TOP セミナー 書籍 社内研修 セミナーQ&A 書籍Q&A お問い合せ 会社概要

<セミナー詳細>

セミナーコード:20100315   このセミナーの受付は終了しています

ただ今受付中! 2018年12月18日「ファインバブル(マイクロバブル・ナノバブル)
有機合成手法の開発:化学プロセスへの適用可能性」セミナーはこちら


★有害物質の除去・分解、工業洗浄、殺菌、活性化効果、二酸化炭素の固定化など、応用性の高いマイクロバブル/ナノバブル
 技術。その優れた特性を十分に発揮させるためには?!
★本セミナーでは、マイクロバブル/ナノバブル利用における留意点、応用技術の動向と各種生成法及び水質浄化・洗浄・殺菌・
 土壌浄化・品質改善・医療・表面改質等の具体的な応用展開について、斯界の第一線でご活躍中の講師陣に最新情報をまじ
 え、詳しく解説頂きます。

マイクロバブル/ナノバブル(微細気泡)の
生成法と各分野への利用・応用展開

●講 師 千葉工業大学 工学部
生命環境科学科 教授
工学博士
尾上 薫 氏
●講 師 (株)ニクニ
営業部 ミキシングプロジェクト
武 靖久 氏
●講 師 DOWAエコシステム(株)
ジオテック事業部
土壌環境監理士、環境計量士(濃度関係)
日野成雄 氏
●講 師 桐蔭横浜大学 医用工学部
臨床工学科 教授
工学博士
竹内真一 氏
●講 師 独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構
食品総合研究所 食品工学研究領域
流通工学ユニット長
博士(農学)
椎名武夫 氏
●日 時 2010年 3月 11日(木) 9:30〜16:50
●会 場 東京・新お茶の水・総評会館・4F会議室  》》 会場地図はこちら 《《
※急ぎのご連絡は(株)技術情報センター(TEL06-6358-0141)まで!!
●受講料 49,980円(1名につき)
(同時複数人数お申込みの場合1名につき44,730円)
※テキスト代、昼食代、お茶代、消費税を含む
●主 催 (株)技術情報センター

●セミナープログラム●
9:30
|
10:45
T.微細気泡の魅力と応用技術
 〜気泡の微細化で出現する特異的な現象とは?〜


 1.微細気泡の魅力とは
 2.微細気泡利用技術の工学的体系とは
  (1)異相系接触反応の分類
  (2)反応場の活性化に着目した体系化
 3.異相界面反応の分類に基づく応用技術
  (1)成分分離・物質製造分野への応用
  (2)環境保全分野への応用
 4.質疑応答
(尾上 氏)
10:55
|
12:10
U.渦流ポンプを用いた加圧溶解方式によるマイクロバブルの生成技術と応用

 1.渦流タービンポンプ(気液混合ポンプ)とは
 2.マイクロバブル発生の様子
 3.加圧溶解方式によるマイクロバブルの生成方法
 4.エアー溶解量
 5.溶存酸素D/O値(エアー注入量、吐出圧力、時間経過による)の変化
 6.加圧溶解方式によるマイクロバブルの応用例
  〜排水処理、洗浄・殺菌、水産養殖・農業関連、お風呂・アミューズメント分野〜
 7.質疑応答
(武 氏)
13:00
|
14:00
V.マイクロバブルを用いた土壌・地下水汚染対策への応用

  ※研究の進捗状況により下記内容が若干変更になる可能性がございます。

 1.マイクロバブルによる土壌・地下水汚染浄化技術の原理と特徴
  (1)浄化の原理とメカニズム
   〜剥離効果と酸化作用〜
  (2)処理システム・フロー
   〜構成機器、装置の概要〜
 2.マイクロバブルを利用した土壌・地下水汚染浄化技術
  (1)マイクロバブル発生装置の利用における留意点
  (2)有害物質の分解
  (3)効果と安定性
 3.質疑応答
(日野 氏)
14:10
|
15:25
W.超音波を利用したマイクロバブルの生成法とその応用

 1.超音波と音響キャビテーションおよびキャビテーションバブル
  (1)超音波による音響キャビテーション、キャビテーションバブル発生の原理
  (2)音響化学作用と活性酸素
  (3)キャビテーションバブルによるソノルミネセンス/ソノケミカルルミネセンス
  (4)超音波音場および音響流とソノケミカルルミネセンス
 2.超音波マイクロバブルの応用
  (1)医療分野
   〜マイクロバブルの診断的応用と治療的応用〜
  (2)環境分野
   〜活性汚泥法を用いた排水処理における余剰汚泥の浮遊濃縮〜
  (3)その他
   〜固体潤滑剤、表面研磨材などを目的としたナノダイヤモンドの解凝集、表面改質〜
 3.質疑応答
(竹内 氏)
15:35
|
16:50
X.食品分野向けのマイクロ・ナノバブルの作製と利用

 1.マイクロ・ナノバブルの製造技術
 2.製造したマイクロバブルの物性
 3.マイクロバブルの食品分野への利用
 4.食品分野におけるマイクロ・ナノバブル応用の展望
 5.質疑応答
(椎名 氏)
−名刺交換会−
セミナー終了後、ご希望の方はお残り頂き、講師と参加者間での名刺交換会を実施させて頂きます。