TOP セミナー 書籍 社内研修 セミナーQ&A 書籍Q&A お問い合せ 会社概要


ご購入は、画面下の「書籍購入」ボタンから
 
抗菌技術と市場動向 2016    
Antimicrobial Technology and Market Trend 2016
[コードNo.2016S806]

※ 本書籍はご試読頂けません ※

■体裁/ B5判 282ページ
■発行/ 2016年1月27日 (株)シーエムシー出版
■定価/ 81,000円(税込価格)
■ISBNコード/ 978-4-7813-1143-2

 
★抗菌技術の基礎から最新の開発動向、光触媒、性能評価、そして市場・業界・メーカー・用途分野別・海外動向までを網羅し、抗菌技術とその市場動向をまとめた一冊!
★抗菌加工製品の国内市場規模は年間約1兆円の巨大市場!
★抗菌・防カビ・抗ウイルス剤の市場は国内だけに留まらず、世界中に拡大中!

キーワード

抗菌剤/防カビ剤/抗ウイルス剤/バイオサイド/無機系抗菌剤/有機系合成抗菌剤/有機系天然抗菌剤/銀系抗菌剤/可視光応答型光触媒/空気清浄機/抗菌加工製品/抗ウイルス加工製品/抗菌繊維/プラスチック練り込み/コーティング/認証制度/SIAAマーク/SEKマーク/性能評価/微生物制御/インフルエンザウイルス/ノロウイルス/大腸菌/黄色ブドウ球菌/市場動向/需給動向/用途分野別動向/メーカー動向/海外動向/法規制

刊行にあたって

日本の文化を背景に開発された日本発の技術である抗菌技術。清潔志向や感染症予防意識の高まりを受けてその重要性がますます大きくなっており、日本国内では既に定着しているが、欧州でも「KOHKIN」の名称で知られるなど、世界中に広がりつつある。
抗菌技術を利用した抗菌加工製品は国内において年間1兆円を超える巨大市場を形成している。安全や衛生管理に対する意識が高い病院や介護施設、保育施設、食品工場などは勿論、一般家庭においても抗菌加工製品は浸透しており、その製品数は年々増え続けている。今後も市場は拡大していくものと予測されている。
また、2016年には、抗菌加工製品の世界的な普及を目指して、日本・中国・韓国が主体となった国際抗菌組織が発足する。一般社団法人抗菌製品技術協議会のSIAAマークを統一認証マークとして採用する予定であり、日本企業は国内で販売しているSIAA認証の抗菌加工製品をそのまま海外でも販売できるようになり、さらなる商機が生まれるものと思われる。
進化を続ける抗菌技術、その最新の開発動向、そして国内のみならず海外へも拡大を続ける市場動向について、その全体像を把握できる書籍をまとめたいという考えから本書を企画した。
【開発編】では、抗菌・防カビ・抗ウイルス技術の基礎から最新の開発動向、光触媒技術、性能評価手法などについて、各分野の代表的な専門家の方々のご協力を得て解説して頂いた。
 【市場編】では、市場動向、需要動向、用途分野別動向、メーカー動向、海外動向に関して、独自取材に基づき、図表を多用して最新の情報を分かりやすく掲載している。
 抗菌・防カビ・抗ウイルス剤の開発メーカーはもとより、繊維、プラスチック、塗料、食品、医薬・化粧品、医療用具、建材、住設機器、日用品、家電メーカーなどあらゆる抗菌・防カビ・抗ウイルス剤ユーザーの方まで、抗菌技術に関心をお持ちの方々の情報収集の一助となれば幸いである。

シーエムシー出版 編集部

著者一覧

藤本嘉明(一社)抗菌製品技術協議会
杉浦晃治東亞合成(株)
中山鶴雄(株)NBCメッシュテック
清野智史大阪大学
大橋和彰東洋製罐グループホールディングス(株)
城武昇一(株)ナノカム;高知大学
井上高康富士化学(株)
堀口雅人富士化学(株)
松田祐介関西学院大学
伊福伸介鳥取大学
黒田靖昭和電工セラミックス(株);北海道大学
三木慎一郎パナソニック(株)
石黒斉(公財)神奈川科学技術アカデミー
井須紀文(株)LIXIL
野島康弘(一財)北里環境科学センター

目 次

【開発編】
第1章抗菌技術の基礎―抗菌剤の種類、選び方、抗菌製品の加工技術(藤本嘉明)
1抗菌とは何か?
2抗菌加工製品の歴史
3抗菌剤の種類と特徴
3.1無機抗菌剤
3.2有機抗菌剤
4抗菌剤の抗菌性能と安全性基準
4.1抗菌剤の抗菌性能
4.2抗菌剤の安全性
5抗菌剤の選び方
5.1抗菌性
5.2安全性
5.3耐熱性
5.4耐水性
5.5化学的安全性
5.6分散性
5.7加工時の着色、透明性
6抗菌加工製品の製造工程
7抗菌加工製品の品質管理
8まとめ
第2章無機系抗菌剤の特徴と設計(杉浦晃治)
1はじめに
2無機系抗菌剤とは
3無機系抗菌剤の抗菌性
4抗菌効果の持続性
5粒度と形状
6変色性
7耐熱性
8水分量
9硬度、屈折率
10安全性
11おわりに
第3章一価銅化合物を用いたウイルス・細菌の不活性化とその製品への応用(中山鶴雄)
1はじめに
2銅化合物の抗ウイルス・抗菌作用
3抗ウイルス技術「Cufitec®」の特長
3.1ウイルスの固着効果
3.2ウイルスの不活性化効果
3.3様々な細菌に対する抗菌効果
4抗ウイルス技術「Cufitec®」の製品展開
4.1Cufitec®加工不織布製品
4.2Cufitec®加工シート・フィルム製品
5おわりに
第4章銀ナノ粒子担持繊維の抗菌性能と抗ウイルス性能(清野智史)
1諸言
2金属銀ナノ粒子担持繊維の構築方法
2.1放射線を利用した銀ナノ粒子担持法
3金属銀ナノ粒子の抗菌効果
3.1繊維材料の抗菌性能評価方法
3.2抗菌性能評価結果と想定される抗菌機構
3.3金属銀ナノ粒子の抗菌機構
4金属銀ナノ粒子抗ウイルス効果
4.1繊維材料の抗ウイルス性能評価方法
4.2繊維材料の抗ウイルス試験結果
5総括
第5章有機酸銀系抗菌剤の樹脂への分散性と抗菌効果(大橋和彰)
1はじめに
2有機酸銀系抗菌剤の分散性
2.1分散手法
2.2分散可能な樹脂種
3有機酸銀系抗菌剤を用いた抗菌樹脂製品ナノファス
3.1抗菌樹脂製品ナノファスの抗菌効果
3.2抗菌作用機構
3.3安全性
4用途展開
4.1分散液
4.2色材
5おわりに
第6章生分解性抗菌ナノ粒子と複合化技術(城武昇一)
1はじめに
1.1医療・福祉と耐性菌
1.2感染症予防と課題
1.3消毒剤の役割と使い分け
1.4従来技術の問題点
2新しい取り組み
2.1環境負荷軽減課題に取り組む防除技術
2.2生分解性シアノアクリレート系ポリマー技術
2.3菌と親しいものづくり・融菌ナノポリマー
2.4抗菌活性とスペクトル
2.5安全性の実証
2.5.1動物へのin vitro and vivo安全性
2.5.2昆虫への安全性
2.5.3植物への安全性
2.5.4土壌中における生分解性評価
3抗菌・抗真菌・抗ウィルス効果
4環境負荷軽減を目指した抗菌ナノ粒子複合化技術
4.1天然繊維への抗菌ナノポリマー担持技術
4.1.1セルロース繊維との吸着
4.1.2抗菌ナノポリマー抱合アミノ酸と繊維への吸着処方
4.2抗菌ナノポリマー担持製品サンプル作製と特性評価
4.2.1スプレーによる抗菌効果の持続性
4.2.2ジェルタイプ抗菌効果の基礎検証
5農業への応用
6今後の展開とまとめ
第7章バイオシリカ抗菌剤の特性・性能・応用技術(井上高康、堀口雅人、松田祐介)
1はじめに
2背景技術
3バイオシリカ抗菌剤の原料
4プロタミンのシリカ固体形成能と抗菌性
5おわりに
第8章キチン・キトサンナノファイバーを用いた抗菌材料(伊福伸介)
1はじめに
2カニ殻由来の新素材「キチンナノファイバー」
3キトサンナノファイバー
4抗菌性キチンナノファイバー素材の開発
4.1表面脱アセチル化キチンナノファイバーフィルム
4.2銀ナノ粒子を担持したキチンナノファイバー
4.3キチンナノファイバーのN-ハラミン化
5おわりに
第9章抗菌・抗ウイルス性能に優れた光触媒材料(黒田靖)
1はじめに
2抗菌・抗ウイルス性能に優れた銅系化合物担持酸化チタン「ルミレッシュ® CT-2」
3「ルミレッシュ® CT-2」の安全性
4「ルミレッシュ®」適用技術の共同開発と普及活動
5おわりに
第10章可視光応答型光触媒による抗菌・抗ウイルス機能の付与と課題(三木慎一郎)
1はじめに
2光触媒による抗菌・抗ウイルス機能
3可視光応答型光触媒について
4可視光応答型光触媒を利用した抗菌・抗ウイルス機能の付与
5光触媒による感染症対策の考え方
6実環境における可視光応答型光触媒技術による細菌数低減の実証例
7実環境を模擬した実験環境における可視光応答型光触媒技術によるウイルス低減の実証例
8おわりに
第11章光触媒素材の抗菌・抗ウイルス性能評価(石黒斉)
1はじめに
2光触媒加工製品を用いた抗菌性能評価試験方法の概要
3紫外光応答型光触媒加工製品を用いた抗菌性能評価試験(JIS R 1702)
3.1フィルム密着法
3.2ガラス密着法
4可視光応答型光触媒を用いた抗菌性能評価試験
5紫外光応答型光触媒加工製品を用いた抗ウイルス性能評価試験
6可視光応答型光触媒加工製品を用いた抗ウイルス性能評価試験
7JIS規格外の形状の光触媒加工製品に対する抗菌・抗ウイルス性能評価試験
8抗菌・抗ウイルス性能評価方法の利用と認証制度
8.1光触媒工業会
8.2一般社団法人繊維評価技術協議会
9おわりに
第12章住宅材料の防汚・抗菌技術(井須紀文)
1はじめに
2家庭における節水と防汚・抗菌技術
3抗菌について
4トイレの防汚・抗菌技術
4.1銀を用いた抗菌釉薬
4.2抗菌釉薬中の銀の存在状態
5おわりに
第13章プラスチック加工製品の抗菌性試験、抗ウイルス性試験、防カビ性試験(杉浦晃治)
1はじめに
2各種微生物制御効果の評価方法
3抗菌試験方法
4抗ウイルス試験
5防カビ性試験方法
6おわりに
第14章抗ウイルス剤の性能評価、評価方法(野島康弘)
1はじめに
2ウイルスの種類
3抗ウイルス剤
4評価対象となるウイルスの種類
5ウイルスの取り扱いおよび管理
6試験規格の種類
7試験規格の概要
7.1JIS規格による抗ウイルス性評価
7.2EN試験法による抗ウイルス性評価
7.3ASTM試験規格による抗ウイルス性評価
7.4DVV & RKIガイドラインによる抗ウイルス性評価
7.5加工繊維製品を対象とした抗ウイルス性評価
8感染価測定方法
8.1感染価測定に影響を及ぼす要因
8.2作用停止液の確認
8.3細胞毒性の確認
9ウイルス定量法
9.1電子顕微鏡を用いる方法
9.2赤血球凝集試験
9.3ウイルス抗原を測定する方法(ELISA法:Enzyme-Linked Immuno Sorbent Assay)
9.4核酸の測定によるウイルス定量法
9.5プラーク法
9.650%感染量定量法
10抗ウイルス効果の判定基準
11おわりに
【市場編】
第1章抗菌剤の市場動向
1市場拡大の背景
1.1抗菌ブーム
1.2SIAAの設立とJIS・ISOの制定
1.3抗菌加工製品とマーク
2抗菌剤の利用・販売状況
2.1抗菌剤
2.2抗菌加工製品
第2章抗菌剤の種類と概要
1抗菌剤の概要
2抗菌剤の作用機構
3抗菌剤の種類
3.1無機系抗菌剤
3.2有機系合成抗菌剤
3.3有機系天然抗菌剤
3.4光触媒系抗菌剤
3.5有機無機ハイブリッド型抗菌剤
第3章抗菌剤の需要動向
1抗菌剤の需給動向
1.1無機系抗菌剤
1.1.1担体:ゼオライト
1.1.2担体:シリカゲル
1.1.3担体:ガラス
1.1.4担体:リン酸カルシウム
1.1.5担体:リン酸ジルコニウム
1.1.6担体:珪酸カルシウム
1.1.7担体:メタ珪酸アルミン酸マグネシウム
1.1.8担体:チタン酸カリウムウィスカー
1.1.9担体:酸化亜鉛ウィスカー
1.1.10担体:二酸化チタン
1.2有機系抗菌剤
1.2.1中分類:アルコール系
1.2.2中分類:アルデヒド系
1.2.3中分類:イソチアゾロン系
1.2.4中分類:その他の有機天然系:アリールイソチオシアネート系
1.2.5中分類:イミダゾール系
1.2.6大分類:その他の有機合成系:尿素系
1.2.7中分類:エーテル系
1.2.8大分類:エステル系
1.2.9中分類:その他の有機合成系:塩素系
1.2.10中分類:その他の有機合成系:オキサゾリジン系
1.2.11中分類:過酸化物系
1.2.12中分類:カルボン酸系
1.2.13中分類:その他の有機合成系:カルバニリド系
1.2.14中分類:その他の有機合成系:カーバメイト系
1.2.15中分類:キノリン系
1.2.16中分類:その他の有機合成系:酸化物系
1.2.17中分類:ジスルフィド系
1.2.18中分類:その他の有機合成系:スルファミド系
1.2.19中分類:その他の有機合成系:第四アンモニウム塩系
1.2.20中分類:チアゾール系
1.2.21中分類:チオカーバメイト系
1.2.22中分類:トリアジン系
1.2.23中分類:ニトリル系
1.2.24中分類:ビグアナイド系
1.2.25中分類:その他の有機合成系:ヒダントイン系
1.2.26中分類:ピリジン系
1.2.27中分類:フェノール系
1.2.28中分類:その他の有機合成系:フタルイミド系
1.2.29中分類:その他の有機合成系:モルフォリン系
1.2.30中分類:その他の有機合成系:ヨウ素系
1.2.31中分類:界面活性剤系
1.3天然系抗菌剤
1.3.1ウド抽出物
1.3.2エゴノキ抽出物
1.3.3カワラヨモギ抽出物
1.3.4酵素分解ハトムギ抽出物
1.3.5しらこたん白抽出物
1.3.6ツヤプリシン
1.3.7ペクチン分解物
1.3.8ホオノキ抽出物
1.3.9ε-ポリリシン
1.3.10レンギョウ抽出物
1.3.11イチジク葉抽出物
1.3.12オレガノ抽出物
1.3.13カラシ抽出物
1.3.14カンゾウ油性抽出物
1.3.15キトサン
1.3.16クローブ抽出物
1.3.17クワ抽出物
1.3.18コウジ酸
1.3.19酵素処理チャ抽出物
1.3.20酵素分解リンゴ抽出物
1.3.21シソ抽出物
1.3.22ショウガ抽出物
1.3.23セイヨウワサビ抽出物
1.3.24セージ抽出物
1.3.25タデ抽出物
1.3.26チャ抽出物
1.3.27トウガラシ水性抽出物
1.3.28生ダイズ抽出物
1.3.29ニンニク抽出物
1.3.30ハチク抽出物
1.3.31ピメンタ抽出物
1.3.32ブドウ果皮抽出物
1.3.33ブドウ種子抽出物
1.3.34プロポリス抽出物
1.3.35ペパー抽出物
1.3.36ホコッシ抽出物
1.3.37マダケ抽出物
1.3.38ミカン種子抽出物
1.3.39モウソウチク乾留物
1.3.40モウソウチク抽出物
1.3.41モミガラ抽出物
1.3.42ユッカフォーム抽出物
1.3.43リゾチーム
1.3.44ローズマリー抽出物
1.3.45ワサビ抽出物2009
1.4光触媒系抗菌剤
1.4.1アナターゼ型酸化チタン
1.4.2銀担持リン酸ジルコニウム
1.4.3無機担持アクリル繊維
1.4.4ルチル型酸化チタン
1.5ハイブリッド系抗菌剤
1.5.1カビノン
1.5.2エッセンガード
1.5.3銀担持コラーゲン水解ペプチド
2用途分野別抗菌剤の需要動向
2.1木材用抗菌剤(土木・建築用)
2.2紙・パルプ用抗菌剤
2.3繊維用抗菌剤
2.4洗剤用抗菌剤
2.5プラスチック用抗菌剤
2.6接着剤・塗料用抗菌剤
3抗菌剤の流通・価格
3.1無機系抗菌剤
3.2有機系抗菌剤
3.3天然系抗菌剤
3.4光触媒系抗菌剤
第4章用途分野別動向
1繊維製品
1.1抗菌剤の使用目的
1.1.1抗菌繊維
1.1.2抗菌不織布
1.2使用されている主な薬剤
1.3主なメーカーと製品
2プラスチック製品
2.1抗菌剤の使用目的
2.2使用されている主な抗菌剤
2.2.1軟質塩化ビニル用抗菌剤
2.2.2硬質プラスチック用抗菌剤
2.2.3抗菌剤の化合物の特徴
2.3主なメーカーと製品
3塗料・接着剤分野
3.1抗菌剤の使用目的
3.2使用されている主な抗菌剤
3.3主なメーカーと製品
4食品工業分野
4.1抗菌剤の使用目的
4.2使用されている主な抗菌剤
4.3主なメーカーと製品
5医薬・化粧品分野
5.1抗菌剤使用の目的
5.2使用されている主な抗菌剤
5.3主なメーカーと製品
6紙・パルプ分野
6.1抗菌剤使用の目的
6.1.1スライムコントロール剤
6.1.2ピッチコントロール剤
6.2主なメーカーと製品
7木材分野
7.1抗菌剤の使用目的
7.2使用されている防腐・防カビ剤
7.3主なメーカーおよび製品
7.4業界の取り組みおよび規制
8金属加工分野
8.1抗菌剤の使用目的
8.2使用されている主な抗菌剤
8.3主なメーカーと製品
9皮革分野
9.1抗菌剤の使用目的
9.2使用されている主な抗菌剤
9.3主なメーカーと製品
10環境衛生分野
10.1環境衛生の目的
10.2環境衛生が対象とする分野
10.3環境殺菌に用いられる主な薬剤とメーカー
10.3.1医療環境用
10.3.2食品工業用
10.4製剤メーカーと製品例
第5章メーカー動向
1シナネンゼオミック
2東亞合成
3ケイ・アイ化成
4ロンザジャパン
5大阪化成
6三愛石油
7富士ケミカル
8大和化学工業
9日本曹達
10石塚硝子
11住化エンバイロメンタルサイエンス
12サンギ
13理研ビタミン
14興亜硝子
15新日本空調
16タイショーテクノス
17三洋化成工業
18積水化成品工業
19三菱化学フーズ
20神戸製鋼所
21北興産業
22帝人エンジニアリング
23興研
第6章海外動向
1法規制
1.1抗菌試験法の国際標準(ISO22196)の発行
1.2OECDにおける抗菌試験のテストガイドライン制定
1.3アメリカにおける法規制
1.3.1EPA(Environmental Protection Agency:環境保護庁)
1.3.2FDA(Food and Drug Administration:米国食品医薬品局)
1.3.3NSF(National Sanitation Foundation:米国衛生財団)
1.4ヨーロッパ
1.4.1BPR(Biocidal Product Regulation)
1.4.2EFSA(European Food Safety Authority:欧州食品安全機関)
1.5新たなナノ物質に対する規制
1.5.1米国におけるナノ物質規制
1.5.2ヨーロッパにおけるナノ物質規制
1.6繊維製品のエコテックス規格100
1.7注目すべき新たな動き
2市場動向



※ 本書籍はご試読頂けません ※

SSL グローバルサインのサイトシール
FAXでもお申し込みいただけます。FAXお申し込み用紙(PDF)を印刷いただき、必要事項をご記入のうえ
 弊社までご送信ください。(FAX番号は、お申込用紙に印刷されています)
※PDF形式のファイルをご覧頂くための Adobe Reader は、アドビ システムズ社から無償提供されています。
                Adobe Reader 最新版ダウンロードはこちらから
■ お問い合わせの前に『よくあるご質問(書籍)』をご一読下さいませ ■
■ セミナー・講習会のご案内はこちらでございます ■