TOP セミナー 書籍 社内研修 セミナーQ&A 書籍Q&A お問い合せ 会社概要


ご購入は、画面下の「書籍購入」ボタンから  
2014年版 ファインケミカル年鑑    
Yearbook of Fine Chemical 2014
[コードNo.2013A717]

※ 本書籍はご試読頂けません ※

■監修/ (編集) シーエムシー出版
■体裁/ B5判 448ページ
■発行/ 2013年10月18日 (株)シーエムシー出版
■定価/ 72,360円(税込価格)
■ISBNコード/ 978-4-7813-0819-7

 
★ビジネスに役立つ数少ないファインケミカル業界の資料集の最新版!
★注目のファインケミカル中間体・製品100品目のシェア・生産量・用途・価格を独自調査!


刊行にあたって

 増収増益予想でスタートした2012 年度でしたが、決算は2011 年度より悪化しました。ヨーロッパの債務不安が長期化する中で、中国をはじめとした新興国の経済も減速したことが要因の一つとされています。海外市場の需要低迷もあり、石油化学および関連事業は引き続き厳しい見通しですが、景気変動を受けにくく付加価値の高い機能化学品やライフサイエンス分野は好調ぶりが目立ちます。化学企業は今後、基礎化学品のコスト競争率を高めつつ、難易度の高い高付加価値分野の事業を伸ばすことで世界に対し存在感をアピールしていくことが求められます。
 今年で創刊41 周年を迎える『2014 年版ファインケミカル年鑑』では、業種編は「既存ファインケミカル工業」「エレクトロニクス産業とファインケミカルス」「工業用薬剤・添加剤」の3 部構成で34 工業を取り上げ、各種統計や取材から、生産・輸出入・業界動向をまとめています。また、製品編ではファインケミカル中間体や原材料など100 品目に関する製法・生産・需要動向・価格などのデータを収録しています。
 本書は、報道、解説されることの少ないファインケミカル産業の動向のまとまった資料であり、変化の大きい現代の指針の一つとしてご活用いただけるものと考えております。本書が各企業の経営戦略立案に役立つことができましたら幸いです。

構成および内容

T 業種編

総論
〈既存ファインケミカル工業〉
1医薬品工業
1.1医療用医薬品
1.2一般用医薬品
1.3臨床検査薬
1.4医療機器
1.5再生医療
2農薬工業
2.1需給動向
2.2輸出入動向
2.3生産動向
2.4業界動向
2.5開発動向
3合成染料工業
3.1生産概要
3.2輸出入の概要
3.3メーカー動向
3.4開発動向
4有機顔料工業
4.1生産概要
4.2需要先概要
4.3輸出入の概要
4.4メーカー動向
4.5製品開発動向
4.6環境問題への対応
5塗料工業
5.1需要概要
5.2品目別生産概要
5.3需要分野の動向
5.4輸出入動向
5.5メーカー動向
5.6製品・環境への対応
6接着剤工業
6.1需給概要
6.2品目別概要
6.3需要動向
6.4輸出入の概要
6.5業界動向
6.6環境問題への対応
7香料工業
7.1需給動向
7.2輸出入動向
7.3安全問題への対応
7.4メーカー動向
8化粧品工業
8.1需給動向
8.2輸出入動向
8.3化粧品業界の動向
8.4メーカー動向
8.5業界の課題と展望
9界面活性剤工業
9.1概要
9.2各用途分野の動向
9.3品目別需要動向
9.4輸出入動向
10石けん・洗剤工業
10.1業界概要
10.2需給動向
10.3輸出入動向
10.4環境問題への対応
11印刷インキ工業
11.1需要動向
11.2製品別動向
11.3輸出入動向
11.4メーカー動向
11.5環境対応製品開発動向
12有機ゴム薬品工業
12.1需要動向
12.2新ゴム消費量
12.3輸出入概要
12.4メーカー動向・製品開発
13触媒工業
13.1業界概要
13.2市場動向
13.3輸出入動向
13.4需要
13.5企業動向
14試薬工業
14.1概要
14.2需給動向
〈エレクトロニクス産業とファインケミカルス〉
15半導体用ケミカルス
15.1半導体市場動向
15.2半導体製造用ガス
15.3フォトレジスト
15.4半導体封止材料
16フラットパネルディスプレイ用ケミカルス
16.1フラットパネルディスプレイ市場
16.2液晶ディスプレイ市場
16.3プラズマディスプレイパネル市場
16.4有機EL市場
16.5電子ペーパー市場
16.6液晶ディスプレイ構成材料
16.7有機EL構成材料
17プリンター用ケミカルス
17.1世界のプリンター市場
17.2国内プリンター市場
17.3プリンター用ケミカルスの市場動向
18タッチパネル工業
18.1概要
18.2市場動向
18.3材料・開発動向
18.4企業動向
19電池用材料・ケミカルス
19.1電池市場の概要
19.2開発動向と構成材料
19.3二次電池構成材料の市場動向
20太陽電池用ケミカルス
20.1市場動向
20.2日本の出荷量
20.3太陽光発電の世界別導入状況
20.4タイプ別太陽電池の動向
20.5セル・モジュールの国内市場
20.6太陽電池の周辺材料・技術の動向
〈工業用薬剤・添加剤〉
21プラスチック添加剤工業
21.1概要
21.2添加剤の需給動向
22紙・パルプ用化学薬品工業
22.1概要
22.2紙・板紙需要動向
22.3製紙パルプ需要動向
22.4古紙需要動向
22.5製紙用薬剤需要動向
22.6製紙用薬剤メーカーの動向
23水処理薬品・膜工業
23.1概要
23.2需要動向
24コンクリート用化学混和剤工業
24.1概要
24.2コンクリート用化学混和剤の種類と性能
24.3コンクリート用化学混和剤の規格関連動向
24.4コンクリート用化学混和剤の需要動向
24.5コンクリート用化学混和剤の技術動向
25石油製品添加剤工業
25.1概要
25.2需給動向
25.3添加剤メーカーの動向
26機能性食品・食品添加物工業
26.1機能性食品市場
26.2食品添加物市場
27動物用医薬品・飼料添加物工業
27.1概要
27.2需給動向
27.3飼料原料動向
27.4飼料添加物動向
27.5動物用医薬品の動向
28産業用酵素工業
28.1酵素の市場概況
28.2産業用酵素の市場
28.3メーカー動向
29高分子凝集剤工業
29.1概要
29.2需要動向
29.3メーカー動向
29.4価格動向
30金属表面処理剤工業
30.1概要
30.2脱脂・洗浄(剤)
30.3化成処理剤
30.4防錆剤(防食剤)・防食塗料
30.5業界動向
31芳香・消臭・脱臭剤工業
31.1概要
31.2種類・素材など
31.3市場動向
32抗菌・防カビ剤工業
32.1概要
32.2抗菌剤の種類
32.3需給動向
32.4メーカー動向
33脂肪酸工業
33.1需要概要
33.2輸出入動向
33.3原料動向
33.4メーカー概要
34レアアース工業
34.1概要
34.2需給動向
34.3業界動向

U 製品編

アクリロイルモルホリン
L-アスパラギン酸
アセトグアナミン
ε-アミノカプロン酸
p-アミノフェノール
5-アミノレブリン酸
L-アラニン
アラビアガム
アルギン酸ナトリウム
アンスラニル酸
イソオイゲノール
L-イソロイシン
エチルセルロース
p-エチルフェノール
塩化ベンゾイル
n-オクチルアルコール
γ-オリザノール
L-オルニチン塩酸塩
カードラン
カチオン化グアーガム
カテコール
カルボキシビニルポリマー
カルボキシメチルエチルセルロース
カルボキシメチルセルロース
キサンタンガム
キシレン樹脂
グアーガム
グリオキザール
L-グルタミン酸ナトリウム
酢酸アリル
酢酸フタル酸セルロース
サリチル酸
1,4-ジアミノブタン
シアン酸ナトリウム
ジェランガム
四塩化ケイ素
ジシクロペンタニルメタクリレート
L-シスチン
ジビニルベンゼン
2,6-ジフルオロベンゾニトリル
N,N-ジメチルアニリン
臭化エチル
臭化メチル
水酸化バリウム
スルファミン酸
L-スレオニン
ゼラチン
L-セリン
セルロース粉末
ソルビン酸/同カリウム
大豆ペプチド
タマリンドガム
炭酸マンガン
チオジグリコール
窒化アルミニウム
窒化ケイ素
テトラメチル-1,3-ジアミノプロパン
テルピネオール
銅クロロフィリンナトリウム
トラガントガム
トリアクリルホルマール
トリエチルホスフェート
o-トリジンジイソシアネート
トリス(2-ヒドロキシエチル)イソシアヌレート
トリブチルホスフェート
2,3,6-トリメチルフェノール
ナフトエ酸
p-ニトロ安息香酸
乳酸エチル
乳酸ナトリウム
乳酸ブチル
乳酸メチル
ヒアルロン酸(ヒアルロン酸ナトリウム)
ヒドロキシエチルセルロース
ヒドロキシプロピルセルロース
ヒドロキシプロピルメチルセルロース
m-ヒドロキシベンズアルデヒド
ヒノキチオール
ビフェノール
フェニルシクロヘキサン
2-フェノキシエタノール
t-ブチルパーオキシベンゾエート
α-ブロモ酪酸エチル
ヘキサメタリン酸ソーダ
ペクチン
ベンジル酸
ベンゾニトリル
ペンタメチルジエチレントリアミン
ホウ酸トリメチル
ポリエチレンオキサイド
ポリテトラメチレンエーテルグリコール
無水コハク酸
無水トリメリット酸
無水プロピオン酸
DL-メチオニン
メチルイソプロピルケトン
2-メチルイミダゾール
3-メチル-1,5-ペンタンジオール
レブリン酸
ローカストビーンガム

V 資料・索引編

1ファインケミカル関係団体リスト
21975〜2014年版製品編



※ 本書籍はご試読頂けません ※

SSL グローバルサインのサイトシール
FAXでもお申し込みいただけます。FAXお申し込み用紙(PDF)を印刷いただき、必要事項をご記入のうえ
 弊社までご送信ください。(FAX番号は、お申込用紙に印刷されています)
※PDF形式のファイルをご覧頂くための Adobe Reader は、アドビ システムズ社から無償提供されています。
                Adobe Reader 最新版ダウンロードはこちらから
■ お問い合わせの前に『よくあるご質問(書籍)』をご一読下さいませ ■
■ セミナー・講習会のご案内はこちらでございます ■