TOP セミナー 書籍 社内研修 セミナーQ&A 書籍Q&A お問い合せ 会社概要


ご購入は、画面下の「書籍購入」ボタンから  
機能性食品素材と運動療法    
-生活習慣病予防と運動機能維持・向上をめざして-
Functional foods, a material and Exercise therapy
-Aims to prevent lifestyle-related diseases, and maintain and improve active life-
[コードNo.2012T851]

※ 本書籍はご試読頂けません ※

■監修/ 大澤俊彦・佐藤祐造
■体裁/ B5判 225ページ
■発行/ 2012年6月 (株)シーエムシー出版
■定価/ 69,120円(税込価格)
■ISBNコード/ 978-4-7813-0566-0

 
★生活習慣病の予防と対策に不可欠な「食品」「運動」情報を集約!
★エビデンスにもとづいた食品素材と有効な利用法も紹介!
★抗老化のために運動療法を併用し効果もアップ!

キーワード

抗酸化/抗肥満/糖尿病/がん予防/バイオマーカー/代謝促進/運動障害/骨粗鬆症/関節疾患/燃焼系運動/体力維持

刊行にあたって

 65歳以上の人が総人口に占める割合、高齢者化率が7%を超えると「高齢化社会」、14%を超えると「高齢社会」、21%を超えると「超高齢社会」といわれています。日本は1970年に高齢化率が7%を超え、1994年には14%を超え、2010年10月1日の時点での高齢者人口は過去最高の2、929万人で、高齢化率は23.1%と「超高齢社会」となりました。今後も急速に増え続けると推定されています。さらに、戦後のベビーブームに生まれた年齢層、いわゆる「団塊の世代」も、大量退職の時代を迎え、資金的には余裕のある生活を楽しむことができる可能性を持ちつつも、年齢とともに体力の低下は避けられないことを実感し、まだまだ若い者に負けられないと思う気持ちと裏腹に体力の限界を味わっているのが現状です。
 一方、がんや動脈硬化、糖尿病の合併症など、「生活習慣病」になる高い可能性は誰もが持っていますが、疾病に発症に至る前の段階、いわゆる「未病」段階に如何に長くとどめることができるか、が重要な課題となっています。しかしながら、特に、このような高齢者、さらにはその予備軍である「団塊の世代」の人たちにとって、生活習慣病の予防と運動機能の維持がQOL向上の大きな要素となります。重篤な疾患を引き起こす生活習慣病の予防には適切な食生活とともに運動療法を行うことで大きな効果を得ることができます。また、「介護予防」として、個々の状態に適した運動方法と食品素材の研究も盛んになっています。しかし、効果の低いサプリメントや健康食品、また、身体に負担を掛けたり筋肉や関節に障害を与えるような運動方法など、科学的な根拠に基づいている(Evidence-based)とは言い難いような情報も含めて、様々な情報にあふれているのが現状です。
 このような背景で、本書では「機能性食品、素材」、特に、「抗酸化食品・素材」と「運動療法」に焦点を当て、様々な観点から、「適正な運動療法とは何か?」、また、各年齢層にあった運動療法の可能性について運動生理学を中心とした専門家や第一線の臨床医の先生方に解説をしていただきました。また、最近の運動機能向上を目指したサプリメントや健康食品の企業間の開発競争は、眼を見張るものです。しかしながら、科学的な根拠に基づいた(Evidence-based)機能評価がなされた商品はごく僅かしか存在しないといっても過言ではないのが現状でしょう。われわれの研究グループは、機能性食品評価における「バイオマーカー」(生体指標)の必要性を痛感してきました。特に、抗酸化機能食品のもつ役割に焦点をあて、「抗酸化バイオマーカー」の開発を重点的に進めてきました。その方法は、簡単に入手しうる唾液や血液、尿などの素材に、疾患予防バイオマーカーや酸化ストレスバイオマーカーを用いて簡便かつ定量的に測定することで、まだ未病の段階なのか、それとも既に病気の段階なのかを診断し、個人個人に適した運動や食生活を指導することができないものか、というわけです。
 今回の企画の執筆者は、いずれも、この分野では国際的にも評価の高いトップの研究者であり、専門分野に関連した国際的な研究動向をまとめていただきました。「機能性食品」、特に「抗酸化食品」の持つ「運動機能」への役割の重要性が世界的にも認知されつつある現状の中で、本書の刊行はきわめてタイムリーであり、食品機能や運動生理の研究者のみならず、予防医学や臨床医学、生化学、薬理学、栄養学、食品科学など、産官学の一線の研究者にとって必読の書であると確信しています。

巻頭言より

著者一覧

大澤俊彦愛知学院大学 心身科学部 学部長;教授(健康栄養学科)
佐藤祐造愛知学院大学 心身科学部 健康科学科 教授
家森幸男武庫川女子大学 国際健康開発研究所 所長
森真理武庫川女子大学 国際健康開発研究所 講師
望月美佳愛知学院大学 心身科学部 健康栄養学科 助手
丸山和佳子(独)長寿医療研究センター 加齢健康脳科学研究部 部長
永井雅代(独)長寿医療研究センター 加齢健康脳科学研究部
能勢弓(独)長寿医療研究センター 加齢健康脳科学研究部
直井信愛知学院大学 心身科学部
伊藤友美北海道教育大学 教育学部 准教授
宇野智子愛知学院大学 心身科学部 健康栄養学科 准教授
太田好次藤田保健衛生大学 医学部化学 教授
濱田博喜岡山理科大学 理学部 教授
堀尾嘉幸札幌医科大学 医学部 教授
下村吉治名古屋大学 大学院生命農学研究科 応用分子生命科学専攻 応用生命化学講座 栄養生化学研究分野 教授
津金昌一郎国立がんセンター がん予防・検診研究センター 予防研究部 部長
田村好史順天堂大学大学院 代謝内分泌内科学 准教授
北村伊都子愛知学院大学 教養部 専任講師
梅垣宏行名古屋大学医学部附属病院 老年内科 助教
青井渉京都府立大学大学院 生命環境科学研究科 健康科学研究室 助教
三宅義明東海学園大学 スポーツ健康科学部 教授
三浦陽子名古屋文理大学 健康生活学部 健康栄養学科 助手
内藤通孝椙山女学園大学 大学院生活科学研究科 教授
下田博司オリザ油化(株) 研究開発部 部長
藤井健志(株)カネカ QOL事業部 機能性食品グループ
大野秀樹杏林大学 医学部 衛生学公衆衛生学教室 主任教授
櫻井拓也杏林大学 医学部 衛生学公衆衛生学教室 講師
小笠原準悦杏林大学 医学部 衛生学公衆衛生学教室 助教
石橋義永杏林大学 医学部 衛生学公衆衛生学教室 博士研究員
木崎節子杏林大学 医学部 衛生学公衆衛生学教室 教授
渡部睦人東京農工大学 農学部附属 硬蛋白質利用研究施設 研究員
野村義宏東京農工大学 農学部附属 硬蛋白質利用研究施設 准教授
内藤裕二京都府立医科大学 大学院医学研究科 消化器内科学 准教授
高木智久京都府立医科大学 大学院医学研究科 消化器内科学 講師
吉川敏一京都府立医科大学 学長
高波嘉一大妻女子大学 家政学部 食物学科 教授;京都府立医科大学
川合ゆかり(財)ルイ・パストゥール医学研究センター 健康スポーツ医科学研究室 室長
長崎大愛知学院大学 心身科学部 健康科学科 准教授

構成および内容

序論機能性食品と運動療法  大澤俊彦、佐藤祐造
1はじめに
2「機能性食品」とは
3運動療法における食品の重要性
4スポーツ系食品の開発
5抗酸化食品への期待

第1編 抗酸化食品・素材

第1章抗酸化食品とバイオマーカー  大澤俊彦
1抗酸化食品の持つ機能性
2抗酸化単位(Antioxidant-unit)の確立に向けて
3抗酸化食品の機能評価
4酸化ストレスバイオマーカーの開発
第2章大豆の栄養源とイソフラボンの機能性  家森幸男、森 真理
1大豆は長寿への栄養源
2大豆イソフラボンの摂取状況
3大豆イソフラボンと循環器疾患
4大豆摂取と前立腺癌、乳癌
5イソフラボンと骨粗鬆症
6大豆イソフラボンと糖代謝
7更年期症状や着床、その他へのイソフラボンの影響
8おわりに
第3章ゴマリグナンの代謝と機能性  望月美佳
1はじめに
2ゴマの栄養特性
3ゴマリグナン
4「セサミン」の機能性
5「セサモリン」の機能性
6「セサミノール」の機能性
7おわりに
第4章ポリフェノールの抗老化作用  丸山和佳子、永井雅代、野瀬 弓、大澤俊彦、直井 信
1はじめに
2ポリフェノールとは
3ポリフェノールと脳の老化、神経変成疾患
4レビー小体病モデル細胞に対するポリフェノール類の作用
5おわりに
第5章エルゴチオネインの抗炎症作用  伊藤友美
1はじめに
2エルゴチオネインとは
3エルゴチオネインの機能性
3.1活性酸素
3.2エルゴチオネインの機能性
4次亜塩素酸によるリジンクロラミン生成抑制を指標としたエルゴチオネインの抗炎症作用
4.1好中球による次亜塩素酸の生成
4.2HOClとアミノ酸/タンパク質との反応
4.3炎症と動脈硬化
4.4エルゴチオネインの抗炎症活性
5脂肪細胞のTNF-αによる炎症性サイトカイン産生抑制によるエルゴチオネインの抗炎症作用
5.1メタボリックシンドロームと肥満
5.2肥満と脂肪組織の炎症
5.3エルゴチオネインの抗炎症活性
6EGT含有食品によるシワ形成抑制作用
6.1皮膚の老化と太陽紫外線
6.2皮膚の老化と活性酸素
6.3エルゴチオネインの抗光老化作用
6.4炎症による光老化作用
6.5エルゴチオネイン含有食品のin vivoにおける抗光老化作用
第6章漢方と肥満、糖尿病  宇野智子
1はじめに
2糖尿病
2.1清心蓮子飲
2.2紫苓湯
2.3牛車腎気丸
3肥満
3.1防風通聖散
3.2防已黄耆湯
4おわりに
第7章抗酸化ビタミン・ミネラル  太田好次
1はじめに
2抗酸化ビタミン
2.1ビタミンA
2.2ビタミンB群
2.3ビタミンC
2.4ビタミンE
3抗酸化ミネラル
3.1亜鉛(Zn)
3.2クロニウム(Cr)
3.3セレン(Se)
3.4鉄(Fe)
3.5銅(Cu)
3.6マグネシウム(Mg)
3.7マンガン(Mn)
第8章トランスーレスベラトロールの機能性解明  濱田博喜、堀尾嘉幸
1はじめに
1.1岡山産ピオーネ果皮からのレスベラトロール(RSV)の抽出
1.2レスベラトロール(RSV)の新しい誘導体の合成-植物培養細胞を活用して-
2レスベラトロールのサーチュインを介する生物作用

第2編 生活習慣病予防と運動療法

第9章生活習慣病対策と運動  佐藤祐造
1はじめに
2安静の弊害
2.1生活習慣病/メタボリックシンドローム
2.2糖尿病
3身体運動とエネルギー代謝
3.1運動中の主要エネルギー源
3.2運動強度によるエネルギー源の違い
4生活習慣病と身体運動:疫学的研究成績
4.1糖尿病・肥満
4.2高血圧症
4.3脂質異常症
5生活習慣病に対する運動療法の効果
5.1糖尿病・肥満
5.2高血圧
5.3脂質異常症
6運動処方の実際
6.1運動療法の適応とメディカル・チェック
6.2運動の種類と方法
6.3運動療法実施上の注意点
第10章活性酸素と運動  下村吉治
1活性酸素の種類
2体内での活性酸素の生成と代謝
3運動による活性酸素の生成とトレーニング効果
第11章がん予防と運動  津金昌一郎
1国際的な評価
2日本人のエビデンス
3多目的コホート研究(JPHC Study)からのエビデンス
3.1身体活動量とがん罹患リスクとの関連
3.2身体活動量と死亡リスクとの関連
4身体活動とがん:メカニズム、特に、インスリン抵抗性との関係
5がん予防のための身体活動量
第12章異所性脂肪と運動  田村好史
1はじめに
2異所性脂肪とインスリン抵抗性
3異所性脂肪に対する運動の効果 @
4異所性脂肪に対する運動の効果 A
5異所性脂肪の蓄積原因
6おわりに
第13章糖尿病予防と運動  北村伊都子、佐藤祐造
1生活習慣の改善、運動の効果に関する疫学的研究
2運動の内分泌代謝学的効果とそのメカニズム
2.1急性効果
2.2トレーニング効果
3運動療法の実際
4日本における糖尿病運動療法の現状
第14章運動による認知症予防  梅垣宏行
1はじめに
2認知症の原因疾患
3MCI
4認知症の薬物治療
5認知症の薬物的な予防
6運動による認知症予防
7運動による認知症予防の機序
8まとめ

第3編 運動機能食品・素材

第15章運動機能向上と食品素材総論  大澤俊彦
1はじめに
2発酵による機能性食品素材の創製
3黒麹菌を利用した機能性食品素材開発
4発酵法による機能性素材生産の最近の話題
第16章アスタキサンチンの代謝促進作用  青井 渉
1天然のカロテノイド アスタキサンチン
2エネルギー代謝と健康問題
3エネルギー代謝におよぼすアスタキサンチンの有用性
4有酸素運動時のエネルギー代謝におよぼすアスタキサンチンの有用性
5中・高強度運動時のエネルギー代謝におよぼすアスタキサンチンの有用性
6おわりに
第17章発酵レモンフラボノイドの運動障害予防作用  三宅義明
1運動障害と酸化ストレス
2レモンフラボノイド
3発酵レモンフラボノイド
4運動酸化ストレスへの影響
4.1レモンフラボノイドの運動酸化ストレス低減作用
4.2発酵レモンフラボノイド
第18章ワサビ葉イソサポナリンによる紫外線傷害予防作用  三浦陽子、内藤通孝
1はじめに
2紫外線の影響
3抗酸化物質としてのワサビ
4短期間の紫外線照射に対するイソサポナリン塗布の紅斑抑制効果
4.1紅斑抑制効果
4.2抗酸化作用
4.3紫外線の照射によるDNA損傷
5長期間の紫外線照射に対するイソサポナリン塗布のしわ形成抑制効果
5.1皮膚中の水分量および水分蒸散量
5.2紫外線照射によるしわの形成およびコラーゲンの形成
6おわりに
第19章骨および関節疾患対応素材―温州ミカン、赤ショウガ―  下田博司
1はじめに
2温州ミカンエキスおよび含有成分の骨に及ぼす作用
2.1β-CPXの骨代謝改善作用
2.2ヘスペリジンの骨代謝改善作用
2.3温州ミカンエキスの骨代謝改善作用
3赤ショウガエキスの関節症に対する作用
3.1赤ショウガ
3.2炎症モデル動物に対する作用
3.3抗炎症メカニズム
4おわりに
第20章身体つくりとアミノ酸  下村吉治
1はじめに
2筋タンパク質合成のためのアミノ酸
3骨格筋における分岐鎖アミノ酸濃度
4運動によるアミノ酸分解の促進
5筋タンパク質合成のための栄養
5.1タンパク質サプリメント
5.2アミノ酸サプリメント
5.3分岐鎖アミノ酸サプリメント
6おわりに
第21章還元型コエンザイムQ10による中高年齢者の運動機能維持  藤井健志
1はじめに―中高年齢者が衰える二つの側面―
2コエンザイムQ10の活性型は還元型
3運動とCoQ10
4中高年齢者の活動度増加
5血中還元型CoQ10の割合は健康パラメーターになるか
6還元型CoQ10は食品からも摂取できる
7まとめ
第22章燃焼系素材と運動  大野秀樹、櫻井拓也、小笠原準悦、石橋義永、木崎節子
1はじめに
2遺伝子ドーピング
3レスベラトロール
4オリゴノール
5茶カテキン
6カフェイン
7L-カルニチン
8カプサイシン
9アミノ酸
10ケセルチン
11おわりに
第23章運動器疾患と機能性食品  渡部睦人、野村義宏
1はじめに
2機能性食品としてのコラーゲン
2.1ドイツでの伝説
2.2コラーゲンの骨・関節に対する作用
3in vitroのassay系について
4機能性食品素材のポテンシャル
5まとめ

第4編 運動機能維持・向上

第24章高齢者の運動処方総論  佐藤祐造
1高齢者の増加と生産年齢人口
2高齢者の身体的特徴
2.1加齢に伴う生理機能の変化
2.2高齢者の運動機能の変化
2.2.1体力・生理的予備力の低下
2.2.2個人差の増大
2.2.3組織の脆弱化
2.2.4回復の遅延
2.2.5血圧の亢進
2.2.6最高心拍数の低下
2.2.7運動許容量の幅が少ない
2.3高齢者にみられる糖代謝の変化
3高齢者に対する身体運動の効果
3.1身体トレーニングとインスリン抵抗性
3.1.1身体運動とインスリン抵抗性
3.1.2有酸素運動、レジスタンス運動
3.1.3乗馬様他動的運動機器を用いた運動
3.2身体トレーニングと冠危険因子
3.3身体運動と筋力、筋量
3.4身体トレーニングと抗炎症作用
4運動処方の実際
4.1運動療法の適応とメディカルチェック
4.2運動の種類と実施方法
4.3運動療法実施上の注意点
第25章運動と酸化ストレス  内藤裕二、青井 渉、高木智久、吉川敏一
1はじめに
2急性運動負荷と酸化ストレス
3日常的運動によるメタボリックシンドローム対策
4日常的運動によるがん予防
5おわりに
第26章アンチエイジングと筋力  高波嘉一、川合ゆかり、吉川敏一
1はじめに
2骨格筋の加齢変化の特徴
3サルコペニアによる骨格筋の萎縮
4加齢による運動機能の低下と転倒
5サルコペニア予防のための対策
5.1ビタミンDとサルコペニア
5.2タンパク質・アミノ酸とサルコペニア
5.3その他の栄養素とサルコペニア
6アンチエイジングのための筋力増強作戦
7おわりに
第27章身体運動と糖代謝機能の維持・向上  長崎 大
1はじめに
2インスリンシグナル伝達系路とは
3インスリン抵抗性発現機序
4運動が糖代謝機能に及ぼす急性効果
5運動トレーニングが糖代謝機能に及ぼす慢性効果
6おわりに



※ 本書籍はご試読頂けません ※

SSL グローバルサインのサイトシール
FAXでもお申し込みいただけます。FAXお申し込み用紙(PDF)を印刷いただき、必要事項をご記入のうえ
 弊社までご送信ください。(FAX番号は、お申込用紙に印刷されています)
※PDF形式のファイルをご覧頂くための Adobe Reader は、アドビ システムズ社から無償提供されています。
                Adobe Reader 最新版ダウンロードはこちらから
■ お問い合わせの前に『よくあるご質問(書籍)』をご一読下さいませ ■
■ セミナー・講習会のご案内はこちらでございます ■