<セミナー詳細>

セミナーコード:20190609   受講お申し込みは、画面下の「受講申込」ボタンから

★本セミナーでは、プラント関連プロジェクトにおけるコスト管理に焦点をあて、経験豊富な東洋エンジニアリングの
 米澤講師から、コスト管理の考え方、可視化、アーンドバリューマネジメントなど具体的な進め方・手法について、
 詳説頂きます。

プラントエンジニアリングにおけるEPCコスト管理
〜実効あるコスト管理とその可視化〜
●講 師 東洋エンジニアリング(株) プロポーザル本部
日本プロジェクトマネジメント協会理事
PMR(Program Manager Registered)
技術士(経営工学部門)
PMP(Project Management Professional)
CCP(Certified Cost Professional)
米澤徹也 氏
●日 時 2019年 6月 25日(火) 13:30〜16:30
●会 場 東京・新お茶の水・連合会館(旧 総評会館)・会議室  》》 会場地図はこちら 《《
※急ぎのご連絡は(株)技術情報センター(TEL06-6358-0141)まで!!
●受講料 43,200円(1名につき)
(同時複数人数お申込みの場合1名につき37,800円)
※テキスト代、消費税を含む
●主 催 (株)技術情報センター

●セミナープログラム●
【受講対象】

 プラント関連プロジェクトにおけるプロジェクトのコスト管理に関わる基本的知識や手法を学びたい方を対象とします。コスト管理に携わった経験のある方でも、あらためてコスト管理の全体像や仕組みを知りたい方など。
【習得知識】

 プロジェクトにおけるコスト管理に必要な知識や手法・プロセスについて学んでいただきます。
【講師の言葉】

 プロジェクトを実行する上でコスト管理は必須ですが、コスト管理に必要な知識はコストエンジニアだけに求められるものではありません。プロジェクトマネジャーやプロジェクトエンジニア、更にはそれぞれの専門分野のエンジニアの方々もコスト管理に関わる知識を持ったうえでプロジェクトを実行することが成功への近道になります。
【プログラム】

T.プロジェクトにおけるコスト管理とは

 1.コスト管理の定義
 2.コスト管理の目的
 3.コスト管理のプロセス

U.コスト管理の考え方

 1.コスト見積りとコスト管理
 2.コストデータのリサイクル
 3.コスト管理のシステム
 4.プロジェクトの多様化に伴うコスト管理
 5.コスト管理における責任
 6.コスト管理とコード体系
 7.予備費の考え方
 8.コストパフォーマンスの報告

V.コスト管理における可視化

 1.コストの可視化の意義
 2.分散型コスト管理

W.アーンドバリューマネジメント

 1.進捗測定
 2.現状分析
 3.将来の予測

X.実効あるコスト管理


Y.コスト管理の将来像


Z.まとめと質疑応答
− 名 刺 交 換 な ど −
セミナー終了後、ご希望の方はお残りいただき、
講師とご受講者間での名刺交換ならびに講師へ個別質問をお受けいたします。

SSL グローバルサインのサイトシール
 ※FAXでもお申し込みいただけます。FAXお申し込み用紙(PDF)を印刷いただき、必要事項をご記入のうえ弊社まで
  ご送信ください。(FAX番号は、お申込用紙に印刷されています)
 ※PDF形式のファイルをご覧頂くための Adobe Reader は、アドビ システムズ社から無償提供されています。
                 Adobe Reader 最新版ダウンロードはこちらから
■ お問い合わせの前に『よくあるご質問(セミナー)』をご一読下さいませ ■
■ 書籍・調査資料のご案内はこちらでございます ■