ご購入またはご試読は、画面下の「書籍購入」あるいは「書籍試読申込」ボタンから

水素利用技術集成 Vol.4
〜高効率貯蔵技術、水素社会構築を目指して〜

[コードNo.14NTS241]

■体裁/ B5判・354頁
■発行/ 2014年 4月
(株)エヌ・ティー・エス
■定価/ 45,100円(税・送料込価格)
■ISBNコード/ 978-4-86469-082-9


●大好評の『水素利用技術集成』シリーズ第4弾!
●2015年の商用普及開始を目前に控える水素エネルギー−今回はさらなる利用拡大のカギとなる貯蔵技術にフォーカス!
●水素社会の構築へ向けて、ますます加速するこれからの水素研究に必携の一冊!

著者紹介

岡野一清九州大学
井関孝弥東京ガス(株)
阿部竜京都大学
児玉竜也新潟大学
郷右近展之新潟大学
中村優美子独立行政法人産業技術総合研究所
伊藤直次宇都宮大学
市川貴之広島大学
高野俊夫JFEコンテイナー(株)
池田哲史水素供給・利用技術研究組合
秋葉悦男九州大学
笠井秀明大阪大学
中西寛大阪大学
Wilson Agerico Dino大阪大学
三浦良雄京都工芸繊維大学
佐原亮二独立行政法人物質・材料研究機構
水関博志Korea Institute of Science and Technology Center
Marcel H. F. SluiterDelft University
大野かおる横浜国立大学
川添良幸東北大学
星野公三広島大学
高野則之金沢工業大学
横堀壽光東北大学
大見敏仁東北大学
祖山均東北大学
桑脩東北大学
亀川厚則東北大学
岡田益男八戸工業高等専門学校/東北大学
佐藤正志東海大学
久慈俊郎東海大学
島隆則独立行政法人理化学研究所
侯召民独立行政法人理化学研究所
池田一貴大学共同利用機関法人高エネルギー加速器研究機構
高木成幸東北大学
大友季哉大学共同利用機関法人高エネルギー加速器研究機構
折茂慎一東北大学
西宮伸幸日本大学
駒口健治広島大学
菅原武大阪大学
庄野厚東京理科大学
斉藤泰和(株)新エネルギー研究所
藤田健一京都大学
山口良平京都大学
伊藤靖彦アイ’エムセップ(株)
井上博史大阪府立大学
大平勝秀東北大学
李海文九州大学
経済産業省商務流通保安グループ高圧ガス保安室

構成および内容

序論 商用普及期を迎える水素エネルギー 岡野一清
1.はじめに
2.水素エネルギーシステム技術
3.水素製造技術
4.水素貯蔵技術
5.水素利用技術
6.水素を媒体とする再生可能エネルギー貯蔵
7.大規模水素利用技術
8.おわりに
第1編水素社会構築に向けた要素技術開発の動向
第1章製造技術
第1節改質─水素分離膜を用いた改質技術─ 井関孝弥
1.はじめに
2.水蒸気改質による水素製造
3.水素分離型改質技術とは
4.研究開発事例1─40Nm3/h級試験システム
5.研究開発事例2─触媒一体化モジュール
6.今後の課題と展望
第2節光触媒 阿部竜
1.半導体光触媒を用いた水分解
2.可視光を利用した水分解
3.2段階可視光励起型水分解系の開発
4.2段階光励起型水分解系における長波長利用および気体分離生成
5.可視光水分解の現状
6.むすび
第3節太陽熱利用 児玉竜也、郷右近展之
1.はじめに
2.太陽集光システム
3.高温太陽集熱による水素製造法
4.総括と展望
第2章貯蔵技術
第1節金属系材料 中村優美子
1.金属系材料を用いた水素貯蔵の概要
2.金属系材料を用いた水素貯蔵技術の研究動向
第2節有機系水素キャリア 伊藤直次
1.はじめに
2.水素供給源
3.有機系水素キャリアによる水素貯蔵の特徴
4.有機系水素キャリアの脱水素による水素取り出し
5.メンブレンリアクターによる脱水素反応の低温化と水素回収
6.水素貯蔵材料としての混合系有機水素キャリア
7.水電解とベンゼン水素化との電気化学的組み合わせ
8.おわりに
第3節無機系材料 市川貴之
1.はじめに
2.無機系材料の研究開発動向
3.熱力学特性の制御
4.おわりに
第3章輸送・供給技術
第1節輸送用・蓄圧用高圧水素容器 高野俊夫
1.緒言
2.高圧水素容器の技術基準
3.複合容器の種類と構造および製造プロセス
4.高圧ガス容器の要求仕様
5.本格普及に向けて水素ステーションの低コスト化への取り組み
6.蓄圧器用複合容器の今後の技術課題
7.まとめ
第2節水素ステーション─FCV・水素インフラの実証事業─ 池田哲史
1.はじめに
2.普及シナリオ
3.実証研究の概要
4.技術課題の検討
5.今後に向けて
6.おわりに
第2編ポスト2015に臨む高効率水素貯蔵技術開発
総説 秋葉悦男
1.はじめに
2.水素の貯蔵技術の概観
3.液体による水素輸送貯蔵
4.固体による水素輸送貯蔵
5.水素貯蔵材料の応用分野
6.水素貯蔵材料の開発の現状
7.まとめ
第1章貯蔵メカニズム
第1節新規貯蔵材料開発に向けた貯蔵メカニズム研究の動向 中村優美子
1.新しい材料の開発に向けた基盤研究の動向
2.産業技術総合研究所における基盤研究─構造解析に基づく水素貯蔵特性の理解と反応機構の解明
3.おわりに─今後の課題と展望
第2節設計技術
2.1水素貯蔵材料の知的設計─炭素系ナノ構造材料の場合─ 笠井秀明、中西寛、Wilson Agerico Dino、三浦良雄
        1.はじめに
        2.知的材料設計
        3.グラファイト表面に飛来する水素
        4.発明の詳細な説明
        5.まとめ
2.2全電子混合基底法プログラムを用いた水素貯蔵材料の設計 佐原亮二、水関博志、Marcel H. F. Sluiter、大野かおる、川添良幸
        1.背景
        2.計算方法
        3.結果と考察
        4.まとめ
第3節水素貯蔵物質の水素貯蔵・放出機構の理論的解明 星野公三
1.はじめに
2.モデリング
3.計算手法
4.ナノ構造化グラファイトの水素吸蔵放出のシミュレーション
5.まとめと今後の展望
第4節水素脆性
4.1水素脆化による材料破壊機構の解明 高野則之
        1.はじめに
        2.内部応力説
        3.格子脆化説
        4.局所変形助長説
        5.表面吸着説
        6.水素助長ひずみ誘起空孔説
        7.相変態と水素脆性
        8.まとめ
4.2物質輸送理論を用いた水素脆性機構の解析と評価 横堀壽光、大見敏仁
        1.緒言
        2.非可逆輸送過程における現象論的拡散方程式
        3.き裂先端近傍の水素拡散・凝集物理モデルとαマルティプリケーション法の検証
        4.拡散方程式の数値解法と収束性
        5.拡散方程式の数値解の安定性(振動解の制御)
        6.差分法(FDM)と有限要素法(FEM)の融合解析(FDM-FEMハイブリッド法)
        7.疲労条件下でのき裂先端近傍での水素拡散業種挙動
        8.まとめ
4.3キャビテーションピーニングを用いた水素脆化抑止法の構築 祖山均、桑脩
        1.はじめに
        2.キャビテーションピーニング
        3.キャビテーションピーニングによる金属材料の水素脆化抑止
        4.おわりに
第2章貯蔵材料・システム
第1節軽元素が拓く新しい貯蔵材料研究の動向 市川貴之
1.はじめに
2.アミドイミド
3.アンモニアボラン
4.アンモニア
5.ヒドラジン
6.おわりに
第2節合金系材料
2.1超高圧合成法による新規水素吸蔵合金の探索 亀川厚則、岡田益男
        1.はじめに
        2.超高圧合成法
        3.超高圧合成された新規マグネシウム系金属間化合物
        4.超高圧水素中合成されたマグネシウム系水素化物
        5.超高圧水素合成された新規リチウム系水素化物
        6.おわりに
2.2相分離型水素吸蔵金属間化合物の研究 佐藤正志、久慈俊郎
        1.はじめに
        2.Mg系合金の問題点
        3.相分離型水素吸蔵合金
        4.Mg17Al12-H系の圧力-組成等温線
        5.Mg17Al12-H系の熱力学
        6.おわりに
2.3分子性多金属ヒドリドクラスターの合成と水素吸蔵性能 島隆則、侯召民
        1.はじめに
        2.多金属クラスターによる可逆的な水素吸蔵反応
        3.希土類金属とd-ブロック遷移金属を含む異種多金属ヒドリドクラスターの合成および水素吸蔵特性
        4.三核チタンヒドリドクラスターの合成とそれを用いた窒素分子の切断・水素化反応
        5.おわりに
第3節ペロブスカイト系材料─ペロブスカイト型水素化物の生成条件と物性・機能性─ 池田一貴、高木成幸、大友季哉、折茂慎一
1.はじめに─ペロブスカイト化合物の物性・機能性
2.幾何学的条件から推測するペロブスカイト水素化物の生成領域
3.NaMgH3の水素貯蔵特性
4.CaPdH3-Xの水素貯蔵特性
5.LiNiH3の電子状態および生成過程
6.まとめと今後の展開
第4節炭素系材料─単層カーボンナノチューブを用いた水素貯蔵技術─ 西宮伸幸
1.はじめに
2.水素貯蔵容量に関する実験事実
3.水素吸着の構造化学的考察
4.水素吸着等温線の解析に基づく熱力学的知見
5.水素貯蔵容量の比表面積依存性の再論
6.水素貯蔵容量を支配する要因
7.おわりに
第5節包接化合物系材料
5.1グロー放電法によるかご型分子(オクタシルセスキオキサン)への水素原子の包接 駒口健治
        1.はじめに
        2.グロー放電
        3.包接水素原子の測定
        4.放電条件の包接率への影響
        5.脱離挙動
        6.おわりに
5.2ガスハイドレートを用いた分子状水素の貯蔵 菅原武
        1.はじめに
        2.水素分子を包接したハイドレートの相平衡関係と水素分子の籠占有性
        3.圧力スイング法によるTHFハイドレートの水素貯蔵能力
        4.貯蔵率向上と生成条件の緩和を両立させる方法の探索─チューニング効果
        5.水素貯蔵媒体としてのガスハイドレートの可能性
        6.おわりに
第6節有機ハイドライド
6.1ケミカルハイドライドを用いた水素貯蔵輸送システム 庄野厚、斉藤泰和
        1.はじめに
        2.メチルシクロヘキサン/トルエン系の脱水素反応
        3.過熱液膜状態における脱水素反応
        4.連続式脱水素反応装置の開発
        5.まとめ
6.2均一系錯体触媒を用いた有機分子からの水素発生と可逆的有機ハイドライド水素貯蔵システムの開発 藤田健一、山口良平
        1.はじめに
        2.機能性配位子を有する均一系錯体触媒を用いたアルコールの脱水素化反応
        3.触媒的脱水素化/水素化に基づく2-プロパノールとアセトンの可逆的変換
        4.機能性配位子を有する均一系錯体触媒を用いた含窒素複素環式化合物の脱水素化/水素化
        5.おわりに
第7節アンモニア系材料
7.1水素キャリアとしてアンモニアを用いる「アンモニアエネルギーシステム」 伊藤靖彦
        1.はじめに
        2.水素キャリアとしてのアンモニア
        3.水素キャリアとしてみたアンモニアの課題
        4.アンモニアの種々の合成法
        5.水素と窒素からの常圧アンモニア電解合成
        6.水と窒素からのアンモニア電解合成
        7.今後の展望
        8.おわりに
7.2水素キャリアとしてのアンモニアボランの研究開発 井上博史
        1.はじめに
        2.アンモニアボランとは
        3.アンモニアボランの脱水素プロセス
        4.アンモニアボランの再生
        5.おわりに
第8節スラッシュ水素を用いた高効率水素エネルギーシステム 大平勝秀
1.はじめに
2.磁気冷凍法による水素液化
3.スラッシュ水素製造法
4.スラッシュ水素用高精度密度計、質量流量計
5.スラッシュ水素、液体水素の核沸騰熱伝達特性
6.スラッシュ水素、スラッシュ窒素の管内流動、伝熱特性
7.おわりに
第3章10質量%級錯体系水素貯蔵材料実現による貯蔵技術のパラダイムシフト 李海文、秋葉悦男
1.はじめに
2.水素貯蔵技術
3.水素化物を用いた固体水素貯蔵材料
4.高密度水素貯蔵材料としてのボロハイドライド
5.まとめと展望
第3編水素エネルギー実用に向けた法規制の動向 経済産業省商務流通保安グループ高圧ガス保安室
1.はじめに
2.水素の成長戦略等における位置づけ
3.高圧ガス保安法関連の法規制動向
4.おわりに



SSL グローバルサインのサイトシール
FAXでもお申し込みいただけます。FAXお申し込み用紙(PDF)を印刷いただき、必要事項をご記入のうえ
 弊社までご送信ください。(FAX番号は、お申込用紙に印刷されています)
※PDF形式のファイルをご覧頂くための Adobe Reader は、アドビ システムズ社から無償提供されています。
                Adobe Reader 最新版ダウンロードはこちらから

■ お問い合わせの前に『よくあるご質問(書籍)』をご一読下さいませ ■
■ セミナー・講習会のご案内はこちらでございます ■


株式会社 技術情報センター  〒530-0038 大阪市北区紅梅町2-18 南森町共同ビル 3F
TEL:06−6358−0141  FAX:06−6358−0134