TOP セミナー 書籍 社内研修 セミナーQ&A 書籍Q&A お問い合せ 会社概要


ご購入は、画面下の「書籍購入」ボタンから  
ペットフード・ペット用医薬品の最新動向    
Latest Trends in Pet Foods and Drugs
[コードNo.2013T922]

※ 本書籍はご試読頂けません ※

■監修/ 有原圭三
■体裁/ B5判 294ページ
■発行/ 2013年12月16日 (株)シーエムシー出版
■定価/ 75,600円(税込価格)
■ISBNコード/ 978-4-7813-0872-2

 
★ペットフードの分類、嗜好性、栄養生理から機能性フード、グルメフードといった付加価値の高いペットフードの開発まで、
  ペットフードの全てがわかる!
★関連法規・制度の解説、ペットフード製造技術を詳述!
★ペット用医薬品の最新動向を解説!

キーワード

ペットフード / ペプチド / ビタミン / ミネラル / 食物繊維 / アレルギー / ストレス / プロバイオティクス / 特別療法食 / 肥満 / ペットフード製造機器 / 漢方 / 感染症 / 歯周病

刊行にあたって

最初の国産ドッグフードの誕生から50年が経過し、日本のペットフード市場は出荷額で3,000億円規模に迫る大きな産業に成長した。2005年以降、ペットフードの流通量は減少傾向に転じているものの、出荷額は依然として堅調な推移をしている。この背景として、飼育動物の小型化やペットフードのプレミアム化があげられる。すなわち、日本のペットフード市場は、「量」から「質」的な発展期に移行したのである。2009年に「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律」(ペットフード安全法)が施行されるなど、近年ペットフードを取り巻く環境も大きく変化しており、ペットフードの開発にも新たな取り組みや姿勢が求められている。
今回、最新かつ最良の書籍の刊行に至ったことは、大変便宜にかなったものと思われ、今後のペットフード開発に大きく寄与するものと確信している。本書は、ペットの健康を支えるうえで重要なペット用医薬品を項目に取り入れたことにより、広くペットの健康科学を網羅するユニークな書籍となったと自負している。
本書を通読することにより、ペットフードにとどまらずペット健康科学の全体像を俯瞰できる意義は大きい。本書の活用により、良質なペットフードが続々と誕生することを期待している。

北里大学 有原圭三
(本書「刊行にあたって」より抜粋)

著者一覧

有原圭三北里大学
藤井立哉ペットフード・テクノリサーチ
黒瀬陽平北里大学
大畑素子北里大学
橋本匡司日本農産工業(株)
舟場正幸京都大学
古瀬充宏九州大学
大木富雄大妻女子大学
坂根弘日本ヒルズ・コルゲート(株)
増田健一動物アレルギー検査(株)
樋口誠一北里大学
高津善太(株)森乳サンワールド
岸秀蔵環境省
大島誠之助倉敷芸術科学大学
大野和彦マースジャパンリミテッド
仲村州夫パシフィックサイエンス(株)
伊藤直之北里大学
堀泰智北里大学
望月雅美鹿児島大学
高野友美北里大学
宝達勉北里大学
藤田桂一フジタ動物病院

構成および内容

【第T編 総論】

第1章ペットフードの変遷と環境変化   (有原圭三)
1はじめに
2ペットフードの誕生
3日本のペットフード産業
4ペットフードを取り巻く環境の変化
5ペットフードの高付加価値化・多様化
6おわりに
第2章ペットフードの分類    (藤井立哉)
1はじめに
2ペットフードとペットの定義
2.1動物愛護の観点から
2.2安全確保の観点から
2.3適正表示の観点から
3ペットフードの特性による分類
3.1利用目的による分類
3.1.1総合栄養食
3.1.2間食
3.1.3その他の目的食
3.2水分含量による分類
3.3製品形状による分類
3.4容器包装による分類
第3章犬と猫の栄養生理    (黒瀬陽平)
1犬と猫の食性と消化器官
2採食パターン
3嗜好性
4犬と猫の栄養代謝
4.1タンパク質とアミノ酸
4.1.1総タンパク質
4.1.2アルギニン
4.1.3含硫アミノ酸とタウリン
4.2ビタミン
4.2.1ナイアシン(ニコチン酸)
4.2.2ビタミンA
4.2.3脂質
4.2.4炭水化物(糖質)
4.3代謝特性のまとめ
第4章ペットフードの嗜好性   (大畑素子)
1はじめに
2ペットフードの嗜好性と香り
2.1高嗜好性キャットフードの香気寄与成分の探索
2.2香気組成物を用いたネコによる嗜好性試験
3ペットフードの嗜好性とフレーバー、テクスチャー
4おわりに
第5章特許情報に見るペットフードの研究開発動向    (有原圭三)
1はじめに
2特許情報の検索
3ペットフードに関わる特許の概況
4ペットフードの研究開発動向
5最近の研究開発動向
6おわりに

【第U編 機能性ペットフード・サプリメント素材】

第6章アミノ酸・ペプチド素材  (有原圭三)
1はじめに
2アミノ酸の科学
3ペットフードとアミノ酸
3.1イヌ・ネコの必須アミノ酸
3.2アミノ酸の生理活性
4ペプチドの科学
5ペプチドの機能と利用
5.1タンパク質由来ペプチドの保健的機能
5.2ペプチド素材の調製法
6ペットフードとペプチド
6.1ペプチドによる保健的機能の付与
6.2タンパク分解によるアレルギー対策
6.3ペプチドとメイラード反応
7おわりに
第7章ビタミン・ミネラル素材      (橋本匡司/舟場正幸)
1はじめに
2ペット用ビタミン・ミネラル素材サプリメント市場
3栄養学的観点から見たビタミン・ミネラル素材サプリメント
4おわりに
第8章肥満対策素材    (古瀬充宏)
1イヌとネコにおける肥満の現状
2肥満の判断基準
3肥満の問題点
4肥満の予防と改善
4.1タンパク質
4.2糖質
4.3脂質
4.4薬物療法
第9章嗜好性原料    (大木富雄)
1嗜好
2嗜好に影響する要因
2.1甘味
2.2酸味
2.3忌避する味
3嗜好性試験
4嗜好性原料
4.1たん白質原料
4.2油脂原料
4.3乳製品原料
4.4ダイジェスト(嗜好増進材)
4.5甘味料
4.6酸材
4.7ハーブ
4.8その他
5嗜好増進作用
6嗜好性物質の利用方法
7ペットに危険な嗜好性物質
7.1タマネギなどのネギ属
7.2チョコレート
第10章食物繊維とペットフード   (坂根弘)
1はじめに
1.1繊維質の構造と基本的分類
1.2繊維質の種類
2繊維質の生理学的な分類
2.1繊維質が他の栄養素に与える影響
2.2ペットフード中の繊維質源
2.3犬と猫における繊維質の重要性
2.4消化管での繊維質の役割
2.4.1胃、小腸
2.4.2結腸
2.4.3脂質に対する影響
3各論―繊維質を用いた疾病管理―
3.1肥満
3.2消化器疾患の管理
3.3便秘と下痢
3.4糖尿病の管理
3.5高脂血症
3.6リンパ管拡張症
4まとめ
第11章アレルギー対策素材としての除去食    (増田健一)
1はじめに
2原因食物アレルゲンの特定方法
3除去食選択のための食物アレルゲンの検査方法
4アレルゲン交差性について
5除去食療法に使用するフード
5.1療法食
5.2手作り食(ホームメード食)
6除去食療法における注意点
6.1除去食療法の厳密性
6.2除去食療法の継続期間
7予防のための除去食
8まとめ
第12章ストレス対策素材   (有原圭三)
1はじめに
2ストレッサーとストレス
3抗ストレス素材と抗ストレス食品
4ペットとストレス
5抗ストレスペットフード
6ペプチドを利用したストレスケアフード
7抗ストレスフードの表示問題
8おわりに
第13章プロバイオティクスとプレバイオティクス    (有原圭三)
1はじめに
2プロバイオティクス
3プレバイオティクス
4イヌとネコの腸内細菌叢
5ペットフードへのプロバイオティクスの利用
6ペット用サプリメント類へのプロバイオティクスの利用
7ペットフードへのプレバイオティクスの利用
8プロバイオティクスによるペットのアレルギー予防
9おわりに
第14章ペットフードへの漢方素材の利用    (樋口誠一)
1はじめに
2菊花
3陳皮(チンピ、ちんぴ)
4山査子(サンザシ、さんざし)
5山薬(サンヤク、さんやく)
6北沙参(ホクシャジン、ほくしゃじん)
7ハトムギ(はとむぎ)
8麦芽(バクガ、ばくが)

【第V編 ライフステージ別フード】

第15章総論―ライフステージ別栄養―    (坂根弘)
1ライフステージ栄養の実践の意義
2犬に必要な栄養素とライフステージ
2.1
2.2与えるべきエネルギー量と食事量
2.2.1発育期
2.2.2成犬維持期
2.2.3高齢期
2.2.4妊娠期
2.2.5授乳期
2.3ライフステージとたんぱく質
2.3.1発育期
2.3.2成犬維持期
2.3.3高齢期
2.3.4妊娠・授乳期
2.4脂肪および必須脂肪酸
2.4.1発育期
2.4.2成犬維持期
2.4.3高齢期
2.4.4妊娠・授乳期
2.5炭水化物ならびに繊維質
2.5.1妊娠・授乳期
2.6ミネラル類:リン、カルシウム、ナトリウム、クロライドその他
2.6.1発育期
2.6.2成犬維持期
2.6.3高齢期
2.6.4妊娠期
2.6.5授乳期
2.7ビタミン類
3一般的なライフステージとフード
3.1年齢によるドッグフードの選択
3.2年齢以外の要因を考慮したドッグフードの選択
3.2.1犬種とフード
3.2.2避妊・去勢の有無とフード
3.2.3活動レベルやストレスとフード
3.2.4環境や季節とフード
4おわりに
第16章ミルク       (高津善太)
1ミルクの特徴
1.1ミルクの本来の意義と栄養バランス
1.2乳由来の諸製品
1.3たんぱく質
1.4乳脂肪
1.5炭水化物
1.6ミネラル
1.7ビタミン類と機能性成分
2各種動物の母乳組成
2.1一般的比較
2.2母乳の組成の違いと種の繁栄
2.3各種動物乳の調製
3ペットフードにおけるミルクの位置
3.1わが国でのペットミルクの歴史
3.2犬猫の授乳期および離乳期
3.3成犬・成猫の栄養補給と栄養バランスの改善
3.4飲み物として、ふりかけとして
3.5ハイシニア・病態の犬猫の主食や、栄養補給に
4ペット用ミルクの形態
5ミルクを使用したペット向け製品
6まとめ
第17章犬と猫の特別療法食      (坂根弘)
1獣医科用特別療法食のはじまり
2特別療法食の位置付け
2.1各国における療法食の位置付け
3操作対象の栄養素
3.1蛋白質、アミノ酸
3.1.1蛋白質の制限
3.1.2新奇蛋白質と蛋白質加水分解物
3.1.3タウリンと拡張型心筋症
3.1.4タウリンと猫のDCM
3.1.5アルギニン
3.1.6グルタミン
3.2脂肪酸
3.2.1PUFAと皮膚疾患
3.2.2PUFAと腎臓病
3.2.3PUFAと関節炎
3.2.4PUFAとがん
3.3炭水化物、繊維質
3.3.1炭水化物(糖質)の操作
3.3.2繊維質の操作
3.4ビタミン類
3.4.1ビタミンA
3.4.2ビタミンC
3.4.3ビタミンE
3.5ミネラル類
4栄養補助食品
4.1カルニチン
4.1.1犬の拡張型心筋症
4.2αリポ酸
4.3グルコサミン、コンドロイチン硫酸
4.4ミドリイガイ抽出物
5利用可能な特別療法食の種類
6臨床研究によるエビデンス
第18章高齢犬・猫食      (古瀬充宏)
1高齢とは
2高齢・老齢による変化
2.1血液成分の変化
2.2代謝の変化
2.3皮膚の変化
2.4消化器の変化
2.5泌尿器系の変化
2.6骨格筋系の変化
2.7心臓血管系の変化
2.8感覚の変化
2.9行動の変化
3高齢ペットに対する栄養的配慮
3.1はじめに
3.2エネルギー
3.3タンパク質とアミノ酸
3.4脂質
3.5ビタミンとミネラル
3.6サプリメント

【第W編 安全性と製造技術】

第19章ペットフード安全法について    (岸秀蔵)
1法制定の経緯
2法律の概要
3立入検査の実績
第20章イヌとネコのNRCの養分要求量とAAFCOの養分所要量    (大島誠之助)
1はじめに
2NRCとAAFCO
2.1NRCとその歴史
2.2AAFCOとその歴史
3NRCの養分要求量の版ごとの比較
42006年版NRC養分要求量と2013年版 AAFCOの養分所要量基準の比較
4.1イヌ用
4.2ネコ用
52006年版NRCと2013年版 AAFCOのエネルギー要求量計算方式の比較
62006年版NRCと2013年版 AAFCOのその他の比較
7おわりに
第21章ペットフードに関わる諸法令とペットフードの表示    (大野和彦)
1はじめに
2ペットフードに関わる諸法令
3世界各国のペットフードの関連法令
3.1アメリカでは
3.2ヨーロッパでは
4日本における法規制
4.1ペットフード安全法とは
4.1.1ペットフード安全法の目的
4.1.2事業者の責務
4.1.3ペットフードの基準および規格
4.1.4品質安全性に関わる関連法令
4.1.5表示や販売などに関わる法令
5ペットフードの栄養基準と総合栄養食
5.1NRC基準
5.2AAFCOの基準
5.3世界各国の栄養基準
5.4日本の栄養基準――ペットフードの表示に関する公正競争規約
6ペットフードの表示について
6.1ペットフードの定義
6.2ペットフードの表示
6.2.1「ペットフードの表示に関する公正競争規約」
6.2.2景品表示法が定める表示の定義と不当表示
6.3表示の定義
6.4不当表示
6.5ペットフードの必要表示事項
6.6特定事項の表示規準
7薬事法による表示の制限
7.1薬事法に関する法令、通知などの見方
7.2「ペットフード安全法」の内容の見方
第22章ペットフード押出機の新しい開発    (仲村州夫)
1はじめに
2サーマルツイン二軸押出機(Thermal Twin Extruder)
3DDC型ミキサー
4HIP型ミキサー
5機器のサニタリー性の向上
6アメリカのペットフード市場の高付加価値化
7世界のペットフード産業と食の安全について

【第X編 ペット用医薬品】

第23章ノミ・ダニ予防     (樋口誠一)
1はじめに
1.1ノミ
1.2マダニ
1.3被害
2ノミ・ダニの駆虫、予防薬の特徴
3ノミ・ダニの予防対策
3.1フロントラインプラス
3.2フロントラインプラス(猫用)
3.3プラク-ティック(2kg〜4.5kg)
3.4プログラム液
3.5レボリューション(猫用)
3.6レボリューション(小型犬・猫用 2.5kg未満)
3.7ノミ駆除器(犬・猫ノミ駆除)
3.8フロントライン スプレー(犬・猫両用)
4おわりに
第24章フィラリア予防      (伊藤直之)
1イヌフィラリア症(イヌ糸状虫症)の概要
2ヒトのイヌフィラリア感染
3ネコのイヌフィラリア感染
4イヌフィラリアのライフサイクル
5イヌフィラリアのイヌ体内での寄生部位と症状発現
6イヌフィラリア症の臨床的な病型と症状のまとめ
7フィラリア感染の診断
8イヌフィラリア症の治療
9イヌフィラリアの予防
10日本国内で販売されているイヌのフィラリアに対する予防薬
第25章心臓病疾患の薬     (堀泰智)
1心臓病の転帰
2犬猫の心疾患
3循環器薬
3.1血管拡張薬
3.1.1アンギオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬
3.1.2カルシウム(Ca)チャネル遮断薬
3.1.3硝酸薬
3.2交感神経受容体遮断薬 (β遮断薬)
3.3利尿薬
3.3.1ループ利尿薬
3.3.2カリウム保持性利尿薬
3.4強心薬
3.4.1ジゴキシン
3.4.2ホスホジエステラーゼ(PDE)阻害剤
3.4.3β受容体作動薬
第26章犬用の感染症予防ワクチン     (望月雅美)
1はじめに
2犬用ワクチンの特徴
2.1狂犬病ワクチン
2.2犬ジステンパーワクチン
2.3犬パルボウイルス病ワクチン
2.4犬伝染性肝炎ワクチン
2.5レプトスピラ症ワクチン
2.6その他のワクチン
3混合ワクチンの是非
4コアワクチンの基本的な使い方
5おわりに
第27章猫用の感染症予防ワクチン     (高野友美/宝達勉)
1ワクチン
1.1猫用ワクチンの概要
1.2猫用ワクチンの種類
1.2.1不活化ワクチン
1.2.2生ワクチン
1.2.3生―不活化混合ワクチン
1.3近年の猫用ワクチンの特徴
1.3.1遺伝子組換えワクチン
1.3.2猫カリシウイルス感染症に対するワクチンの変化
1.3.3猫免疫不全ウイルス感染症に対するワクチンの開発
1.4分子標的治療薬
1.5猫伝染性腹膜炎ウイルスに対するワクチンの開発
2まとめ
第28章歯周病予防      (藤田桂一)
1はじめに
2歯周病の疫学的特徴
3口腔の感染防御機構
4歯周病の発生
5歯周病における予防歯科処置
6歯周病の予防効果
7おわりに
第29章デンタルケア       (藤田桂一)
1はじめに
2食餌を食べることによって歯垢・歯石の付着を予防する
2.1療法食
2.1.1プリスクリプションダイエットt/d (輸入者 日本ヒル・コルゲート株式会社)
2.1.2デンタルケアフード (輸入業者 プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社)
3咬むことや歯に接触することにより歯垢・歯石の付着を予防する
3.1玩具、骨、ひづめ、生皮、縄
3.2トリーツ(デンタルガムを含む)
3.2.1C.E.T.ビルバックチュウ(輸入業者 ビルバックジャパン)
3.2.2C.E.Tベジタルチュウ(輸入業者 ビルバックジャパン株式会社)
3.2.3デンタボーン(マースジャパン リミテッド)
3.2.4デンタエックス(マースジャパン リミテッド)
3.2.5グリニーズ(ニュートロジャパン合同会社)
4飼い主が動物の歯を擦ったり、液体を口腔内に入れることにより歯垢・歯石を予防する
4.1歯磨きシート(販売元 ライオン商事株式会社)
4.2歯磨きコットンシート(発売元 シーズイシハラ株式会社)
4.3フィンガーブラシ
4.4アクアデント 水に混ぜる液体(輸入業者 株式会社ビルバックジャパン株式会社)
4.5口腔スプレー(販売元 ライオン商事株式会社)
5飼い主が動物の歯磨きをすることにより歯垢・歯石を予防する
5.1ポリッシングペースト(歯磨剤)
5.1.1C.E.T酵素入り歯磨きペースト(輸入業者 ビルバックジャパン株式会社)
5.1.2オーラティーンデンタルジェル(製造元 Laclede Inc.for Pet King Brands/ Inc.(米国、輸入販売:PKBジャパン有限会社)
5.2歯ブラシ
6デンタルモデルを使用して飼い主へデンタルホームケアを促す
7おわりに

【資料編】

ペットフードの表示に関する公正競争規約
ペットフードの表示に関する公正競争規約施行規則



※ 本書籍はご試読頂けません ※

SSL グローバルサインのサイトシール
FAXでもお申し込みいただけます。FAXお申し込み用紙(PDF)を印刷いただき、必要事項をご記入のうえ
 弊社までご送信ください。(FAX番号は、お申込用紙に印刷されています)
※PDF形式のファイルをご覧頂くための Adobe Reader は、アドビ システムズ社から無償提供されています。
                Adobe Reader 最新版ダウンロードはこちらから
■ お問い合わせの前に『よくあるご質問(書籍)』をご一読下さいませ ■
■ セミナー・講習会のご案内はこちらでございます ■