TOP セミナー 書籍 社内研修 セミナーQ&A 書籍Q&A お問い合せ 会社概要


ご購入は、画面下の「書籍購入」ボタンから  
抗ストレス食品の開発と展望II    
Development and Perspectives of Anti-stress Food II
[コードNo.2012T839]

※ 本書籍はご試読頂けません ※

■監修/ 横越英彦
■体裁/ B5判 295ページ
■発行/ 2012年3月 (株)シーエムシー出版
■定価/ 75,600円(税込価格)
■ISBNコード/ 978-4-7813-0524-0

 
★前書刊行から5年、ますます注目される抗ストレス食品の開発動向をまとめた成書!!
★この間提案された新規食品素材も多数掲載!!
★抗ストレス食品開発のための評価法、最新のエビデンス情報なども詳述!!

キーワード

アミノ酸/ペプチド/タンパク質/脂質/ハーブ/ポリフェノール/ビタミン/ミネラル/フルーツ/柑橘/エビデンス/抗ストレス指標/ヒト評価/抗体チップ/医薬品

刊行にあたって


 現在、日本だけでなく世界は大変に深刻な時代を迎えている。平成23年3月11日(2011年)に発生した東北地方太平洋沖地震と、それに伴って発生した大津波、また、東京電力が抱える原子力発電所の崩壊に伴う広範な地域の放射能汚染。日本社会に与えた激甚さは、明治維新(1868年)や、第二次世界大戦(1945年)の敗戦に匹敵するとも言われる。東日本大震災によって日本国民は多くの犠牲者を出しただけでなく、生き残った人々にも容赦のない生活苦が襲いかかっている。また、同じ自然災害ではあるが、台風による風水被害や、一般の季節変化以上の異常な気温変化が、それに追い打ちをかけている。
 一方、世界に目を向けてみても中東・北アフリカ諸国では反体制デモが続発し、エジプト、イエメン、リビア、シリア、サウジまで内乱状態になり、一方、ギリシャの経済破綻はEU諸国にその影響は飛び火し、それに誘引されるが如く、アメリカなどの先進国の金融不況が、世界経済に暗雲をもたらしている。すなわち、政治・経済のグローバル化により各国別に起こった問題は、瞬く間に世界に飛び火し、全ての国民、全ての年齢層の人々が、不安という大きなストレスを抱えている。多くのストレスを誘引する原因は、生活習慣病の引き金になり、また、精神活動の異常を惹起する。高ストレス社会であるからこそ、ストレスを軽減し、リラックス、ゆとり、安心、抗疲労状態が、特に求められている時代である。以上のような、環境の変化に伴うストレスもあれば、超高齢化により「ヒトが人間らしさ」を失った時に引き起こされるストレスもある。
 ストレス状態が深刻化する前に、如何にしたらそれを予防できるか、軽減することができるか。そこに食品の役割があると思われる。美味しい食事をすれば笑顔がこぼれ幸福感に浸れる。また、食品成分により体調が良くなり、ストレス軽減につながるかも知れない。5年前(2006年)に、食の面からのストレス軽減を思考し、「抗ストレス食品の開発と展望」の本をまとめた。この出版効果があったのかは分からないが、幸いにして、その後、多くの抗ストレスに関わる食品が世に出た。また、当時と比較すると、最近では多くの新規の食材が研究発表されており、また、社会情勢からも抗ストレス食品の新たな開発が求められている。そこで、同様の主旨をもって、今回、「抗ストレス食品の開発と展望 II」として、新たに情報を纏めることにした。抗ストレス食品を開発するための評価法、最近の抗ストレス食品素材に対するエビデンス、そしてそれらを利用した食品などについて、日夜、研究開発に携わっている第一線の研究者に執筆して頂いた。
 本書が、健康食品産業に関わる多くの研究者に利用され、また、現在、まだエビデンスが十分でない部分については積極的に研究を推進し、世の中に貢献できるような商品開発の一助になれば幸いである。

2012年1月
静岡県立大学 横越英彦

執筆者一覧

村田正弘セルフメディケーション推進協議会 専務理事;日本ジェネリック医薬品学会 理事;横浜薬科大学 講師;明治薬科大学 アドバイザー
武田猛(株)グローバルニュートリショングループ 代表取締役
石見佳子(独)国立健康・栄養研究所 食品保健機能研究部 部長
武田英二徳島大学 大学院ヘルスバイオサイエンス研究部 臨床栄養学 教授
榊原啓之静岡県立大学 環境科学研究所 生体機能学研究室 助教
下位香代子静岡県立大学 環境科学研究所 生体機能学研究室 教授
寺尾純二徳島大学大学院 ヘルスバイオサイエンス研究部 食品機能学分野 教授
大島寛史静岡県立大学 食品栄養科学部 生化学研究室 教授
三好規之静岡県立大学 食品栄養科学部 生化学研究室 助教
伴野勧静岡県立大学 食品栄養科学部 生化学研究室 博士研究員
中川沙織新潟薬科大学 薬学部 薬品分析化学研究室 助教
大和進新潟薬科大学 薬学部 薬品分析化学研究室 教授
陽東藍静岡県立大学 食品栄養科学部;しずおか産業創造機構フーズ・サイエンスセンター 研究員
横越英彦静岡県立大学 食品栄養科学部 教授
瀧本陽介(株)ヘルスケアシステムズ 代表取締役
大澤俊彦愛知学院大学 心身科学部 学部長・教授
山田静雄静岡県立大学 薬学部 医療薬学大講座 薬物動態学分野 教授
奥山知子(株)ロッテ 中央研究所 基礎研究部 分析研究室 室長
外薗英樹三和酒類(株) 拝田グリーンバイオ事業所 食品素材開発課 チーフ
菅美奈子(株)ファーマフーズ 開発部 3グループ 主任研究員
単少傑オリザ油化(株) 応用企画開発課 主任研究員
内田直人カルピス(株) 発酵応用研究所 主任
増山明弘カルピス(株) 機能性食品事業部 部長
山田貴史(独)国立長寿医療研究センター 脳機能画像診断開発部
鳥居邦夫味の素(株) イノベーション研究所 名誉理事
坂内慎味の素(株) イノベーション研究所 主任研究員
西村明仁協和発酵バイオ(株) ヘルスケア商品開発センター
古瀬充宏九州大学 大学院農学研究院 教授
平塚聖一静岡県水産技術研究所 開発加工科 上席研究員
日比野英彦日油(株) 食品事業部 学術担当次長
嶋田典基(株)常磐植物化学研究所 研究開発部
植野壽夫小川香料(株) 機能素材本部 健康素材研究所 シニアリサーチャー
増田秀樹小川香料(株) 機能素材本部 健康素材研究所 所長
樋口義洋清光薬品工業(株)(白鳥製薬グループ) 素材開発室
南条文雄三井農林(株) 食品総合研究所 所長
西田康宏富士化学工業(株) LS技術部
熊澤茂則静岡県立大学 食品栄養科学部 教授
小池佑果(株)常磐植物化学研究所 研究開発部
橋本博之築野食品工業(株) 企画開発室 研究統括責任者
安井香奈築野食品工業(株) 企画開発室
寺本祐之(株)ファンケル 総合研究所 健康食品研究所
藤井健志(株)カネカ QOL事業部
加古大也静岡県立大学 生活健康科学研究科 栄養化学研究室 客員共同研究員
福本修一(株)ポッカコーポレーション 商品開発本部 中央研究所 主任研究員
米谷俊江崎グリコ(株) 研究本部 技術参与
田畑光正島根県産業技術センター 機能性食品産業化プロジェクトチーム 専門研究員
尾形健明山形大学 大学院理工学研究科 バイオ化学工学分野 教授
三谷隆彦近畿大学 生物理工学部 教授
増田修一静岡県立大学 食品栄養科学部 食品生命科学科 准教授
島村裕子静岡県立大学 食品栄養科学部 食品生命科学科 助教
中村弘康江崎グリコ(株) 商品開発研究所 食品研究グループ
伊藤幸彦(株)ファンケル 総合研究所 予防・医療研究センター 応用研究科学グループ 研究員
堀江典子(株)ファーマフーズ 営業部 取締役 本社営業所 所長
高橋里実(株)ファンケル 総合研究所 健康食品研究所 製品開発第二グループ

構成および内容

【第1編 総論】

第1章ストレス予防と健康食品の役割  村田正弘
1現代生活とストレス
2セルフメディケーションと生活改善
3ストレス負荷と身体の反応
4食物と栄養素
5栄養補給と健康食品の功罪
第2章抗ストレス食品の市場動向  武田 猛
1はじめに
2ムードフードの定義
3日本市場の動向
4海外市場動向
5おわりに
第3章栄養成分表示   石見佳子
1食品の表示について
2栄養表示基準
2.1栄養成分表示
2.2強調表示と相対表示
2.3栄養機能表示
3特別用途表示
3.1病者用食品
3.2妊産婦、授乳婦用粉乳
3.3乳児用調整粉乳
3.4えん下困難者用食品
3.5特定保健用食品
4栄養表示に関する国際的ルール
4.1栄養強調表示(Nutrition Claim)
4.2健康強調表示(Health Claim)
5各国の栄養表示制度
5.1米国
5.2ヨーロッパ連合(EU)
6栄養表示の義務化について

【第2編 抗ストレス食品開発のための評価法】

第1章食品の抗ストレス指標と分析法 ―概要―   武田英二
1はじめに
2実験動物を用いたストレス評価法
2.1免疫機能
2.2ノルアドレナリン神経活動
2.3行動評価
3ヒトによるストレス評価法
3.1質問票
3.1.1社会再適応評価尺度(Social Readjustment Rating Scale:SRRS)
3.1.2精神障害等に係る業務上の判断指針
3.2免疫機能
3.3ストレスホルモン
3.4生理的指標
3.4.1自律神経系の反応
3.4.2心臓血管系の反応
3.4.3心拍変動解析
3.4.4脳機能の画像診断法
3.4.5光トポグラフィー
3.5遺伝子発現
第2章抗ストレス食品の動物による機能評価  榊原啓之、下位香代子、寺尾純二
1はじめに
2代表的なストレス関連動物評価モデル
3抗ストレス食品を評価するための動物試験を実施する際の注意事項
3.1飼育室へ搬入した後の順化期間
3.2ハンドリング
3.3経口投与作業への順化
3.4飼育室内および飼育ケージ内の環境
4ラット強制水泳試験
4.1動物の購入〜試料投与まで
4.2試料調整
4.3試料投与
4.4測定装置等準備
4.5予備水泳セッション
4.6本水泳セッション
4.7自発運動活性試験
5社会的ストレス負荷モデル
5.1単独隔離ストレスモデル
5.2過密ストレス負荷モデル
5.3対面ストレス負荷モデル
6おわりに
第3章抗ストレス食品の生化学的評価  大島寛史、三好規之、伴野 勧
1はじめに
2培養細胞を用いる評価法
3実験動物を用いたストレス評価
4ヒトにおけるストレス評価
5ストレスのバイオマーカー
6ストレスマーカーの分析法
第4章抗ストレス食品の培養細胞による機能評価  中川沙織、大和 進
1はじめに
2細胞を用いたステロイドホルモン産生方法
2.1ウシ副腎皮質由来正常細胞
2.2ヒト副腎皮質癌由来H295R細胞
3細胞サンプル前処理法
3.1セミミクロHPLC法を用いて定量するための前処理法
3.2GC-MS法を用いて定量するための前処理法
4ステロイドホルモンの定量法
4.1固定化酵素を用いたセミミクロHPLC定量法
4.2GC-MS定量法
5結果
5.1固定化酵素 / セミミクロHPLC法を用いたウシ副腎皮質培養細胞におけるトリロスタンのステロイドホルモン産生抑制効果の確認
5.2GC-MS法を用いたヒト副腎皮質癌由来H295R培養細胞におけるダイゼインのステロイドホルモン産生抑制効果の確認
6まとめ
第5章抗ストレス食品のヒト評価   陽東 藍、横越英彦
1はじめに
2心理的手法
2.1BDI(Beck Depression Inventory、ベック抑うつ質問票)
2.2GHQ(The General Health Questionnaire、精神健康調査)
2.3POMS(Profile of Mood States、気分プロフィール検査)
2.4SDS(Self-rating Depression Scale、うつ病自己評価尺度)
2.5SRRS(Social Readjustment Rating Scale、社会再適応評価尺度)
2.6STAI(State-Trait Anxiety Inventory、状態・特性不安検査)
2.7職業性簡易ストレス調査票
2.8VAS法(Visual Analog Scale視覚的アナログ尺度)による主観感情評価用紙
3遺伝子学、生化学的手法
3.1遺伝子発現
3.2免疫機能
3.3ストレスホルモン
4電気生理学的手法
4.1自律神経系ストレス反応
4.1.1心電図
4.1.2加速度脈波
4.1.3瞳孔径変動と驚愕瞬目反射
4.1.4皮膚電気活動
4.1.5顔表情筋反応
4.1.6末梢皮膚温
4.2中枢神経系反応
4.2.1脳波EEGの周波数帯域
第6章ストレス評価への抗体チップの応用  瀧本陽介、大澤俊彦
1ストレスとは
2ストレス・バイオマーカーの現状
3酸化ストレスへの期待
4抗体チップによるストレスマーカー測定
5おわりに
第7章食品の薬効および医薬品との相互作用・併用効果の解析 山田静雄
1はじめに
2ノコギリヤシ果実エキスの薬効解析
2.1排尿機能に対する作用
2.2薬理学的受容体に対する作用
2.3薬理活性成分
2.4ヒトにおける臨床作用
3食品と医薬品の相互作用
3.1相互作用のメカニズム
3.2食品と医薬品の相互作用の具体例
4おわりに

【第3編 抗ストレス食品・素材〜最近のエビデンス情報を含めて〜】

第1章アミノ酸・ペプチド・タンパク質
1各種GABA    奥山知子
1.1パンプキンギャバ
1.1.1はじめに
1.1.2パンプキンギャバについて
1.1.3ストレス・睡眠改善に対する機能@-動物試験
1.1.4ストレス・睡眠改善に対する機能A-ヒト試験結果
1.1.5おわりに
1.2大麦乳酸発酵液ギャバ  外薗英樹
1.2.1はじめに
1.2.2大麦乳酸発酵液ギャバについて
1.2.3大麦乳酸発酵液ギャバの抗ストレス作用―ヒト試験
1.2.4大麦乳酸発酵液ギャバの睡眠の質改善作用―ヒト試験
1.2.5おわりに
1.3乳酸菌発酵ギャバの睡眠への効果  菅 美奈子
1.3.1はじめに
1.3.2睡眠への効果
1.4オリザギャバ  単 少傑
1.4.1概要
1.4.2製法および組成
1.4.3生理機能
1.4.4オリザギャバ?の生体内への吸収性における優位性
1.4.5安全性
1.4.6今後の展望
2Lactobacillus helveticus発酵乳    内田直人、増山明弘
2.1はじめに
2.2ラット脳松果体中メラトニン合成への影響
2.3ヒトでの睡眠・生活の質の改善効果
2.4おわりに
3テアニン   山田貴史、横越英彦
3.1茶葉に特有のアミノ酸テアニン
3.2テアニンの抗ストレス作用
3.3テアニンの作用機序
3.4まとめ
4抗ストレス効果のあるアミノ酸 鳥居邦夫、坂内 慎
4.1はじめに
4.2食物摂取の脳内認知機序とグルタミン酸の役割
4.3穀物中心の食生活によるアミノ酸恒常性の失調
4.3.1必須アミノ酸欠乏に伴うストレスと不安に対する耐性の変化
4.3.2リジン欠乏の脳内認知の仕組みと適応
4.3.3リジン摂取はストレス/不安に対する耐性を高める
4.3.4リジン欠乏地帯におけるリジン強化介入試験
4.4グリシン摂取による睡眠状態の改善
4.5おわりに
5L-オルニチン  西村明仁
5.1L-オルニチンとは
5.2体内でのL-オルニチンの働き
5.3L-オルニチンのストレス軽減作用
5.4L-オルニチン塩酸塩の物性及び安定性
5.5おわりに
6イミダゾールジペプチド 古瀬充宏
6.1はじめに
6.2酸化ストレス
6.3ストレスと行動
第2章脂質
1DHA結合型リン脂質   平塚聖一
1.1はじめに
1.2DHA結合型リン脂質を含有する天然素材
1.3酸化ストレスの軽減作用
1.4記憶学習能向上作用
1.5睡眠改善作用
2α-GPC  日比野英彦
2.1α-GPCとは
2.2ストレスとGPC
2.3成長ホルモンとGPC
2.4ノンレム睡眠とGPC
2.5おわりに
第3章ハーブ類
1ラフマ抽出エキス   嶋田典基
1.1はじめに
1.2 抗うつ作用
1.3 抗不安作用
1.4ストレス低減作用
1.5不眠症状の改善効果
1.6ラフマ葉エキスの安全性
1.7おわりに
2ラベンダー   植野壽夫
2.1はじめに
2.2抗ストレス潰瘍作用
2.3抗うつ作用
2.4有効成分
2.5おわりに
3ウィンターセイボリーエキス  増田秀樹
3.1はじめに
3.2ウィンターセイボリー
3.3ウィンターセイボリーエキス(WS)の皮膚表面温度改善効果
3.4おわりに
4ソフォン○R(抗ストレス、抗加齢素材として) 樋口義洋
4.1はじめに
4.2血中DHEA-s濃度に及ぼす影響
4.3問診票集計結果
4.4まとめ
4.5安全性
5ジャーマンカモミール  植野壽夫
5.1はじめに
5.2ヒトにおける抗ストレス作用
5.3動物を対象とした研究
5.4おわりに
第4章ポリフェノール類
1緑茶カテキン    南条文雄
1.1概要
1.2構造式・組成
1.3特性
1.4製法
1.5機能・効能
1.5.1抗酸化作用
1.5.2消臭作用
1.5.3抗肥満作用
1.5.4抗ストレス作用
1.5.5抗体産生調節機能
1.5.6抗アレルギー作用
1.5.7コレステロール上昇抑制作用
1.5.8血糖値上昇抑制作用
1.5.9整腸作用
1.6安全性
1.7応用例
2アスタキサンチン
2.1アスタキサンチンとは
2.2アスタキサンチンの抗ストレス作用
2.2.1アスタキサンチンの生物学的意義
2.2.2アスタキサンチンの抗酸化活性
2.3アスタキサンチンによる皮膚の光老化防御
2.4アスタキサンチンの酸化ストレスへの影響
2.4.1メタボリックシンドロームと酸化ストレス
2.4.2インスリン抵抗性と酸化ストレス
2.4.3ミトコンドリアにおける酸化ストレスに対する作用
2.4.4アスタキサンチンの抗炎症作用
2.4.5アスタキサンチンのメタボリックシンドロームへの影響
2.5アスタキサンチンのその他の生理作用
3プロポリス   熊澤茂則
3.1はじめに
3.2プロポリスに含まれる成分
3.3プロポリスの抗ストレス作用-酸化ストレスに対する作用
3.4今後の展望
4ビルベリー   小池佑果
4.1はじめに
4.2ビルベリーアントシアニン
4.3ORACを指標とするアントシアニジンの抗酸化力の比較
4.4酸化ストレス負荷ラットに対するビルベリーエキスの影響
4.5ビルベリーの抗潰瘍作用と作用機序に関する検討
4.6ビルベリーの抗肥満作用
4.7まとめ
5フェルラ酸  安井香奈、橋本博之
5.1はじめに
5.2フェルラ酸とは
5.3持久力向上や抗疲労効果
5.4アルコール性肝炎の予防・改善効果
5.5糖尿病腎症の改善効果
5.6アルツハイマー病 (AD) の改善効果
5.7おわりに
第5章ビタミン、ミネラルなど
1αリポ酸    寺本祐之
1.1はじめに
1.2抗酸化作用
1.3グルタチオンの増強作用
1.4脳の酸化ストレス
1.5おわりに
2コエンザイムQ10   藤井健志
2.1CoQ10はストレスを二つの作用で改善する
2.2CoQ10の還元型と酸化型
2.3CoQ10によるエネルギー産生
2.4還元型CoQ10の抗ストレス作用:心理的要素
2.5還元型CoQ10の抗ストレス作用:抗酸化活性
2.6ストレスマーカーとしての還元型CoQ10の可能性
第6章みどりの香りとは  加古大也、横越英彦
1はじめに
2みどりの香りの嗅覚刺激とストレス応答
2.1みどりの香りの嗅覚刺激と身体的ストレス応答
2.2みどりの香りの嗅覚刺激と精神的ストレス応答
2.3みどりの香りの嗅覚刺激とうつ様行動
2.4みどりの香りと神経伝達物質
3みどりの香り成分による直接刺激
3.1みどりの香りと神経伝達物質受容体
3.2みどりの香りと神経伝達物質放出作用
4まとめ
第7章フルーツ・柑橘系
1レモンの香り(リモネン)  福本修一
1.1柑橘精油の含有成分
1.2レモンの香り成分の生体内代謝と脳内神経伝達物質への影響
1.3レモンの香り成分の抗ストレス作用と作用メカニズム
1.4レモンの香り成分のヒトへの応用と今後の展望
1.5おわりに
2柑橘(フラバノン/ヘスペリジン)  米谷 俊
2.1ストレス緩和の必要性
2.2フラバノンの抗ストレス効果
2.3今後の2S-(-)-hesperidin利用の可能性
第8章地方特産品
1抗酸化ストレス素材アカメガシワ葉-抗酸化活性と効果-  田畑光正
1.1背景
1.2アカメガシワ
1.3アカメガシワ葉の抗酸化活性
1.4人の肌及び体型への効果
1.5おわりに
2ヒメウコギ  尾形健明
2.1はじめに
2.2ヒメウコギの歴史
2.3ウコギの成分と機能性について
2.4ウコギの利用と商品の例
3梅酢ポリフェノール    三谷隆彦
3.1緒言
3.2ウメのポリフェノール
3.3梅酢ポリフェノールの調製
3.4梅酢ポリフェノールの組成
3.5梅酢ポリフェノールの健康増進作用
3.6マウス強制遊泳に及ぼす梅酢ポリフェノールの作用
3.7抗ストレス作用とポリフェノール
3.8梅酢ポリフェノールの応用
4ワサビ  増田修一、島村裕子
4.1はじめに
4.2ワサビ中の辛味成分
4.3ワサビの各種機能性
4.4ワサビの抗ストレス効果
4.5おわりに

【第4編 配合食品】

第1章GABA系
1メンタルバランスチョコレートGABA   中村弘康
1.1はじめに
1.2試料
1.3心拍変動性試験
1.3.1方法
1.3.2結果
1.4唾液クロモグラニンA試験
1.4.1方法
1.4.2結果
1.5おわりに
2GABA茶  陽 東藍、横越英彦
2.1はじめに
2.2GABA茶の生産
2.3GABA茶の自律神経系機能効果
2.4GABA茶の抗ストレス効果
2.5おわりに
3発芽玄米  伊藤幸彦
3.1はじめに
3.2発芽玄米とは
3.3うつモデルマウスを用いた検討
3.4授乳期の母親の気分に及ぼす影響
3.5抗ストレスに関する有効成分
3.6咀嚼に及ぼす影響
3.7おわりに
4GABAの国内・海外の市場動向  堀江典子
第2章セリンドリンク すやりん   高橋里実
1はじめに
2L-セリンについて
3in vivo研究におけるL-セリンの鎮静・催眠効果
4L-セリンの睡眠改善効果
5L-セリンの作用機序
6L-セリンの安全性
7おわりに



※ 本書籍はご試読頂けません ※

SSL グローバルサインのサイトシール
FAXでもお申し込みいただけます。FAXお申し込み用紙(PDF)を印刷いただき、必要事項をご記入のうえ
 弊社までご送信ください。(FAX番号は、お申込用紙に印刷されています)
※PDF形式のファイルをご覧頂くための Adobe Reader は、アドビ システムズ社から無償提供されています。
                Adobe Reader 最新版ダウンロードはこちらから
■ お問い合わせの前に『よくあるご質問(書籍)』をご一読下さいませ ■
■ セミナー・講習会のご案内はこちらでございます ■