に向けた界面制御 入山恭寿、嵯峨根史洋
1はじめに
2固体電解質/電極活物質界面で起こる電荷移動反応の熱力学的考察
2.1活性化エネルギー(Ea)
2.2前指数因子
2.2.1Li+移動系
2.2.2電子移動系(Li析出溶解反応)
3まとめ
第19章放射光を用いた全固体リチウム二次電池電極/電解質の界面評価 内本喜晴、折笠有基、奥村豊旗
1緒言
2実験手法
3電極/電解質界面の修飾
4界面修飾による電気化学特性の変化
5深さ分解X線吸収分光法(DR-XAFS)
6おわりに
第20章電子線ホログラフィーによる全固体電池反応のその場観察 山本和生
1はじめに
2電子線ホログラフィーの原理
3TEM観察用全固体リチウム電池の作製
4電子線ホログラフィーによる電位分布のその場観察
5まとめ

【企業における蓄電池の全固体化に向けた研究開発動向と展望編】

第21章自動車用次世代型全固体電池の研究開発と展望 濱 重規、川本浩二
1はじめに
2全固体電池のメリットと課題
3活物質の表面コーティングで界面制御
4固体電解質の化学的安定性
5界面抵抗と固体電解質の化学的安定性の関係
6自動車用次世代型全固体電池の展望
第22章硫化物系無機固体電解質を用いた全固体電池の開発 清野美勝
1はじめに
2硫化物系無機固体電解質の特徴
3硫化物系無機固体電解質を用いた全固体リチウム電池
4硫化物系無機固体電解質を用いた全固体リチウム電池の安全性
5大型(ラミネート型)電池の作製
6おわりに
第23章硫化物固体電解質薄膜を用いた全固体リチウム電池の開発 上村 卓
1緒言
2薄膜全固体リチウム電池のデザイン、及び技術課題
3硫化物固体電解質の薄膜化プロセス
3.1成膜条件
3.2Liイオン伝導特性
3.3Li金属に対する固体電解質膜の化学安定性
4Li金属の薄膜化プロセス
5薄膜全固体リチウム電池試作、及び充放電評価
5.1薄膜全固体リチウム電池試作
5.2充放電試験結果
6結言
第24章バルク型全固体電池の特性向上 小林直哉
1はじめに
2固体電解質を用いた電池の課題
3全固体電池の特性
3.1出力&寿命特性
3.1.1LiCoO2正極を用いた全固体電池の特性
3.1.2正極/固体電解質界面での副生物抑制技術開発
3.2安全性
3.3エネルギー密度
3.4温度特性
4まとめ
第25章全固体電池用酸化物ガラスセラミックス電解質の開発 印田 靖
1はじめに
2酸化物系固体電解質
3酸化物系ガラスセラミックス電解質
4固体電解質の新しい応用
5新しいガラスセラミックス電解質
6ガラスセラミックス電解質の全固体電池への応用
第26章ガラス系電極材料の全固体電池への応用 坂本明彦
1はじめに
2リン酸鉄リチウム系結晶化ガラス
3LFP結晶化ガラスの製造プロセス
4LFP結晶化ガラスの構造と電池特性
5スズリン酸系ガラス
6SnPガラスの電池特性
7まとめ



※ 本書籍はご試読頂けません ※

SSL グローバルサインのサイトシール
FAXでもお申し込みいただけます。FAXお申し込み用紙(PDF)を印刷いただき、必要事項をご記入のうえ
 弊社までご送信ください。(FAX番号は、お申込用紙に印刷されています)
※PDF形式のファイルをご覧頂くための Adobe Reader は、アドビ システムズ社から無償提供されています。
                Adobe Reader 最新版ダウンロードはこちらから
■ お問い合わせの前に『よくあるご質問(書籍)』をご一読下さいませ ■
■ セミナー・講習会のご案内はこちらでございます ■