ご購入またはご試読は、画面下の「書籍購入」あるいは「書籍試読申込」ボタンから

【ICH M7 変異原性不純物(品質パート)】
パージファクター活用(スコアリングと判定基準)及び
ニトロソアミン類のリスク評価
〜各パージファクター算出方法・管理オプション選定・推定パージファクター及び
ニトロソアミン不純物のリスク評価と試験法設定〜
〜ICH M7 Q&A案(品質)の要点と最近の照会事項例等〜

[コードNo.21STP164]

■体裁/ B5判並製本 109ページ
■発行/ 2021年 9月22日 サイエンス&テクノロジー(株)
■定価/ 27,500円(税・送料込価格)
■ISBNコード/ 978-4-86428-260-4

著者

福地準一(独)医薬品医療機器総合機構
長遠裕介富士フイルム(株)
田村慎司小野薬品工業(株)
長尾恭子シオノギファーマ(株)
小川卓巳(独)医薬品医療機器総合機構

書籍趣旨

本書の章立て
「 第1章 ICH M7 Q&A案 ─ quality partの概説と期待されるリスクコミュニケーション 」
「 第2章 原薬合成における変異原性不純物の管理:パージファクターを用いた変異原性不純物のリスク評価方法 」
「 第3章 推定パージファクターの活用における留意事項 」
「 第4章 ニトロソアミン類のリスク評価と試験法 」
「 第5章 医薬品不純物のリスクアセスメントと関連する最近の事例 」

目次

第1章ICH M7 Q&A案−quality partの概説と待されるリスクコミュニケーション
      【(独)医薬品医療機器総合機構 福地 準一】
はじめに
1.Q&A作成の背景や経緯について
2.意見公募にかけられたICH M7 Q&A案の概説
2.1半合成原薬とその製剤は,ICHM7の適用範囲に含まれるか?(質問2.1)
2.2市販製品の臨床使用に対する変更」にある,「臨床用量の著しい増量」とは
何を指すのか?(質問4.1)
2.3原薬の規格に規定されたクラス2又はクラス3の不純物が3つ以上の場合,
「表2:個々の不純物に対する許容摂取量」が適用されるか?(質問7.5)
2.4オプション4の管理戦略の適用が適切なのはどのような場合か?(質問8.1)
2.5予測的なパージ計算をオプション4の管理に使用にするあたり,どのような要素を
考慮すべきか?(質問8.2)
2.68.2項「管理方法の検討事項」にある,「合成の最終工程で導入される不純物に
ついては,妥当性が示されない限り,オプション1による管理方法の適用が
期待される」とはどういう意味か?(質問8.3)
2.7オプション2及び3の管理として,定期的検証試験(すなわち,スキップ試験)は
認められるか?(質問8.4)
2.8潜在的な変異原性不純物に関する試験データ(すなわち,工程内,中間体,又は
原薬の不純物試験データ)が複数のバッチで一貫してTTCの30%未満であった
場合,その不純物の試験を行わないとする管理戦略の妥当性を示すのに十分か?
(質問8.5)
2.9オプション3及び4の管理の裏付けとなる分析実験のデータを取得する際,
スケールに関してどのような事を考慮すべきか?(質問8.6)
2.10製造販売承認申請に際して,どのような内容及びCTDの記載箇所によって,
ICHM7のリスク評価及び管理戦略の明確さを向上させる事ができるか?(質問9.2)
3.総括と展望
第2章 原薬合成における変異原性不純物の管理:パージファクターを用いた
     変異原性不純物のリスク評価方法
      【富士フイルム(株) 長遠 裕介】
1.変異原性不純物の管理
2.オプション4による管理
3.パージファクターを用いた変異原性不純物のリスク評価方法
3.1必要となるパージファクター(Required purge factor)
3.2予測のパージファクター(Predicted purge factor)
3.2.1反応性(Reactivity)
3.2.2溶解性(Solubility)
3.2.3揮発性(Volatility)
3.2.4イオン化性(Ionizability)
3.2.5物理的プロセス(Physical processes)
3.3実測のパージファクター(Measured purge factor)
3.4パージ比(Purge Ratio)
3.5in silicoツールを用いたパージ評価
4.サクラミル原薬における変異原性不純物の管理戦略の構築
4.1不純物のハザード評価結果
4.2変異原性不純物の許容限度値の算出
4.3パージファクターを用いたリスク評価
4.3.1CP-3のリスク評価
4.3.2CP-4のリスク評価
4.3.3CP-5のリスク評価
4.3.4CP-6のリスク評価
4.3.5不純物D(daughter impurity D)のリスク評価
4.3.6Oxalyl chlorideのリスク評価
4.3.7Dimethylcarbamoyl chloride(DMCC)のリスク評価
4.4管理戦略のまとめ
おわり
第3章推定パージファクターの活用における留意事項
      【小野薬品工業(株) 田村 慎司】
はじめに
1.推定パージファクター
2.推定パージファクターのスコアリング
2.1リスク評価の考え方
2.2推定パージファクターのスコアリングの根拠
2.3各物理化学的パラメータのスコアリング
2.4反応性(Reactivity)
2.4.1実測値及び予測値に基づくスコアリング
2.4.2科学的な考察に基づくスコアリング
2.5溶解性(Solubility)
2.5.1実測値及び予測値に基づくスコアリング
2.5.2科学的な考察に基づくスコアリング
3.スコアリングに際しての留意点
3.1初期濃度の設定
3.2同一工程内における同一要素のスコアの積算
3.3分液操作に対するスコアリング
3.4ケーキ洗浄への溶解性スコアの適用
3.5溶解性(Solubility)とイオン化性(Ionizability)の相違について
3.6変異原性不純物が別の変異原性不純物に変換される場合
3.7スコアの透明性を向上するために
4.その他の留意点など
4.1製造方法の変更に関する留意点
4.2推定パージファクターの根拠の当局への提出
4.3出発物質選定の妥当性の根拠としての推定パージファクターの活用
4.4残留溶媒の残留リスク評価
おわり
第4章ニトロソアミン類のリスク評価と試験法
      【シオノギファーマ(株) 長尾 恭子】
はじめに
1.ニトロソアミン不純物の管理に対する要求事項
1.1ガイダンスのスコープ
1.2リスク評価,検証試験,規制当局への報告
1.3ニトロソアミン類の管理を目的とした変更管理
1.4対応期限
2.ニトロソアミン類に関するリスク評価
2.1原薬製造プロセスにおけるリスク評価
2.2使用原料へのニトロソアミン類または原因物質混入に関するリスク評価
2.3その他の混入リスク評価
2.4ニトロソアミン類の混入リスクが認められた場合の更なる評価について
2.5製剤製造プロセスにおけるリスク評価について
3.ニトロソアミン類に関する管理戦略
3.1管理戦略開発のアプローチ
3.2製剤中のニトロソアミン類の許容摂取量
3.2.1単一の既知のニトロソアミンが同定されたときの許容摂取量の計算
3.2.2単一の未知のニトロソアミンが同定されたときの許容摂取量の計算
3.2.3複数のニトロソアミンが同定された場合の許容摂取量の計算
4.ニトロソアミン類の試験法
4.1ニトロソアミン類の試験法に対する要求事項
4.2分析法の設定および試験実施時における留意点
4.2.1測定手法の選択
4.2.2微量分析を達成できる高感度検出器
4.2.3測定試料に対する前処理
4.2.3.1原薬中のニトロソアミン類の前処理の方法
4.2.3.2製剤中のニトロソアミン類の前処理の方法とコツ
4.2.3.3試験法開発時および実験操作における留意点
4.2.4測定に用いるシステム
4.3ニトロソ化剤,被ニトロソ化剤の管理
4.4LC-MS/MSによるニトロソアミン類の試験法の実例
4.4.1NDMAの直線性,定量限界について
4.4.2NDEAの直線性,定量限界について
まとめ
第5章医薬品不純物のリスクアセスメントと関連する最近の事例
      【(独)医薬品医療機器総合機構 小川 卓巳】
はじめに
1.不純物のリスクアセスメントの重要性
2.事例
【事例1】元素不純物について
【事例2】変異原性不純物について
【事例3】ニトロソアミン類について
おわり



SSL グローバルサインのサイトシール
FAXでもお申し込みいただけます。FAXお申し込み用紙(PDF)を印刷いただき、必要事項をご記入のうえ
 弊社までご送信ください。(FAX番号は、お申込用紙に印刷されています)
※PDF形式のファイルをご覧頂くための Adobe Reader は、アドビ システムズ社から無償提供されています。
                Adobe Reader 最新版ダウンロードはこちらから

■ お問い合わせの前に『よくあるご質問(書籍)』をご一読下さいませ ■
■ セミナー・講習会のご案内はこちらでございます ■


株式会社 技術情報センター  〒530-0038 大阪市北区紅梅町2-18 南森町共同ビル 3F
TEL:06−6358−0141  FAX:06−6358−0134