TOP セミナー 書籍 社内研修 セミナーQ&A 書籍Q&A お問い合せ 会社概要


ご購入は、画面下の「書籍購入」ボタンから
 
実用化に向けたソフトアクチュエータの開発と応用・制御技術    
Development of Soft Actuators and Application, Control Technologies for Practical Application
[コードNo.2017T038]

※ 本書籍はご試読頂けません ※

■体裁/ B5判 238ページ
■発行/ 2017年3月1日 (株)シーエムシー出版
■定価/ 79,920円(税込価格)
■ISBNコード/ 978-4-7813-1234-7

 
★ソフトアクチュエータの研究開発と応用の解説!
★実用化にあたって重要となるモデリング・制御技術の最新研究も紹介!
★ソフトアクチュエータに関係する全研究者の必読書!

キーワード

ソフトアクチュエータ / 人工筋肉 / 磁場駆動 / 熱駆動 / 電磁波駆動 / 光駆動 / 磁性ゲル / 誘電性ポリマー / 圧電ポリマー / 誘電エラストマー / イオン液体 / CNT / 炭素ナノ粒子 / 分子論 / モデリング / 制御モデル / 制御手法 / センサ / 点字ディスプレイ / ソフトロボット / マイクロロボット / 医療 / マイクロポンプ / 触覚ディスプレイ / トランスデューサー / 発電 / バイオアクチュエータ / 組織工学

刊行にあたって

 ソフトアクチュエータは伸縮性のある柔らかい素材から作られた作動装置であり、従来のアクチュエータと比較してエネルギー効率の高さや様々な環境で動作するなどの利点が注目されている。空気圧アクチュエータなど実用化されているものもあるが、誘電エラストマアクチュエータなど未だに研究段階のものもあり、現在実用化に向けて研究が進められている。

 近年、その小ささや柔軟性、エネルギー効率の高さからウェアラブル機器や携帯端末、小型ロボットへの応用や、介護・福祉などの重労働の軽減などが期待されている。特に最近の技術革新により、様々な原理/材料で駆動するソフトアクチュエータが研究開発されていることで、極限環境でも駆動可能な原子力災害や人命救助用ロボットといった用途でも応用への研究が進められている。

 一方、制御やモデリングなど実用化に向けて多くの課題が残されており、また出力をより大きくし、耐久性と安定性を向上させる必要があるなど、これからの研究が期待されている。

 そこで本書では、実用化に向けたソフトアクチュエータの最新開発動向についてまとめた。

 【基礎研究編】では、高分子アクチュエータや他のソフトアクチュエータについて材料/動力別に各々のアクチュエータ開発の最前線で活躍されている専門家の方々に解説をお願いした。【開発研究編】では、様々な種類のソフトアクチュエータについて、モデリングや制御技術の研究開発など、応用に向けた研究の最新の動向を取り上げている。【応用研究編】では、実際にどのような利用に向けて研究が進められているのか、応用研究をされている研究者の方々に紹介いただいた。医療・福祉関連メーカー、ロボットメーカー、などソフトアクチュエータに関心をお持ちの方々の情報収集の一助となれば幸いである。

2017年2月 シーエムシー出版 編集部

著者一覧

千葉正毅千葉科学研究所
杉野卓司(国研)産業技術総合研究所
岩曽一恭大阪大学
高島義徳大阪大学
原田明大阪大学
三俣哲新潟大学
梅原康宏(公財)鉄道総合技術研究所
白須圭一東北大学
山本剛東北大学
橋田俊之東北大学
高木賢太郎名古屋大学
荒川武士名古屋大学
釜道紀浩東京電機大学
舛屋賢九州大学
田原健二九州大学
安積欣志(国研)産業技術総合研究所
今井郷充日本大学
嵯峨宣彦関西学院大学
上杉薫大阪大学
森島圭祐大阪大学
都井裕東京大学
中村太郎中央大学
戸森央貴山形大学
田實佳郎関西大学
和氣美紀夫(有)Wits
脇元修一岡山大学
谷口浩成大阪工業大学
李毅信州大学
橋本稔信州大学
山内健新潟大学

目 次

【総論編】
第1章ソフトアクチュエータの開発状況
1概要
2研究開発の状況
2.1高分子材料を利用するアクチュエータ
2.2形状記憶材料を利用するアクチュエータ
2.3空気圧を利用するアクチュエータ
2.4静電力を利用するアクチュエータ
3企業動向
【基礎研究編 ソフトアクチュエータの材料・動力別分類】
第1章誘電エラストマーアクチュエータ
1はじめに
2誘電エラストマーの原理
2.1DEアクチュエータの素材、性能および開発動向
2.2DE素材の性能
2.2.1ヒステリシスおよびクリープ
2.2.2漏れ電流と抵抗値
3DEアクチューターの開発状況
4DEセンサー
5DE発電
5.1DEの発電理論
5.2DE発電の数式モデル
6おわりに
第2章ナノカーボン高分子アクチュエータ
1はじめに
2ナノカーボン高分子アクチュエータの構成
3ナノカーボン高分子アクチュエータの特性評価法
4ナノカーボン高分子アクチュエータの変形メカニズム
5ナノカーボン高分子アクチュエータの応答特性の改善
5.1添加物による電極の改良
5.2耐久性の改善
6ナノカーボン高分子アクチュエータの実用化に向けた取組み
7おわりに
第3章超分子アクチュエータ
1はじめに
2分子マシン
3超分子マシンエレメント
4分子シャトル
5分子ローター
6カテナン
7刺し違い2量体(Daisy Chain)
8超分子マシン
9分子マシンから巨視的なアクチュエータの設計
9.1クラウンエーテルを含むDaisy Chainポリマー
9.2分子モーターの回転により収縮するポリマー
9.3超分子錯体の形成、解離を駆動力とするアクチュエータ
9.4分子マシンのスライドを駆動力とするアクチュエータ
10まとめ
第4章磁場で駆動するソフトアクチュエータ
1はじめに
2磁性ソフトアクチュエータ
3磁性ゲルの可変粘弾性
4磁性エラストマーの可変粘弾性
5鉄道車両への応用
6おわりに
第5章CNT/エポキシ複合材料を用いた熱バイモルフ
1はじめに
2配向CNT/エポキシ複合材料の作製と線膨張係数の評価
3アクチュエータのたわみ量と発生力
4熱バイモルフのたわみ量と発生力の評価
5おわりに
第6章釣糸人工筋アクチュエータ
1はじめに
2コイル形状の釣糸人工筋アクチュエータ(TCPA)の物理原理
2.1温度変化に基づく応答の原理
2.2釣糸人工筋アクチュエータの形状と作製方法
3TCPAの作製とジュール加熱による電場駆動
3.1コイル形状の釣糸人工筋アクチュエータの作製
3.2ニクロム線によるジュール加熱
4電圧駆動される釣糸人工筋アクチュエータのモデル化
4.1モデル化
4.2実験データを用いたシステム同定
5おわりに
第7章形状記憶ポリマーアクチュエータ
1形状記憶ポリマーの概要
1.1形状記憶ポリマーの特徴
1.2形状記憶のメカニズム
1.3形状記憶ポリマーの種類と応用例
2形状記憶ポリマーのアクチュエータへの応用
2.1設計のための検討項目
2.2形状記憶ポリマーのみによる2方向動作
2.2.1方向動作のメカニズム
2.2.2ポリウレタン系形状記憶ポリマーの温度特性
2.2.3アクチュエータの構造
2.2.3アクチュエータの特性
第8章低圧駆動型空気圧人工筋アクチュエータ
1はじめに
2軸方向強化型空気圧人工筋アクチュエータ
2.1実験概要
2.2基礎特性
2.3空気圧人工筋アクチュエータの生物学的特性
2.3.1等張性収縮特性
2.3.2等尺性収縮特性
3空気圧バルーンを用いた腱駆動アクチュエータ
3.1基本構造と駆動原理
3.2基礎特性
3.3腱駆動アクチュエータの生物学的特性
3.3.1等張性収縮特性
3.3.2等尺性収縮特性
4まとめ
第9章マイクロナノマシンとソフトマテリアルが拓く生命機械融合ソフト&ウェットロボティクス
1はじめに
2筋細胞を用いたバイオアクチュエータ
3耐環境性に優れたバイオアクチュエータ
4筋細胞の3次元組織構築によるバイオアクチュエータとその応用
4.1心筋ゲルアクチュエータ
4.2培養神経ネットワークによる筋組織の運動制御
5筋細胞バイオアクチュエータの光制御
6力学刺激を用いたバイオアクチュエータの高性能化
7バイオアクチュエータの力学的特性評価
8今後の展開
【開発研究編 実用化に向けたモデリング・理論】
第1章高分子アクチュエータ/センサの計算モデリング
1形状記憶ポリマーの概要
2導電性高分子アクチュエータ
3導電性高分子アクチュエータの電気化学・多孔質弾性応答の計算モデリング
3.1多孔質弾性体の剛性方程式
3.2圧力に対するポアソン方程式
3.3体積ひずみの発展方程式
3.4イオン輸送方程式
3.5計算手順
4固体電解質ポリピロールアクチュエータの電気化学・多孔質弾性応答解析
5導電性高分子センサ
6導電性高分子を用いた力学センサの数値シミュレーション
7まとめ
第2章特性変動を考慮した高分子アクチュエータの制御
1はじめに
2IPMCアクチュエータの制御
3セルフチューニング制御
3.1制御則
3.2逐次最小二乗法に基づくパラメータ更新
3.3適用結果
4セルラーアクチュエータ制御
4.1制御則
4.2適用結果
第3章高出力型空気圧人工筋肉と機能性流体デバイスを用いた可変粘弾性関節による瞬発力発生機構とその応用
1はじめに
2可変粘弾性マニピュレータ
2.1空気圧人工筋肉
2.2.1空気圧人工筋肉の特徴
2.2.2空気圧人工筋肉の種類
2.2MRブレーキ
2.3人工筋肉とMRブレーキを用いた可変粘弾性機構
2.3.1可変粘弾性関節機構の意味
2.3.2空気圧人工筋肉とMRブレーキを用いた可変粘弾性関節機構
3応用例
3.1投てきロボット
3.2ジャンプロボット
4おわりに
【応用研究編 ソフトアクチュエータの応用事例紹介】
第1章圧電性高分子から圧電ファブリックへ
1はじめに
2圧電性
3圧電ファブリック
3.1圧電ファブリックとは
3.2圧電ファブリックからの圧電信号とデバイス
3.3圧電ファブリックの特徴
4おわりに
第2章誘電エラストマ人工筋肉の応用
1はじめに
2アクチュエータへの応用例
2.1産業ロボットの開発
2.2DEモータの製作
2.3医療用への展開
2.4医療センサへの応用事例
2.5透明アクチュータの開発
3発電デバイスへの応用
3.1波を利用した発電システム
3.2海流・水流による発電
3.3新しいアイデアを用いた風力発電へのチャレンジ
3.4床発電システム
4おわりに
第3章空気圧ソフトアクチュエータの医療応用
1空気圧ソフトアクチュエータの医療応用について
22方向湾曲型空気圧アクチュエータの開発とイレウスチューブへの応用
2.1背景
2.22方向湾曲アクチュエータ
2.3イレウスチューブへの適用
2.4まとめ
3空気圧バックアクチュエータを用いた足関節拘縮予防装置の開発
3.1背景
3.2足関節の関節可動域運動
3.3空気圧バックアクチュエータ
3.4関節可動域運動試験
3.5まとめ
第4章PVCゲル人工筋肉のウェアラブルロボットへの応用
1はじめに
2積層型PVCゲル人工筋肉
2.1PVCゲルと駆動原理
2.2PVCゲル人工筋肉の構造
2.3駆動特性
3歩行アシストウェアへの応用
3.1引張り型モジュール構造
3.2アシストウェアの構造
3.3歩行アシスト
3.4設計と試作
4アシスト効果の検証実験
4.1実験方法
4.2実験結果
5おわりに
第5章生物の問題解決法を活用したソフトアクチュエータの開発
1はじめに
2生物を模倣した材料の設計-TRIZというアイデア創出法-
3多孔質構造を有するソフトアクチュエータの開発
4おわりに



※ 本書籍はご試読頂けません ※

SSL グローバルサインのサイトシール
FAXでもお申し込みいただけます。FAXお申し込み用紙(PDF)を印刷いただき、必要事項をご記入のうえ
 弊社までご送信ください。(FAX番号は、お申込用紙に印刷されています)
※PDF形式のファイルをご覧頂くための Adobe Reader は、アドビ システムズ社から無償提供されています。
                Adobe Reader 最新版ダウンロードはこちらから
■ お問い合わせの前に『よくあるご質問(書籍)』をご一読下さいませ ■
■ セミナー・講習会のご案内はこちらでございます ■