TOP セミナー 書籍 社内研修 セミナーQ&A 書籍Q&A お問い合せ 会社概要


ご購入は、画面下の「書籍購入」ボタンから  
ハラル認証実務プロセスと業界展望    
[コードNo.2012S775]

※ 本書籍はご試読頂けません ※

■監修/ 並河良一
■体裁/ B5判 148ページ
■発行/ 2012年6月 (株)シーエムシー出版
■定価/ 70,200円(税込価格)
■ISBNコード/ 978-4-7813-0609-4

 
★急成長中の16億人未開拓市場を攻略するためのプレミアム・スタンダード!!
★認証プロセスはもちろん、つかみにくい業界事情、おさえるべきイスラム文化を解説!!
★食品工業をはじめ、化粧品、トイレタリーなど、産業界向けのハラル書籍がついに刊行!!

キーワード

ハラル/ハラム/イスラム

刊行にあたって


はじめに
 ポストBRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)市場として、イスラム市場が注目されている。イスラム市場の人口は16億人で、インド(12億1000万人)、中国(13億5000万人)を超える規模であること、経済成長が著しいことがその理由である。イスラム市場と言っても特殊な市場ではない。幅広い分野の多くの日本企業が進出し、大量の日本製品が流通しているインドネシアやマレーシアもイスラム市場である。しかしイスラム市場における食品企業の進出、日本製食品の流通量は非常に少ない。イスラム教を基礎とする、豚やアルコールを忌避する「ハラル制度」がその原因である。ハラル制度の概念は、医薬品、トイレタリー製品など、人が摂取したり、肌に触れたりする製品にも適用される。
 本書は、イスラム市場とハラル制度について概説している。市場については、イスラム市場の魅力と市場参入を阻むハードルの所在について焦点を当てて述べており、市場開発の成功事例、トラブル事例も紹介している。ハラル制度については、「ハラル」の概念から、制度の実務的・技術的な内容、市場開発の現状まで詳しく述べている。ハラル制度はイスラム教という宗教を背景とするが、本書は、その宗教的な内容には深く立ち入らず、市場・技術の側面に焦点を当てて述べている。また、制度の拡大の動きを踏まえて、食品だけでなく、食品機械、食品包装、輸送、医薬品、化学品など幅広い分野を視野に入れて述べている。
 本書は、市場開発、経済学、食品工学などの視点から、最新の研究成果や経済動向を取り入れて、企業の経営者、実務者向けてわかりやすく書くことを念頭においている。このため、宗教的な厳密さをある程度犠牲にしている。ハラル制度の歴史学、社会学、宗教学の側面に興味のある読者は、そのような視点から書かれた専門書、論文が出版されているので、そちらを参照されたい。 本書は、次のような分野の企業で活躍する経営者、管理者、実務者、研究者にとって非常に有益であると考えている。県産品の海外市場開拓を検討する自治体関係者にも役に立つであろう。本書が、日本企業のイスラム諸国の市場開発の一助となること、この分野の研究者の参考文献となることを願っている。

<企業>
食品製造、食品流通、食品機械、食品包装、運輸・倉庫、医薬品、化学工業、貿易・商社、農林・畜産、コンサルタント、検査機関
<行政>
中央官庁(経済、農林水産関係省庁・独立行政法人)、自治体(商工、農林、企画、国際の各部局)、地域公設試験研究機関
<大学、シンクタンク等の研究者>
開発経済学、農業経済学、政策科学、流通学、食品工学、農芸化学、畜産学

2012年4月
中京大学 教授 並河良一

構成および内容

第I編 概論

第1章ハラルとは
1ハラルの概念
1.1ハラルとハラム
1.2不浄の概念
1.3ハラル概念の宗教性
1.4ハラルの法源
2社会とハラル
2.1イスラム教徒のこだわり
2.2社会とハラル制度
第2章ハラル制度とは
1制度としてのハラル
1.1制度の所管
1.2制度の法的な性格
2ハラルの制度化:トップランナーとしてのマレーシア
2.1わかりやすい制度
2.2制度の法体系・法的性格
2.3制度制定の経緯
2.4制度の所管
2.5ハラル・ハブ政策
3食品のハラル制度
4ハラル制度の拡大
第3章ハラル市場の概要
1市場の魅力
1.1市場の規模
1.2市場の拡大
1.3農産物の輸入国
1.4未開発の市場
2市場開発の障害:制度の国際的不整合
2.1制度の国際的不整合性とは
2.2制度の互換性
2.3国際的共通規格
3市場開発の障害: 制度の貿易制限的な要素
3.1ハラル制度と自由貿易の関係
3.2強制規格
3.3任意規格
3.4審査手続き
4ハラル認証取得の市場開発効果
5日本政府のイスラム市場開発政策
5.1輸出促進政策
5.2ハラル制度対応政策

第II編 実務プロセスと注意点

第4章ハラル認証の手続き
1手続きのフロー
2申請場所
3申請項目
3.1申請の書式
3.2ハラル認証の対象の基本的考え方
4申請費用・審査期間
4.1申請費用
4.2審査期間
5現地調査
6認証マーク
7認証取得後
7.1認証取得後の監視など
7.2違反の種類
第5章ハラル制度の内容
1総論的な事項
2食材・原料
2.1陸上動物
2.2水生動物
2.3植物
2.4キノコ類および微生物
2.5天然鉱物および天然化学物質
2.6飲料
2.7遺伝子組み換え食品(GMF:Genetically Modified food)
2.8その他
3派生品・中間投入品
3.1派生品
3.2中間投入品
4食肉処理の方法
4.1食肉処理者の要件
4.2処理する動物の要件
4.3食肉処理の作業の要件
4.4機械の要件
4.5処理場に関する要件
5機械・装置
6工場・施設
7調理施設
8包装
9貯蔵・輸送・陳列・販売
10食品衛生・食品安全
11管理と労務
12ハラル制度とハラルの概念の関係
第6章ハラル制度への対応の難しさ
1宗教の影響
1.1イスラム教に対する違和感
1.2制度の宗教的要素
2要員
3施設・機器
4原料
5輸送・保管、包装
6販売
7制度への対応のポイント
7.1制度の技術性
7.2制度の内容の技術性
第7章世界のハラル制度
1アジア
1.1インドネシア
1.2フィリピン
1.3シンガポール
2中東
2.1トルコ
2.2エジプト
2.3サウジアラビア
3オーストラリア
4CODEX
4.1CODEXの中のハラル規格
4.2規格の位置づけ
4.3ハラル食品の定義
4.4ハラルという用語の使用基準
4.5表示の要件

第III編 ハラルビジネスの事例

第8章ハラル制度をめぐるトラブル事例
1インドネシア味の素事件
1.1概要
1.2構図
1.3教訓
2佐賀牛事件
3オーストラリア牛輸入禁止事件+生体牛輸出停止事件
第9章日系ハラル工場・事業所の実例
1味の素(マレーシア、インドネシア)
1.1味の素インドネシア
1.2味の素マレーシア
1.3カルピス(味の素グループ)
2ヤクルト(マレーシア、インドネシア他)
3大正製薬(マレーシア、インドネシア)
4キューピー(マレーシア)
5大塚製薬(インドネシア)
6小川香料(インドネシア)
7モスフードサービス(インドネシア)、吉野家(インドネシア)
8敷島製パン(インドネシア)
9その他
第10章海外企業のハラル対応
1ネスレ
2ユニリーバ
3その他
第11章食品以外のハラル制度
1医薬品
1.1世界の動向
1.2日本の動向
2化粧品・トイレタリー製品、工業製品、たばこ
2.1化粧品などで問題となる成分
2.2化粧品
2.3トイレタリー製品など
コラム
イスラム金融
イスラム協力機構
中国のイスラム教徒の数
外国貿易障害報告書
貿易の技術的障害に関する協定(TBT)
JETRO:Japan External Trade Organization
CODEX



※ 本書籍はご試読頂けません ※

SSL グローバルサインのサイトシール
FAXでもお申し込みいただけます。FAXお申し込み用紙(PDF)を印刷いただき、必要事項をご記入のうえ
 弊社までご送信ください。(FAX番号は、お申込用紙に印刷されています)
※PDF形式のファイルをご覧頂くための Adobe Reader は、アドビ システムズ社から無償提供されています。
                Adobe Reader 最新版ダウンロードはこちらから
■ お問い合わせの前に『よくあるご質問(書籍)』をご一読下さいませ ■
■ セミナー・講習会のご案内はこちらでございます ■