<セミナー詳細>

セミナーコード:20210217   受講お申し込みは、画面下の「受講申込」ボタンから

★本セミナーでは、LNG舶用燃料の評価・取組み・展望ならびに、LNG燃料供給システム・DF機関の実際・
 最新動向など各々の立場での取組みについて、斯界の最前線でご活躍中の講師陣に詳説頂きます。
★午前のみ、午後のみのご受講も受け付けております。
★講師の皆様ご来場頂く予定ですが、急遽オンラインでの講演となる場合がございます。
 変更などがございましたら、随時更新させて頂きますので、下記にてご確認下さいませ。
 【青色が会場での講演、緑色がオンラインでの講演となります】

LNG等船舶燃料に関する事業と各社の取組み動向
〜商船三井、三菱造船、ウインターツールガスアンドディーゼル、
ヤンマーパワーテクノロジーの講師から詳説〜
●講 師 (株)商船三井
エネルギー輸送営業本部 燃料部長
中野道彦 氏   会 場 
●講 師 三菱造船(株)
マリンエンジニアリングセンター
船舶技術部 技術開発課 機器開発チーム 上席主任
金子秀明 氏   会 場 
●講 師 ウインターツールガスアンドディーゼルジャパン(株)
セールス ジェネラルマネジャー
木原 力 氏   会 場 
●講 師 ヤンマーパワーテクノロジー(株)
特機事業部 開発部 大形エンジン技術部 主幹
廣瀬宏一 氏   会 場 
●日 時 2021年 2月 25日(木) 10:40〜16:20
●会 場 東京・新お茶の水・連合会館(旧 総評会館)・会議室  》》 会場地図はこちら 《《
※急ぎのご連絡は(株)技術情報センター(TEL06-6358-0141)まで!!
※本セミナーは、会場での受講またはライブ配信(Zoom)での受講も可能です。
・ライブ配信受講の方のテキスト資料はセミナー開催日の直前にお送り致します。
●受講料 ◆1日(プログラムT〜W)受講   49,940円【1名につき】
◆午前(プログラムTのみ)受講  27,500円【1名につき】
◆午後(プログラムU〜W)受講  38,500円【1名につき】
※上記全て、テキスト代、消費税を含む
●主 催 (株)技術情報センター

●セミナープログラム●
10:40
|
12:00
T.LNG燃料の現状、及び環境対応を考慮した舶用燃料の将来

 今後海洋汚染規制の強化、特にGHG対応が急務となるなか、短期・中期的には最も現実的な代替燃料であるが、しかし化石燃料でもあるLNG燃料の評価や取り組みを通じて、舶用燃料の将来についての考察を述べる。

 1.海洋大気汚染規制の流れ、現状及び今後の方向性
 2.今後想定される規制への対応オプションとその評価
 3.対応オプションとしてのLNG燃料の特性、評価及び現状
 4.商船三井のLNG燃料への取り組み
 5.今後の環境対応を考慮した舶用燃料(推進力)の将来
 6.質疑応答・名刺交換
(中野 氏)
13:00
|
14:00
U.LNG燃料船の初期計画におけるFGSSメーカの果たすべき役割

 世界的に脱炭素化が加速する中、日本政府は2050年までにGHG排出量を実質ゼロにするカーボンニュートラルの実現を目指す方針を打ち出しているが、舶用燃料として、最も現実的なブリッジソリューションと考えられるLNG燃料に関する三菱造船の取り組みを紹介する。

 1.LNG燃料ガス供給システム(FGSS)概要
 2.LNG燃料船建造に求められるスキル
 3.三菱造船が考えるFGSSメーカの果たすべき役割
 4.三菱造船の取り組み
 5.質疑応答・名刺交換
(金子 氏)
14:15
|
15:05
V.低圧X-DF機関の最新技術とGHG排出削減の取り組み

 GHG排出削減という海運業界の目標に対し、WinGDの低圧X-DF機関の実績、最新技術、さらなるGHG排出削減への取り組み、低速主機関ライセンサーの視点より実運航に即した評価に関する考察、および、今後の技術開発の方向性について紹介する。

 1.X-DF機関の実績
 2.X-DF機関の最新技術
 3.WinGDのさらなるGHG削減への取り組みと評価
 4.今後の技術開発の方向性
 5.質疑応答・名刺交換
(木原 氏)
15:20
|
16:20
W.実稼動状況から見た船舶用DF機関の適用性、今後の商品開発への取組み

 GHG削減案の一環として近年導入が活性化しているLNG燃料船において、弊社が提供したDF機関の稼動状況よりその適用性について考察する。また、LNG燃料を扱う上でDF機関に求められるニーズ、それに対する自社の取組みについて紹介する。

 1.自社DF機関の概要
 2.市場の使われ方に対する適用性評価
 3.DF機関に要求される仕様・機能に対する自社の開発取組み
 4.質疑応答・名刺交換
(廣瀬 氏)
− 名 刺 交 換 な ど −
セミナー終了後、ご希望の方はお残りいただき、
講師とご受講者間での名刺交換ならびに講師へ個別質問をお受けいたします。

SSL グローバルサインのサイトシール
 ※FAXでもお申し込みいただけます。FAXお申し込み用紙(PDF)を印刷いただき、必要事項をご記入のうえ弊社まで
  ご送信ください。(FAX番号は、お申込用紙に印刷されています)
 ※PDF形式のファイルをご覧頂くための Adobe Reader は、アドビ システムズ社から無償提供されています。
                 Adobe Reader 最新版ダウンロードはこちらから
■ お問い合わせの前に『よくあるご質問(セミナー)』をご一読下さいませ ■
■ 書籍・調査資料のご案内はこちらでございます ■