TOP セミナー 書籍 社内研修 セミナーQ&A 書籍Q&A お問い合せ 会社概要


ご購入は、画面下の「書籍購入」ボタンから  
グラフェンの機能と応用展望II    
Graphene : Functions and Applications II
[コードNo.2012T882]

※ 本書籍はご試読頂けません ※

■監修/ 斉木幸一朗
■体裁/ B5判 271ページ
■発行/ 2012年12月 (株)シーエムシー出版
■定価/ 73,440円(税込価格)
■ISBNコード/ 978-4-7813-0677-3

 
★前書から3年、ノーベル賞受賞後の最新研究動向を徹底解説 !
★製品化に向け、グラフェンの大面積での量産を可能とする合成法も次々と開発 !
★新たな電子デバイスとしてのグラフェンの可能性を追求する1冊 !

キーワード

グラフェン/グラファイト/ナノカーボン/グラフェンエッジ/量子ホール効果/半導体/CVD/透明導電膜/太陽電池/キャパシタ

刊行にあたって

 2009年7月に本出版社から上梓された「グラフェンの機能と応用展望」は、国内では初めてのまとまったグラフェン関連の成書ということもあって好評のうちに迎えられた。その後2010年には最初の論文発表からわずか6年目にしてグラフェンを世に出したGeimとNovoselovにノーベル物理学賞があたえられて社会的な認知度も上がり、さらに広範な分野からも興味をもたれるようになっている。国内の関連分野の学会においても、多くのシンポジウムやワークショップが企画され、グラフェン熱はいまだ収まるところを知らず続いている状況である。このような状況下において、現時点でその後の進展をまとめることは意義あることと考え、「グラフェンの機能と応用展望U」を企画するに至った。
 第I編の理論では前回は基礎的な事項を中心としたが、今回は光学応答特性、ナノリボン、窒素ドープ系の電子状態などその後の発展を所載した。第II編の成長法は今回特に項目を増やし、電子素子、太陽電池、タッチパネル、触媒、などの応用を目指して世界中で研究が大展開しているグラフェンの成長法について網羅した。第III編ではグラフェン合成における高品質化のために必要な成長観察手法について記載した。第IV編では機能・物性に関する輸送特性の最近の展開とともに、将来の応用の種となるナノメッシュ、ナノグラフェンの磁性について記述している。第V編では前書の応用例に加えて太陽電池、蓄電デバイスへの応用を記載した。
 各項目の執筆には、我が国の代表的な研究者の方々にお願いしてお引き受けいただいた。お忙しい中を短い執筆期限の中で原稿を仕上げていただいた点にはこの場を借りて深甚なる感謝を申し上げたい。本書が初学者のみならず、グラフェン研究に既に携わっている研究者同士の情報源となり得れば、監修に携わった者として望外の喜びである。

2012年11月
斉木幸一朗

著者一覧

斉木幸一朗東京大学 大学院新領域創成科学研究科 教授
森本高裕(独)理化学研究所 古崎物性理論研究室 基礎科学特別研究員
青木秀夫東京大学 大学院理学系研究科 物理学専攻 教授
若林克法(独)物質・材料研究機構 国際ナノアーキテクトニクス研究拠点 独立研究者
寺倉清之東京工業大学 大学院理工学研究科 有機・高分子物質専攻 特任教授;北陸先端科学技術大学院大学 シニアプロフェッサー
HOU,Zhufeng東京工業大学 大学院理工学研究科 有機・高分子物質専攻 研究員
WANG, Xianlong愛媛大学 地球深部ダイナミクスセンター 研究員
池田隆司(独)日本原子力研究開発機構 量子ビーム応用研究部門 研究主幹
吾郷浩樹九州大学 先導物質化学研究所 准教授
佐藤信太郎(独)産業技術総合研究所 連携研究体グリーン・ナノエレクトロニクスセンター グループリーダー
山田貴壽(独)産業技術総合研究所 ナノチューブ応用研究センター ナノ物質コーティングチーム 研究員
石原正統(独)産業技術総合研究所 ナノチューブ応用研究センター ナノ物質コーティングチーム 主任研究員
長谷川雅考(独)産業技術総合研究所 ナノチューブ応用研究センター ナノ物質コーティングチーム 研究チーム長
楠美智子名古屋大学 エコトピア科学研究所 教授
乗松航名古屋大学 大学院工学研究科 助教
田中悟九州大学 大学院工学研究院 教授
小幡誠司東京大学 大学院新領域創成科学研究科 助教
川澄克光名古屋大学 大学院理学研究科 博士課程3年
伊丹健一郎名古屋大学 大学院理学研究科 教授
梅野正義中部大学 総合学術研究院 客員教授;名古屋産業科学研究所 上席研究員
上野啓司埼玉大学 大学院理工学研究科 物質科学部門 准教授
日比野浩樹日本電信電話(株) NTT物性科学基礎研究所 部長
本間芳和東京理科大学 理学部 物理学科 教授
長田俊人東京大学 物性研究所 准教授
長汐晃輔東京大学 大学院工学系研究科 マテリアル工学専攻 准教授
鳥海明東京大学 大学院工学系研究科 マテリアル工学専攻 教授
塚越一仁(独)物質・材料研究機構 国際ナノアーキテクトニクス研究拠点 主任研究者
中払周(独)産業技術総合研究所 連携研究体グリーン・ナノエレクトロニクスセンター 最先端研究開発支援プログラム研究員
山本倫久東京大学 大学院工学系研究科 物理工学専攻 助教
樽茶清悟東京大学 大学院工学系研究科 物理工学専攻 教授
春山純志青山学院大学 大学院理工学研究科 機能物質創製コース 准教授
榎敏明東京工業大学 大学院理工学研究科 化学専攻 名誉教授
白井肇埼玉大学 大学院理工学研究科 教授
笘居高明東北大学 多元物質科学研究所 助教
三谷諭東北大学 多元物質科学研究所 産学連携研究員
本間格東北大学 多元物質科学研究所 教授

構成および内容

【I 理論】

第1章グラフェンの光学特性  森本高裕、青木秀夫
1はじめに
2グラフェンとディラック電子
3光学応答と光学伝導度
4グラフェンにおけるファラデイ回転
5多層グラフェンにおける磁気光学応答
5.12層グラフェン
5.2ABA 3層グラフェン
5.3ABC 3層グラフェン
6ゼロ磁場中グラフェンにおける光誘起ホール効果
7おわりに
第2章ナノグラフェンの特異な電子物性  若林克法
1はじめに
2グラフェンの電子構造
3グラフェンのナノスケール効果
4グラフェンのエッジ・スピン効果
5まとめ
第3章グラフェンへの窒素ドーピング:構造と電子状態  寺倉清之、HOU, Zhufeng、WANG, Xianlong、池田隆司
1はじめに
2グラフェン内部での窒素ドープと構造欠陥
2.1完全なグラフェンにドープされた窒素
2.2単一原子空孔(MV)
2.3単一原子空孔(MV)と窒素ドープ
2.42原子空孔(DV)と窒素ドープ
2.5Stone-Wales (SW) 欠陥と窒素ドープ
3グラフェンエッジでの窒素ドープ
4ドープされた窒素のX線光電子分光の解析
5おわりに

【II グラフェンの成長法】

第4章グラフェンのエピタキシャルCVD成長  吾郷浩樹
1はじめに
2ヘテロエピタキシャル触媒によるCVD
3CVDグラフェンの方位制御
4CVDグラフェンの大ドメイン化
5おわりに
第5章化学気相成長法によるグラフェンの合成  佐藤信太郎
1はじめに
2グラフェンのCVD合成
3鉄膜を利用したグラフェンの合成
3.1ホットフィラメントCVD法によるグラフェン、CNTの選択合成
3.2熱CVD法によるグラフェンの合成
4銅膜を触媒としたグラフェンの合成
5銅双晶上のグラフェンナノリボン形成
6おわりに
第6章マイクロ波プラズマCVD法によるグラフェンのロールツーロール成膜  山田貴壽、石原正統、長谷川雅考
1大面積グラフェン成膜技術の現状と量産連続成膜技術開発の課題
2ロールツーロール・マイクロ波プラズマCVD装置の開発
3グラフェンのロールツーロール成膜
4グラフェン透明導電フィルムの作製
5まとめ
第7章SiC上グラフェン成長と電子顕微鏡観察  楠 美智子、乗松 航
1はじめに
2SiC表面分解法によるナノカーボン構造の形成
3Si面上に形成されるグラフェン
3.1Si面上平滑グラフェン形成―SiO2マスク法
3.2グラフェン/SiC(0001)界面構造
3.3ABC積層構造の選択的形成
4SiC(000-1)C面上グラフェンの形成
4.1C面上グラフェン形成―高圧Arガス法
5おわりに
第8章SiC上グラフェンの成長と電子物性  田中 悟
1はじめに
2SiCについて
3SiC表面熱分解によるグラフェンの成長
4SiCオフ基板の熱分解グラフェン
4.1実験方法
4.2グラフェンの構造評価
4.3電子物性評価
5おわりに
第9章酸化グラフェンの合成と還元  小幡誠司
1はじめに
2酸化グラファイトの合成と酸化グラフェンの単離
3酸化グラフェンの還元法
4酸化グラフェンの還元過程
5酸化グラフェンを用いた金属基板上でのグラフェン生成
6今後の展望
第10章ナノグラフェンの化学合成  川澄克光、伊丹健一郎
1はじめに
2オリゴフェニレンを前駆体とする方法
3光環化反応を用いた合成例
4ビアリールアセチレンの求電子環化反応
5PAH炭素-水素結合の直接変換によるボトムアップ合成
6鈴木-宮浦カップリングによるグラフェンナノリボンの化学合成
7金属表面上の化学反応を利用したグラフェンナノリボンのボトムアップ合成
8今後の展望
第11章ショウノウ(樟脳)からのグラフェン合成  梅野正義
1はじめに
2ショウノウの熱CVD法によるグラフェンの成膜
3ショウノウのマイクロ波表面波プラズマCVDによるグラフェンの成長
4おわりに
第12章グラフェン類似層状物質  上野啓司
1はじめに
2層状物質の分類
2.1遷移金属ダイカルコゲナイド
2.2層状13族カルコゲナイドの構造と物性
3カルコゲナイド系層状物質単層試料の作製手法
3.1カルコゲナイド系層状物質バルク単結晶の形成手法
3.2粘着テープ剥離法による単層形成
3.3インターカレーションによる単層剥離法
3.4極性有機溶媒中での超音波照射による単層剥離法
3.5ファンデルワールス・エピタキシー法
4カルコゲナイド系層状物質の新奇物性探索
4.1単層MoS2の物性変化に関する研究
4.2トポロジカル絶縁体Biカルコゲナイド
5層状物質のデバイス応用例
5.1太陽電池への応用例
5.2薄膜FETへの応用例
6おわりに
第13章グラフェン格子へのヘテロ原子ドーピング  斉木幸一朗
1はじめに
2ドーピングの方法
2.1金属基板上でのドープグラフェンの直接成長
2.2事後処理によるグラフェンへのドーピング
2.3化学反応によるドープグラフェン・グラファイトの成長
3ドーピングの評価法
3.1ドープ位置の分類
3.2ドープ原子の検出法
4ドープグラフェンの応用
5まとめ

【III 新しい評価法】

第14章LEEMによるグラフェン成長観察  日比野浩樹
1はじめに
2金属基板上のグラフェン成長のLEEMその場観察
3グラフェン層数評価とSiC基板上でのグラフェン成長過程
4暗視野LEEM法によるグラフェンのドメイン構造解析
5おわりに
第15章SEMによるグラフェン成長観察  本間芳和
1はじめに
2グラフェンの二次電子像
2.1絶縁体上
2.2金属上
3グラフェン成長のその場観察
3.1単層グラフェンの成長過程
3.22層目以降の成長過程
3.3結晶面方位の影響
4おわりに

【IV 機能・物性】

第16章グラフェンの量子ホール伝導  長田俊人
1はじめに
2グラフェンの電子構造と量子ホール効果
2.1単層グラフェン
2.22層グラフェン
3量子ホール現象の鮮鋭化
3.1グラフェンの高移動度化
3.2対称性の破れによる量子ホール状態
3.3分数量子ホール効果
4量子ホール接合系のエッジ伝導
4.1半導体2次元電子系の量子ホールエッジ状態
4.2グラフェンの量子ホールエッジ状態
4.3グラフェン接合系における量子ホールエッジ伝導
5おわりに
第17章SiO2上グラフェンの輸送特性の予想限界と現状  長汐晃輔、鳥海 明
1はじめに
2様々な基板上グラフェンの移動度の予想限界値
33種類のSiO2の表面構造と相互作用
4 SiO2上グラフェンの電子輸送特性
5まとめ
第18章グラフェンの伝導電荷極性制御と素子化の試み  塚越一仁、中払 周
1はじめに
2グラフェン極性制御素子の試作と動作検証
2.1グラフェンチャネルの作製
2.2ナノリボン形成された単層グラフェンを用いた伝導電荷極性制御p-i-n接合素子
2.32層グラフェンを用いた伝導電荷極性制御によるp-i-n接合形成とトンネル伝導
3おわりに
第19章3層グラフェンの電子状態と電気伝導  山本倫久、樽茶清悟
1はじめに
23層グラフェンの積層構造とバンド構造
3試料作成
4電気伝導測定
4.1垂直電場の影響
4.2量子ホール効果
5おわりに
第20章グラフェンエッジが創出するスピン物性―グラフェンナノメッシュ磁石―  春山純志
1はじめに:エッジ原子配列と物性
2ノンリソグラフィック法による低欠陥ナノ細孔アレイの創製
3磁性とその構造依存性、細孔zigzagエッジの同定
4強磁性の発現機構
5ホウ素終端グラフェンナノメッシュ、磁気抵抗特性
6おわりに
第21章ナノグラフェンの磁性  榎 敏明
1はじめに:グラフェンの電子構造
2グラフェンの磁性はなぜ発生するか
3理論から見たエッジ状態の磁性
4実験からみたナノグラフェンの磁性

【V 応用】

第22章塗布形成グラフェン導電膜の有機薄膜太陽電池、有機FETへの応用  上野啓司
1はじめに
2グラフェン透明導電膜の形成手法
3グラフェン透明導電膜の可能性
4グラファイト単結晶の単層剥離、可溶化
5酸化グラフェン塗布膜形成と還元
6塗布形成グラフェン透明電極を用いた有機薄膜太陽電池
7酸化グラフェンの正孔輸送層への応用
8塗布形成グラフェン透明電極を用いた半透明有機薄膜電界効果トランジスタ
9おわりに
第23章酸化グラフェン―シリコンへテロ接合太陽電池―  白井 肇
1はじめに
2c-Si/有機ハイブリッド太陽電池の作成
3GOのc-Si系太陽電池応用
3.1正孔輸送層・透明電極層としてのGO
3.2電子輸送層としてのGO
3.3低圧プラズマによるRGO形成
4まとめ
第24章グラフェンの量産化技術と蓄電デバイスへの応用  笘居高明、三谷 諭、本間 格
1はじめに
2グラフェンの量産化技術
2.1Modifed Hummers法によるグラフェン合成
2.2超臨界法でのグラフェン作製
3グラフェンのエネルギーデバイス応用
3.1電気二重層キャパシタ応用



※ 本書籍はご試読頂けません ※

SSL グローバルサインのサイトシール
FAXでもお申し込みいただけます。FAXお申し込み用紙(PDF)を印刷いただき、必要事項をご記入のうえ
 弊社までご送信ください。(FAX番号は、お申込用紙に印刷されています)
※PDF形式のファイルをご覧頂くための Adobe Reader は、アドビ システムズ社から無償提供されています。
                Adobe Reader 最新版ダウンロードはこちらから
■ お問い合わせの前に『よくあるご質問(書籍)』をご一読下さいませ ■
■ セミナー・講習会のご案内はこちらでございます ■