TOP セミナー 書籍 社内研修 セミナーQ&A 書籍Q&A お問い合せ 会社概要


ご購入は、画面下の「書籍購入」ボタンから  
美肌食品素材の評価と開発    
Evaluation and Development of Functional Food Materials Useful for Skin Care
[コードNo.2013T891]

※ 本書籍はご試読頂けません ※

■監修/ 山本哲郎
■体裁/ B5判 209ページ
■発行/ 2013年3月 (株)シーエムシー出版
■定価/ 61,560円(税込価格)
■ISBNコード/ 978-4-7813-0787-9

 
★国内でもいよいよ本格化し始めた美肌食品素材開発!
★食品の肌への機能性とその評価法をまとめた貴重な一冊!
★皮膚科学や各種評価装置などの基礎的情報についても解説!

キーワード

機能性食品 / 皮膚 / 老化 / 疾病 / 美肌 / 美白 / ニキビ / 抗糖化 / アトピー / 脱毛 / 再生美容 / 評価法 / 装置

刊行にあたって

 様々な食品の肌に対する有効性はビタミンC、Eやβ-カロテンを対象に 1970年代より検証されてきたが1980年代までの報告は少ない。1990年に入ると海外を中心に機能性食品の肌への有効性の報告が増え、2000年に入ると日本国内の報告も含め飛躍的にその数が増加してきた。
 隣国韓国では日本の特定保健用食品やアメリカ合衆国、EUなどの機能性食品制度を参考にした食品医薬品安全庁(KFDA)の許可による健康機能食品制度がある。この制度のなかで、「皮膚の保湿のサポートになります」のヘルスクレームで6素材、すなわち、こんにゃく芋抽出物、APコラーゲン酵素分解ペプチド、ムラサキ抽出粉末、米ぬか抽出物、ヒアルロン酸ナトリウムおよびN-アセチルグルコサミンが許可されている。さらに、「陽射しまたは紫外線による皮膚損傷から皮膚の健康を保つサポートになります」のヘルスクレームで2素材、すなわち、紅参、ヤブジラミ、サンスユ複合抽出物および松樹皮抽出物等複合物が許可されている。
 日本の特定保健用食品としては、内閣府消費者委員会の新開発食品評価第二調査会でグリコシルセラミドを関与成分とし、「肌が乾燥しがちな方に適する」旨を保健の用途とする食品(飲料)が有効性の審査を通過し、食品安全委員会で安全性に関する審査を受けている。
 このようにようやく食品の肌への機能性については国内でも評価・認知されるようになってきており、今後はさらにその開発が加速するものと思われる。
 このような背景のもと、本書は肌に対して様々な機能性をもつ食品を取り上げ、それぞれの開発関係者にヒトへの有効性について分担執筆をお願いした。さらに、監修者としては様々な食品の肌への機能性を文献により分類し整理した。また、本書の特徴としては単なる技術情報誌として有用であるばかりでなく、皮膚や毛髪の基本的な理解、さらにそれらに関連する疾病、将来的に有用な再生美容に至るまで、各分野で活躍されている先生方に執筆頂き、読者のより深い理解を得られるように配慮した。
 化粧品については「肌のキメを整える」、「皮膚の乾燥を防ぐ」、「肌にはりを与える」、「乾燥による小ジワを目立たなくする」などの表示が認められており、テレビコマーシャルなどで購買者の心を掴んでいる。一方、食品に関しては残念ながら国内において現在まで化粧品のような効能表示はできない。近い将来、肌に関する特定保健用食品が許可されれば、劇的にこの分野の開発が進展することは間違いない。
 このような状況のなかで、本書が食品の肌機能に関する研究・開発に携わる企業や大学の研究・開発者にとって何らかの道標となることを願っている。最後に、ご多忙の中、本書の執筆に携わって頂きました大学の諸先生方、および企業担当者の皆様に心よりお礼申し上げます。

山本哲郎

著者一覧

山本哲郎(株)TTC 代表取締役社長
正木仁東京工科大学 応用生物学部 教授
太田広毅(株)インテグラル 皮膚事業部 プロダクトマネージャー
永岡庸平(株)インテグラル 皮膚事業部 プロダクトマネージャー
鈴木博(株)インテグラル 皮膚事業部 部長
大島宏ポーラ化成工業(株) 肌科学研究部 肌分析研究室 主任研究員
長谷川靖司日本メナード化粧品(株) 総合研究所 主任研究員;藤田保健衛生大学 医学部 応用細胞再生医学講座 客員助教
赤松浩彦藤田保健衛生大学 医学部 応用細胞再生医学講座 教授
渡辺晋一帝京大学 医学部 皮膚科 主任教授
古江増隆九州大学 大学院医学研究院 皮膚科学分野 教授
山ア正視東京医科大学 皮膚科 准教授
坪井良治東京医科大学 皮膚科 主任教授
坪井誠一丸ファルコス(株) 開発部 執行役員 開発部長
外薗英樹三和酒類(株) 食品素材開発課 チーフ
宮ア幸司(株)ヤクルト本社 中央研究所 食品研究部 部長(主席研究員)
飯塚量子(株)ヤクルト本社 中央研究所 基礎研究一部 主任研究員
山下栄次アスタリール(株) メディカルニュートリション 学術担当部長
押田恭一ケミン・ジャパン(株) 戦略シニアテクニカルマネージャー
佐野敦志キッコーマン(株) 研究開発本部
山越純キッコーマン(株) 研究開発本部
松本剛ポーラ化成工業(株) 肌科学研究部 健康科学研究室 室長
佐藤綾ポーラ化成工業(株) 肌科学研究部 健康科学研究室
単少傑オリザ油化(株) 応用企画開発課 主任研究員
下田博司オリザ油化(株) 研究開発部 取締役研究開発部長
高橋達治一丸ファルコス(株) 開発部 製品開発二課 リーダー
野原哲矢(株)東洋発酵 技術部
河合博成アークレイグループ からだサポート研究所 所長
前嶋一宏日本新薬(株) 機能食品カンパニー 食品開発研究所
永井雅金印(株) 総合企画本部 名古屋研究所 主任研究員
熊谷武久亀田製菓(株) お米研究所 マネージャー

構成および内容

【第1編 皮膚科学とその評価法】

第1章バイオロジカルからの皮膚の理解―皮膚の構造と機能― (正木仁)
1はじめに
2皮膚の基本的な構造
2.1表皮
2.2基底膜
2.3真皮
3表皮の機能
3.1表皮の終末分化(角化)と角層細胞の構造
3.2角層の機能 バリア機能
3.3表皮のバリア機能
3.4角層の保湿機能
3.5表皮の保湿
3.6乾燥と皮膚トラブル
4皮膚の色素沈着
4.1色素斑の種類
4.2メラニン色素の役割
4.3色素産生のメカニズム
4.4チロシナーゼの遺伝子発現機構
4.5メラノソームの表皮細胞への移送メカニズム
4.6メラニン産生メカニズムから見た美白剤
5皮膚の老化
5.1生理的老化と光老化
5.2抗老化のターゲット コラーゲン線維+エラスチン線維
5.2.1コラーゲン線維
5.2.2エラスチン線維
5.3真皮マトリックス構造変化における表皮の寄与
6おわりに
第2章美肌効果の評価・測定
1皮膚粘弾性測定装置 Cutometer DualMPA580 (太田広毅)
1.1はじめに
1.2装置構成
1.3原理
1.4特徴
1.5計測・評価
2角質層水分計 CorneometerCM825、経皮水分蒸散量計TEWL計測 TewameterTM300 (太田広毅)
2.1はじめに
2.2装置構成
2.3原理
2.3.1CorneometerCM825
2.3.2TewameterTM300
2.4特徴
2.4.1CorneometerCM825
2.4.2TewameterTM300
2.5計測・評価
3顔画像撮影解析装置 VISIA (永岡庸平)
3.1はじめに
3.2装置構成
3.3撮影法と解析内容
3.4解析内容の背景
3.5撮影条件の再現性
4超音波真皮画像装置 DermaLab (鈴木博)
4.1はじめに
4.2装置構成
4.3原理
4.4特徴
4.5測定
第3章肌の評価系―皮膚の色を測る・評価する方法― (大島宏)
1はじめに〜皮膚はなぜ肌色にみえるのか〜
2皮膚色の測定
3メラニン・紅斑を測定する
3.1メラニン・紅斑を測定する原理
3.2分光機器によるメラニン・紅斑の計測と注意点
3.3画像解析によるメラニン・紅斑の計測
4画像解析を用いた下眼瞼の評価
4.1下眼瞼のMI、EI測定
4.2“くま”のある被験者下眼瞼部位へのビタミンC配合化粧料連用試験
4.3パッチテストの判定への応用
5画像解析と分光機器の選択
第4章幹細胞をターゲットにした再生美容 (長谷川靖司、赤松浩彦)
1はじめに
2美容と健康市場の現状について
3美容と健康と幹細胞について
3.1皮膚の老化と幹細胞について
3.2幹細胞をターゲットにした美容の可能性について
4おわりに
第5章皮膚の老化 (渡辺晋一)
1皮膚の老人性徴候(老徴)
2老化の機序
3老化による皮膚の変化
3.1肉眼的変化
3.2組織学的変化
4成因からみた皮膚の老化の種類
5生理的老化(chronological aging)
5.1角層の変化
5.2表皮細胞の変化
5.3真皮の変化
5.4皮膚付属器の変化
6光老化(photoaging)
6.1紫外線の分類
6.2紫外線による表皮の変化
6.3紫外線による真皮の変化
7皮膚の老化に対する対策
7.1生理的老化に対する対策
7.2光老化に対する対策
7.2.1紫外線対策
7.2.2シミの治療
7.2.3シワの治療
7.2.4壮年性脱毛症の治療
第6章アトピー性皮膚炎 (古江増隆)
1要旨
2診断
3アトピーの定義
4検査所見
5病因
6合併症
7治療
7.1アトピー性皮膚炎のスキンケア
7.2薬物療法
第7章脱毛症 (山ア正視、坪井良治)
1はじめに
2壮年性脱毛症
2.1疾患概念と症状
2.2発症機序
2.3診断と分類
2.4治療方針
3休止期脱毛
3.1疾患概念と症状
3.2発症機序
3.3診断と分類
3.4治療方針
4円形脱毛症
4.1疾患概念と症状
4.2発症機序
4.3診断と分類
4.4治療方針
5内科的全身疾患に伴う脱毛
5.1疾患概念と症状
5.2発症機序
5.3治療方針
6脱毛と食事との関係
7おわりに

【第2編 主要素材での評価と開発】

序章機能性食品の肌の評価法および有効性 (山本哲郎)
1はじめに
2機能性食品の肌の評価法
2.1環境測定室
2.2肌の評価項目と使用機器
2.3肌試験のデザイン
3ヒトの肌に有効な機能性食品
4コラーゲンと軟骨抽出物(コンドロイチン硫酸、ヒアルロン酸)の肌に対する有効性の検証
5肌に関する特定保健用食品(トクホ)の可能性
6おわりに
第1章美肌
1米セラミド (坪井誠)
1.1はじめに
1.2素材研究計画
1.3評価実験計画
1.4ヒトモニター試験
1.4.1評価方法
1.4.2水分蒸散量
1.4.3保湿性
1.4.4肌表面状態の変化
1.5動物の肌での検証
1.5.1マウス皮膚の改善効果
1.6セラミド産生効果―角質層セラミドの改善
1.7使用実感試験
1.8まとめ
2GABA (外薗英樹)
2.1はじめに
2.2大麦乳酸発酵液ギャバ摂取が肌に与える影響(オープン試験による探索的評価)
2.2.1方法
2.2.2結果
2.3大麦乳酸発酵液ギャバ摂取が肌に与える影響(二重盲検並行群間比較試験)
2.3.1方法
2.3.2結果
2.4おわりに
3ビフィズス菌発酵乳およびガラクトオリゴ糖の美肌作用 (宮ア幸司、飯塚量子)
3.1はじめに
3.2フェノール類の皮膚への影響
3.3ガラクトオリゴ糖飲料の継続摂取試験
3.4ビフィズス菌発酵乳の継続摂取試験
3.5まとめ
4アスタキサンチンの幅広い美肌効果 (山下栄次)
4.1はじめに
4.2真皮に対する作用
4.2.1シワ改善効果
4.2.2皮膚弾力性増加効果
4.2.3一重項酸素傷害防御効果&コラーゲン産生促進維持効果
4.2.4表皮角化細胞依存性タイプIコラーゲン分解酵素(MMP-1)発現亢進抑制効果
4.3表皮に対する作用
4.3.1シミ改善効果
4.3.2メラニン産生抑制効果
4.4角質層に対する作用
4.4.1きめ改善効果
4.4.2角層細胞面積改善効果
4.4.3経表皮水分蒸散量低下作用
4.4.4脂浮き改善効果
4.4.5コーニファイドエンベロープ成熟促進作用
4.5考察
4.6おわりに
5ルテイン (押田恭一)
5.1はじめに
5.2ルテインの栄養学的な意義
5.3紫外線と青色光が皮膚に与える影響
5.4細胞膜でのルテインの特徴
5.5ルテインと内面美容の概念
5.6ルテインとゼアキサンチンを経口、および経皮投与した研究
5.6.1脂質含量への影響
5.6.2過酸化脂質量への影響
5.6.3弾力性への影響
5.6.4水分含量への影響
5.7おわりに
第2章美白
1グラヴィノール (佐野敦志、山越純)
1.1はじめに
1.2ブドウ種子抽出物「グラヴィノール」
1.3紫外線による色素沈着の抑制効果(動物実験)
1.4ヒトでのグラヴィノール美白効果
1.4.1女性特有の頬しみ(肝斑)の抑制効果
1.4.2老人性色素斑に対する効果
1.4.3紫外線惹起ヒト色素沈着に対する塗布による抑制効果
1.5細胞レベルでのグラヴィノールの効果と美白メカニズム
1.6おわりに
2インドキノ木の心材抽出物 (松本剛、佐藤綾)
2.1はじめに
2.2インドキノ木心材の活性成分:プテロスチルベン
2.3抗炎症作用
2.4色素沈着改善作用
2.5インドキノ木心材抽出物のメラニン産生抑制作用
2.6メラニン産生抑制の作用機序
2.7まとめ
3フコキサンチン、β-クリプトキサンチン (単少傑、下田博司)
3.1はじめに
3.2メラニン産生のメカニズム
3.3フコキサンチンのメラニン生成抑制作用
3.3.1フコキサンチンとは
3.3.2紫外線照射マウスの皮膚色素沈着およびメラニン合成関連因子のmRNA発現に及ぼす作用
3.4β-CPXのメラニン生成抑制作用
3.4.1β-CPXとは
3.4.2紫外線照射マウスの皮膚色素沈着およびメラニン合成関連因子のmRNA発現に及ぼす作用
3.5おわりに
第3章抗ニキビ
1ドクダミ (高橋達治)
1.1ニキビとは
1.2ニキビ発生の流れ
1.3ドクダミ
1.4ニキビ改善作用
1.4.1医師の目視診断
1.4.2肌状態アンケート
1.5抗炎症作用
1.5.1IL-1α産生抑制作用
1.5.2ヒスタミン遊離抑制作用
1.5.3ヒアルロニダーゼ阻害作用
1.5.4抗補体作用
1.6抗男性ホルモン作用
1.7おわりに
第4章抗糖化
1バラ花びら抽出物の美容効果 (野原哲矢)
1.1イントロダクション
1.2美容・抗老化効果
1.2.1ヒアルロニダーゼ阻害作用
1.2.2糖化抑制作用
1.2.3抗光老化作用
1.2.4チロシナーゼ阻害作用
1.2.5ヒト臨床試験による美容・抗老化効果
1.3ダイエット効果
1.3.1αグルコシダーゼ阻害と血糖値上昇抑制効果
1.3.2リパーゼ阻害と脂質吸収抑制効果
1.4おわりに
2混合ハーブエキス (河合博成)
2.1混合ハーブエキス(AGハーブMIX TM)の糖化抑制作用
2.2糖化と肌の老化
2.2.1皮膚弾力性低下
2.2.2シワ形成
2.2.3くすみ(黄ぐすみ)
2.2.4炎症反応
2.2.5角層のダメージ
2.3混合ハーブエキスのヒト皮膚での評価
2.3.1皮膚中AGEs蓄積抑制作用
2.3.2非侵襲的テープストリッピング法による角層中CML量の測定
2.3.3皮膚弾力性試験
2.4まとめ
3マンゴスチン果皮抽出物 (前嶋一宏)
3.1はじめに
3.2マンゴスチン果皮の成分とその作用
3.3マンゴスチン果皮エタノール抽出物の抗糖化作用
3.3.1エタノール抽出物の蛍光性AGEs生成抑制作用
3.3.2ヒト摂取試験によるAGEs蓄積抑制作用と美肌作用
3.4マンゴスチン果皮熱水抽出物のAGEs生成抑制作用と美肌作用
3.4.1熱水抽出物のCML生成抑制作用と活性成分
3.4.2熱水抽出物の線維芽細胞増殖作用
3.4.3熱水抽出物を用いたヒト摂取試験による肌の粘弾性と水分量の改善作用
3.5おわりに
第5章抗アトピー
1ワサビ抽出物 (永井雅)
1.1はじめに
1.2アトピー性皮膚炎の食品による改善
1.3ワサビの有効成分
1.4ヘアレスマウスのアトピー性皮膚炎様症状に対するワサビ根茎抽出物の効果
1.5軽度アトピー性皮膚炎被験者に対するワサビ根茎抽出物の効果
1.6おわりに
2植物性乳酸菌K-2のアトピー性皮膚炎症状の緩和効果 (熊谷武久)
2.1はじめに
2.2乳酸菌の選抜
2.3アレルギーマウスへの効果
2.4ヒトアトピー性皮膚炎の改善
2.5安全性試験
2.6衛生仮説の観点によるK-2菌入り食品の開発
2.7おわりに



※ 本書籍はご試読頂けません ※

SSL グローバルサインのサイトシール
FAXでもお申し込みいただけます。FAXお申し込み用紙(PDF)を印刷いただき、必要事項をご記入のうえ
 弊社までご送信ください。(FAX番号は、お申込用紙に印刷されています)
※PDF形式のファイルをご覧頂くための Adobe Reader は、アドビ システムズ社から無償提供されています。
                Adobe Reader 最新版ダウンロードはこちらから
■ お問い合わせの前に『よくあるご質問(書籍)』をご一読下さいませ ■
■ セミナー・講習会のご案内はこちらでございます ■