TOP セミナー 書籍 社内研修 セミナーQ&A 書籍Q&A お問い合せ 会社概要


ご購入は、画面下の「書籍購入」ボタンから  
有機電子デバイスのための導電性高分子の物性と評価    
Physical Properties and Evaluation of Conductive Polymers
for High Performance Organic Electronic Devices
[コードNo.2012T849]

※ 本書籍はご試読頂けません ※

■監修/ 小野田光宣
■体裁/ B5判 281ページ
■発行/ 2012年6月 (株)シーエムシー出版
■定価/ 73,440円(税込価格)
■ISBNコード/ 978-4-7813-0564-6

 
★無機系の導電物質に比べ、軽量・フレキシブルであり、低コストな溶液塗布法などが適用できることから期待が高まる
  導電性高分子!
★高い耐熱性・導電率を有するため注目を集めるPEDOTについても詳述!
★透過率やシート抵抗値などの特性向上に伴い、透明導電膜・太陽電池・有機ELなどへの応用展開が活発化!

キーワード

PEDOT/ポリアニリン/ポリピロール/ポリアセチレン/π共役高分子/可溶化技術/ドーパント/電解重合法/化学重合法/高導電化/有機EL/トランジスタ/透明導電膜/有機系太陽電池/タッチパネル/熱電変換/アクチュエータ/コンデンサ/帯電防止

刊行にあたって

 21世紀に入り、環境・エネルギー・ライフサイエンス・バイオ・通信・ナノテクノロジーの時代といわれ、わが国でも重点分野と位置づけた政策がとられている。高度映像情報化社会を取り巻く環境はますます複雑となり、多種多様化し、インターネットを中心とした情報化技術の著しい進展に伴って、次世代エレクトロニクス技術へ向けた有機機能性薄膜の作製と評価、それらを用いた機能性薄膜素子の構築が極めて重要であることが指摘されている。機能の多様性と超微細加工による機能の集積化には、構造的にも準安定状態を多く持ち、多種多様性に富んでいる有機材料に多くの期待が寄せられ、電子の流れを制御する機能を個々の分子に持たせ、分子サイズの素子を実現する分子エレクトロニクスへの期待は大きい。今後、有機分子およびそれらで構成される構造体の持つ性質と特徴をあらゆる工学分野で活用するために必要となる工学体系として"有機分子素子工学"の展開が必要である。
 一方、有機薄膜の電子素子、デバイス応用を考えた場合、有機分子を規則正しく配列制御することにより電気的・光学的性質などを分子レベルで制御でき、有機層の厚さが分子スケールに近づくにつれて界面の特異な性質が反映されるなど、従来予想もつかなかった機能を有する素子、デバイスを実現できる可能性を秘めている。機能を発現するということは、電界や光あるいは熱などの外部刺激や不純物などの外的因子と有機分子内のπ電子や双極子などが受動的、能動的に相互作用することを意味しており、界面の電子現象が機能発現の"からくり"と深く関与している。
 本書は、上述のような観点から主鎖に共役系の発達した高分子、いわゆる導電性高分子を中心とした有機エレクトロニクス研究に関する現状と将来展望についてまとめたものである。特に、導電性高分子の合成、薄膜作製技術と評価方法、導電性高分子薄膜を用いた機能応用として、絶縁体、半導体あるいは金属としての利用、可逆なドーピング性の利用など、最新の話題を取り上げ、十分に解明されていなかった問題点や課題を浮き彫りにしながら開発状況と動向について紹介している。もちろん本書では、電子とイオン両方の流れを含んだ現象やデバイスを扱った導電性高分子のアイオントロニクスも紹介している。導電性高分子を用いた有機エレクトロニクス研究をさらに展開し、有機分子素子工学という新規な学問領域を進展させるためにも、この方面の研究開発に携わっている技術者や研究者の必読の書である。

(「巻頭言」より抜粋)

著者一覧

小野田光宣兵庫県立大学 大学院工学研究科 教授
橋本定待日本先端科学(株) 代表取締役
山本隆一東京工業大学 資源化学研究所 名誉教授
小林征男小林技術士事務所 所長
高木幸治名古屋工業大学 大学院工学研究科 准教授
松下哲士京都大学 大学院工学研究科 高分子化学専攻 助教
サンホセ ベネディクトアルセナ京都大学 大学院工学研究科 高分子化学専攻
赤木和夫京都大学 大学院工学研究科 高分子化学専攻 教授
小泉均北海道大学 大学院工学研究院 物質化学部門 准教授
跡部真人横浜国立大学 大学院環境情報研究院 教授
多田和也兵庫県立大学 大学院工学研究科 准教授
清水博(独)産業技術総合研究所 ナノシステム研究部門 招聘研究員
大森裕大阪大学 大学院工学研究科 教授
岡田裕之富山大学 大学院理工学研究部 教授;自然科学研究支援センター センター長
岩本光正東京工業大学 大学院理工学研究科 電子物理工学専攻 教授
鎌田俊英(独)産業技術総合研究所 フレキシブルエレクトロニクス研究センター 研究センター長
鳥居昌史(株)リコー 研究開発本部 先端技術研究センター シニアスペシャリスト研究員
匂坂俊也(株)リコー 研究開発本部 先端技術研究センター シニアスペシャリスト研究員
小長谷重次名古屋大学大学院 化学・生物工学専攻 応用化学分野 教授
佐野健志山形大学 有機エレクトロニクスイノベーションセンター 准教授
志水茉実綜研化学(株) 機能性材料部
藤井彰彦大阪大学 大学院工学研究科 電気電子情報工学専攻 准教授
福田武司埼玉大学 大学院理工学研究科 物質科学部門 助教
鎌田憲彦埼玉大学 大学院理工学研究科 物質科学部門 教授
前田重義(株)日鉄技術情報センター 調査研究事業部 客員研究員
板倉義雄(株)タッチパネル研究所 副社長
大澤利幸神奈川県産業技術センター 化学技術部
戸嶋直樹山口東京理科大学 工学部 応用化学科 教授、先進材料研究所 所長
金藤敬一九州工業大学 大学院生命体工学研究科 教授
奥崎秀典山梨大学 大学院医学工学総合研究部 准教授
村上敏行日本ケミコン(株) 技術本部 製品開発センター 第三製品開発部 二グループ グループ長
工藤康夫工藤技術コンサルタント事務所 代表
江上賢洋テイカ(株) 大阪研究所 第一課長

構成および内容

【開発編】

第1章導電性高分子  橋本定待
1導電性高分子とは
2導電性高分子の歴史
3導電性高分子の市場
4導電性高分子PEDOT
5電解コンデンサ用途における酸化重合
6導電性高分子の電解重合法
7ポリアニリンとポリピロール
8高導電の導電性高分子
第2章有機金属重縮合法によるπ共役高分子の合成  山本隆一
1はじめに
2有機金属重縮合法で得られるπ共役高分子と酸化・還元機能
3構造規則性π共役高分子の合成とパッキング構造
4おわりに
第3章導電性高分子における電気伝導とその評価法  小林征男
1はじめに
2導電性高分子の構造モデルとホッピング伝導機構
3導電性高分子の電気伝導モデル
4PEDOT/PSS系の電気伝導
5ナノオーダーの導電性高分子の電気伝導
5.1PPyナノチューブ
5.2PEDOTナノワイヤー
第4章芳香族ヘテロ環の特徴を活かした共役系高分子の合成ならびに構造  高木幸治
1はじめに
2ピリジンを側鎖に有する頭尾構造が制御されたポリチオフェン誘導体の合成
2.1背景
2.2グリニャール交換反応と熊田カップリング重合
2.3電気光学特性
2.4まとめ
3イミダゾールを主鎖に有する分子内水素結合形成可能なポリアリーレン誘導体の合成
3.1背景
3.2鈴木カップリングと高分子反応
3.3光学特性
3.4まとめ
4おわりに
第5章液晶性を有する二置換ポリアセチレン誘導体の合成と性質  松下哲士、サンホセ ベネディクトアルセナ、赤木和夫
1はじめに
2ポリマーの合成と同定
3液晶性
4光学的性質
5直線偏光蛍光
6EL特性
7結言
第6章導電性高分子の可溶化技術とドープ状態の安定性  小泉 均
1導電性高分子の可溶性
2側鎖導入による可溶化
2.1ポリ(3-アルキルチオフェン)
2.2その他の導電性高分子
3ドーパントによる可溶化
3.1PEDOT/PSS
3.2溶解性ポリピロール
3.3溶解性ポリアニリン
4ブロックコポリマーによる可溶化
5溶媒可溶化によるポリチオフェンの性質の変化
5.1側鎖導入によるポリチオフェン誘導体の電子状態の変化
5.2側鎖導入による導電性状態の不安定化
6ポリ(3-アルキルチオフェン)の導電性劣化機構
第7章超音波場、遠心場、超臨界流体ならびにイオン液体を反応場とする導電性高分子材料の電解合成  跡部真人
1はじめに
2超音波照射場における導電性高分子の電解合成
3超音波乳化法を利用した環境調和型電解重合法
4遠心場における導電性高分子の電解合成
5イオン液体中における導電性高分子の電解合成
6超臨界流体中における導電性高分子の電解合成
7おわりに
第8章電気泳動堆積法による導電性高分子薄膜作製技術と機能応用  多田和也、小野田光宣
1はじめに
2電気泳動堆積法
3電気泳動堆積法によるナノ構造化導電性高分子薄膜
4ナノ構造化導電性高分子薄膜の機能応用
5電気泳動堆積膜の平坦化
6光起電力材料への展開
7おわりに
第9章高せん断成形加工法による導電性ナノコンポジットの創製  清水 博
1はじめに
2高分子/CNT系ナノコンポジット創製の鍵
3高せん断成形加工法による高分子中へのCNTのナノ分散化とナノコンポジット創製
3.1高せん断成形加工法の概要
3.2高分子/CNT系導電性ナノコンポジット
3.3伸縮自在電極の構築に向けた高導電性エラストマーの創製
3.4表面コーティング手法による高導電性化
3.5階層構造構築による三元系導電性材料の創製
4おわりに

【応用編】

第10章有機EL
1ポリマー有機EL  大森 裕
1.1まえがき
1.2有機EL用高分子発光材料
1.3ポリアルキルフルオレン系材料による積層構造の有機ELの作製と高輝度化
1.4ポリフルオレン系高分子を用いた白色有機ELの作製
1.5まとめ
2フレキシブル化を目指した導電性高分子有機EL素子と応用  岡田裕之
2.1はじめに
2.2自己整合IJP法による有機EL素子
2.3DLCバリア形成技術
2.4両面発光ラミネート有機EL素子
2.5まとめ
第11章有機薄膜トランジスタ
1導電性高分子トランジスタの評価技術  岩本光正
1.1はじめに
1.2MW効果と有機電界効果トランジスタの動作
1.2.1MW効果と電荷蓄積
1.2.2MW効果と有機トランジスタの特性
1.2.3キャリアのチャネル走行時間
1.3キャリア輸送の評価
1.3.1TOF法によるキャリア輸送の評価(間接的方法)
1.3.2EFISHG法によるキャリア輸送の評価(直接的方法)
1.4有機半導体のエネルギー構造とキャリア挙動の評価
1.5まとめ
2導電性高分子を用いたトランジスタ特性  鎌田俊英
2.1半導体のキャリア伝導機構
2.2高分子トランジスタ構造
2.3高分子トランジスタの性能
2.3.1分子構造依存性
2.3.2立体規則性依存性
2.3.3分子量依存性
2.3.4ドーピング効果
2.3.5薄膜作製法依存性
2.4様々な種類の高分子半導体材料
2.4.1ポリチオフェン
2.4.2ポリフルオレン
2.4.3ポリトリアリルアミン
2.4.4n型半導体
2.4.5両極性半導体
3有機薄膜トランジスタ用高分子材料  鳥居昌史、匂坂俊也
3.1はじめに
3.2アモルファス高分子材料
3.2.1ポリトリフェニルアミン
3.2.2フルオレン―トリフェニルアミン共重合体
3.2.3トリアリールアミン―フェニレンビニレン共重合体
3.2.4トリアリールアミン―ビニレン共重合体
3.3配向性高分子材料
3.3.1ポリチオフェン系材料
3.3.2フルオレン―ビチオフェン共重合体
3.3.3チエノチオフェン―ビチオフェン共重合体
3.3.4チオフェン―アクセプターユニット共重合体
3.4ポリジアセチレン系材料
3.5おわりに
第12章透明導電膜
1PEDOTの高導電化と透明導電膜への応用  橋本定待
1.1PEDT/PSSディスパージョン
1.2溶剤系PEDOT導電性高分子
1.3ポリアニリン系導電性高分子
1.4タッチパネルへの導電性高分子の応用
1.5その他の新分野
2導電性高分子複合化技術と導電性フィルムへの応用  小長谷重次
2.1はじめに
2.2導電性高分子の溶解性・ナノ分散性向上
2.3導電性高分子の複合化技術
2.4導電性高分子複合化技術のフィルムへの応用
2.4.1ポリアニリン積層フィルム
2.4.2ポリピロール積層導電性フィルム
2.4.3ポリアニリン粒子積層フィルム
2.4.4スルホン化ポリアニリン・水分散性ポリエステル複合体積層導電性フィルム
2.4.5その他
2.5おわりに
3高い導電率を有する導電性高分子膜の開発  佐野健志
3.1はじめに
3.2背景
3.3導電性高分子の導電率
3.4高導電率化への考え方
3.5高導電率化を実現する化学重合法
3.6高導電性PEDOT膜の形成方法および物性解析
3.7応用可能性
第13章光電変換素子
1色素増感太陽電池用対極材「ベラゾールTM」  志水茉実
1.1序論
1.2カソード電極用導電性高分子 ベラゾールTM
1.2.1導電性高分子の問題点とベラゾールTMの設計指針
1.2.2導電性高分子が持つ腐食性
1.2.3ベラゾールTMのカソード電極としての特性
1.2.4ベラゾールTMの電気化学的安定性
1.2.5ベラゾールTMの導電性高分子主骨格による特徴
1.3まとめと今後の展開
2白金に代わる色素増感型太陽電池用対極材料  清水 博
2.1はじめに
2.2界面活性剤(イオン液体)の利用によるコア・シェル型構造三元系ナノコンポジットの創製
2.3色素増感型太陽電池用対極材料への応用とその光電変換特性
2.4おわりに
3導電性高分子薄膜太陽電池の特徴と性能改善  藤井彰彦
3.1はじめに
3.2導電性高分子/フラーレン界面における光誘起電荷分離
3.3積層型ヘテロ接合とバルクヘテロ型接合
3.4分子配向・結晶性と電荷輸送
3.5金属酸化物半導体層と電荷収集
3.6むすび
4有機撮像素子―塗布プロセスでの波長選択性と高効率化―  福田武司、鎌田憲彦
4.1はじめに
4.2有機薄膜撮像素子の可能性
4.3塗布プロセスによる波長選択性有機受光薄膜
4.4有機光電変換素子へのシロール誘導体の添加効果
4.5おわりに―今後の研究・技術展望―
第14章導電性高分子(ポリアニリン)による金属防食被覆  前田重義
1はじめに
2導電性ポリアニリンとは
3金属防食作用の発見と防食被覆
4ポリアニリンによる防食メカニズム
5ポリアニリンの合成と可溶化
6Double strand型ポリアニリンの開発
7おわりに
第15章導電性高分子フィルムのタッチパネルへの応用  板倉義雄
1はじめに
2タッチパネルにおける導電材の動向
3導電性高分子のタッチパネルへの利用状況
4他のタッチパネル用導電材との比較
5今後の技術動向
6まとめ
第16章導電性高分子バッテリー  大澤利幸
1はじめに
2導電性高分子電極を使った二次電池の原理
3導電性高分子バッテリーの特徴
4導電性高分子複合電極
5導電性高分子バッテリーの展望
6おわりに
第17章導電性高分子の熱電変換機能  戸嶋直樹
1はじめに
2導電性高分子熱電材料の特徴
3熱電変換の原理と材料特性評価
3.1熱電変換の原理
3.2無次元熱電変換性能指数ZT
3.3導電率
3.4ゼーベック係数
3.5熱伝導率
4導電性高分子の熱電変換特性
4.1熱伝導率
4.2導電率
4.3ゼーベック係数
5将来展望
6おわりに
第18章アクチュエータ
1導電性高分子アクチュエータと圧力・歪みセンサ  金藤敬一
1.1はじめに
1.2ソフトアクチュエータ用導電性高分子の合成
1.3電解伸縮の測定法
1.4導電性高分子の電解伸縮特性
1.5ポリピロールアクチュエータのイオン液体による駆動
1.6圧力・歪みセンサ
1.7おわりに
2空気中で電場駆動する導電性高分子アクチュエータ  奥崎秀典
2.1はじめに
2.2比表面積
2.3水蒸気吸着特性
2.4電気収縮挙動
2.5収縮応力と体積仕事容量
2.6直動アクチュエータとポリマッスル
2.7おわりに
第19章コンデンサ
1導電性高分子を用いたアルミ固体電解コンデンサの特徴と今後の課題  村上敏行
1.1はじめに
1.2コンデンサ
1.3導電性高分子を用いたアルミ固体電解コンデンサ
1.3.1構造
1.3.2導電性高分子材料
1.3.3導電性高分子を用いた巻回型アルミ固体電解コンデンサの特長
1.4今後の課題
1.4.1アルミ電極構造と導電性高分子の機能
1.4.2導電性高分子に求められる課題
1.5最後に
2各種導電性高分子の重合方法と固体電解キャパシタへの応用展開  工藤康夫
2.1はじめに
2.2新規電解重合ポリピロールの開発ならびにアルミニウム機能性高分子キャパシタへの応用
2.3新規化学重合ポリピロールの開発ならびにタンタル機能性高分子キャパシタへの応用
2.4新規化学重合ポリエチレンジオキシチオフェンの開発ならびにタンタル機能性高分子キャパシタへの応用
2.5おわりに
第20章帯電防止コーティング
1導電性高分子をコートした導電性繊維シートの用途展開  江上賢洋
1.1はじめに
1.2各種導電性繊維シートの比較
1.3導電性高分子を繊維シート表面で重合させる方法
1.3.1材料の選定
1.3.2ポリピロールをコートする導電性繊維の作製方法
1.4得られた導電性繊維シートの特長
1.5ポリピロールをコートした繊維の用途例
1.6電波吸収シート
1.6.1電波吸収体の概要
1.6.2ポリピロールをコートした導電性繊維(不織布)
1.6.3電波吸収性能評価方法
1.6.4電波吸収体の性能
1.7おわりに
2帯電防止材  小長谷重次
2.1はじめに
2.2帯電防止材
2.2.1第一世代
2.2.2第二世代
2.2.3第三世代
2.3導電性高分子を用いた帯電防止フィルム
2.3.1導電性高分子を用いた帯電防止フィルム
2.3.2ITO代替高帯電防止フィルム
2.4おわりに
第21章分子素子への展望と課題  小野田光宣
1はじめに
2分子システム設計―本研究における機能分子の材料化の基本的考え―
3電気化学的重合(電解重合)法
4電解重合反応機構
5PPyの成長形態の制御
6溶媒と電解質アニオンの塩基性効果
7あとがき



※ 本書籍はご試読頂けません ※

SSL グローバルサインのサイトシール
FAXでもお申し込みいただけます。FAXお申し込み用紙(PDF)を印刷いただき、必要事項をご記入のうえ
 弊社までご送信ください。(FAX番号は、お申込用紙に印刷されています)
※PDF形式のファイルをご覧頂くための Adobe Reader は、アドビ システムズ社から無償提供されています。
                Adobe Reader 最新版ダウンロードはこちらから
■ お問い合わせの前に『よくあるご質問(書籍)』をご一読下さいませ ■
■ セミナー・講習会のご案内はこちらでございます ■