TOP セミナー 書籍 社内研修 セミナーQ&A 書籍Q&A お問い合せ 会社概要

<セミナー詳細>

セミナーコード:20170805   受講お申し込みは、画面下の「受講申込」ボタンから

★本セミナーでは、各種CO2分離回収【RITE・日揮の取組みと、超高CO2透過膜、CO2回収型クローズドIGCC、
 粘土系多孔質材料、多孔性配位高分子(PCP/MOF)利用】技術及び応用・適用動向について、斯界の最前線
 でご活躍中の講師陣に詳説頂きます。

CO2分離回収の技術/研究開発と適用動向
●講 師 公益財団法人 地球環境産業技術研究機構(RITE)
化学研究グループ 主任研究員
甲斐照彦 氏
●講 師 日揮株式会社
技術イノベーション本部 技術イノベーションセンター
堀川愛子 氏
●講 師 首都大学東京 学長補佐(アドミッション・センター長兼務)
都市環境学部 分子応用化学コース 教授
川上浩良 氏
●講 師 一般財団法人 電力中央研究所
エネルギー技術研究所 次世代火力発電領域 上席研究員
沖 裕壮 氏
●講 師 国立研究開発法人 産業技術総合研究所
地圏資源環境研究部門 地圏化学研究グループ長
鈴木正哉 氏
●講 師 新日鐵住金株式会社
技術開発本部 先端技術研究所 環境基盤研究部 主幹研究員
上代 洋 氏
●日 時 2017年 8月 18日(金) 9:30〜17:30
●会 場 東京・新お茶の水・連合会館(旧 総評会館)・4F会議室  》》 会場地図はこちら 《《
※急ぎのご連絡は(株)技術情報センター(TEL06-6358-0141)まで!!
●受講料 49,680円(1名につき)
(同時複数人数お申込みの場合1名につき44,280円)
※テキスト代、昼食代、お茶代、消費税を含む
●主 催 (株)技術情報センター

●セミナープログラム●
9:30
|
10:40
T.CO2分離回収技術の最新動向

 1.CCSに関する最近の動向
 2.CO2分離回収技術開発の国際動向
 3.RITEにおけるCO2分離回収技術開発
 4.今後の展望
 5.質疑応答・名刺交換
(甲斐 氏)
10:50
|
12:00
U.日揮のCO2分離・回収技術とCCSへの取り組み

 1.天然ガス精製プラントにおけるCO2分離・回収技術とCCS事例
 2.HiPACT(高圧CO2分離・回収技術)の商業化
 3.ガス分離膜によるCO2分離回収
 4.国内CCSプロジェクトの事例
 5.日揮のカーボンマネジメントへの取組み紹介
 6.質疑応答・名刺交換
(堀川 氏)
12:50
|
14:00
V.ナノスペースを有するナノ粒子からなる超高CO2透過膜の開発

 CO2分離回収用CCSで用いられるCO2分離膜には、コストや装置工学的条件を考えると既存高分子材料では達成が極めて困難となり、超高CO2透過膜の開発が求められている。我々は、ナノ粒子表面を剛直な分子構造を用いて修飾することにより高分子膜中に「ナノスペース」を形成させ、ナノスペースが持つ高い拡散性と、目的に応じて修飾が可能な官能基の導入による優れた溶解性により、非常に高い気体透過性の実現、特に超高CO2透過性の達成が可能であることを報告してきた。
 本講演では、我々の研究を中心にCCSで求められるCO2分離膜や今後の気体分離膜の可能性について講演する。


 1.高分子CO2分離膜の現状と未来
 2.粒子を含有する複合膜からなるCO2分離膜の現状と未来
 3.ナノスペースを有するナノ粒子からなる超高CO2透過膜の開発
 4.質疑応答・名刺交換
(川上 氏)
14:10
|
15:10
W.CO2回収型クローズドIGCCの開発状況

 1.CO2回収型火力発電技術の開発動向
 2.クローズドIGCC技術(Oxy-fuel IGCC)の概要
 3.O2/CO2ガス化技術
 4.乾式ガス精製技術
 5.全体システムの検討
 6.実用化に向けた検討
 7.質疑応答・名刺交換
(沖 氏)
15:20
|
16:20
X.粘土系多孔質材料による二酸化炭素吸着剤の開発と農業分野への展開

 大気圧以上の圧力領域において多量の二酸化炭素を吸着し、大気圧まで減圧すると可逆的に脱着する材料を開発した。また農業分野における光合成促進のための二酸化炭素回収施用システムについて開発の現状を紹介する。

 1.物理吸着法による二酸化炭素の分離・回収
 2.物理吸着法における二酸化炭素吸着剤
 3.二酸化炭素回収・分離において必要な補助技術
 4.農業分野における二酸化炭素の利用技術
 5.質疑応答・名刺交換
(鈴木 氏)
16:30
|
17:30
Y.多孔性配位高分子(PCP/MOF)を利用した高効率なガス吸着・分離

 金属イオンと配位子から合成される、ナノレベルの細孔を有する多孔性配位高分子(PCP/MOF)は、用途の多様性、大きな比表面積等から、ゼオライト、活性炭等の既存材料を超える“スーパー多孔体”としての期待が高まっている。材料基本特性、世界での開発状況を概観するとともに、PCP/MOFならではの“ゲート型吸着”を利用したガス分離に関して解説する。

 1.多孔性配位高分子(PCP/MOF)とは
 2.PCP/MOFのガス分離特性
 3.PCP/MOFの開発動向
 4.ゲート型PCP/MOFによるガス分離
 5.質疑応答・名刺交換
(上代 氏)
− 名 刺 交 換 な ど −
セミナー終了後、ご希望の方はお残りいただき、
講師とご受講者間での名刺交換ならびに講師へ個別質問をお受けいたします。

SSL グローバルサインのサイトシール
 ※FAXでもお申し込みいただけます。FAXお申し込み用紙(PDF)を印刷いただき、必要事項をご記入のうえ弊社まで
  ご送信ください。(FAX番号は、お申込用紙に印刷されています)
 ※PDF形式のファイルをご覧頂くための Adobe Reader は、アドビ システムズ社から無償提供されています。
                 Adobe Reader 最新版ダウンロードはこちらから
■ お問い合わせの前に『よくあるご質問(セミナー)』をご一読下さいませ ■
■ 書籍・調査資料のご案内はこちらでございます ■