TOP セミナー 書籍 社内研修 セミナーQ&A 書籍Q&A お問い合せ 会社概要

<セミナー詳細>

セミナーコード:20180219   このセミナーの受付は終了しています

ただ今受付中! 2018年6月19日「LNG燃料船とLPG燃料に関する動向・取組み」セミナーはこちら



      ※別画面で開きます
★本セミナーでは、LNG燃料船と主要地域におけるLNGバンカリングの動向から、天然ガス・エタン燃料ME-GIや
 メタノール・LPG焚きME-LGI機関の適用・技術開発動向ならびにLow Carbon Shipping実現への展望、更には、
 LNG船事業を主とした商船三井の取組みについて、斯界の最前線でご活躍中の講師陣に詳説頂きます。
★プログラムT・U・V、又はW部のみのご受講も受け付けております。

LNG燃料船とLNG船などに関する最新動向と取組み
〜LNGバンカリング、ME-GI/ME-LGI技術の適用、
Low Carbon Shipping実現への展望、商船三井の取組み〜
●講 師 公益財団法人 日本海事センター
企画研究部 研究員
森本清二郎 氏
●講 師 三井造船株式会社
機械・システム事業本部 アドバイザ
大津正樹 氏
●講 師 DNV GL AS
事業開発部長 (兼)デジタライゼーション担当部長
三浦佳範 氏
●講 師 株式会社商船三井
エネルギー輸送営業本部 エネルギー営業戦略室長
渡邉達郎 氏
●日 時 2018年 2月 15日(木) 10:00〜17:00
●会 場 東京・新お茶の水・連合会館(旧 総評会館)・会議室  》》 会場地図はこちら 《《
※急ぎのご連絡は(株)技術情報センター(TEL06-6358-0141)まで!!
●受講料 ◆1日受講  49,680円
※受講者がT・U・VとW部で異なる場合でも可。
◆プログラムT・U・Vのみ受講  37,800円
◆プログラムWのみ受講  29,700円
※上記全てテキスト代、消費税を含む。
●主 催 (株)技術情報センター

●セミナープログラム●
10:00
|
11:10
T.LNGバンカリングの動向

 国際海事機関では一般海域での舶用燃料油の硫黄分濃度を0.5%以下とする規制を2020年に開始することが決定されています。本講演では、当該規制の概要と対応方法、LNG燃料船と主要地域におけるLNGバンカリングの動向について紹介します。

 1.SOx規制への対応方法
 2.LNG燃料船の動向
 3.LNGバンカリングの動向
 4.今後の展望
 5.質疑応答・名刺交換
(森本 氏)
11:20
|
12:50
U.船舶燃料多様化に対応するME-GI/ME-LGI技術の適用と今後の展開

 三井造船では、低硫黄舶用燃料の時代に備えて、舶用デュアルフューエルディーゼルエンジンの開発に力を入れてきた。天然ガス及びエタンを燃料とするME-GI機関は工場出荷し、一部の機関は既に就航して実績を示している。低沸点の液体燃料を使うME-LGI機関に付いては、メタノール焚き機関が既に就航し、次いでLPG燃料への対応を急いでおり、注目を集めている。これらのエンジンは、ガス運搬船への適用だけではなく、ガス燃料推進船への適用にも適しているので、紹介する。

 1.Dual Fuelエンジン出現の背景
 2.ME-GI
 3.ME-LGI
 4.ガス燃料供給装置
 5.今後の展開
 6.質疑応答・名刺交換
(大津 氏)
13:50
|
15:20
V.LNG燃料を取り巻く環境 −Low Carbon Shipping の実現に向けて

 0.はじめに
 1.海運のCO2排出削減に向けた、燃料シフトの可能性
 2.世界のエネルギー転換とLNG輸送の展望
 3.質疑応答・名刺交換
(三浦 氏)
15:30
|
17:00
W.LNG船事業の変遷と商船三井の新たな取組み

 LNG供給国と需要国の数は年々増加し、海事セクターに対する顧客ニーズは、多様化の一途を辿っています。
 LNG海上輸送の過去、現在そして将来を俯瞰し、積地から揚地への従来型海上輸送の枠を超え、新たなニーズとビジネス機会への対応を目指す商船三井の取組みを詳説します。


 1.LNG海上輸送の歴史
  (1)LNG海上輸送50年の歴史
  (2)LNG船の隻数と船型の推移
  (3)LNG海上輸送における日本の存在感
  (4)トレードパターンの変遷
 2.LNG輸送の将来
  (1)エネルギー価格下落後の天然ガス需要見通し

  (2)LNG供給量の拡大
  (3)LNG船船腹需要の拡大
 3.商船三井の取り組み
  (1)LNG船業界における当社マーケットポジション
  (2)本邦電力・ガス会社の対応
  (3)パートナー戦略〜各国事情へ合わせた柔軟な営業
  (4)オイルメジャーとの協業
  (5)中国における成果
  (6)ニッチ分野への取り組み 〜ヤマルLNG、小型LNG船、エタン船
  (7)LNG関連海洋事業への取り組み 〜FSRU、LNGバンカリング
 4.質疑応答・名刺交換
(渡邉 氏)
− 名 刺 交 換 な ど −
セミナー終了後、ご希望の方はお残りいただき、
講師とご受講者間での名刺交換ならびに講師へ個別質問をお受けいたします。