TOP セミナー 書籍 社内研修 セミナーQ&A 書籍Q&A お問い合せ 会社概要

<セミナー詳細>

セミナーコード:20160206   このセミナーの受付は終了しています
≫「関連セミナー実績」


      ※別画面で開きます
★本セミナーでは、メタン発酵・バイオガスシステムの基本から、各種設備技術と設計法(前処理・発酵槽・攪拌、
 バイオガス精製・利用、消化液処理など)ならびに、運転管理・トラブル対策、又、新しい展開(嫌気性膜分離法
 (AnMBR)、高濃度硫酸塩含有廃水の嫌気性処理、二相温度フェーズプロセスによる下水汚泥消化の効率化、
 Anammox法を用いたアンモニア除去)に至るまで、斯界の第一線でご活躍中の李博士に詳説頂きます。

メタン発酵プロセスの設計・適用法、運転管理技術と
バイオガスの精製・利用及び消化液処理技術
●講 師 東北大学大学院 工学研究科
土木工学専攻 環境保全工学分野 教授
工学博士 技術士(衛生工学部門・上下水道部門)
李 玉友 氏
  <講師紹介>
1990年3月、東北大学工学博士学位を取得する。
これまで一貫して排水処理・廃棄物処理を中心とした環境保全工学の研究に従事し、
大学及び企業において、排水・廃棄物の嫌気性生物処理・バイオガス回収技術に
関する幅広い研究と技術開発を行ってきた。
特にメタン発酵の分野において国内外で注目される研究成果を挙げ、メタン発酵関連の
技術審議・評価委員を務めるなど、環境保全、バイオマス利・活用の推進に深く関わっている。
●日 時 2016年 2月 26日(金) 10:10〜16:40
●会 場 東京・新お茶の水・連合会館(旧 総評会館)・4F会議室  》》 会場地図はこちら 《《
※急ぎのご連絡は(株)技術情報センター(TEL06-6358-0141)まで!!
●受講料 49,680円(1名につき)
(同時複数人数お申込みの場合1名につき44,280円)
※テキスト代、昼食代、お茶代、消費税を含む

<アカデミック割引>
【大学等の学校法人格を有している団体に在籍する方には割引制度がございます。
 詳しくはこちらをご覧いただくか06-6358-0141までお問い合わせ下さいませ。】
●主 催 (株)技術情報センター

●セミナープログラム●
【プログラム】

T.メタン発酵の原理とバイオガスシステムについて

 1.メタン発酵の原理
 2.メタン発酵システムの基本構成
 3.バイオガスシステム構成の設備・装置
 4.メタン発酵の原料と性状調査
 5.バイオガス生成量の概算とエネルギー利用
 6.メタン発酵が注目されている背景と経済性検討


U.メタン発酵処理システムの最近の技術動向と設計法

 1.前処理設備と設計技術
  (1)前処理の目的と機器構成
  (2)家畜排泄物の搬入と受入
  (3)脱水機
  (4)生ごみの搬入と受入
  (5)破砕機・分別機
  (6)調質と貯留
   〜調整槽(濃度調整・原料混合)、調質の一例
 2.メタン発酵設備の設計と適用技術
  (1)メタン発酵槽
   @固定床式メタン発酵処理システムの設計留意点と適用例
   AUASBとEGSB型メタン発酵システムの設計留意点と適用例
   B完全混合型メタン発酵処理システムの設計留意点と適用例
   C膜分離式メタン発酵処理システムの設計留意点と適用例
   D乾式メタン発酵処理システム(横型、縦型)の設計留意点と適用例
  (2)攪拌の問題と方法
   〜ポンプ循環、ガス攪拌、機械攪拌、BIMA型攪拌(水力)、以上の手段の組合せ
   @ガス攪拌式完全混合型反応槽
   A機械攪拌方式のメタン発酵槽
   B複合攪拌
   C無動力攪拌型反応槽(BIMA)
   Dポンプ循環による攪拌
  (3)ガスホルダについて
  (4)熱交換設備について


V.メタン発酵処理システムの運転管理とトラブル対策

 1.メタン発酵プロセスの立上げと運転管理
  (1)種汚泥の導入
  (2)運転管理指標
  (3)定常状態までの馴致
  (4)不安定状態の原因
 2.有機酸の蓄積・酸敗と対策(臭気、腐食性ガス)
 3.難分解性原料(セルロース系原料)の処理
 4.トラブルを引き起こす阻害物質と対策
  (1)アンモニア阻害の温度影響
  (2)阻害物質の影響
  (3)酸敗現象
  (4)過負荷現象
  (5)基質栄養バランス
  (6)pH,アルカリ度と揮発性有機酸濃度
  (7)重金属等による阻害と反応の促進


W.バイオガスの精製・利用及び消化液処理技術と設計法

 1.消化ガスの成分と熱量価
 2.バイオガス利用設備技術と設計法
  (1)バイオガスの精製技術と設計留意点
   @脱硫技術
   A二酸化炭素の除去
   Bシロキサン類除去
   Cバイオガス精製設備
  (2)発電・コージェネ・熱利用のための装置選定と設計留意点
   〜ガスエンジン、ガスタービン、ボイラ、燃料電池等
  (3)消化ガスの貯蔵
  (4)余剰バイオガス燃焼装置
  (5)消化液の処理技術と設備設計留意点
   @液肥貯留設備
   A脱水処理設備
   B乾燥処理設備
   C脱水ケーキ処理設備
   D脱水ろ液の処理
 3.その他バイオガスの利用
  (1)車輌用燃料
  (2)都市ガス燃料


X.メタン発酵/バイオガスの新しい展開

 1.嫌気性膜分離法(AnMBR)の応用展開
  (1)高濃度排水への応用
  (2)下水処理の応用
 2.高濃度硫酸塩含有廃水の嫌気性処理
 3.二相温度フェーズプロセスによる下水汚泥消化の効率化
 4.水素・メタン二相発酵によるバイオガス生成の効率化
 5.Anammox法を用いたアンモニア除去
  (1)UASBまたは流動床方式のAnammoxプロセス
  (2)二段方式Anammoxプロセス
  (3)浮遊担体を用いた一段方式のAnammoxプロセス


Y.質疑応答
−名刺交換会−
セミナー終了後、ご希望の方はお残り頂き、講師と参加者間での名刺交換会を実施させて頂きます。

関連セミナー実績

2015. 4.15  メタン発酵/バイオガス利用設備技術と設計法