TOP セミナー 書籍 社内研修 セミナーQ&A 書籍Q&A お問い合せ 会社概要


ご購入は、画面下の「書籍購入」ボタンから  
高分子の架橋と分解III    
Crosslinking and Degradation of Polymers III
[コードNo.2012T840]

※ 本書籍はご試読頂けません ※

■監修/ 角岡正弘・白井正充
■体裁/ B5判 268ページ
■発行/ 2012年3月 (株)シーエムシー出版
■定価/ 73,440円(税込価格)
■ISBNコード/ 978-4-7813-0535-6

 
★好評『高分子の架橋と分解』シリーズ第3弾!5年ぶりの最新刊!メーカー、大学・研究機関の専門家が集結、執筆者34名!
★今回も「架橋」と「分解」の両面からアプローチ!基礎解説から最新の材料開発、構造解析、物性評価までをも網羅!
★ポリマー材料に関わる全ての人に必読の一冊です!

キーワード

UV硬化/動的架橋/エポキシ/ポリウレタン/バイオベース/光塩基発生剤/重合開始剤/可動な架橋点/封止剤/インプリント

刊行にあたって

 本書は『高分子の架橋と分解』に関するシリーズの3冊目に当たる。最初は2004年に出版され、2007年には『高分子架橋と分解の新展開』というタイトルでその後の展望を紹介した。
ここで改めて述べるまでもなく、高分子の架橋は実用的な観点からみると、ポリマー材料に硬さ、強度、耐溶剤性などを改善する重要な反応であり、古くから熱硬化樹脂およびゴム弾性体において利用されただけでなく、塗料や接着剤など機能性の材料でもよく利用されている。最近では無機・有機ハイブリッド材料の視点からポリマー材料の架橋が広く検討されており、耐侯性材料、光学材料などで新展開を見せている。ただ、架橋したポリマーは不溶、不融であることが構造解析を困難にしており、さらに最近のようにポリマー材料のリサイクルを必要とするときには課題となっている。
 一方、ポリマーの分解反応は実用面ではポリマーの劣化と関連させてみることが多いが、現在ではポリマーのリサイクル、カーボンニュートラルの材料、および分解反応を利用するポリマーの機能化など基礎および応用面で重要になってきている。
 以上の観点から本書ではまず、@現在よく利用されている架橋反応を基礎と実用的な観点から解説、さらに、架橋構造の解析と架橋したハードコートの構造と物性評価を紹介、A可動可能な新しい架橋点を持つ弾性体の合成と応用、 B環境保全の立場からポリマー材料のリサイクル技術およびカーボンニュートラル材料の動向、C今まで架橋は不可逆反応であるという常識を覆した動的な架橋技術、D剥離型接着剤への応用を含めた新しい分解反応の開発と機能材料への展開、E最近、その進歩が著しいUV硬化における新技術および新材料など、注目されている新技術、新材料および今後の展開が期待されるポリマー材料の架橋と分解についてまとめた。
 したがって、本書はポリマー材料を取り扱っている研究者および技術者が基礎的な見地からだけでなく、その用途開発と関連させて、ポリマー材料をどのように活用するかについて検討するとき、重要な示唆を提供すると考えている。
研究者および技術者のみならず、営業などでポリマー材料を利用しようという方々に役立つことを願っている。

2012年1月
大阪府立大学名誉教授 角岡正弘
大阪府立大学大学院教授 白井正充

著者一覧

角岡正弘大阪府立大学名誉教授
白井正充大阪府立大学 大学院工学研究科 応用化学分野 教授
中山雍晴元 関西ペイント(株)
三好理子(株)東レリサーチセンター 構造化学研究部 構造化学第2研究室 研究員
阿久津幹夫前 カシュー(株) 技術開発部長
村山智日本ポリウレタン工業(株) 研究本部 総合技術研究所 基礎研究部門 基礎研究部門長、主席研究員
村田保幸三菱化学(株) 機能化学本部 エポキシ事業部 企画・管理グループ 開発担当マネージャー
高田泰廣DIC(株) R&D本部 新機能材料研究所 主任研究員
瀬川正志サンビック(株) 開発部 常務取締役
岩崎和男岩崎技術士事務所 所長
小山靖人東京工業大学 大学院理工学研究科 有機・高分子物質専攻 助教
高田十志和東京工業大学 大学院理工学研究科 有機・高分子物質専攻 教授
クリスティアン・ルスリム アドバンスト・ソフトマテリアルズ(株) 技術統括部 部長
田畑智アドバンスト・ソフトマテリアルズ(株) 事業統括部 副部長
西田治男九州工業大学 エコタウン実証研究センター 教授
橋本保福井大学 大学院工学研究科 材料開発工学専攻 教授
増谷一成京都工芸繊維大学 大学院工芸科学研究科
木村良晴京都工芸繊維大学 大学院工芸科学研究科 バイオベースマテリアル学専攻 教授
宇山浩大阪大学 大学院工学研究科 応用化学専攻 教授
薮内尚哉日本ビー・ケミカル(株) 技術ブロック グループ長
大塚英幸九州大学 先導物質化学研究所 准教授
吉江尚子東京大学 生産技術研究所 教授
松川公洋(地独)大阪市立工業研究所 電子材料研究部 ハイブリッド材料研究室長
大山俊幸横浜国立大学 大学院工学研究院 機能の創生部門 准教授
戸塚智貴和光純薬工業(株) 化成品事業部 化成品開発本部 商品開発部 係長
佐々木健夫東京理科大学 理学部第二部 化学科 教授
松本章一大阪市立大学 大学院工学研究科 教授
佐藤絵理子大阪市立大学 大学院工学研究科 講師
岡崎栄一東亞合成(株) アクリル事業部 高分子材料研究所 所長
桐野学(株)スリーボンド 研究開発本部
冨田育義東京工業大学 大学院総合理工学研究科 物質電子化学専攻 准教授
中川佳樹(株)カネカ 上席幹部職
三宅弘人(株)ダイセル 研究統括部 コーポレート研究所 機能・要素グループ グループリーダー
湯川隆生(株)ダイセル 研究統括部 コーポレート研究所 機能・要素グループ 主任研究員

目   次

第1章高分子の架橋と分解
1高分子の架橋と分解を取り巻く状況  白井正充
1.1はじめに
1.2架橋と分解の基礎概念
1.2.1架橋の概念
1.2.2分解の概念
1.2.3架橋構造の解析
1.3架橋と分解の活用
1.3.1架橋を活用する高分子機能材料
1.3.2分解を活用する高分子機能材料
1.3.3架橋と分解を併用する高分子機能材料
1.4おわりに
2架橋高分子の基礎―架橋剤の種類、反応および応用例  中山雍晴
2.1ハードな架橋
2.1.1酸化重合による架橋
2.1.2炭素-炭素2重結合の重合による架橋
2.1.3アミノ樹脂による架橋
2.1.4イソシアネート基による架橋
2.1.5ブロックイソシアネートによる架橋
2.1.6エポキシ基による架橋
2.1.7シラノール基による架橋
2.1.8ヒドラジドによる架橋
2.1.9カルボジイミドによる架橋
2.1.10その他の架橋
2.2ソフトな架橋
2.2.1必要に応じて逆反応する架橋
2.2.2結合と解離を繰り返す架橋
2.2.3固定されない架橋
第2章高分子の架橋と分析・評価
1固体NMR による架橋高分子の構造・劣化評価―LED 封止樹脂、シリコーン樹脂を中心に 三好理子
1.1はじめに
1.2エポキシ系LED封止樹脂の構造解析
1.3シリコーン系封止樹脂の構造解析
1.4熱劣化による架橋シリコーンゴムの化学構造変化
1.5おわりに
2超微小硬度計を使ったUV硬化型ハードコート材の開発方法  阿久津幹夫
2.1はじめに
2.2高い耐擦傷と耐熱性を兼ね備える必要性の背景
2.3予備試験、開発方法のコンセプトと材料探査
2.3.1UV照射時の素材表面の温度の測定
2.3.2様々な硬度計の調査と開発方法のコンセプト
2.3.3上記コンセプトに基づく超微小硬度試験機による材料の探査
2.4探査された材料の試験結果
2.5まとめ
第3章架橋型ポリマーの特徴と活用法
1ポリウレタンの高次構造による物性制御  村山 智
1.1ポリウレタンの架橋構造
1.2ポリウレタンの一次構造
1.3一次構造、高次構造、物性の関係
1.4まとめ
2エポキシ樹脂の合成・樹脂設計と活用法  村田保幸
2.1エポキシ樹脂の概要と特徴
2.1.1エポキシ樹脂の一般的特性
2.1.2エポキシ樹脂の種類と分類
2.2エポキシ樹脂の合成
2.2.1グリシジル化(一段法)
2.2.2二段法
2.2.3その他のエポキシ化方法
2.2.4エポキシ樹脂の変性
2.2.5その他のプロセス
2.3エポキシ樹脂の構造と物性
2.4エポキシ樹脂の活用法
2.4.1エポキシ樹脂の選択
2.4.2硬化剤の選択
2.4.3その他の添加剤
2.5まとめ
3高耐候性UV硬化型樹脂の設計とその用途展開  高田泰廣
3.1はじめに
3.2UV硬化型無機-有機ハイブリッド樹脂の設計
3.2.1樹脂合成方法
3.2.2塗料設計
3.2.3硬化塗膜サンプルの作製方法
3.2.4硬化塗膜の一般物性
3.3硬化塗膜の耐候性評価
3.3.1促進耐候試験結果
3.3.2屋外曝露試験結果
3.3.3耐候性発現のメカニズム
3.4プラスチック保護コートとしての用途展開
3.4.1太陽電池用フロントシート
3.4.2高耐候ハードコートフィルム
3.4.3ナノインプリント反射防止フィルム
3.5おわりに
4太陽電池用封止剤EVAの開発・高性能化  瀬川正志
4.1太陽電池モジュールの構造
4.2EVA樹脂に関して
4.2.1EVA樹脂の生産量
4.2.2EVA樹脂の分類
4.3結晶系シリコンセルの封止向けEVA封止材について
4.3.1EVA封止材の組成と架橋・接着の原理
4.3.2結晶系シリコン太陽電池モジュールの製造方法
4.3.3太陽電池用ラミネーターの条件設定に関して
4.4EVA封止材の耐久性に関して
4.5まとめ
5架橋を伴う発泡成形  岩崎和男
5.1はじめに
5.2発泡成形における架橋の意義
5.2.1架橋の目的(狙い)
5.2.2発泡成形法の分類
5.2.3発泡成形における架橋方法の分類
5.3重合反応架橋法の応用例
5.3.1重合反応架橋法による架橋反応
5.3.2化学量論の概念(考え方)
5.3.3ポリウレタンフォームの場合の架橋反応
5.3.4フェノールフォームの場合の架橋反応
5.3.5重合反応架橋法の発泡体の製造工程
5.3.6重合反応架橋法の発泡体の性質及び用途例
5.4化学架橋法の応用例
5.4.1化学架橋法による架橋反応
5.4.2化学架橋法による架橋発泡体の製造工程
5.4.3化学架橋法による架橋の発泡体の性質および用途例
5.5電子線架橋法の応用例
5.5.1電子線架橋法による架橋反応
5.5.2電子線架橋法による架橋発泡体の製造工程
5.5.3電子線架橋法による架橋発泡体の性質および用途例
5.6その他の発泡成形法
5.6.1無架橋法によるポリオレフィン系フォーム
5.6.2固相発泡成形法によるフォーム
5.7おわりに
第4章新しい架橋反応とその応用
1ニトリルオキシドを用いる高効率架橋  小山靖人、高田十志和
1.1はじめに
1.2ニトリルオキシドの化学
1.3単官能性安定ニトリルオキシドを用いた高分子の修飾反応
1.42官能性安定ニトリルオキシドの合成と架橋反応
1.5無溶媒条件下での架橋反応
1.6アンビデント反応剤を用いる架橋
1.7おわりに
2可動な架橋点を持つポリロタキサンの塗料への応用  クリスティアン・ルスリム、田畑 智
2.1はじめに
2.2PRの合成と分子設計
2.2.1量産に適した合成
2.2.2PRの分子設計
2.3SRMとその物性
2.3.1スライドリングゲル(SRG)
2.3.2SRMエラストマー
2.3.3SRMの用途
2.4SRMの塗料への応用
2.4.1塗料用材料検討に関する構造最適化
2.4.2SRMクリア塗膜の特徴
2.5おわりに
第5章ポリマーのリサイクル技術
1リサイクルを意図したポリマーの開発  西田治男
1.1はじめに
1.2リサイクルを可能とする要因―ヘテロ原子を主鎖に有するポリマーを中心にして
1.2.1熱力学的要因
1.2.2構造的要因
1.3分解制御可能な結合の導入によるリサイクル性ポリマーの合成
1.3.1ポリオレフィン類似リサイクル性ポリマーの合成
1.3.2各種制御可能な化学結合を持った新規リサイクル性ポリマーの合成
1.4バイオマス由来ポリマーのリサイクル性制御
1.4.1ポリ乳酸の物性および解重合性の制御
1.4.2ポリ-3-ヒドロキシ酪酸からの選択的ビニルモノマー変換と酵素法による再重合
1.5ポリマーアロイからの選択的リサイクル分離
1.6おわりに
2ケミカルリサイクル用ポリマーとしてのアセタール結合を導入したポリウレタン材料とエポキシ樹脂  橋本 保
2.1はじめに
2.2アセタール結合を有するポリウレタン材料
2.3アセタール結合を有するエポキシ樹脂
2.4おわりに
第6章植物由来材料の利用
1バイオベースポリマーの分子・材料設計  増谷一成、木村良晴
1.1はじめに
1.2バイオベースポリマー
1.3新しいバイオベースポリマー
1.4機能性バイオベースポリマーの開発
1.5バイオリファイナリー
1.6生分解性とバイオマス度
1.7ポリ乳酸
1.8ステレオコンプレックス型ポリ乳酸
1.9おわりに
2植物由来高性能バイオベースポリマー材料の開発  宇山 浩
2.1はじめに
2.2柔軟性に優れた油脂架橋ポリマー
2.3油脂架橋ポリマー/バイオファイバー複合材料
2.4酸無水物を硬化剤に用いる油脂架橋ポリマー
2.5エポキシ化油脂を用いる屋根用塗料の実用化
2.6おわりに
3星型ポリ乳酸ポリオールの2液硬化型およびUV硬化型塗料への応用  薮内尚哉
3.1はじめに
3.2実験
3.2.1星型PLAポリオールの合成
3.2.2多官能星型PLAオリゴマーの合成
3.2.3塗膜作製方法
3.2.4塗膜評価方法
3.3結果と考察
3.4まとめ
第7章可逆的な架橋・分解可能なポリマー
1ラジカルプロセスに基づく架橋高分子の合成と反応  大塚英幸
1.1はじめに
1.2熱刺激を利用するラジカルプロセスに基づく架橋高分子の合成と反応
1.3光刺激を利用するラジカルプロセスに基づく架橋高分子の合成と反応
1.4おわりに
2動的架橋を利用したネットワークポリマーの機能化―硬軟物性変換性と修復性  吉江尚子
2.1はじめに
2.2動的結合を有する結晶性ネットワークポリマーの硬軟物性変換
2.2.1架橋反応と結晶化の動的過程がネットワークポリマーの構造と物性に与える影響
2.2.2プレポリマー分子量が硬軟物性変換に与える影響
2.2.3架橋と結晶化制御による更なる機械特性チューニング
2.3動的結合を有するネットワークポリマーの修復性
2.3.1柔軟な非晶性ネットワークポリマーの修復性
2.3.2結晶性と修復性
2.3.3修復性DAポリマーの耐熱性の改善
2.4おわりに
第8章ポリマーの分解を活用する機能性材料
1光分解性ポリシランブロック共重合体を用いたハイブリッド材料の開発  松川公洋
1.1はじめに
1.2ポリシランブロック共重合体の合成
1.3ポリシラン-シリカハイブリッド薄膜の作製
1.4ポリシラン-シリカハイブリッドの屈折率変調薄膜
1.5ポリシラン-シリカハイブリッド薄膜の光誘起異方性
1.6ポリシラン-ジルコニアハイブリッドのサーモクロミズム抑制と熱光学特性
1.7ポリシラン共重合体の化学吸着と金ナノ粒子の作製
1.8おわりに
2高分子の分解・反応を利用した微細パターン形成法―反応現像画像形成  大山俊幸
2.1はじめに
2.2ポジ型反応現像画像形成
2.2.1アミン含有現像液を用いたパターン形成
2.2.2アルカリ水溶液現像によるパターン形成
2.3ネガ型反応現像画像形成
2.3.1OH-を求核剤として用いた感光性ポリイミド
2.3.2アルカリ水溶液現像によるパターン形成
2.4おわりに
3高分子アゾ重合開始剤を用いたブロックポリマーへの応用  戸塚智貴
3.1はじめに
3.2高分子アゾ開始剤の原理
3.3高分子アゾ開始剤の合成
3.4高分子アゾ開始剤を用いたブロック共重合体の特性
3.4.1ブロック共重合体の合成
3.4.2ブロック共重合体の特性
3.5おわりに
4光塩基発生剤を利用した光解重合性ポリオレフィンスルホン  佐々木健夫
4.1はじめに
4.2光塩基発生剤を組み込んだポリオレフィンスルホンの光解重合
4.3塩基増殖反応を利用した高感度化
4.4塩基遊離型の光塩基発生剤を用いた場合
4.5露光部が揮発する高分子
4.6光照射で剥離する接着剤への応用
4.7おわりに
5アクリル系ブロックポリマーを用いる易解体性接着材料の開発  松本章一、佐藤絵理子
5.1はじめに
5.2ポリアクリル酸t-ブチルの側鎖反応挙動
5.3ポリアクリル酸ブロック共重合体の接着特性
5.4二重刺激応答性のポリアクリル酸エステル粘着剤の設計
5.5高性能二重刺激応答型易解体性粘着材料の設計
第9章UV硬化と微細加工
1UV硬化における話題と課題  角岡正弘
1.1はじめに
1.2UV-LEDの現状と課題
1.3UV-LED用開始剤の開発―UVラジカル開始剤およびUVカチオン開始剤用増感剤
1.4酸素の硬化阻害と汚れにくい表面加工技術
1.5ハイパーブランチオリゴマーおよび分解性モノマーを利用する硬化収縮抑制対策
1.6高耐侯性UV硬化型塗料―無機・有機ハイブリッドの利用
1.7高分子量光開始剤―食品包装材用インクの開始剤
1.8実用化が期待される光塩基発生剤
1.9おわりに
2マレイミドアクリレートを利用したUV硬化材料  岡崎栄一
2.1はじめに
2.2マレイミド化合物の光化学
2.2.1マレイミドとビニルエーテルの交互共重合
2.2.2マレイミドとアクリル系モノマー・オリゴマーの混合系の反応
2.2.3マレイミド単独の反応
2.2.4マレイミド環の置換基による反応性の差異
2.3マレイミドアクリレートの特性
2.3.1ラマン分光法を利用したマレイミド基の反応性解析
2.3.2コーティング剤への応用
2.4マレイミドアクリレートポリマーの特性
3アミンイミドを基本骨格とした熱、光塩基発生剤の開発と架橋剤としての利用  桐野 学、 冨田育義
3.1はじめに
3.2アミンイミドの合成
3.2.1熱活性を向上させたアミンイミドの合成
3.2.2光活性を向上させたアミンイミドの合成
3.2.3BFIの芳香環パラ位への置換基の導入と熱、光活性
3.3BFIの光ラジカル開始剤としての特性
3.4BFIを架橋剤として利用した接着剤の開発
3.4.1エポキシ樹脂の単独硬化システム
3.4.2エポキシ樹脂とポリチオールからなる硬化システム
3.4.3エポキシ樹脂とアクリレート樹脂からなる光-熱デュアル硬化システム
3.5おわりに
4UV硬化型テレケリックポリアクリレート  中川佳樹
4.1はじめに
4.2テレケリックポリアクリレートの概略
4.3テレケリックポリアクリレートの合成
4.4テレケリックポリアクリレートのUV硬化
4.5UV硬化型テレケリックポリアクリレートの特徴
4.6おわりに
5UVインプリント材料の開発  三宅弘人、湯川隆生
5.1はじめに
5.2UVインプリントについて
5.3UV硬化性樹脂の特徴
5.3.1ラジカル硬化系
5.3.2イオン硬化系
5.4UV硬化樹脂のインプリントへの適用性
5.4.1インプリント用途への取り組み
5.4.2インプリント用UV硬化性樹脂
5.5おわりに
6リワーク型アクリル系モノマーの開発とUVインプリント材料への応用  白井正充
6.1はじめに
6.2リワーク型多官能アクリル系モノマーの分子設計
6.3UV硬化と分解・可溶化
6.4UVインプリント材料への応用
6.5おわりに



※ 本書籍はご試読頂けません ※

SSL グローバルサインのサイトシール
FAXでもお申し込みいただけます。FAXお申し込み用紙(PDF)を印刷いただき、必要事項をご記入のうえ
 弊社までご送信ください。(FAX番号は、お申込用紙に印刷されています)
※PDF形式のファイルをご覧頂くための Adobe Reader は、アドビ システムズ社から無償提供されています。
                Adobe Reader 最新版ダウンロードはこちらから
■ お問い合わせの前に『よくあるご質問(書籍)』をご一読下さいませ ■
■ セミナー・講習会のご案内はこちらでございます ■