<セミナー詳細>

セミナーコード:20211205   受講お申し込みは、画面下の「受講申込」ボタンから

★本セミナーでは、関西電力でのVPPやP2P電力取引・環境価値取引、カーボンニュートラルへの対応など
 電力ビジネスの取組みと、実証・実業を通じて見えてきた課題や今後の展望について、斯界の最前線で
 ご活躍中の平山氏、石田氏、両講師から詳説頂きます。
★TとUで受講者が異なる場合でも可。
★講師のお二方ともご来場頂く予定ですが、急遽オンラインでの講演となる場合がございます。
 変更などがございましたら、随時更新させて頂きますので、下記にてご確認下さいませ。
 【青色が会場での講演、緑色がオンラインでの講演となります】

関西電力における事例を中心とした
VPP・P2P電力取引・環境価値取引への取組みと展望
●講 師 関西電力株式会社 ソリューション本部
開発部門 技術グループ 部長
平山昌吾 氏   会 場 
  <講師紹介>
1999年3月大阪大学大学院工学研究科情報システム工学専攻修士課程修了
1999年4月関西電力に入社。主に情報通信部門業務に従事し、電力保安用情報通信設備/
業務システムの設計や、情報通信系関連会社の戦略立案などに携わる。
2018年7月より、VPPを活用するリソースアグリゲーション事業に従事。現在は、VPP、スマート
コミュニティなどに関する戦略策定、および技術実証/システム開発統括に携わる。
神戸大学大学院経営学研究科現代経営学専攻修了。
技術士(電気電子、情報工学、総合技術監理部門)。
●講 師 関西電力株式会社 研究開発室 技術研究所
先進技術研究室(エネルギービジネス) 主席研究員
石田文章 氏   会 場 
  <講師紹介>
1986年東京大学工学部電気工学科卒業、同年関西電力に入社。主に、送変電設備の計画、
電力系統解析業務に従事。以降、2009年NEDO新エネルギー部統括研究員出向、
2012年地域エネルギー本部担当部長、2017年技術研究所主幹を経て、2021年より現職。
現在は、エネルギービジネス分野の研究開発に携わる。専門分野は、電力システム解析、
再生可能エネルギー技術、スマートグリッド技術、VPP技術、ブロックチェーン技術。
2016年から大阪大学招へい教員。
●日 時 2021年 12月 21日(火) 13:30〜16:50
●会 場 東京・新お茶の水・連合会館(旧 総評会館)・会議室  》》 会場地図はこちら 《《
※急ぎのご連絡は(株)技術情報センター(TEL06-6358-0141)まで!!
※本セミナーは、会場での受講またはライブ配信(Zoom)での受講も可能です。
※セミナー資料(テキスト)はセミナー開催日の直前にデータ(pdf)でお送り致します。
※ライブ配信に関するよくあるご質問はこちらから
●受講料 44,000円(1名につき)
(同時複数人数お申込みの場合1名につき38,500円)
※テキスト代、消費税を含む
●主 催 (株)技術情報センター

●セミナープログラム●
13:30
|
15:00
T.関西電力(株)におけるVPPの取り組みと今後の展開について

 近年、需要家側に分散する各種のエネルギーリソースを、インターネットを経由して統合制御し、電力需給の調整などに活用するバーチャルパワープラント(VPP)が注目されており、国内外で数多くの実証が行われている。関西電力では2016年度から「関西VPPプロジェクト」を主導し、参加メンバーと様々な実証を積み重ねてきた。また、アグリゲータとしてVPPのビジネス化の取り組みも積極的に進めてきた。
 本セミナーでは、関西電力のこれまでのVPPの取り組みについて紹介するとともに、実証や実業を通じて見えてきた課題や今後のビジネスの展望についてご説明する。


 1.当社の概要
 2.電力業界を取り巻く環境変化
 3.VPPについて
 4.関西VPPプロジェクトの取り組み
 5.今後のビジネス化の展望
 6.さらなる展開に向けた課題
 7.VPPの将来像
 8.質疑応答・名刺交換
(平山 氏)
15:20
|
16:50
U.電力デジタルビジネスとP2P電力取引・環境価値取引の展望

 電力業界では、カーボンニュートラルへの対応等、直面する課題を解決するため、デジタル技術を活用した様々な取組が行われている。その中でも、ブロックチェーン技術(BC)のトラッキング手法を活用した各種エネルギービジネスに注目する。本講演では、P2P電力取引やP2P環境価値取引に加えカーボンニュートラルへの対応等、関西電力の電力ビジネスのこれまでの取組みと今後の展望について紹介する。

 1.電力業界の課題と電力ビジネスの方向性
 2.カーボンニュートラルへの対応
 3.BC技術のエネルギー分野への適用
 4.BC技術を活用したP2P電力取引
 5.BC技術を活用したP2P環境価値取引
 6.BC技術を活用した今後の電力ビジネスの展望
 7.課題と今後の展開
 8.質疑応答・名刺交換
(石田 氏)
− 名 刺 交 換 な ど −
セミナー終了後、ご希望の方はお残りいただき、
講師とご受講者間での名刺交換ならびに講師へ個別質問をお受けいたします。

SSL グローバルサインのサイトシール
 ※FAXでもお申し込みいただけます。FAXお申し込み用紙(PDF)を印刷いただき、必要事項をご記入のうえ弊社まで
  ご送信ください。(FAX番号は、お申込用紙に印刷されています)
 ※PDF形式のファイルをご覧頂くための Adobe Reader は、アドビ システムズ社から無償提供されています。
                 Adobe Reader 最新版ダウンロードはこちらから
■ お問い合わせの前に『よくあるご質問(セミナー)』をご一読下さいませ ■
■ 書籍・調査資料のご案内はこちらでございます ■