TOP セミナー 書籍 社内研修 セミナーQ&A 書籍Q&A お問い合せ 会社概要


ご購入は、画面下の「書籍購入」ボタンから  
オーラルヘルスケア機能性食品の開発と応用    
-アンチエイジングを目指した口腔ケアを中心に-
Oral Health Care and Anti-aging
-Development and Application of Functional Food-
[コードNo.2013T926]

※ 本書籍はご試読頂けません ※

■監修/ 坂上宏
■体裁/ B5判 243ページ
■発行/ 2013年12月3日 (株)シーエムシー出版
■定価/ 61,560円(税込価格)
■ISBNコード/ 978-4-7813-0926-3

 
★口腔ケアによる生活習慣病を始めとする疾患予防について解説
★歯学研究者が有用食品素材の機能と効果を詳述
★食品、薬品メーカーによる応用製品の紹介

キーワード

バイオフィルム / 咀嚼 / 誤嚥 / 嚥下 / 抗う蝕 / 歯周病 / ドライマウス / 口臭予防 / 老化マーカー / 漢方薬

刊行にあたって

歯周病の発症と糖尿病あるいは癌の発症が、関連することが多数の研究論文で報告され、口腔は、全身の健康状態を反映するものと考えられている。また、一般的に、歯の数が多いほど寿命が長く、咀嚼回数が多いほど認知症になりにくいことから、口腔ケアがいかに重要であるかが認識されようとしている。
最近、炎症を抑制することにより抗老化が誘導されるという画期的な研究報告がなされ、もしかしたら、抗炎症効果を有するポリフェノール類が、老化を逆行させる効果を発揮するのではないかという期待を我々に抱かせた。我々の身の周りには、抗加齢(アンチエージング)効果を発揮できそうな物質がポリフェノール以外にもたくさんある。そのような有効な物質を発掘するためには、天然界から抗加齢のある物質をできるだけたくさん網羅的に探索し、抗加齢効果を客観的に評価し、合格したものを市場に出していくといった地道なプロセスを繰り返すことが必要である。
本書は、大学における口腔ケアによる疾患予防、口腔ケア食品素材に関する基礎的な研究から、企業におけるオーラルヘルスケア機能性食品の開発と応用に関する取り組みの現状までを書く先生方にご執筆いただくことにより、今後の研究のあるべき方向性を模索するために企画された。本書が、この趣旨に沿い、この分野に携わる方、あるいは、この分野の研究に興味をお持ちの方に対して少しでもお役に立つことができるのなら幸いである。

(本書「はしがき」より抜粋)

著者一覧

坂上宏明海大学
松岡耕二千葉科学大学
佐々木啓子千葉科学大学
池田幸昭和大学歯科病院
村山純一郎昭和大学
渡部茂明海大学
杉本昌弘慶應義塾大学
佐藤和恵昭和大学
須永克佳城西大学
堀江憲夫埼玉医科大学総合医療センター
前原潔明海大学
松岡隆史(株)フレンテ・インターナショナル
古賀泰裕東海大学
梁洪淵鶴見大学
橋野恵衣大阪大学大学院
清浦有祐奥羽大学
太養寺真弓新潟県農業総合研究所
大坪貞視新潟県農業総合研究所
八重垣健日本歯科大学
仲野道代岡山大学大学院
今井奬鶴見大学
児玉悠史(株)ロッテ
小林隆嗣江崎グリコ(株)
田村幸吉丸善製薬(株)
山本正次丸善製薬(株)
増田秀樹小川香料(株)
田中智子江崎グリコ(株)
前田裕一(株)ロッテ
楊金緯(株)常磐植物化学研究所
上野慶一(株)明治フードマテリア
大越絵実可明海大学
松田友彦オーピーバイオファクトリー
田中庄二明海大学
松本勝明海大学
安井利一明海大学
渡邊康一三宝製薬(株)
北嶋まどか(株)大和生物研究所
堀内美咲(株)大和生物研究所
賈俊業(株)大和生物研究所
大泉浩史(株)大和生物研究所
大泉高明(株)大和生物研究所

構成および内容

【第1編 口腔ケアによる疾患予防】

第1章口腔ケアとアンチエイジング  (坂上宏)
1はじめに
2老化とは
3寿命に影響を与える因子
4老化マーカー
4.1唾液
4.2
4.3血液
4.4尿
4.5腎臓、骨、尿、コラーゲン
4.6タンパク質
4.7線虫培養細胞(モデル実験)
5口腔ケアと抗加齢(アンチ・エイジング)
5.1毎日の習慣の改善
5.2口腔ケア
5.3咀嚼回数の増加
6抗加齢(アンチエイジング)物質の探索
7抗炎症によるアンチエイジング
第2章老化の仕組みと天然ポリフェノールのアンチエイジング効果  (松岡耕二、佐々木啓子)
1個体と細胞の老化の仕組み
2ポリフェノールのアンチエイジング
3フラボノイド
3.1フラバン
3.2フラボノール
3.3イソフラボン
3.4アントシアニン
4非フラボノイド
4.1レスベラトロール
4.2クルクミン
第3章歯科領域の診療と食品の関わり  (池田幸、村山純一郎)
1はじめに
2健常者の口腔ケアと食品
2.1特定保健用食品
3口腔がん患者の治療と食品
3.1周術期と食品
3.2経腸栄養機能食品の成分調整と免疫栄養
3.3口腔がん術後化学療法、放射線療法施行時の食事
4口腔ケアと嚥下リハビリテーションと食品
4.1診断・治療
4.2嚥下調整食品に必要な条件
4.3嚥下調整食の段階
4.4ユニバーサルデザインフード
第4章口腔の健康と唾液  (渡部茂)
1はじめに
2唾液の生成
3唾液分泌
3.1安静時唾液
3.2唾液pHの変化
3.31日の唾液総分泌量
3.4臨床診断としての安静時唾液
4唾液と口腔環境
4.1唾液クリアランスのメカニズム
4.2口腔内環境の部位特異性
5唾液と歯の関係
6食事と唾液
第5章唾液のメタボローム解析  (杉本昌弘)
1はじめに
2メタボローム解析技術とは
3唾液のメタボロームを用いた疾患マーカー探索
3.1口腔がん、乳がん、膵がんの唾液代謝プロファイル
3.2実用化に向けた取り組み
4唾液中メタボロームと加齢の関係
5唾液中メタボロームの今後
第6章アンチエイジングを目指した芳香療法  (佐藤和恵)
1はじめに
2活性酸素と病気
3ESR法による抗酸化測定の原理
4アンチエイジングを目指した芳香療法
5歯周病とアンチエイジング
6ESR法を用いた精油の抗酸化測定
第7章健康食品との薬物相互作用  (須永克佳)
1はじめに
2食品―医薬品相互作用概要
3薬物動態学的相互作用
3.1吸収過程での相互作用
3.2代謝過程での相互作用
3.3薬物代謝酵素やトランスポーターに対する食品の影響
3.4分布および排泄過程での相互作用
4薬力学的相互作用
5健康食品と医薬品の相互作用
6おわりに
第8章口腔疾患と漢方薬:特に立効散について  (堀江憲夫)
1はじめに
2口腔疾患と漢方薬
3立効散
3.1立効散の概要
3.2立効散の鎮痛作用
3.3立効散と口内炎
4今後の展望・おわりに
第9章オーラルヘルスケアと咀嚼筋の長さ  (前原潔)

【第2編 口腔ケア食品素材】

第1章プロバイオティクスによる口腔ケア  (松岡隆史、古賀泰裕)
1プロバイオティクス
2プロバイオティクスの口腔感染症への応用
3口腔プロバイオティクス
4乳酸菌による歯周病原細菌抑制効果
4.1in vitro試験
4.2乳酸菌服用による唾液への影響
4.3乳酸菌服用による歯肉縁下プラークへの影響
4.4口臭予防効果
5おわりに
第2章機能性食品によるドライマウス改善  (梁洪淵)
1はじめに
2ドライマウスとは
3ドライマウスの原因
4ドライマウスにおける酸化ストレスの関与
5ドライマウスの対処
5.1CoQ10による唾液分泌促進効果の検討
5.2Astによる唾液分泌促進効果の検討
5.3イソフラボンによる唾液分泌促進効果の検討
5.4プロタミン分解産物による唾液分泌促進効果の検討
6まとめ
第3章糖アルコールのバイオフィルムへの効果  (橋野恵衣、天野敦雄)
1はじめに
2糖アルコールの特性
3う蝕原性バイオフィルム
3.1キシリトール
3.2ソルビトール
3.3マルチトール
3.4エリスリトール
4歯周病原性バイオフィルム
4.1糖アルコールのバイオフィルム微細構造への作用
4.2エリスリトールによるバイオフィルム形成抑制機構の検討
4.3エリスリトールによるバイオフィルム形成抑制作用の特異性
5糖アルコールの歯科における用途
6おわりに
第4章ヒノキチオール含有ジェルの抗菌作用  (清浦有祐)
1口腔ケアジェルの必要性
2ヒノキチオール含有口腔ケアジェル
3ヒノキチオールの抗菌作用
4ヒノキチオール含有口腔ケアジェルの成分
5ヒノキチオール含有口腔ケアジェルの特徴
6ヒノキチオール含有口腔ケアジェルを用いた口腔カンジダ症抑制への試み
7ヒノキチオール含有口腔ケアジェルの口腔カンジダ症に対する発症抑制作用
7.1ヒノキチオール含有口腔ケアジェルのCandida albicans定着抑制作用
7.2ヒノキチオール含有口腔ケアジェルのマウス舌表面の白苔形成に及ぼす抑制作用
7.3ヒノキチオール含有口腔ケアジェルの炎症性サイトカイン産生抑制作用
8ヒノキチオール含有口腔ケアジェルの有用性
第5章機能性タンパク質素材の抗歯周病作用  (太養寺真弓、大坪貞視)
1はじめに
2ジンジパイン阻害因子の探索と同定
3ジンジパイン阻害タンパク質の食品素材化と機能性検証
4ペプチド化によるジンジパイン阻害タンパク質の高機能化
5おわりに
第6章口臭予防食品  (八重垣健)
1はじめに
2口臭の国際診断基準と治療必要性
2.1口臭症の分類
2.2治療必要性(TN:Treatment Need)
3口臭原因物質
3.1生理的口臭
3.2歯周炎による口腔由来の病的口臭
3.3全身由来の病的口臭
3.4食物による口臭
4口臭測定法
4.1口臭測定法の種類
4.2UBC式官能検査
4.3口臭検査のための設定条件
5各種食品の口臭予防効果と研究デザイン
第7章茶ポリフェノールの齲蝕抑制作用  (仲野道代)
1はじめに
2茶ポリフェノールの抗菌作用
3ポリフェノールと唾液タンパクとの相互作用
4ウーロン茶ポリフェノールの齲蝕抑制作用
4.1ウーロン茶ポリフェノールの酵素活性阻害作用
4.2in vitro試験
4.3動物実験
4.4ヒト試験
5おわりに
第8章口腔ケア食品の有用性評価  (今井奬)
1はじめに
2酸産生性の評価
3エナメル質脱灰性の評価
4エナメル質再石灰化能の評価
5細菌制御の評価
6今後の課題

【第3編 企業の開発動向】

第1章口臭予防
1口臭除去素材甜茶抽出物  (児玉悠史)
1.1はじめに
1.2甜茶
1.3AMSに対する甜茶抽出物の消臭活性
1.4呈味に優れた甜茶抽出物「ルブス抽出物」の開発
1.5CH3SHに対するルブス抽出物、ルブス抽出物配合ガムの消臭活性
1.6おわりに
2舌ケアタブレットの開発と応用  (小林隆嗣)
2.1開発のきっかけ
2.2舌苔(ぜったい)について
2.3舌苔と口臭
2.4舌ケアタブレットについて
2.4.1プロテアーゼ
2.4.2凹凸の形成
2.4.3安全性試験
2.5舌苔除去タブレットのプロテアーゼ配合の有効性の確認
2.6まとめ
第2章う食予防
1甘草ポリフェノール成分による抗う蝕作用  (田村幸吉、山本正次)
1.1はじめに
1.2う蝕予防の概念
1.3甘草の抗う蝕作用に関する報告
1.4甘草ポリフェノール成分の抗う蝕作用
1.5甘草疎水性抽出物の特性
1.6最後に
2ワサビ微量揮発成分の口腔内細菌に対する抗菌効果  (増田秀樹)
2.1はじめに
2.2ワサビ微量揮発成分
2.3ミュータンスレンサ球菌に対する抗菌効果
2.4歯周病や口臭に関わる嫌気性グラム陰性菌に対する抗菌効果
2.5おわりに
3SPring-8を利用したオーラルケアガムの開発  (田中智子)
3.1はじめに
3.2社会背景
3.3初期う蝕と食品
3.4高水溶性カルシウム素材リン酸化オリゴ糖カルシウム
3.5機能性ガムの開発
3.6SPring-8を活用した再結晶検証
3.7特定保健用食品許可表示の取得
3.8研究成果とその意義
第3章歯周病予防
1歯周病予防素材「ユーカリ抽出物」について  (前田裕一)
1.1歯周病について
1.2ユーカリ葉について
1.3「ユーカリ抽出物」の製法
1.4ユーカリ抽出物中の効果成分と作用メカニズム
1.5「ユーカリ抽出物」配合ガムのヒトでの評価
1.6終わりに
2ゲッケイジュ葉抽出物「ローレッシュ」  (楊金緯、猪野千恵子)
2.1はじめに
2.2ゲッケイジュ葉抽出物「ローレッシュ」の機能性エビデンス
2.3ローレッシュの安全性と安定性
2.4おわりに
第4章ドライマウス対策
1ポリグルタミン酸の唾液分泌促進効果  (上野慶一)
1.1はじめに
1.2ポリグルタミン酸とは
1.3カルシウムの吸収促進作用
1.4カリウムの体外排出促進作用
1.5唾液分泌促進作用
1.6安全性
1.7ポリグルタミン酸の様々な応用
1.8おわりに
第5章ウィルス性疾患の治療
1クマザサ葉抽出液「ササへルス」配合歯磨剤
(坂上宏、大越絵実可、松田友彦、田中庄二、松本勝、安井利一、渡邊康一、
北嶋まどか、堀内美咲、賈俊業、大泉浩史、大泉高明)
1.1はじめに
1.2成分分析
1.3生物活性
1.4ササヘルス配合歯磨剤の開発
1.5結論
1.6おわりに



※ 本書籍はご試読頂けません ※

SSL グローバルサインのサイトシール
FAXでもお申し込みいただけます。FAXお申し込み用紙(PDF)を印刷いただき、必要事項をご記入のうえ
 弊社までご送信ください。(FAX番号は、お申込用紙に印刷されています)
※PDF形式のファイルをご覧頂くための Adobe Reader は、アドビ システムズ社から無償提供されています。
                Adobe Reader 最新版ダウンロードはこちらから
■ お問い合わせの前に『よくあるご質問(書籍)』をご一読下さいませ ■
■ セミナー・講習会のご案内はこちらでございます ■