ご購入またはご試読は、画面下の「書籍購入」あるいは「書籍試読申込」ボタンから

【アジア・ASEAN諸国での治験実施】
各国要求及び治験環境と現地の実情
〜アジア各国当局動向/アジア治験運用の実際/PV規制/民族差/薬事戦略等〜
〜中国/韓国/台湾/シンガポール/マレーシア/フィリピン/タイ/インドネシア/ベトナム/ブルネイ/
ラオス/ミャンマー/カンボジア/インド〜

[コードNo.20STP144]

■体裁/ B5判並製本 299ページ
■発行/ 2020年 4月27日 サイエンス&テクノロジー(株)
■定価/ 60,500円(税・送料込価格)
■ISBNコード/ 978-4-86428-212-3

<本書のポイント>

【1】アジア各国の規制及び治験環境の実情
中国の激しい規制変動への対応や、韓国・台湾、及び
情報の上がりにくいASEAN10ヶ国・インドにおける治験環境の実情について、
現地を知る実務担当より執筆。
※本書に掲載の国:
中国/韓国/台湾/シンガポール/マレーシア/フィリピン/タイ/インドネシア/ベトナム/ブルネイ/ラオス/ミャンマー/カンボジア/インド

【2】アジアPV規制と安全性情報の取り扱い、PV監査の実際
対応の変わるアジア各国でのPV規制及び当局報告要件の違いについて、
日米欧や各国との比較をふまえ解説。
※各国のPV実務業務に携わる担当者へ直接確認を取り解説して頂きました!
さらに、アジア地域におけるPV監査の実施・査察の運用について、
製薬企業実務担当者の観点より解説。

【3】アジア臨床開発において参考となる情報を網羅
アジア治験の国際動向をふまえ、アジアでの治験実施の際し関係する情報を掲載!
アジア規制当局の動向や、アジア各国の承認申請や開発戦略、
現地との連携及びプロジェクト管理、アジアでのPKにおける民族的要因等、
各専門家の観点より解説。

著者

佐藤淳子(独)医薬品医療機器総合機構
大石昌代アステラス製薬(株)
佐々木俊一第一三共(株)
目黒康子第一三共(株)
小林由美子第一三共(株)
能智禄弥EPSインターナショナル(株)
王テイEPSインターナショナル(株)
早川智久EPSインターナショナル(株)
趙南EPSインターナショナル(株)
Min Hye-ranEPSインターナショナルコリア(株)
永田龍二イーピーエス(株)
Siow Bee SeuGeorge Clinical Pty Ltd
Rose SekGeorge Clinical Pty Ltd
Rozi GaffarGeorge Clinical Pty Ltd
Lucy PerryGeorge Clinical Pty Ltd
Olivia SzetoGeorge Clinical Pty Ltd
Harish SankarankuttyGeorge Clinical Pty Ltd
Ullas ArabhaviGeorge Clinical Pty Ltd
Susanne Kaiserリニカル(株)
金子和裕大塚製薬(株)
小林秀之(株)MSD
松田浩治アステラス製薬(株)

目次

第1章アジア地域における薬事規制と今後の動向
はじめに
1.アジア規制当局の近況
1.1組織体制
1.2人的リソース
1.3コミュニケーション
1.4開発への支援〜開発へのアドバイス等〜
1.5Capacity Building
2.ASEANの動き
2.1Pharmaceutical Product Working Group(PPWG)
2.2ASEAN Medical Device Committee(AMDC)
3.ICHの動き
4.World Health Organization(WHO)の動き
5.アジア地域における薬事規制の今後
第2章アジア地域における国際共同治験の実施状況
はじめに
1.日本単独開発からBridging Study、そして国際共同治験へ
2.アジアにおける治験実施
3.ICH-E17の影響
4.「アジア医薬品・医療機器規制調和グランドデザイン」の公表
5.アジアの臨床試験の今後
第3章東アジア地域における薬物動態に対する内因性要因の類似性と医薬品開発への活用
はじめに
1.臨床第1相段階で検討される民族的要因
2.東アジア地域における薬物動態に対する内因性要因の比較
2.1遺伝的背景の比較
2.2薬物動態の比較
2.2.1低分子化合物のPKの東アジア民族間比較
2.2.2高分子化合物の健康成人でのPKの民族差
3.東アジア地域における薬物動態に対する内因性要因の類似性と医薬品開発への活用
3.1東アジア人を組み入れた臨床第1相試験の活用
3.2臨床第1相段階での民族的要因の評価
おわりに
第4章中国、韓国、台湾における臨床試験(治験)実施に際する規制
はじめに
1.中国
1.1中国の薬事行政を司る組織
1.2中国での臨床試験実施に関連する規制
1.2.1「医薬品・医療機器の審査承認制度に関する国務院意見(44号意見)」と「審査承認制度改革を深化し医薬品・医療機器のイノベーションを奨励することに関する意見(42号意見)」
1.2.1.1党中央弁公庁、国務院弁公庁からの意見発出の背景
1.2.1.2「医薬品・医療機器の審査承認制度に関する国務院意見(44号意見)」と「審査承認制度改革を深化し医薬品・医療機器のイノベーションを奨励することに関する意見(42号意見)」における臨床試験に関連する方針
1.2.2「薬品管理法」の改訂
1.2.3「薬品登録管理弁法」の改訂
1.3中国のICH*加盟と管理委員会(Management Committee)メンバー入り
1.4中国における臨床試験
1.4.1中国における臨床試験の変遷
1.4.2新薬申請分類
1.4.2.1新たな登録分類の考え方
1.4.3中国の臨床試験における留意点
1.4.3.1プロトコルプロファイル(あるいはプロトコルシノプシス)の作成
1.4.3.2フィージビリティー調査
1.4.3.3CRO、SMO及びVendor選定
1.4.3.4Pre-INDミーティング
1.4.3.5リーディング施設、リーディング治験医師、施設選定
1.4.3.6IND申請・審査
1.4.3.7倫理委員会(EC)申請
1.4.3.8人類遺伝資源管理(HGRAC)
1.4.3.9中国における試験開始までの一般的なタイムライン
2.韓国、台湾
2.1韓国の臨床試験における留意点
2.1.1臨床試験までの準備
2.1.2同意説明文書
2.1.3IND申請・審査
2.1.4試験情報の登録
2.1.5韓国における試験開始までの一般的なタイムライン
2.2台湾の臨床試験における留意点
2.2.1臨床試験までの準備
2.2.2台湾における試験開始までの一般的なタイムライン
2.2.3試験情報のアップデート
2.2.3IND申請・審査
2.2.5治験実施契約
2.2.6台湾GCP査察対応
2.2.6.1査察実施通知(Day 7)
2.2.6.2事前提出資料(1st Package)の提出(Day14)
2.2.6.3医療機関査察(Day 40)
2.2.6.4照会事項および対応(Day56)
2.2.6.5承認書の受領(約Day84〜)
まとめ
第5章アジア諸国における治験環境および現地の実情〜クリニカル部門・監査などの観点から見たアジア諸国の現状・実際〜
第1節中国の臨床試験環境と現地の状況
はじめに
1.中国の治験環境
1.1中国の規制当局
1.2中国における臨床試験
1.3臨床試験の立ち上げ
1.3.1Pre-IND会議
1.3.2施設選定
1.3.3IND申請
1.3.4人類遺伝資源(Human Genetic Resource Administration of China:HGRAC)申請
1.3.5IRB申請
1.3.6SMO選定
1.4中国当局による査察
1.5NDA申請および承認
1.6治験保険
2.将来的な取り組み:抗がん剤(バイオ製剤)、再生医療
おわりに
第2節韓国の臨床試験環境と現地の状況
はじめに
1.食品医薬品安全処(MFDS)
2.臨床試験の実施手続
2.1臨床試験関連法規
2.1.1医薬品臨床試験関連法規
2.1.2医療機器臨床試験関連法規
2.1.3先端バイオ医薬品等臨床試験関連法規
2.2医薬品臨床試験計画の承認申請
2.2.1承認除外対象
2.2.2承認申請手続の概要
3.臨床試験実施機関
4.臨床試験の実施状況
5.臨床試験の品質確保
5.1臨床試験従事者に対する教育・研修
5.2MFDSによるGCP現地調査
おわりに
第3節シンガポールの臨床試験環境と現地の状況
はじめに
1.経済予測
2.シンガポールにおけるヘルスケア
2.1プライマリヘルスケア費
2.2入院費用
3.シンガポールの臨床開発と臨床試験の状況
3.1シンガポールでの臨床試験の状況
3.2シンガポールでの臨床試験の規制要件
3.2.1薬物規制の枠組み
3.2.2シンガポールでの臨床試験の実施許可
3.2.3フェーズT臨床試験
3.2.4審査と承認のタイムライン
3.2.5規制書類提出の費用
3.3薬物および治験関連資材の輸入
3.4生体試料の輸出
3.5治験審査委員会の承認
3.5.1一括した審査
3.5.2治験審査委員会の承認過程1
4.品質
4.1規制に基づく査察および監査
4.2治験審査委員会による査察および監査
結論
第4節マレーシアの臨床試験環境と現地の状況
はじめに
1.経済予測
2.マレーシアにおけるヘルスケア
2.1プライマリヘルスケア費
2.2入院費用
3.臨床開発と臨床試験の状況
4.マレーシアでの臨床試験の規制要件
4.1薬物規制の枠組み
4.2臨床試験の実施許可
4.2.1承認のタイムライン
4.2.2規制書類提出の費用
4.2.3CTIL/CTX申請が承認された後の補正/更新の報告
4.2.3.1補正/更新届
4.2.3.2管理要件の届け
4.2.3.3臨床試験の終了
4.2.4倫理委員会の承認
4.2.4.1中央倫理委員会
4.2.4.2現地倫理委員会
4.2.5医療機器および臨床試験
4.2.5.1臨床治験使用のための通知プロセス
4.2.5.2臨床使用および研究の支援的使用のための通知
4.2.5.3通知審査費用
4.2.5.4承認のタイムライン
4.2.6生体試料の輸入および輸出
5.品質
5.1概要
5.2GCP査察の結果
5.2.1良好な結果
5.2.2不遵守
5.2.3治験薬使用の治験医師における不適格事項
5.2.4国際査察
結論
第5節フィリピンの臨床試験環境と現地の状況
はじめに
1.経済予測
2.フィリピンにおけるヘルスケアシステム
3.フィリピンの臨床開発と臨床試験状況
4.臨床試験の規制要件
4.1薬物規制の枠組み
4.2臨床試験の実施許可
4.2.1臨床試験の申請費用
4.2.2臨床試験の登録
4.2.3被験薬の輸入
4.2.4付属資材の輸入
結論
第6節タイの臨床試験環境と現地の状況
はじめに
1.経済
2.タイのヘルスケア
3.タイでの臨床試験
4.タイでの臨床試験の規制要求事項
4.1薬物規制の枠組み
4.2タイにおける臨床試験の実施許可
4.3治験契約と保険
4.4安全性の監視と報告
4.4.1迅速な報告
5.品質
5.1規制に基づく査察
結論
第7節インドネシアの臨床試験環境と現地の状況
はじめに
1.経済予測
2.ヘルスケアシステム
3.臨床開発と臨床試験状況
4.インドネシアで実施される臨床試験の規制要求事項
4.1規制の枠組み
4.2臨床試験の実施許可
5.品質
5.1監査と査察
5.2国際規格
結論
第8節ベトナムの臨床試験環境と地域の状況
はじめに
1.経済予測
2.ベトナムのヘルスケア産業
3.ベトナムの臨床開発と臨床試験状況
3.1臨床試験の規制要件
3.2臨床試験の実施許可
3.3輸入許可
3.4輸出許可
結論
第9節ブルネイの臨床試験環境と現地の状況
はじめに
1.経済予測
2.ブルネイのヘルスケア
3.臨床開発と臨床試験状況
4.ブルネイでの臨床試験の規制要求事項
4.1薬物規制の枠組み
4.2臨床試験の実施許可
4.2.1倫理承認
4.2.2臨床試験輸入ライセンス
4.2.3医療機器
5.品質
結論
第10節ラオスの臨床試験環境と現地の状況
はじめに
1.経済予測
2.ラオスにおけるヘルスケア
3.臨床開発と臨床試験の状況
3.1ラオスでの臨床試験の状況
3.2ラオスでの臨床試験の規制要件
3.3薬物規制の枠組み
3.4臨床試験の実施許可
3.4.1倫理承認
3.4.2臨床試験輸入ライセンス
3.4.3医療機器
4.品質
結論
第11節ミャンマーの臨床試験環境と現地の状況
はじめに
1.経済予測
2.ミャンマーのヘルスケア
3.ミャンマーの臨床開発と臨床試験の状況
3.1ミャンマーで実施された臨床試験の状況
3.2ミャンマーにおける臨床試験の規制要件
4.監査/品質
結論
第12節カンボジアの臨床試験環境と現地の状況
はじめに
1.経済予測
2.カンボジアにおけるヘルスケア
3.カンボジアの臨床開発と臨床試験の状況
3.1カンボジアでの臨床試験の実施状況
3.2カンボジアでの臨床試験の規制要件
3.2.1臨床試験の承認
3.2.2安全性報告
3.2.3進捗報告
3.2.4患者からのフィードバックと質問
3.2.5試験完了
4.監査/品質
結論
第13節インドの臨床試験環境と現地の状況
はじめに
1.経済予測
2.インドのヘルスケア産業
2.1ヘルスケア部門の方向性
2.2インドの医薬品産業とその世界的な健康成果への貢献
2.3インドの今後10年間の製薬業界の成長予測
3.インドの臨床開発と臨床試験の状況
4.インドでの臨床試験実施の規制要件
4.1インドでの薬物規制の枠組み
4.2インドでの臨床試験の実施許可
4.3臨床試験申請の処理のタイムライン
4.4臨床試験登録
4.5薬物および臨床製品の輸入
4.6生体試料の輸出/輸入
5.特定の種類の臨床試験の規制要件
5.1医療機器の臨床試験
5.2インドのPhaseT試験
5.3生物学的利用能と生物学的同等性(BA/BE)試験
5.4市販後調査
5.5学術的臨床試験
6.その他の規制要件
6.1同意説明文書
6.2インドの安全性報告要件
6.3補償の規則
6.4臨床試験保険
6.5新薬または治験薬の臨床試験後のアクセス
7.データの品質
結論
第6章アジア臨床試験における現地との連携・プロジェクト管理の留意点〜グローバルCROの観点から〜
はじめに
1.定義
1.1プロジェクトフェーズ考察ガイド
1.2「アジア」が意味する地域
1.3アジア臨床試験の試験依頼者
1.4アジアにおける臨床試験のプロジェクト管理に関する筆者の見解
2.アジア臨床試験のプロジェクト管理
2.1立上げプロセス群(事業展開など)
2.1.1試験依頼者に与えられるさまざまなオプション
2.1.2ビッドディフェンスの獲得
2.2計画プロセス群(試験の立上げなど)〜特に留意すべきポイントとは〜
2.2.1予算決定権
2.2.2プロトコールの策定
2.2.3Project Management Plan(PMP)
2.2.4規制当局とIRB関係の取組み
2.2.5臨床試験協定と予算の交渉
2.3実行プロセス群(募集段階など)〜アジア臨床試験と日本臨床試験の管理の違い〜
2.3.1試験開始訪問と試験責任医師会議
2.3.2人材の手配と管理
2.3.3クライアントの管理
2.3.4試験実施施設の管理と被験者の募集
2.3.5治験薬と対照薬
2.3.6試験資材の輸入と輸出
2.4監視・コントロール・プロセス群(品質保証、モニタリングなど)〜アジア試験特有の管理方法〜
2.4.1「QC部」の所在場所
2.4.2試験実施施設の品質
2.5終結プロセス群(試験の終結など)
2.5.1Database Lock(DBL)
2.5.2TMFの引渡し
まとめ
第7章アジア臨床試験データを活用した承認申請と開発戦略
はじめに
アジアにおける開発環境
アジア地域におけるICHの浸透
1.グローバル申請戦略
2.アジアにおける薬事申請に求められる臨床試験成績〜アジア各国の臨床試験の要件比較と留意事項〜
3.申請資料のローカライズ
4.アジア臨床試験
5.アジアにおける臨床試験活性化に向けた取り組み
6.新薬へのアクセス改善〜アジア各国における薬事制度の変遷と現状〜
6.1日本
6.2中国
6.3韓国
6.4台湾
6.5タイ
6.6インド
おわりに
第8章日米欧との比較によるアジア各国のPV規制について
はじめに
1.日米欧のPV規制について
1.1関連性評価について
1.1.1治験時の関連性評価について
        【治験薬との関連性があると考えられる因子】
        【治験薬との関連性がないと考えられる因子】
1.1.2市販後の関連性評価について
1.2重篤性評価について
1.2.1治験時の重篤性評価について
1.2.2市販後の重篤性評価について
1.3新規性評価について
1.3.1治験時の新規性評価について
1.4日米欧のPV規制についてのまとめ
2.アジア各国のPV規制について
2.1中国のPV規制について
2.2韓国のPV規制について
2.3台湾のPV規制について
2.4インドのPV規制について
2.5タイのPV規制について
2.6ベトナムのPV規制について
2.7その他のアジアのPV規制について
2.8アジアのPV規制のまとめ
おわりに
第9章アジア地域におけるPV監査・査察対応
はじめに
第1節アジア地域におけるPV監査業務の留意点、監査手法
1.PV監査の基本
1.1PV監査実施体制
1.2監査実施体制の整備:教育体制、手順書整備、監査体系(IV.B.3)
1.2.1監査活動及び監査担当者の独立性と客観性(IV.B.3.1.1)
1.2.2監査担当者の資格・要件(IV.B.3.1.2)
1.2.3監査活動の品質評価(IV.B.3.1.3)
1.2.4監査の記録の保持(IV.B.3.3)
1.2.5監査業務の外注(IV.B.3.2)
2.監査実施の手順:計画策定、通知、実施、レポート、CAPA
2.1監査計画の策定(IV.B.2)
2.1.1戦略的監査計画/Strategic level audit planning(IV.B.2.1)
2.1.2戦術的監査計画(IV.B.2.2. Tactical level audit planning)
2.1.3実務的監査計画(IV.B.2.3 Operational level audit planning and reporting)
2.2監査の実務的手順
2.2.1監査前の対応
2.2.2監査中
2.2.3監査後
2.2.3.1監査結果報告(IV.B.2.3.2)
2.3所見への対応(IV.B.2.4)
第2節アジア地域における当局のPV査察への対応、留意点
1.基本的な対応方針
1.1現地査察対応方針の原則
1.2対応体制
1.3査察の一般的な分類(III.B.1)
1.4査察対応組織
2.査察対応
2.1事前の準備
2.2査察の通知を受けてから
2.3査察期間中の対応
2.4査察後、報告書入手まで
2.5査察所見への対応
おわりに



SSL グローバルサインのサイトシール
FAXでもお申し込みいただけます。FAXお申し込み用紙(PDF)を印刷いただき、必要事項をご記入のうえ
 弊社までご送信ください。(FAX番号は、お申込用紙に印刷されています)
※PDF形式のファイルをご覧頂くための Adobe Reader は、アドビ システムズ社から無償提供されています。
                Adobe Reader 最新版ダウンロードはこちらから

■ お問い合わせの前に『よくあるご質問(書籍)』をご一読下さいませ ■
■ セミナー・講習会のご案内はこちらでございます ■


株式会社 技術情報センター  〒530-0038 大阪市北区紅梅町2-18 南森町共同ビル 3F
TEL:06−6358−0141  FAX:06−6358−0134