ご購入またはご試読は、画面下の「書籍購入」あるいは「書籍試読申込」ボタンから

排水・汚水処理技術集成 Vol.2

[コードNo.13NTS243]

■体裁/ B5判・436頁
■発行/ 2013年12月
(株)エヌ・ティー・エス
■定価/ 41,800円(税・送料込価格)
■ISBNコード/ 978-4-86469-081-2


2007年の発行以来、好評をいただいている「排水・汚水処理技術集成」の第2弾!
これまでの技術では対処できない微量の化学物質や病原微生物などの新たなリスク、従来の一過型でない、21世紀型の水循環システムの構築を視野に入れた処理技術など、持続可能な水利用を実現する上で不可欠な排水・汚水処理技術を詳解する。

著者紹介

田中宏明京都大学
浅見真理国立保健医療科学院
小坂浩司国立保健医療科学院
尾崎博明大阪産業大学
谷口省吾大阪産業大学
高浪龍平大阪産業大学
宮川信一大学共同利用機関法人自然科学研究機構基礎生物学研究所
井口泰泉大学共同利用機関法人自然科学研究機構基礎生物学研究所
原本英司山梨大学
山口隆司長岡技術科学大学
幡本将史長岡技術科学大学
中村明靖長岡技術科学大学
多川正香川高等専門学校
山崎慎一高知工業高等専門学校
池田宰宇都宮大学
清和成北里大学
池道彦大阪大学
廣岡佳弥子岐阜大学
市橋修岐阜大学
山田剛史豊橋技術科学大学
吉川成志東洋製罐グループホールディングス(株)
片山傳喜東洋製罐グループホールディングス(株)
平石明豊橋技術科学大学
西田友昭静岡大学
長岡裕東京都市大学
酒井俊郎信州大学
殷煕洙独立行政法人農業環境技術研究所
堀久男神奈川大学
小島昭群馬工業高等専門学校
深堀秀史愛媛大学
藤原拓高知大学
辰巳憲司独立行政法人産業技術総合研究所
小林高臣長岡技術科学大学
大城優(株)カサイ
内田修司福島工業高等専門学校
安岡康一東京工業大学
見市知昭大阪工業大学
桑畑周司東海大学
吉木宏之鶴岡工業高等専門学校
岸本直之龍谷大学
三浦大介首都大学東京
森田穣(株)日立製作所
岡徹雄新潟大学
寺澤俊久(株)イムラ
辻村盛夫愛知技研(株)
横山和哉足利工業大学
神子直之立命館大学
岩崎達行岩崎電気(株)
津野洋大阪産業大学
水野忠雄京都大学
高橋信行独立行政法人産業技術総合研究所
和田洋六日本ワコン(株)
前澤昭礼静岡大学
尾上薫千葉工業大学
和田善成千葉工業大学
松本真和日本大学
大川浩一秋田大学
関口和彦埼玉大学

構成および内容

序論 水処理技術が拓く21 世紀型水循環社会への挑戦 田中宏明
1.20 世紀型都市水循環システムの限界
2.20 世紀型の水循環システムの限界と改善
3.21 世紀型都市水循環システムの構築に向けて
第1編水環境を脅かす新たな汚染物質の実態
第1章硝酸性窒素・亜硝酸性窒素 浅見真理
1.起源・用途
2.現行規制など
3.毒性
4.環境における窒素の循環と形態変化
5.窒素総使用量の増加―人間の活動に伴う窒素負荷の増大
6.河川、湖沼における全窒素の汚染状況
7.地下水における汚染状況
8.水道における検出状況
9.まとめ
第2章過塩素酸・NDMA 小坂浩司
1.過塩素酸
2.NDMA
3.まとめ
第3章PPCPs・有機フッ素化合物 尾崎博明、谷口省吾、高浪龍平
1.はじめに
2.医薬品類による水環境汚染
3.有機フッ素化合物による水環境汚染
4.下水処理場における医薬品類と有機フッ素化合物の挙動
5.医薬品類および有機フッ素化合物の分解技術
6.おわりに
第4章環境ホルモン 宮川信一、井口泰泉
1.水環境を脅かす化学物質
2.化学物質の評価アッセイ系について
3.まとめ
第5章1,4―ジオキサン 浅見真理
1.特徴
2.用途
3.検出事例
4.局地的な汚染事例
5.排水中の検出状況
6.浄水における処理
7.促進酸化処理における分解
8.対策と暫定基準
9.今後の課題
第6章病原微生物 原本英司
1.水系感染性の病原微生物
2.水環境中における病原微生物の移送経路
3.病原微生物の検出法
4.国内の水環境中からの病原微生物の検出事例
5.今後の展望
第2編処理技術研究の最前線
第1章生物処理技術
総説 ―嫌気性生物処理を中心に― 山口隆司、幡本将史、中村明靖、多川正、山崎慎一
1.はじめに
2.生物反応槽の形式
3.おわりに
第1節微生物細胞間情報伝達機構制御を利用した水処理技術 池田宰
1.はじめに
2.微生物細胞間情報伝達機構について
3.活性汚泥法へのQuorum Sensing 制御技術の応用
4.Quorum Sensing 制御によるバイオフィルム、バイオファウリング対策技術開発
5.おわりに
第2節1,4─ジオキサン分解菌を用いた汚染水の生物処理・浄化技術の可能性 清和成、池道彦
1.はじめに
2.1,4―ジオキサン分解菌の取得
3.1,4―ジオキサン分解菌の特徴
4.分解菌を用いたバイオリアクターによる高濃度1,4―ジオキサン含有廃水の処理
5.1,4―ジオキサン分解菌の汚染地下水浄化への適用
6.おわりに
第3節微生物燃料電池を用いた廃水からのリンとエネルギーの同時回収 廣岡佳弥子、市橋修
1.はじめに
2.微生物燃料電池とは
3.微生物燃料電池の原理と電子生産微生物
4.微生物燃料電池による廃水からのリン回収の原理
5.実験に用いた微生物燃料電池の構造
6.微生物燃料電池でのリン回収の運転例
7.析出がカソードの性能に与える影響とカソードの再生
8.おわりに
第4節生分解性プラスチックを利用した生物学的脱窒処理技術 山田剛史、吉川成志、片山傳喜、平石明
1.はじめに
2.電子供与体供給剤としての生分解性プラスチック
3.ポリヒドロキシアルカン酸およびポリカプロラクトンを利用した生物学的脱窒処理
4.ポリ乳酸を利用した生物学的脱窒処理
5.酸放出性ポリ乳酸を用いた生物学的脱窒処理
6.おわりに
第5節白色腐朽菌およびリグニン分解酵素による医薬品・身体ケア製品由来物質の除去 西田友昭
1.はじめに
2.白色腐朽菌およびリグニン分解酵素
3.白色腐朽菌およびリグニン分解酵素によるPPCPs の除去
4.おわりに
第2章物理処理技術
総説 ―膜処理技術を中心に― 長岡裕
1.水処理プロセスの体系化
2.物理処理プロセスの体系
3.膜処理
第1節チタニアナノスケルトンを用いた水中溶存有害有機物の吸着・光触媒分解技術 酒井俊郎
1.はじめに
2.チタニアナノスケルトンの形成機構と微細構造
3.チタニアナノスケルトンによる水中溶存アルキルフェノールの吸着
4.チタニアナノスケルトンによる水中溶存アルキルフェノールの光触媒分解
5.おわりに
第2節ゼオライト錠剤およびシートを用いた水中のセシウムイオンの除去技術 殷煕洙
1.はじめに
2.粉末ゼオライトの錠剤化
3.粉末ゼオライト錠剤の水崩壊性
4.粉末ゼオライト錠剤による水中のCs の除去
5.粉末ゼオライトシートによる水中のCs の除去
6.今後の展望
7.おわりに
第3節微粉末活性炭錠剤による水中の有害性有機化学物質の除去技術 殷熙洙
1.はじめに
2.微粉末活性炭錠剤化
3.微粉末活性炭錠剤の水崩壊性
4.微粉末活性炭錠剤による水中の有害性有機化学物質の除去
5.今後の展望
6.おわりに
第3章化学処理技術
総説 ―難分解性有機化合物の処理を中心に― 堀久男
1.はじめに
2.促進酸化法
3.フェントン反応
4.ペルオキソ二硫酸法(過硫酸法)
5.超音波分解法
6.熱水分解法
第1節フッ素系イオン液体の熱水分解 堀久男
1.はじめに
2.実験
3.実験結果
4.おわりに
第2節持続的鉄分供給法による汚水処理技術 小島昭
1.はじめに
2.開発のきっかけ
3.鉄を水に溶かす
4.炭と鉄の粉で汚水処理(スミテツ法)
5.持続的鉄分供給材による汚水処理(タカテツ法)
6.肉牛飼育牧場から生じる汚水の浄化
7.持続的鉄分供給材による浄化メカニズム
8.動物園サル舎池の浄化
9.おわりに
第3節酸化チタン/高シリカ型ゼオライト複合触媒によるサルファ系抗菌剤の除去技術 深堀秀史、藤原拓
1.はじめに
2.高シリカ型ゼオライトによるサルファ系抗菌剤の吸着とモデル化
3.共存物質存在下におけるサルファ系抗菌剤の吸着
4.酸化チタン/高シリカ型ゼオライト複合触媒によるサルファ系抗菌剤の除去
5.おわりに
第4節フェントン酸化を利用した低スラッジ型重金属廃液・排水処理技術 辰巳憲司
1.はじめに
2.無電解銅めっき廃液のフェントン処理の検討
3.フェントン酸化処理液のフェライト化処理の検討
4.無電解銅めっき廃液のCu―フェントン処理の検討
5.おわりに
第5節ゼオライト―ポリマー繊維による放射性セシウム除染技術 小林高臣、大城優、内田修司
1.はじめに
2.吸着剤としてのゼオライトと放射性セシウム除染
3.ゼオライト―ポリマー繊維複合化材
4.ゼオライト―ポリマー繊維による待ち受け型除染
5.土壌汚染への試み
6.おわりに
第4章プラズマによる処理技術
総説 安岡康一
1.水処理とプラズマ
2.水処理用プラズマリアクター
第1節気泡内プラズマを用いた水中有害有機物の高速完全分解技術 安岡康一
1.OH ラジカルによる有機物分解
2.有機フッ素化合物分解
第2節水上パルス放電プラズマを用いた水中難分解性物質の分解技術 見市知昭
1.はじめに
2.原理と特徴
3.実験装置と放電プラズマの様子
4.実験結果
5.おわりに
第3節大気圧プラズマジェットを用いた有機染料および水中難分解性有機化合物の分解 桑畑周司
1.はじめに
2.大気圧プラズマジェットの構造と特徴
3.水への大気圧プラズマジェット照射による水酸ラジカルの発生と有機化合物の分解
4.大気圧プラズマジェットを用いた水の浄化の事例
5.おわりに
第4節プラズマラジカル流のバブリングを用いた水処理技術 吉木宏之
1.はじめに
2.プラズマラジカル流のバブリング処理の概念
3.プラズマラジカル流のバブリング装置
4.インジゴカルミン水溶液の脱色実験
5.環境汚水中の大腸菌群の不活化処理
6.マイクロバブルとの融合
7.おわりに
第5章電解による処理技術
総説 岸本直之
1.はじめに
2.処理原理
3.排水処理事例
第1節電解フェントン型処理による水中難分解性有機物の分解技術 岸本直之
1.はじめに
2.処理原理
3.電解フェントン型処理の影響因子
4.鉄汚泥の再利用性
5.排水処理への適用可能性
第2節臭素酸イオンおよび塩素酸イオンの電解還元処理技術 岸本直之
1.はじめに
2.電解還元処理メカニズム
3.電極材料
4.電解反応器
5.臭素酸イオン・塩素酸イオンの電解還元処理特性
6.将来展望
第6章磁気分離による処理技術
総説 三浦大介
1.はじめに
2.磁気力の起源
3.磁性体粒子の反磁界係数の影響
4.高勾配磁気分離
5.粒子軌跡モデル
6.磁性フロック法
7.磁性吸着剤法
8.磁気アルキメデス法
第1節磁性吸着剤と高勾配磁気分離による下水処理水および産業排水からのリンの除去と回収 三浦大介
1.はじめに
2.リンの吸着および脱離機構
3.リンの吸着・脱離特性
4.磁気分離
5.システム検討
6.産業排水中のリンの除去と回収
7.おわりに
第2節永久磁石を用いた磁気分離水処理システムの開発 森田穣
1.はじめに
2.永久磁石を用いた固液分離用の磁気分離水処理システムの概要
3.その他の磁気分離水処理技術
4.その他の話題
第3節超電導磁気分離による常磁性ニッケル塩の回収 岡徹雄、寺澤俊久、辻村盛夫、横山和哉
1.はじめに
2.高温超伝導バルク磁石
3.無電解ニッケルめっき廃液の磁気分離
4.おわりに
第7章紫外線による処理技術
総説 神子直之
1.はじめに
2.紫外線の基礎
3.さまざまな紫外線光源
4.紫外線照射による処理効果
5.紫外線照射装置の設計および性能評価の基礎
6.おわりに
第1節無水銀紫外線光源を用いた排水処理技術 神子直之
1.はじめに
2.無水銀紫外線光源の種類
3.UV―LED の開発の現況
4.エキシマランプの状況
5.おわりに
第2節紫外線照射法を用いた水中難分解性物質の処理技術 岩崎達行
1.はじめに
2.紫外線照射法の原理
3.紫外線照射法による難分解性有機物の分解例
4.おわりに
第8章オゾンによる処理技術
総説 津野洋、水野忠雄
1.オゾンの特性と水処理技術への応用
2.オゾンの水への溶解特性と設計因子
3.オゾンの自己分解と反応
4.オゾンを用いた促進酸化処理
第1節オゾンを用いた促進酸化処理による1,4―ジオキサン分解技術 高橋信行
1.1,4―ジオキサンの特性と規制動向
2.1,4―ジオキサンの処理技術動向
3.1,4―ジオキサンの分解技術
4.まとめ
第2節UV オゾン酸化とイオン交換樹脂法を用いた1,4―ジオキサン含有排水の処理とリサイクル 和田洋六
1.はじめに
2.実験方法
3.実験結果
4.おわりに
第3節オゾン処理と他の処理法を併用した廃水中有機化合物の分解 前澤昭礼
1.はじめに
2.有機化合物の分解
3.おわりに
第9章微細気泡・超音波による処理技術
総説 尾上薫、和田善成
1.相へのエネルギー付与に着目した浄化技術の新体系
2.微細気泡が関与する反応場の活用法
3.超音波照射が関与する反応場の活用法
4.酸素種活性種の評価法
第1節微細気泡が関与する反応場のハイブリッドによる難分解性有機化合物の分解処理 尾上薫、和田善成、松本真和
1.はじめに
2.微細気泡の特性とは
3.酸素/電磁波系でのオゾン微細気泡の溶解現象
4.微細気泡が関与する異相界面反応に着目した新規反応場の利活用法
5.微細気泡が関与する反応場のハイブリッド効果
第2節水酸化鉄と超音波による酸化反応を用いたヒ素の吸着除去 大川浩一
1.はじめに
2.溶液への超音波照射による酸化反応
3.超音波照射によるAs(V)の酸化
4.共沈法により生成した水酸化鉄と超音波による酸化反応を用いたAs(V)の除去
5.ゲーサイトと超音波による酸化反応を用いたAs(V)の除去
6.超音波照射とペルオキソ二硫酸カリウム添加によるAs(V)の酸化
7.おわりに
第3節超音波霧化技術を応用した水中有機汚染物質の気相分解技術 関口和彦
1.はじめに
2.物性の異なる有機汚染物質の分解実験
3.おわりに



SSL グローバルサインのサイトシール
FAXでもお申し込みいただけます。FAXお申し込み用紙(PDF)を印刷いただき、必要事項をご記入のうえ
 弊社までご送信ください。(FAX番号は、お申込用紙に印刷されています)
※PDF形式のファイルをご覧頂くための Adobe Reader は、アドビ システムズ社から無償提供されています。
                Adobe Reader 最新版ダウンロードはこちらから

■ お問い合わせの前に『よくあるご質問(書籍)』をご一読下さいませ ■
■ セミナー・講習会のご案内はこちらでございます ■


株式会社 技術情報センター  〒530-0038 大阪市北区紅梅町2-18 南森町共同ビル 3F
TEL:06−6358−0141  FAX:06−6358−0134