TOP セミナー 書籍 社内研修 セミナーQ&A 書籍Q&A お問い合せ 会社概要


ご購入は、画面下の「書籍購入」ボタンから  
スマートハウスの最新市場動向    
Market Trend in Smart House
[コードNo.2012Z200]

※ 本書籍はご試読頂けません ※

■編集/ (株)シーエムシー出版
■体裁/ A4判 170ページ
■発行/ 2012年4月 (株)シーエムシー出版
■定価/ 86,400円(税込価格)
■ISBNコード/ 978-4-7813-0588-2

 
★エコハウスにおける創エネ・蓄エネ・節エネと、それらを制御するHEMSに注目!
★震災後のスマートハウス関連製品を巡る市場環境を探る!

キーワード

国内のスマートハウス実証プロジェクト/スマートハウスの関連市場/標準化/ZEB/スマートシティプロジェクト/スマートメーター市場動向/アメリカの動き/ヨーロッパの動き/中国の動き/日本の電力事情/ 自動車メーカーとハウスメーカーが連動する動き/ワイヤレス給電技術/電磁誘導方式/HEMS/ZigBeeモジュール/企業の動き

刊行にあたって

 3.11の東日本大震災を境にスマートハウスを巡る市場環境が一変した。電力需給の逼迫や計画停電を受けて、再生可能エネルギーの必要性が再認識されると共に、エネルギーの自律分散や地産地消、また、節電やピークシフトなどのエネルギーマネジメントが注目を集めるようになった。
 海外では発電・送電系統の脆弱性からたびたび大停電が起きるなどといった問題が横たわっており、再生エネルギーの利用を前提とした、スマートグリッド化が急速に高まっている。ここ昨今では、スマートグリッド導入の世界的な潮流は住宅産業が注目を浴び、その市場動向と今後の見通しに大きな影響を与える可能性が出てきた。
 なかでも、スマートハウスの中核であるHEMS(Home Energy Management System)が注目され、住宅メーカーと電機メーカーが、このHEMSシステムの開発に向けて連携を進めている。HEMSは、住宅のエネルギー消費機器である複数の家電機器や給湯機器を、IT技術の活用によりネットワークでつなぎ、自動制御する技術で、機器の使用量などを制限してエネルギーの消費量を抑えることができるもので、2012年の国内市場は35億円で、2015年まで年率10〜20%以上の高成長を遂げていくと予測する。
 震災後、「住まい」に注目が集まり、住宅・建築物の省エネ性能の向上が世界的に喫緊の課題となっている。環境・エネルギーへの負荷を低減し、安全で安心して暮らすことがキーワードであり、住宅メーカーが未来に向け、改めて住まいのあるべき姿として、生活の質と節電を両立した新しい暮らし方の実現を提示している。
 スマートハウスは、太陽電池、電気自動車、省エネ家電、IT技術を生かしたHEMSといったさまざまな分野の技術の集大成だけに、他業界への波及効果も大きいものとなる。それだけに、本書が情報収集の一助となれば幸いである。

目  次

第1章国内のスマートハウス実証プロジェクト
13.11で始まったエネルギー需給のパラダイムシフトとスマートハウス元年
2家庭内エネルギーマネジメントシステム(HEMS)が重要になる社会
3スマートハウスの関連市場の規模
4スマートハウスをめぐる日本政府の動き
5スマートハウスをめぐる経済産業省の動き(スマートハウス実証プロジェクト)
6次世代エネルギー・社会システム協議会の動き
7スマートハウスのビジネスモデルの調査研究
8スマートハウスの標準化の状況
9スマートコミュニテイ・アライアンス
10スマートハウス情報活用基盤整備フォーラム(eSHIPS)
11HEMSアライアンス
12ECHONET Lite
13ZEB(ゼロ・エネルギー・ビル)
14次世代エネルギー・社会システム実証実験(スマートコミュニティやスマートシティの実証実験)
15スマートシティプロジェクト
16パナソニック「Fujisawaサスティナブル・スマートタウン構想」
17三井不動産 柏の葉キャンパスシティ
18CEATEC JAPAN 2011や東京モーターショー2011で多くの企業がスマートハウスをアピール
19スマートメーター市場動向
20スマートメーターの動き
第2章世界におけるスマートハウス関連の注目の動き
1アメリカの動き
2ヨーロッパの動き
3中国の動き
第3章日本におけるスマートハウスの取り組み
1日本の電力事情
2注目の自治体・民間プロジェクト
3企業におけるスマートハウス事業
4日本市場でのスマートハウス関連の新しい動き
第4章創エネ関連
1住宅向け太陽光発電システム
2家庭用燃料電池システム
3創エネや省エネに関わる企業の新しい動き
第5章蓄エネ関連
1家庭用リチウムイオン電池(定置型)
2家庭用リチウムイオン電池の開発
3蓄電池をめぐる住宅メーカーの動き
4マンションなどでも蓄電池
5自動車メーカーとハウスメーカーが連動する動き
6パソコン向け充電池を応用する動き
7世界的な蓄電池の技術開発競争
8電気自動車(EV/PHV)とその充電器
9自動車メーカー以外のEV/PHV関連の動き
10V2G/V2H
11ワイヤレス給電技術
12直流送電
13電磁誘導方式
第6章エネルギーマネジメント関連
1HEMS(home energy management system)
2HEMSを開発するハウスメーカー
3参入するエネルギー事業者
4スマートコミュニティ「福岡スマートハウスコンソーシアム」
5スマートコミュニティ「横浜スマートコミュニティ」
第7章省エネ関連
1LED照明
2スマート家電
第8章通信・センサ関連
1スマートメーターの動き
2ZigBeeモジュール
3無線ネットワーク
第9章企業の動き
1大和ハウス
2積水ハウス
3積水化学工業
4住友林業
5ミサワホーム
6トヨタホーム
7アキュラホーム
8日立製作所
9シャープ
10東芝
11パナソニック
12ソニー
13三菱電機
14東京ガス
15大阪ガス
16NTTファシリティーズ
17JX日鉱日石エネルギー
18トヨタ自動車
19パナソニック電工
20三菱自動車工業
21日産自動車
22IHI
23アルバック
24NTTデータ
25三菱重工業
26Gemeral Electoronic(GE)
27日本電気
28富士通
29沖電気工業
30東芝ソリューション
31日立ソリューションズ
32日本IBM
33NTTドコモ
34KDDI
35凸版印刷
36北九州市
37ヤマダ電機



※ 本書籍はご試読頂けません ※

SSL グローバルサインのサイトシール
FAXでもお申し込みいただけます。FAXお申し込み用紙(PDF)を印刷いただき、必要事項をご記入のうえ
 弊社までご送信ください。(FAX番号は、お申込用紙に印刷されています)
※PDF形式のファイルをご覧頂くための Adobe Reader は、アドビ システムズ社から無償提供されています。
                Adobe Reader 最新版ダウンロードはこちらから
■ お問い合わせの前に『よくあるご質問(書籍)』をご一読下さいませ ■
■ セミナー・講習会のご案内はこちらでございます ■