TOP セミナー 書籍 社内研修 セミナーQ&A 書籍Q&A お問い合せ 会社概要


ご購入は、画面下の「書籍購入」ボタンから  
レスベラトロールの基礎と応用    
Basic and Applied Sciences of Resveratrol
[コードNo.2012T862]

※ 本書籍はご試読頂けません ※

■監修/ 坪田一男
■体裁/ B5判 250ページ
■発行/ 2012年9月 (株)シーエムシー出版
■定価/ 71,280円(税込価格)
■ISBNコード/ 978-4-7813-0599-8

 
★アンチエイジング作用で一躍注目を集めるレスベラトロール。
★その機能のほか、物性、誘導体製造、体内動態などの基礎から、食品、化粧品、医薬への応用までを網羅!
★アンチエイジング作用の他、抗酸化作用、抗炎症作用、抗がん作用、神経・腎臓保護作用、循環改善作用など広範に
  わたるレスベラトロールの機能性を詳述!!

キーワード

レスベラトロール/ポリフェノール/長寿遺伝子/アンチエイジング/サーチュイン/抗酸化/がん/糖尿病/認知症/食品/化粧品/医薬品

刊行にあたって

刊行のねらい

 レスベラトロールは、ぶどうの皮や赤ワイン、ピーナッツの赤皮に多く含まれるポリフェノールの一種である。数あるフードファクターのひとつにすぎないのだが、現在食品業界、サプリメント業界、医学界はじめ、さまざまな分野から大きな注目を集めている。その理由は、レスベラトロールの独特な健康効果にある。
このような折、“レスベラトロール”に焦点を絞った教科書を出版したいとの申し出があった。自分は眼科臨床医であるが、レスベラトロールの可能性に早くから着目して、我々の研究室からはすでにレスベラトロール関連で4本の医学論文を出している。また、社会に正しい情報を提供し、さらにレスベラトロールについて研究を深めていく上でも、非常によい機会であると考え、本教科書の編集の仕事をお引き受けすることにした。
編集にあたっては、現在活発に行われている本邦におけるレスベラトロール研究の第一人者の先生方に執筆をお願いし、ご快諾をいただいた。これにより、科学として質の高い網羅的な教科書ができたものと満足している。執筆者の先生方にはこの場を借りてお礼申し上げたい。
本教科書では、レスベラトロールのフードファクターとしての基本情報から、加齢に関するさまざまな疾患への関わりまで、ご執筆いただいた。さらにそのメカニズムについても、現在解明されている範囲でカロリーリストリクションを含めて解説していただいた。 レスベラトロールは研究すればするほど魅力が増す興味深いフードファクターだとあらためて思う。2012年の時点において最高のレスベラトロールの教科書であることは間違いないと自負しているが、真に皆様のお役に立つことができればこれほど嬉しいことはない。

坪田一男
(本書「第1章 はじめに」より一部抜粋)

著者一覧

坪田一男慶應義塾大学 医学部 眼科学教室 教授、環境情報学部 ヘルスサイエンスラボ
大澤俊彦愛知学院大学 心身科学部 学部長、教授(健康栄養学科)
立藤智基(株)山田養蜂場本社 研究事業開発部 部長
谷央子(株)山田養蜂場本社 みつばち健康科学研究所 主幹研究員
谷野豊(株)分子生理化学研究所 製品開発・学術部 取締役
新村健慶應義塾大学 医学部 老年内科 専任講師
下川功長崎大学 大学院医歯薬学総合研究科 教授
千葉卓哉早稲田大学 人間科学学術院 基礎老化学研究室 准教授
森亮一長崎大学 大学院医歯薬学総合研究科 講師
小沢洋子慶應義塾大学 医学部 眼科学教室 専任講師
三宅誠司慶應義塾大学 医学部 眼科学教室 研究員
澤登雅一三番町ごきげんクリニック;東海大学 血液腫瘍内科 非常勤講師
長岡泰司旭川医科大学 眼科学教室 講師
北田宗弘金沢医科大学 糖尿病・内分泌内科学 講師
古家大祐金沢医科大学 糖尿病・内分泌内科学 教授
井上浩義慶應義塾大学 医学部 化学教室 教授
柴山(岡本)和子東京歯科大学 微生物学講座 助教
杉崎太一慶應義塾大学 医学部 腎臓内分泌代謝内科
渡辺光博慶應義塾大学 大学院政策・メディア研究科 兼 環境情報学部 兼 医学部 教授
石田晋北海道大学 大学院医学研究科 眼科学分野 教授
中村滋慶應義塾大学 医学部 眼科学教室 研究員
久保田俊介慶應義塾大学 医学部 眼科学教室 Research Associate
単少傑オリザ油化(株) 応用企画開発課 主任研究員
久野篤史札幌医科大学 医学部 薬理学講座 助教
堀尾嘉幸札幌医科大学 医学部 薬理学講座 教授
佐々木努群馬大学 生体調節研究所 代謝シグナル解析分野 助教
安斉俊久国立循環器病研究センター 心臓血管内科部門 部長
吉野純Washington University School of Medicine Center for Human Nutrition Research Assistant Professor
辻村晃大阪大学 大学院医学系研究科 器官制御外科学(泌尿器科) 准教授

構成および内容

【総論】

第1章はじめに―レスベラトロールのサイエンス― 坪田一男
1レスベラトロール研究の歴史
2エイジング研究におけるサーチュインの立場
3長寿達成についてはまだディスカッション
4レスベラトロールをめぐる議論
5現在のレスベラトロールの考え方

【基礎】

第2章ポリフェノールとレスベラトロール 大澤俊彦
1はじめに
2「ポリフェノール」の機能
3「機能性ポリフェノール」への期待
4エビデンスに基づいたポリフェノール開発への期待
5レスベラトロールへの期待
6ポリフェノールによる寿命延長作用
第3章レスベラトロールの原料および製造 立藤智基
1主な原材料と産地
2急拡大するレスベラトロール市場
3利用用途
4製造方法
5レスベラトロール原料におけるスチルベノイド等ポリフェノール関連の成分規格
5.1ブドウ由来の原料
5.2赤ワイン由来の原料
5.3メリンジョ由来の原料
5.4リンゴンベリー由来の原料
6摂取目安量
7安全性に関する情報
8安定性に関する情報
9研究の状況と展望
第4章レスベラトロールとその誘導体の構造、植物分布、活性 谷 央子
1はじめに
2レスベラトロール誘導体
2.1モノマー
2.1.1水酸化、メチル化、メトキシ化、デオキシ化誘導体
2.1.2プレニル化誘導体
2.1.3配糖体
2.2オリゴマー
2.2.1ダイマーからテトラマー
2.2.2高重合したレスベラトロールオリゴマー
第5章レスベラトロールの安全性・吸収・代謝・体内動態・レスベラトロールサプリメントの見極め方 谷野 豊
1はじめに
2レスベラトロールの安全性
3レスベラトロールの吸収・代謝
4レスベラトロールサプリメントの見極め方
5おわりに

【アンチエイジング作用】

第6章カロリー制限の分子メカニズム 新村 健
1老化のメカニズム
2老化は制御できるか?
3CRはどのような機序で老化を抑制するのか?
4CRのメカニズムに関する仮説
4.1発育遅延説、成長ホルモン・IGF-1抑制説
4.2代謝率低下説
4.3体脂肪減少説
4.4酸化ストレス軽減説
4.5細胞減少抑制説
4.6糖・インスリン代謝改善説
4.7ホルミシス仮説
5CR効果を仲介する細胞内情報伝達系
5.1インスリン・IGF-1シグナル
5.2Sir2(Sirtuin family)
5.3mTORシグナル
5.4AMP-activated protein kinase(AMPK)
5.5ミトコンドリア機能制御
5.6染色体安定性
6まとめ
第7章サーチュインと老化、寿命 下川 功、千葉卓哉、森 亮一
1はじめに
2SIRTの局在と機能
3SIRT1
3.1SIRT1の機能
3.2SIRT1とカロリー制限(CR)との関連性
3.3SIRT1とAMPK
4SIRT3
5SIRT6
6おわりに
第8章CRM(caloric restriction mimetics)としての作用とメカニズム 小沢洋子
1はじめに
2CRのエイジングに対する効果
3CRMのコンセプト
4レスベラトロールにおけるCR類似効果の発見
5レスベラトロールのSIRT1に対する効果
6レスベラトロールによる遺伝子発現の変化
7ヒトにおけるレスベラトロールの効果
8レスベラトロール-SIRT1-オートファジー
9レスベラトロールのCRMとしてのメカニズム

【機能性とメカニズム】

第9章レスベラトロールの抗酸化作用 三宅誠司
1はじめに
2活性酸素の発生
3活性酸素と酸化ストレス
4レスベラトロールとフレンチパラドックス
5レスベラトロールによって制御される細胞内の抗酸化メカニズム
6レスベラトロールの直接的な活性酸素除去作用
7おわりに
第10章抗ガン作用 澤登雅一
1はじめに
2レスベラトロールの抗腫瘍作用
2.1in vitroから前臨床試験まで
2.1.1アポトーシスの誘導
2.1.2血管新生阻害
2.1.3細胞周期停止
2.1.4化学療法剤との相互作用
2.2臨床試験
3今後の課題
3.1レスベラトロールの主要な抗腫瘍作用は何か
3.2低いバイオアベイラビリティの改善
3.3相反する効果をどう解釈するか
4おわりに
第11章レスベラトロールの循環改善作用 長岡泰司
1はじめに
2レスベラトロールの循環への作用
2.1レスベラトロールの血管拡張作用
2.2網膜血管における血管拡張作用の意義
2.3レスベラトロールの網膜細動脈拡張作用のメカニズム
2.4レスベラトロールの心血管保護作用
3レスベラトロールの循環改善作用に着目した臨床応用の可能性―糖尿病網膜症予防への応用を目指して―
第12章レスベラトロールの神経・腎臓保護効果 北田宗弘、古家大祐
1はじめに
2レスベラトロールの脳神経保護効果
2.1アルツハイマー病
2.1.1抗炎症効果
2.1.2抗酸化作用
2.1.3プロテオソームにおけるAβクリアランスの促進
2.1.4アラキドン酸カスケードの抑制
2.1.5SIRT1を介したアポトーシスの抑制
2.2パーキンソン病
2.3筋萎縮性側索硬化症(ALS)
2.4ハンチントン舞踏病
2.5脳脊髄の虚血と虚血-再潅流障害
3レスベラトロールの腎保護効果
3.1糖尿病腎症
3.2薬剤誘発性腎障害モデル
3.3虚血-再潅流障害
3.4敗血症性急性腎障害
3.5尿管閉塞性腎障害
4SIRT1の活性化による加齢臓に対する抗老化効果への期待
5おわりに
第13章放射線保護作用 井上浩義
1はじめに
2放射線障害作用機序
3放射線障害の修復
4放射線照射時のレスベラトロールのがん細胞抗増殖効果
5レスベラトロールのUV単回照射に対する保護作用
6レスベラトロールのUV反復照射に対する保護作用
第14章レスベラトロールの抗菌・抗真菌作用 柴山(岡本) 和子
1はじめに
2レスベラトロールの細菌に対する作用
2.1Propionibacterium acnesに対する作用
2.2Helicobacter pyloriに対する作用
2.3齲蝕病原性細菌と歯周病原性細菌に対する作用
2.4Neisseria属菌に対する作用
2.5他の病原性細菌に対する作用
3レスベラトロールの真菌に対する作用
3.1Dermatopytes(皮膚糸状菌)に対する作用
3.2Candida(カンジダ菌)
第15章レスベラトロールの脂肪動員への作用 杉崎太一、渡辺光博
1はじめに
2肥満の流行
3脂肪細胞のライフサイクル
4レスベラトロールの脂肪細胞への効果
5レスベラトロールの肝臓・骨格筋における効果
6レスベラトロールの動物実験における抗肥満効果
7その他の植物化合物との併用におけるレスベラトロールの抗肥満効果
8おわりに
第16章レスベラトロールの抗炎症作用 石田 晋
1はじめに―新しい炎症の概念とその評価系としての網膜
1.1急性炎症と慢性炎症
1.2網膜血管への白血球接着を評価系とした炎症モデル研究
2急性炎症に対するレスベラトロールの抑制作用とその機序
2.1急性炎症モデルとしての内毒素投与
2.2EIUモデルに対する抑制効果
2.2.1網膜血管への白血球接着の抑制
2.2.2炎症関連分子の発現抑制
2.2.3DNA酸化ストレス傷害の抑制
2.2.4NF-κB活性化の抑制
2.2.5SIRT1不活性化の抑制
2.3EIUモデルに対する抑制機序
3慢性炎症に対するレスベラトロールの抑制作用とその機序
3.1慢性炎症モデルとしての糖尿病網膜症
3.2糖尿病網膜症モデルに対する抑制効果
3.2.1AMPK不活性化の抑制
3.2.2SIRT1不活性化の抑制
3.2.3NF-κB活性化の抑制
3.2.4白血球接着の抑制
3.2.5ICAM-1とVEGFの抑制
3.3糖尿病網膜症モデルに対する抑制機序

【応用】

第17章レスベラトロールとアルツハイマー病 中村 滋
1認知症とアルツハイマー病
2ワイン摂取とアルツハイマー病
3レスベラトロールと認知機能
4レスベラトロールの作用機序
5おわりに
第18章網膜疾患への応用 久保田俊介
1はじめに
2レスベラトロールとは
3網膜疾患への応用
4ストレプトゾトシン誘発糖尿病モデル
5網膜光障害モデル
6人におけるレスベラトロール摂取による網脈絡膜疾患予防の可能性について
第19章肌のアンチエイジング、スキンケア素材 単 少傑
1概要
2皮膚の構造
2.1表皮
2.2真皮
2.3皮下組織
3レスベラトロールの皮膚における機能性
3.1抗酸化作用
3.2抗老化作用
3.2.1コラゲナーゼ活性阻害作用
3.2.2エラスターゼ活性阻害作用
3.2.3ヒアルロニダーゼ活性阻害作用
3.2.4女性ホルモン様作用
3.3抗炎症作用
3.4抗菌・抗ウイルス作用
3.5ニキビケア作用
3.6美白作用
4今後の課題
5今後の展望
第20章レスベラトロールによる筋ジストロフィー治療の試み 久野篤史、堀尾嘉幸
1はじめに
2Duchenne型筋ジストロフィーの筋障害のメカニズム
3レスベラトロールによる筋ジストロフィーの治療
4レスベラトロールはmdxマウス骨格筋の酸化ストレスを軽減し、骨格筋量を維持する
5レスベラトロールはmdxマウスの骨格筋線維化を抑制する
6レスベラトロールによる筋ジストロフィーにおける心筋障害治療
7おわりに
第21章レスベラトロールは食欲調節へ応用可能か? 佐々木 努
1はじめに
1.1レスベラトロールの作用標的
1.2食欲調節の分子機構
2中枢作用を介したレスベラトロールによる食欲調節の可能性
2.1AMPKと食欲調節
2.2SIRT1と食欲調節
2.3中枢神経系へのレスベラトロール投与の効果
3全身作用を介したレスベラトロールによる食欲調節の可能性
4まとめ
第22章心血管疾患治療への応用 安斉俊久
1はじめに
2循環器系に関連した薬理学的効果
2.1抗酸化作用
2.2抗炎症作用、抗細胞外マトリックス分解作用、虚血再灌流障害抑制作用
2.3抗血栓作用
2.4抗血管新生作用
2.5エストロゲン様作用
3心血管疾患モデルに対する効果
3.1動脈硬化
3.2大動脈瘤
3.3心筋梗塞
3.4心不全
4問題点と副作用
4.1投与量
5おわりに
第23章レスベラトロールが与える新規糖尿病・肥満治療薬の可能性 吉野 純
1はじめに
2糖尿病・肥満モデル動物におけるレスベラトロールの効用
2.1筋肉
2.2肝臓
2.3脂肪組織
2.4膵臓(β細胞)
2.5腎臓
2.6脳(中枢神経系)
3レスベラトロールの作用機序
4レスベラトロールが与えるヒトへの臨床応用の可能性
5まとめ
第24章レスベラトロールによる新たなED治療の可能性 辻村 晃
1はじめに
2EDに対する治療法と現状
3PDE5阻害剤の作用機序
4ヒト陰茎海綿体平滑筋細胞に対してPDE5阻害剤とレスベラトロールを用いたin vitroでの実験系
5EDモデルラットにレスベラトロールとPDE5阻害剤を投与したin vivoでの実験系
6おわりに



※ 本書籍はご試読頂けません ※

SSL グローバルサインのサイトシール
FAXでもお申し込みいただけます。FAXお申し込み用紙(PDF)を印刷いただき、必要事項をご記入のうえ
 弊社までご送信ください。(FAX番号は、お申込用紙に印刷されています)
※PDF形式のファイルをご覧頂くための Adobe Reader は、アドビ システムズ社から無償提供されています。
                Adobe Reader 最新版ダウンロードはこちらから
■ お問い合わせの前に『よくあるご質問(書籍)』をご一読下さいませ ■
■ セミナー・講習会のご案内はこちらでございます ■