<セミナー詳細>

セミナーコード:20191006   受講お申し込みは、画面下の「受講申込」ボタンから

★本セミナーでは、仮想発電所(VPP: Virtual Power Plant)システムの概要から、どのような要素技術の
 組み合わせによって実際に実現できるのかなど、基本・応用・今後の展望について、斯界の最前線で
 ご活躍中の蜷川氏に詳説頂きます。

仮想発電所(VPP)システムの構築技術
●講 師 岐阜大学 工学部
スマートグリッド電力制御工学共同研究講座 特任教授
蜷川忠三 氏
  <講師紹介>
1978年名古屋大学大学院工学研究科電気工学専攻修士課程修了。
三菱重工業株式会社入社。
1986年University of Washington大学院にてコンピュータサイエンスを研究。
1998年日本冷凍空調工業会パッケージエアコン技術委員長。
2007年三菱重工業株式会社技監、博士(工学)。
2012年岐阜大学工学部電気電子工学科教授。
2018年より現職。

<主な著書>
『仮想発電所システムの構築技術』(株)オーム社。
●日 時 2019年 10月 23日(水) 10:20〜16:20
●会 場 東京・新お茶の水・連合会館(旧 総評会館)・会議室  》》 会場地図はこちら 《《
※急ぎのご連絡は(株)技術情報センター(TEL06-6358-0141)まで!!
●受講料 49,940円(1名につき)
(同時複数人数お申込みの場合1名につき44,440円)
※テキスト代、昼食代、お茶代、消費税を含む
●主 催 (株)技術情報センター

●セミナープログラム●
【主な受講対象】

 仮想発電所(VPP)サービス・システムの企画・設計・構築する技術者・研究者
 電力ビジネス、電力関連技術に携わる方々

【講演要旨】

 近年、需要家側リソースを制御して電力需給調整を支援するシステムとして仮想発電所(Virtual Power Plant:VPP)という概念が注目を集めている。しかし、そのシステム実装設計となると詳細な情報が少ない。本講演は,ビルマルチ空調および蓄電池による需要応答制御(Demand Response)を題材に、VPPの要素技術からシステム設計、性能予測まで一気通貫に解説する。
【テキストとプレゼンについて】

 ・テキストは『仮想発電所システムの構築技術』(オーム社刊)を使用します。
  上記書籍を既にお持ちでしたら、受講料より4,620円引かせて頂きますので、
  お申込み時にその旨お知らせ下さいませ。

 ・講義は、テキストとパワーポイントを用いて進めます。(パワーポイントのスライドも配布させて頂きます。)
【プログラム】

T.仮想発電所の概要

 1.仮想発電所システム
  (1)仮想発電所の概念
   @電力需要とネガワット
   A需要家側の仮想発電所サービス
  (2)仮想発電所システム通信
   @間接制御通信OpenADR
   A直接制御通信IEC61850
 2.仮想発電所の構成要素
  (1)電力用蓄電池
   @電力用蓄電池システム
   A蓄電池システムの系統連系
  (2)充放電制御計画
   @JEPX 時間前市場
   A自動最適入札エージェント
   B電力卸市場価格の予測モデル
  (3)需要制御
   @デマンドレスポンスにおけるネガワット取引
   Aわが国のネガワット取引の現状
   B仮想発電所が使うFastADR
  (4)ベースライン推定
   @従来のベースライン推定方法
   AFastADRのベースライン推定方法


U.仮想発電所システムの構築技術

 1.仮想発電所の蓄電池制御
  (1)蓄電池システムによる需給調整
   @仮想発電所における蓄電池システム制御
   A電力用蓄電池の具体的需給調整制御
  (2)蓄電池需給調整サービス
   @蓄電池システムのサービス情報
   A電力需要調整サービス信号
   BIEC61850規格による通信サービス
   C蓄電池システムのIoT制御
 2.仮想発電所の需要家設備制御
  (1)ビルマルチ空調機群のネガワット集約
   @ビルマルチ空調機群の集約とならし効果
   A快適性維持とローテーション制御
  (2)ビルマルチ空調機群FastADRの蓄電池補償
   @ビルマルチ空調機群FastADRの需給調整信号への追従性
   Aビルマルチ空調機群FastADRの蓄電池による追従性補償
 3.仮想発電所の性能
  (1)仮想発電所の電力系統シミュレーション
   @電力系統の瞬時需給解析
   Aビルマルチ空調の仮想発電所のシミュレーションモデル
   B仮想発電所の性能シミュレーション例
  (2)仮想発電所の制御性能評価
   @米国の系統運用機関の評価基準例
   Aビルマルチ空調仮想発電の制御モデル
   Bビルマルチ空調仮想発電の評価例
  (3)仮想発電所の通信とトラフィック評価
   @FastADRのWebサービス通信解析
   AFastADRのWebサービス通信シミュレーション
 4.仮想発電所の通信構築
  (1)OpenADRの通信規格
   @OpenADR規格の通信方式
   AOpenADR規格による通信サービス
   BOenADR規格のソフトウェア実装
  (2)IEC61850の通信規格
   @IEC61850の論理ノード構成
   AIEC61850規格のソフトウェア実装
 5.仮想発電所の展望
  (1)潜在的リソース
   @ビルマルチ空調設備の潜在能力
   A空調負荷は高速デマンドレスポンスに適する
  (2)実用化の制度設計
   @需給調整市場の制度設計
  (3)社会制度の鍵
   @仮想発電所サービスの対価精算
   A仮想発電所のクリーン価値


V.質疑応答(適宜)


※関連キーワード:ディマンドリスポンス、リソースアグリゲーション


− 名 刺 交 換 な ど −
セミナー終了後、ご希望の方はお残りいただき、
講師とご受講者間での名刺交換ならびに講師へ個別質問をお受けいたします。

SSL グローバルサインのサイトシール
 ※FAXでもお申し込みいただけます。FAXお申し込み用紙(PDF)を印刷いただき、必要事項をご記入のうえ弊社まで
  ご送信ください。(FAX番号は、お申込用紙に印刷されています)
 ※PDF形式のファイルをご覧頂くための Adobe Reader は、アドビ システムズ社から無償提供されています。
                 Adobe Reader 最新版ダウンロードはこちらから
■ お問い合わせの前に『よくあるご質問(セミナー)』をご一読下さいませ ■
■ 書籍・調査資料のご案内はこちらでございます ■